北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年16号)の感想

 ジャンプですよー。
 3連休で月曜が休日ということでジャンプが土曜発売。なんだろうか、このお得感。
 来週はお休み、って話聞いてますけど、どうなんでしょうかね。本誌には来週発売って書いてあるし。どっちだ? 印刷が間に合わなかったとかなのか。そうだとしたら結構大変だな。来週がお休みだとしたら、本誌情報しかない人ショックすぎるだろ。気をつけてねー。ジャンプが生きる希望の人は発売日チェックした方がいいですよ。
 てか、なんで今更発売延期なんだろうか? 停電とかでマンガが描けなくなっちゃったのかな? 精神的とかよりも物理的に。アシさん来れないとか。
 ちなみに、今月も映画秘宝と同じ日に発売。閏年じゃない2月3月なんで当たり前ですね。しかし、やはりうれしい限りだよ。


『ワンピース』
 人魚姫を見るという夢を叶えるためなら死すら気にしないサンジ。「おまえの夢 オールブルーじゃなかったのか!?」 とチョッパーが素晴らしいです。あっ、さっきテレビでやってたチョッパー編の映画観たけど、つまんなかったよ。やっぱあの話嫌い。
 あれだけ大々的に2年後になったことで現在ある問題。「みんな強すぎて負ける気がしねぇ」問題。特にルフィとゾロ。そんな2人が最強ぷりを発揮する回でした。今回のボスと思われるホーディとデッケンを圧倒。縛られた状態、水中、というハンデを抱えながら。あのボス2人って強そうなフリがまだ全然ないもんね。
 今のルフィを縛って安心するとか、笑止。椅子に縛ったジャッキー チェンに等しいよ。椅子ごと暴れてくるぞ、気をつけろ。
 さて、これから悪役2人はどうするのでしょうか。ステロイドでどうにかなるレベルじゃないと思うんだ。


銀魂
 タイトル「愛にプラスもマイナスもなし」が素晴らしい。掛け軸にしたいレベル。
 タイトルの通り、『ラブプラス』ならぬラブチョリスの回。急にギャルっぽいソフト名ですけど。
 韓国には『僕の彼女を紹介します』という映画があるのですが、今回はその『銀魂』リメイク。主役は新八。
 ゲームネタは多い『銀魂』なのでやはり『ラブプラス』は外せないか。ワタクシ、『ラブプラス』経験がないもので、知識が足りない。あの作中出てきた姉属性メガネっ娘は『ラブプラス』にモデルいるのかな? だとしたらピン子のモデルって一体・・・・? 超気になる。
 『ラブプラス』といえば、今アーケード版がありますよね。あれにデートに行ける人は、ホント尊敬しますわ。リスペクトです。多分、大器晩成タイプだと思う。将来、大物になるよ。
 ・・・・話がそれた。すいません。
 銀さんの「何アイツ 姉属性のキャラ選んでんの 気持ちワリーんだけど」が爆笑でした。普通、姉いたら妹属性、妹いたら姉属性に弱くなると思ってたんだけどね。新八は違った。
 新八に彼女を紹介すると言われ、焦るお妙さんがかわいかったです。それと、メガネっ娘に少し照れる銀さんもかわかったです。メガネっ娘なら『銀魂』には既にいるじゃないか。
 映画『トロン レガシー』の技術さえあれば・・・・・・二次の嫁を現実の嫁にすることも可能だ。いつかくるといいですね、そんな世界。
 ・・・・・・・なぜか、脱線が多かったなぁ。申し訳。


スケットダンス
 シリアス回。世界観ブレイカーの忍者くんの話がつまんなかったんですが、やっと終わりです。
 てか、掲載位置イイんですけど・・・・・・なにこのシリーズ好評なの? マジで? 超つまんないじゃん。わからんなぁ。アンケートシステムやっぱおかしいんじゃねぇの?
 もう、クナイとか・・・世界観ブレイク。
 ボッスンも一緒に仲良く停学2週間、ってのには笑った。ようやく本作らしくなってきた・・・・・・・と思ったら、次のコマで「2週間後」。うわぁ、ドン引きだわ。このまま、次回と次次回ボッスン休みだと思ったのに。停学期間も描かないとか。逃げだろ。なんで、「2週間」という週刊誌向けの数字を出したんだろう。なんかもうイヤ。
 てか、ゼーレ出てきたw 世界観ブレイカーの忍者くんとの組み合わせ悪すぎる。やっぱ忍者ってのはギャグ的な扱いじゃないといけないんだよ。シリアスキャラで忍者とかダメだよ。


『DOIS SOL』
 初試合だって。早速点取られちゃったよ。
 先週、フィーチャーされたやっぱ地味男くんは主人公タイプだよね。今後、彼目線で物語進みそうだよ。


『トリコ』
 技1つ1つのカロリー数を提示するシステム登場。食べ物にカロリー数の表示はお馴染みですけど、技に消費エネルギー。トゥーマッチ感がハンパない。
 蓄えられるエネルギー量の上限まで紹介。こうなると、途端に念っぽくなる。動物好きのリーゼントとか出てくんじゃねぇの。


『戦国ARMORS』
 ムっくんは拷問のプロなんだって。なにその超おもしろそうな設定。本作で一番ワクワクした。やっぱジャック バウアー要素は必要だよね。じゃあ、映画秘宝で紹介されてた拷問映画『4デイズ』は必見ですね。サミュエル L ジャクソンが拷問のプロとかワクワクが止まらない。
 新キャラ、石川五右衛門登場。斬鉄剣の先祖ね。「押すな押すな」からの五右衛門風呂でお馴染みの。
 そんな五右衛門曰く「かわいー女がいりゃ女心を奪うのが盗っ人のたしなみなんだよ」。それ五右衛門やない、ルパンや。
 ライブが超絶だせぇ。ダサすぎて泣けてくる。
 エロキャラが2人になりました。女たらしとムッツリ。基本的に少年マンガのエロキャラは大好きなんで、楽しみですよ。ただ、ライブは今後やらないでね。
 そして当面のボスは伊達政宗だって。仙台大変なことなってますね。東北行くそうだけど、気にせずやって下さい。


べるぜバブ
 扉絵がステキ。そういや、先週も扉絵の話しましたね。うーん、来週も期待です。
 姫ちゃんカッコイイ。チートの極み、設定イジリ放題とか。「とりあえず死なねーから」とかやりすぎ。
 ゾンビ登場。最近、ゾンビ映画祭があったり『龍が如く』もゾンビ展開だったり、世間的にゾンビが熱いですね。ゾンビに関しては暗いんで、今度機会があったら勉強したいです。
 そして、合体ロボ。ゴレンジャー展開で、ネトゲ編終了。「必殺!」とかみんなノリノリで言っちゃってるあたり、サイコーです。みんな好きなんだな。


バクマン。
 ネットの友達が裏切る。暴露する。そ ん な こ と わ か り き っ て た だ ろ
 七峰登場時からわかりきってたネタで七峰が潰れるとかマジでないわ。最初に七峰が大丈夫って言ってたんだから大丈夫じゃないとダメだろ。
 そして、あぁーぁ、七峰ネタに走っちゃった。最悪だ。テーマだけ広げといて、ガッカリだ。ジャンプの編集を否定する、という壮大な風呂敷広げといて勝手に自滅とか。期待損にもほどがあるわ。
 もう、七峰とかどうでもいい。見所は、七峰を終わらせにかかる吉田氏。理由は、平丸が始まるので同じ学園モノを終わらせる。嗚呼、コレが愛というものか。連載報告を走っていくとか。キュンキュンくるぜ。平丸の結婚宣言を焦って止めるとことか・・・・萌え死にレベル。 


『ブリーチ』
 背景にとけ込むオサレタイトル。今回のイイね。好きだわ。背景とタイトルがリンクしてて。オサレタイトルが今一番楽しみだよ。本編よりも。


『magico』
 「希代の大犯罪者」だって。これは・・・・・・梅宮辰男かよ。笑った。先週の「俺の嫁」発言といい、なにかしら名言を残してくれるな。今後も期待します。
 本編に関しては、
 うわぁーい、宝石超楽勝だぁーー。なに1つ手こずらずに終わっちゃったーーーー。


黒子のバスケ
 先週、シャンプーボトルでチン隠しがあっておもしろかった温泉ネタですが。今週は、乳でパイ隠しというウルトラC。笑った。しかし、ネタに走ったかー。それはイカンわぁ。マジメにチン隠しパイ隠しを楽しみにしてたんだから。まぁ、今週の『戦国』でも風呂シーンはあったけど、あっちはパイ隠しの気配もなかったからね。その点は評価しますよ。乳でのパイ隠しの直前の腕でのパイ隠しはベタでしたね。パイ隠しはいいからチン隠しもやれよ。男だらけのサウナ室、という誰得なシーンをやりながら、チン隠しないとか・・・・・。ガッカリ。


こち亀
 特殊刑事ネタ。今回は麻雀刑事。
 特殊刑事のコスプレにつき合わされるのとか、超懐かしい。しかも、その後、脱衣麻雀ネタとかね。なんかイイなぁ。懐かしいわぁ。てか、「脱衣麻雀」という文化なんて『こち亀』でしか縁がないわ。やったらそら楽しいんだろうね。ただ、麻雀ルールわかんねぇし。


保健室の死神
 今週のケツは『保健室の死神』でしたー。地球から翼がはえるマンガ以降、『動物園』と『保健室』で泥試合してますね。うーん、どちらも結構好きなんだけどなぁ。どーも、アンケートとワタクシの意見は相反しているようで。もし、アンケート送るならこの2つは絶対入れるわ。こんな掲載位置ならば。まっ、送んないけどねーー。
 女の姿になって乳揉まないとか、美作くんテラ紳士。やべぇ。ホレてしまいそうだよ。ワタクシがあの状況にいたら女子のいる前ではチキンになって揉めずに終わり、一生後悔するパターン。
 てか、やべぇーー。アシタバくん敵に一目置かれてる! まさかこんな日がくるとはね。冷静な判断力が売りのようです。アシタバくん、とりあえず応援してるよ。
 そして、ラスト。はい! 男の娘いただきましたーーー!!! 美作くん、揉まなくてよかったね。「普通の女の子」という言葉に反応してるあたり、少しシリアスな男の娘かもしれませんね。上戸彩の逆版か?
 てか、『金八先生』の最終回に上戸彩って出んの? 時間の経過を考えると男になってないとおかしいけど。最近の上戸彩すっかり女らしくなってますからね。今の上戸彩が学ラン着たら、完全にコスプレにしかなりませんね。『フレフレ少女』!!!
 全員の姿が統一されてしまったのに、それぞれがどのキャラかわかるようになってるのは見事でしたね。アシタバくんは顔が浮かび上がってましたけど。なくても全然問題なかったと思う。


投稿コーナー
 持ってないゲームの攻略本のワクワクは異常ですよね。わかります。まぁ、これはネタじゃないんだけど。

プロジェクトA(アホ)
「アホやまんば。自分が山ガールの第一人者だと言い張る。」 さばねこさん。
 うまい。素顔とか関係ないんで、元やまんば現森ガールという人は普通にいるかもしれませんね。しかし、森ガールといったら『アバター』だね。『ブレアウィッチプロジェクト』の鼻水垂らしてるヤツとか。『もののけ姫』のサンとかね。今なら『アンチクライスト』だね。
「アホ遊☆戯☆王。「お前だけは絶対に許さねぇ!拳で勝負だ!」」 ホルアクティさん。
 これは普通に吹いた。シンプルすぎる。熱いね。



総括
 あっ、さっき、テレビに服部さん出てたよ。イケメンすぎて笑った。『バクマン。』はなんなんだ・・・・・。リアル吉田氏が見たかったな。幻滅するだけだろうけど。まっ、『バクマン。』はファンタジーですからね。
 掲載位置だけで見ると、新連載陣の中では『DOIS SOL』が一番ですね。『magico』は若干低いか。まぁ、個人的には新連載全部なくていいから打ち切りナシでいいんだけどね。打ち切り自体は好きなんで楽しみですけど。ただ、『動物園』も『保健室』もどちらもおもしろそうな打ち切られ方が想像できない。なんか普通に終わりそう。それじゃあ、ダメなんだよ。オレの好きな打ち切りじゃない。
 ・・・・・こんな話どうでもいいですね。最後にMVPでも決めます。
 まずは次点。

チョッパー 『ワンピース』
 「おまえの夢 オールブルーじゃなかったのか!?」というツッコミが素晴らしかったです。素晴らしいのはサンジの方かもしれないけど。しつこいかもしれないけど、チョッパー編の映画、つまんなかったよ。

ムっくん 『戦国ARMORS』
 拷問のプロ、という設定に燃えた。けど、ギャグ的な扱いで今後物語に絡んだりはしないんだろうなぁ。残念。

姫川 『べるぜバブ
 究極のチートがカッコよかったです。そのくせ、設定好きにいじって、ゾンビと合体ロボというセンスね。ギャップ萌えとはこのこと。

麻雀刑事 『こち亀
 久々の特殊刑事がなんか懐かしかったです。犯人逮捕よりも婦警の脱衣の方に集中する感じとかなんか懐かしかった。

アシタバ 『保健室の死神
 まぁ、基本的にアシタバくんは応援してます。アシタバくんが活躍するだけでお腹いっぱいです。アシタバくんが敵に一目置かれるとか、今でも信じられない。

 まぁ、そんなこんなで今週のMVPは、

吉田氏 『バクマン。
 もう好きなだけです。吉田氏好きとしては今週は悶絶必至でしたよ。

 ベスト作品は、もう『こち亀』でいいんじゃねぇの。特別ハマったワケではないけど、懐かしかった。最近の『こち亀』の流れが好きでなかっただけに、余計。