北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年13号)の感想

 アカデミー賞が発表されましたねー。『英国王のスピーチ』が作品賞を含む最多受賞。『インセプション』は技術系部門をかっさらって最多タイ。『トゥルーグリット』がまさかの無冠。主要部門では概ね下馬評通りで、デヴィッド フィンチャーの1人泣きという結果でしたね。助演のどっちかは意外なのが取ると思ったが。

 ・・・関係ないですね。すいません。ジャンプでしたね。


新連載
『magico(マジコ)』
 最強の魔法使い(鼻血)が世界を支配する力を秘めたヒロイン(アホ毛)と結婚する話。マジック結婚、略してマジコ(ちょっと違う)。
 鼻血が既に最強の魔法使いということで。天才×2、王子、最強、という今回の新連載陣。みんな才能秘めすぎ。来週に期待。
 魔法ファンタジーのマンガの1ページ目に指輪が出てきた時は某物語かとハラハラしました。
 鼻血がアホ毛の魔力にやられないのは、鼻血の魔力が強いから? 元々ホレてるから?
 中盤で、鼻血が魔法でアホ毛に服装を変えるシーンがあったけど。好きな女の子に好きな服装を着せるというのがなんとも卑猥。下着はどうした?とか考えてしまう。鼻血キャラのくせに大胆なことしやがるぜ。
 過去のシーンと現在のシーンで触手攻めが呼応してるのはよかったですね。1話完結として普通におもしろい。
 問題は、最強の魔法使いである主人公がアホ毛の呪いに早くも勝てなかった件。魔力のインフレが早すぎる。
 が、アホ毛がおっぱいポロリ、鼻血ブーして乳首が隠れるというシーンが素晴らしすぎです。チン隠しパイ隠しに気が利いてる作品は大好きです。とりあえずこのシーンがあるだけで、今回は好きです。


『ワンピース』
 扉絵。世界の甲板から。ゾロ涙目の砂糖おにぎり再び。2年ちょっとで随分と成長したもんだね。ルフィの手配書が客から見えない位置に貼られてるのがナイスです。
 魚人、人魚の遺伝の仕組みについて言及。親子が全然似ないっていうのはちょっと寂しいもんがありますね。
 そして! バンダー デッケンの桃白白ジャンプ!!!
 やっべぇぇ、カッチョよすぎ。


センターカラー
『メルヘン王子グリム』
 扉絵が『ふしぎの国のアリス』風。完全にディズニー風。先週おとぎの国の住人がディズニーっぽくなくて残念って言ったけど、扉絵はディズニー風。なぜだ。ディズニーのキャラをおちょくって笑いを取るっていうのは大好きだけど、それじゃ、いよいよもって『シュレック』そのもの。主人公は帽子屋か? 帽子屋押しっていうのはティム バートン版の影響かな。
 個人的な話だけど。扉絵で「2月28日生まれの方 ハッピーメルヘンバースデー!!」って煽りがあったけど、まさかの1日違いでビビった。
 「女囚さそりWii」はやってみたいです。
 ただ、ツンデレが下手くそでした。


黒子のバスケ
 「小細工なしでもオレは点なんていつでも穫れんだよ」って・・・試合終了1分前まで実力出さないとかバカすぎ。笑った。
 なんか打ち切り直前っぽい展開だったような気がしたんですが。気のせいだろうか。


バクマン。
 『バクマン。』世界でのスマホ普及率がスゴイ。
 そして、シュージンがGALAXY S。個人的な話で申し訳ないんだけど。シュージンとはケータイの好みがよく被る。シュージンが前に使ってたケータイも同じだったし。
 ただ、通話中って画面消えるようになってるからそこらへん間違ってますけどね。まぁ、いいや。
 七峰のネット上のお友達が2人離脱。これは崩壊フラグなのか。
 そしてラストに七峰の下にスーパーサブが登場。HAHAHAHA まさか・・・・・・。
 そんなラストもいいんだけど。正直言って、平丸と吉田氏がイチャイチャしてくれればそれでいい。それだけでいい。平丸が蒼樹の女アシたちと馬が合ってたのは意外。蒼樹以外誰にも理解されない系かと思った。好きなところが顔って言って引かれてたけど、胸じゃないだけ勘弁してあげて。
 そして、アシが足りない蒼樹、平丸&吉田氏、そこにスーパーサブが絡んでくるんですね。サイコーじゃないですか。
 ・・・あっ、主人公の名前だ。事故です。


こち亀
 盗難車うんちく話からの痛車ネタ。『こち亀』とこの手の文化は相性最悪と思っているんだが、やはりなんかヘン。「痛飯」はおもしろかったけど。


『逢魔ヶ刻動物園』
 地球から翼のはえるマンガがいなくなり、ケツの枠に収まるのは本作と思っていましたが違った。ペケ2でした。ただ、打ち切りスメルが全然しませんね。
 華がハッスル。ホワイトタイガーをよろめかすタックルをかます女子高生というのには笑ったけど、他はよかったです。やっぱり頑張る凡人は燃える。だから天才はダメなんだよ。新連載陣よ、見習え。


保健室の死神
 地球に翼のはえるマンガがいなくなったのでケツの枠があいたと思ったら本作。来週もココだったらヤバイですね。
 展開を考えても、なんだか打ち切りのかほりが。日常系のギャグ回が好きだったんだが、シリアスのまま終わってしまったらショックだな。打ち切り的にもあまりおもしろくならなそうだし。やはり「全国優勝」みたいな明確な目標が設定してあるマンガの方が打ち切り感があって好みであります。
 あと、残高を繰り上げて使う超能力がダブってますね。ネタ被るのが早すぎじゃね? やはりこういうの苦手なのか?
 が、手下の記憶消すシーンがイイ。後頭部の血しぶきみたいのもイイし。なによりもボスの狂気っぷりが素晴らしい。手下をコマとしか見なしてない感。


投稿コーナー
 池上彰ネタが3つもあったんだが。投稿のネタが被るのはいいけど、それ以外でもあるからなぁ。週ずらせばよかったのに。
 んで、おもしろかったネタとしては、
ドラマチックジャンプ ○○よりタメになる!少年ジャンプ!!
 であった御姉々さんの
「紳助が突如話し出す御涙頂戴話よりタメになる!少年ジャンプ!!」
 というネタ。挨拶しないと怒られるあの人への毒がすげぇ好きです。たしかにアレはタメにならない。
 ・・・・・・と思ったら御姉々さんが優勝だそうで。おめでとうございます。
 ちなみに、読み方がわかりません。総括の文章でも唯一振り仮名が振ってなかったのおもしろかったです。



 んで、総括。
 今週は、新連載祭の3週目。来週で新連載ラッシュも終わりですが。4つも始まるとなると、それに見合ったページ空けないといけない。地球から翼がはえるマンガはそんなにページ数があるワケないんで、まだ打ち切りがあるワケだ。なんなんでしょうかね。今週の並びで言ったら『保健室の死神』『逢魔ヶ刻動物園』が怪しいんですが。『保健室の死神』は今週かなり打ち切りスメルのする感じだったんで、気になるところ。個人的に結構好きな方なんで、新連載がコレよりおもしろいとは到底思えないんですよね。不安極まりない。正直ね、つまんない読み切りを読むのと、つまんない連載読むのじゃえらい違いだからね。つまんない読み切りは、読んでもつまんないなりにおもしろいんですよ。完結してるから好きなこと言えるし。
 まぁ、いいさ。なにが終わろうとなにが始まろうと。とりあえず、『ハンターハンター』はどうなった。

 あっ、感想書くの忘れてたけど、今週の『銀魂』、ブルー霊子出なかったね。好きだったのになぁ。残念だ。続くと思ってたわ。
 そんなワケで。MVPのやつ。今週は好きなキャラ3人。まず、
 蒼井華。『逢魔ヶ刻動物園』。今週の頑張る凡人枠。いや、ジャンプにおいて毎週凡人が活躍できるかどうかなんてわからないけど。天才ばかりのジャンプだからこそ凡人が輝くのである。『バクマン。』小杉、『トリコ』小松、『べるぜバブ』古市あたりが今旬な凡人かな。小杉は近々爆発しそうですね。楽しみです。
 スーパーサブ。『バクマン。』なんだかんだで今週は盛り沢山だった『バクマン。』。平丸と吉田氏がイチャつくだけでいいんだけど、ラストに出てきた壁越しのスーパーサブ。表に出ず、女に近寄らなければ、普通に優秀な人ですからね。ただ、最近の平丸の出番が多いこと、そして今週の蒼樹のアシ不足・・・・・まさかの三角関係突入とか・・・・やだぁ、興味ある〜。
 んで、今週のMVPキャラは、
 バンダー デッケン。『ワンピース』。理由? 桃白白だから。サンゴを折ってから投げるあたり、明らかなオマージュでいいですね。ルフィとバンダー デッケンが早くも遭遇しちゃいそうですけど、どうなるんでしょうか。そこらへんも期待ですかね。
 ちなみに、ベストシーン、というかベストコマは新連載『magico』の鼻血でパイ隠しのコマです。