北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

テレビドラマ『荒川アンダー ザ ブリッジ』(4話)の感想

 前書き、というか言い訳。1話から感想を書いては上げてるんですが、今までブログをやってた中で最も反響があるんですね。毎週コメントは来るし、なんかイチャモン付けてくる人もいました。
 どれも超ありがたくて毎回感動の極みなんですが、1つ。
 ワタクシ、ここで偉そうにベラベラと語ってますけど、『荒川アンダーザブリッジ』のファンとしては相当なにわかです。アニメ→原作マンガ→実写ドラマ の順で観ております。しかも、初めてアニメを観たのが今年のことですから。ファン歴が1年もございません。半年もないです。原作マンガとアニメが大好きなのは揺るぎないですが。
 なので、本作に対する愛情や知識、その他諸々は欠如している、というのを前提で読んでもらえると助かります。

 言い訳始まりで申し訳ないですね。本編です。

 先週までの個人的なまとめ。
 徳永えりが見れればなんだっていいです。
 先週、安倍なつみ版P子の魅力に気づきました。好きなキャラが2人もいるよ! もはや目の保養目的で見れば十二分に楽しめるんじゃないかな。
 先週、リクが原作やアニメっぽく大声でツッコミを入れてました。

 そして、4話。先週の予告を観る限り、シロさんとビリーの話があります。

 まずは青空教室スタート。これはすなわち、ニノ、鉄人兄弟、そしてステラの登場を意味します。ありがとうございまーす。

 青空教室のシーンで、やたら風が吹いてて「撮影やりにくそうだなぁ・・・・」なんて思いながら見てたら、リクが「なんだよ この風!」とツッコんでてなんかスッキリしました。マンガ、アニメにはないタイプのツッコミですね。素晴らしいと思います。

 授業では、リクが唐突に「宝」について説明し出す。すると、生徒が全員読めない。識字率0%かよ。ホームレスというか、俗世との繋がりがなさすぎてちょっとビックリ。ていうか、ステラは読めないのか・・・・・・・・あの人の精神年齢っていくつ?
 多分、この「宝」についてというのはドラマ版を通じて語られるテーマなのではないかと思います。1話の時にリクの宝物としてビー玉みたいなのが出てきたし。

 「宝」について、シロさんに聞きに行く。が、シロは家族からの手紙を読んでご満悦の様子で、話しかけられずに終わる。
 シロの家に置いてある石灰の量がリアルでおもしろかったです。微笑ましい話をやっているのに、石灰の量がシロの狂気を表していてよかったと思います。ただ、やっぱナイスミドルじゃない見た目はどうなのかと思います。
 左手薬指に光る指輪があからさまに映してたのが、原作、アニメとの違いなのでしょうかね。ていうか、たしかドラマ版には島崎出ないらしいし。

 最後に、ニノにとっての「宝」について語って終了。リクが「まさか、恋人である俺のことか・・・・?」なんて思ったら、「荒川の主との戦いの日々だ」と答えられてガッカリ、というオチ。
 リクが既にニノにホレてるんですね。なんか唐突な気がした。なんかあったっけ? 女性として意識するキッカケって。
 んで、「荒川の主との戦い」っていうのが少し映像で描かれるんだけど。荒川の主が人形。山田孝之出演、シュールなギャグのある連ドラということで『勇者ヨシヒコと魔王の城』があるんだけど、あの作品では魔物との戦いをやっすいアニメで描いてましたから、あっちのが突き抜けてますね。

 んで、次の話。
 授業で作文の発表をするステラ。内容はビリーとジャクリーンの過去について。
 この話を前後編に渡って描かれる。話のナレーションはステラこと徳永えりなので、満足です。耳が幸せです。

 このビリーとジャクリーンの過去について描かれるトコで、人間時代のビリーとジャクリーンが映る。ジャクリーンはいいとして、ビリーの顔面が見えます。まぁ、この話全体がステラの妄想、ってことも考えられるんだけど、ちょっと意外な展開ですね。人間時代の名前まで完全に紹介されますから。橘京一と佐藤直美だとよ。
 ついでにヤスも出ます。なぜか包帯を顔に巻いた謎のキャラ付け。ちょっとホモ臭い感じもありました。
 親分の女にホレてしまったビリーが一人語りの形で描かれるんだけど、ビリーが饒舌で笑えました。

 あと、個人的に気になる部分としては、作文の発表中にボケ発言を挟むニノに対してキレながらツッコむステラ。素晴らしくかわいかったです。

 んで、オチとしては、女に手を出した親分が嫌がらせとして、「あっ、おまえ、今日からタイハクオウムになれ」と命じる。エンコ詰め逃げしようとするビリーを止めたいのは理解できるけど、ちょっと無理ありすぎですね。やっぱコレはステラの妄想と解釈するのが正しいのでしょうか? だってプロの脚本家がこんな無理矢理な理屈で話作らないでしょう・・・・・・? そう信じてますよ。
 ちなみに、この話が本当ならば、ビリーとジャクリーンは荒川住民の中でかなり新米みたいですね。村に来た時に全員いたからね。まぁ、だからなんだって話なんだけど。元々、荒川住民の中でも浮いてる2人だから、古株だろうと新参だろうと関係ないかな。

 んで、本編は終わり。
 次回予告。来週は、ステラのシスターへの恋模様が描かれるっぽいよ。ステラ回キタ!!! 俺得だ。
 1話に出てきた割には結構出番の少ないシスターも次回はちゃんと出そうですね。城田優版はどうなのでしょうか。もちろん、マリアも出そうですね。
 あと、ニノが怒ってました。エピソード0の時のも描かれてたけど、怒りモードは原作やアニメとは違うノリになるのだと思います。とはいえ、ニノがメインに描かれるのって1話以来だと思うんで、本作的にも重要なエピソードになるかもしれませんね。

 最後にちょっとだけ。
 ビリーの見た目について。
 村長や星の顔は被り物でないのに対し、ビリーの顔は完全に被り物。故に完全無表情。顔は動きません。なので、映像としていろいろと無理が生じてました。
 まぁ、その代わり、人間時代のビリーが感情豊かに一人語りしてたのがギャップでおもしろかったんですが。今後、人間時代が描かれるとは思えないので、デメリットが多いと思います。大丈夫だろうか?
 有坂来瞳のジャクリーンはイイと思いますよ。というか、有坂来瞳も好きなだけです。人間時代のジャクリーンが酔っぱらった状態は妙にエロかったですね。
 それと、ジャクリーンの見た目で特徴的なのが、胸の谷間が見えてる。当然ですが、荒川住民の中では唯一ですね。女性らしさが一番溢れてるキャラなので、まぁ、アリなんじゃないですかね。ただ、実写だとあの格好の突飛さが際立つというか、コスプレ感が激増してますね。

 あっ、今週はP子出なかったですね。残念です。先週がかなりP子押しの内容だったので仕方ないかな。来週も出ないかも。まぁ、いいさ、来週はステラ回だ。

 じゃ、また来週。