北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年45号)の感想

 前号が土曜日発売だったので、いつもよりもスパンが長かった今週のジャンプ。休載もなく、至って通常営業です。
 表紙は『ワンピース』だけど、カラーは見開きの扉絵だけだよ。

 『べるぜバブ』と『バクマン。』の間に、自炊代行の問題について集英社の苦情が載ってますね。まるまる1ページ。「こんなの誰が読むのかな〜?」なんて思いつつも読みました。まぁ、自炊なんてする程先進的な読書してないんで、関係ないですけどね。
 この「漫画家も反対してますよー」ってメッセージの直後に『バクマン。』を配置したのは確信犯ですかね?
 てか、こーゆー話を見る度に思うんですけど、古本で読んじゃって申し訳ないですね。いや、今週は新品ですよ。ただ、半分くらいの割合でジャンプは古本で済ませちゃってるんで。なんか申し訳ないっす。
 ってか、古本がアリで自炊代行がナシ、ってなんで? 同じじゃね? 歴史の有無? バカだからわかんなーい。

『ワンピース』

 冒頭、「まともに戦えば麦わら達の圧勝だろう」とハチ。「ホーディ弱すぎw」という批判は結構一般的でワタクシもそれ寄りの考えだったんだけど、作者的にそれは承知の上だったんですね。まぁ、おもっくそ邪推すれば、言い訳としてこのセリフを追加したとも考えられなくもないですが、別にそこまでの敵意は持ち合わせてません。てか、フツーにファンですからね。
 ヒョウゾウあたりはイイ線いくと思ってたんだけど、最後にゾロが圧勝宣言してたなぁ。どうなんだろうか。
 ちなみに、ヒョウゾウのタコ足は剣持たない方がなんかカッコイイと思うのはワタクシだけだろうか。

スケットダンス

 先週に引き続き、卒業式の話。超つまんなかったんで、期待値ゼロですねー。
 安形の答辞台本に、「ごきげんYO(ラップの人みたいな手で)」ってあったけど。こーゆーのホントおもしろくないよね。どんな空気でやってもおもしろくないですよ。
 そういや、こないだのキングオブコントラブレターズの1ネタ目、校歌がラップのヤツ、あれはおもしろかったなぁ。単調じゃなく、展開があって、それがいちいちおもしろかった。あぁ、脱線だこりゃ。
 観客(←違う)の「どっ」ってオノマトペが心底気持ち悪いです。全然笑えない。『黒子のバスケ』もそうだけど、観客描写って大事ですよ。過剰にリアクション取られたらドン引きです。
 やっぱね、卒業式って誰もマジメに取り組まないと思うんですよ。そら、答辞述べたりする人はマジメかもしれないけどさ、それを聞いてる人はボケーっとしますよ。卒業式ってそんなにイイもんじゃない。答辞なんて聞かない。壁に足跡付けられても笑いなんて起きない。超迷惑。

『トリコ』

 後頭部から直接食材(麻薬?)を接種する大ボスが登場。うん、『マトリックス』だね。そのまま電脳世界にダイブできそうです。

『クロガネ』

 先鋒、次鋒〜ってただの順番だけだと思ってた。弱い順じゃないんだ。へぇ〜。
 ドアに鍵も閉めずに着替えるヒロインとか、マジパねぇっす。ゆるゆるだな。
 そして、新キャラ。監督。監督はエロor酔っぱらい、というのはもはや王道ですね。
 大将に新人を配置するってのは、大将戦を捨てることで相手の大将に試合をさせない、って狙いだよね。さすがに運動部経験ないワタクシでもわかります。違ったりすんのかな? まぁ、ところが大将戦までもつれ込んじゃって・・・・・みたいなことになるんだろうけど。

『ブリーチ』

 ハゲが、「自分のために死んでくれる奴の為だけに死ね」 って言ってますけど、一概にそうとは言えない気がするなぁ。「この人は絶対に死なせてはいけない」ってパターンもあるだろうし。マンガ世界を考えて。
 てか、ルキア兄よ。相手に一度も斬られちゃいけないような大事な戦いなら、最初から全開でいけよ。卍解しちゃいなよ。

読み切り『ケルベロスッ』

 プロフィール欄の好きなマンガに『銀牙』ってわかりやすすぎるぜ。
 死の運命から逃げ出す、って『ファイナル デスティネーション』じゃないですか。死のピタゴラスイッチですね。最新作は評判イイみたいですね。飛び出すRー18というのは気になるところです。
 ウンコしながら登場し、鼻クソ飛ばして、オシッコひっかけて、キャンタマ見せて、お下品だなぁ。幼稚なお下品さは好きですよ。
 「子が親より先に死ぬのは大罪」「地獄にまっさかさま」 って鬼畜すぎるでしょ。そっちが殺してるんだから。地獄のシステムに問題ありすぎだよ。
 野犬に餌やるのって場合によっては問題だよね。今回は野犬じゃなかったけど。うちの回り、猫が多くて困ってるのよ。ニャーニャーうるさくって。発情期とか地獄ですよ。なんでもっと静かにやれないのかね。猫って。餌あげるくらいなら飼いましょう。その場しのぎの優しさは絶対とは限りません。

銀魂

 キンタマの続き。
 無理矢理すぎる『あしたのジョー』パロディー。リングの上でなく、三角木馬の上ってのが酷い。。

鏡の国の針栖川

 扉絵。山ガールとか抜かす奴にロクなのはいない。と思います。マジでなんなの? 山ガール森ガールって。そんなギャグみたいな語感の言葉をなんでマジメに使えるの?
 チェックポイントには各班ごとに別の文字を書くからズルは出来ない、ってケータイ使えばちょろいんすけど。疑われてる印象しか持たないわ。むしろズルしたくなるっつーか。・・・・ってこれ、全然本編と関係ないですね、すいません。
 誤解とけたのはいいけど、半日暗闇に閉じこめられるって超怖いね。心が壊れちゃいそうだよ。寝ることも出来ないんでしょ? こわっ。

いぬまるだしっ

 たまこ先生、新キャラに組を乗っ取られるの回。結構マジメな話にも出来るけど、それはないでしょうね。

こち亀

 町工場の救済計画のはずが、中川を相手にした『信長の野望』みたくなってておもしろかったです。
 まぁ、3週間で映画は無理だけど。それに両さんが痛い目見ないってオチもどうかと思うけど。

べるぜバブ

 男鹿と邦枝の戦いはけしからん構図で決着。結構な大ネタだと思ってたけど、アッサリっすね。「もう離さねーぞ」のくだりはおもしろかったです。ラブコメバトルって好きです。
 酒の席で、男鹿がめずらしくツッコミの位置になってておもしろかった。「てめー未成年になんてもん飲ませてんだっ!!」って不良のセリフとは思えない(笑) 男鹿って酒は飲まないのかしら。男鹿がツッコミ、振り回されるポジションに回るとすげぇおもしろいんですね。これは、今後が楽しみ。最後、男鹿が絶倫と勘違いされるのとか、なかなか好きですよ。
 んで、元敵(メイド)が味方になるっつーなんともジャンプ的な展開。まぁ、キャラ多すぎね?とか思いますけど。正直名前わかるのは半分くらい。

バクマン。

 新妻先生の次回作は、ゾンビが主人公らしいですよ。「早く人間になりた〜い」ってことですね。編集が「アメコミ的だな」とか言ってっけど。
 前から思ってるし、何度も書いてるけど、本作の作品世界上に『デスノート』は存在しない、って設定のが絶対イイと思うんだ。今回も、「邪道の限界」だとか言ってるけど、すべてが『デスノート』以下の次元の話に聞こえちゃう。亜城木の2人は『デスノート』を読んだことあるんだったらこの論理はなんかおかしくね? って常々思う。
 てか、今回語られてる次回作も、もろ『デスノート』の二番煎じみたいだし。全部、月じゃん、リュークじゃん、Lじゃん。最後には正義が勝つ、ってかジェバンニが一晩でやってくれます。

黒子のバスケ

 緑の時も思ったんだけどさ、あんな高くボールを上げてシュートされたら、ゴール際で防げばよくね? 火神ならジャンプ余裕で届くでしょ? 火神なら間に合うと思うんだけど。まぁ、机上の空論ですよ。実際は相手チームが邪魔で、とか云々。

『ST&RS』

 根暗な女子が主役と化してる。引きこもりが学校生活で四苦八苦してる。体育会系のノリに困惑してる。そして、恋してる。なんかマンガ変わりました??
 「たった10m」ってなにその胸キュンワード。これなにマンガだよ。ちょっと楽しいですけどね。
 そして、逆ドリカム状態(←古い)の班分け。これは、根暗じゃない方のコが勝手に嫉妬されるパターンのヤツ。
 てか、教師が在りし日の金八先生(てか三又又三)にしか見えませんでした。

ハンターハンター

 すべてはジンの手のひらの上でした〜〜、って話。
 ハンター全員集合、と言われてもかなりの数思い出せず。十二支んがいきなり出てきて、11人も名前覚えらんないよなぁ。干支を括弧書きしてくれると助かります。
 久々のヒソカ登場。イルミが強すぎて笑った。あんなに強かったんすね。ナメてたわ。そんで、当面の目的を発表。この章のラスボスかしら? ゾルディック家の末っ子。長い伏線だったね。いや、あからさま過ぎて伏線とは言えないか。長いフリだった。
 それと、最後の投票結果。名前が羅列してあるだけで読む気が失せる。とはいえ、ゴンに投票したのは誰だ〜、とか、カイト死んどるや〜ん、とかいろいろとあからさまなのが混ざっております。あからさま過ぎるから多分そんなに意味ないんだろうね。

エニグマ

 ケツで安定。せっかくだからケツは『ハンターハンター』にすればいいのに。
 今までの超能力者が矢継ぎ早に力を披露していく展開、ってのは燃えますね。話が急速に進みすぎて、今までの困難がショボく思えてしまったけど。
 んで、あからさまな伏線があって、謎の男がこの先で待ってる、って展開へ。あからさまな伏線って言葉としておかしいね。

投稿コーナー

日本一不吉な出来事決定戦!!

温泉旅館で探偵と知り合いになった。
(ゴーダーさん)

 ジャンプだから具体的なマンガの名前はナシですね。どこぞの孫よりは、どこぞのメガネ小学生の方がマシだと思いますよ。被害者数とか事件の規模的に。

ヒッチハイクしようと親指を立てた瞬間、霊柩車が目の前を通過した。
(投稿スライムさん)

 直球のネタながら考えたこともなかった角度の発想。

666つ葉のクローバーを見つけた。
(オォタァメロンさん)

 文字ネタだからって力技過ぎる。あまりの強引さに笑ってしまった。

多くの細道(お題「ファミレスで一句」)
 どれも相当おもしろかった。お題がお題だけにあるあるネタのあるある度がスゴイです。

頑張って メニュー読んだら 略された
(うむがやすしさん)

 キングオブあるある。コレは数え切れない程経験あります。もはや意地の領域ですね。イラストの方もステキでした。

メニュー見て 時間をつぶし 後悔す
(オォタァメロンさん)

 こちらもイラストネタ。「うわっ、単品で頼んだけど、これセットのがお得だ」 とか身に覚えが。

プロジェクトA(アホ)

アホカメレオン。自分をしっかり持っていて何色にも染まらない。
(カスガイガーさん)

 カメレオンのくせにカッコイイ。結果的にアホだけど。

バカズバッ!
 下段が変化球揃い。三部作構成ってのもアリなのか。あーゆー掲載の形もあるんですね。
 ただ、恋人が南十字星さんの「ドラクエ風授業」がワタクシはツボでした。イラストネタ。「なあアンタ、知ってるかい?」「はい」「そうかい。知ってるならいいんだ。」ってヤツ。楽出来ていいなぁ。

目次コメント

ニュートリノが光より速いという発表はバトル漫画界を変えるかもしれませんね。黒神ファントム改め黒神ニュートリノとか。
(『めだかボックス』)

 なるほど。この発想はなかった。おもしろいっす。

剣道をやめてから6年経ちますが、剣道の先生より怖い生物を未だに知りません。
(『クロガネ』)

 この人の本編と絡めたコメントはぶれないな。すげぇ好き。やめないでほしいです。コメント。

不注意で顔面骨折してしまいました…めちゃくちゃ痛い。健康って本当に偉大です。
(『エニグマ』)

 マンガだと、大ケガした人が「不注意で」って言ってる時って大体暴力沙汰だよね(←言いがかり)。
 てか、不注意で顔面骨折ってどんだけだよ。経緯が気になります。

外に出ていいにおいがする!と思ったらキンモクセイでした!散歩がたのしくなります。
(『家庭教師ヒットマンREBORN!』)

いつのまにか窓の外で金木犀が満開です。いい香り。ていうか金木犀だったんだこの木
(『ST&RS』)

 この時期になるとキンモクセイキンモクセイうるせぇーヤツが続出すんな(笑) ツイッター上でも死ぬほど見たわ。あの匂いどんだけ好きなんだよ、日本人。そしてそれを報告したがる、っていう。


 総括です。
 と言っても今週は特にないんですけどね。掲載位置とかも特別なものはなかったし。『エニグマ』が安定してきたかな。んで、物語もスピードアップしてる気がするので、近いのかもしれませんね。
 新連載としては、『クロガネ』が好評なのか? 可も不可も・・・・って感じだけど。個人的には、目次での作者のコメントが大好きなんで、続いてほしいですね。本編はまぁ、フツー。剣道うんちくとかは楽しいけど、それは作品と関係ないしなぁ。
 読み切りは個人的に先週のは全然ハマらなかったのですが、今週のも別に・・・って感じ。すげぇーどーでもいい話ですけど、主人公の顔見てると、『サイボーグクロちゃん』のコタローを思い出しました。顔の形と表情が似てるかな。

 どーでもいい話をしたトコでおしまいです。今週はMVPキャラとかやりません。全然思いつかないんですよね、今週。