北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

ケツメイシの参加曲まとめ

 たまにはケツメイシのことでも。

 先日発表されたケツメイシのベストアルバム発売を祝しての記事でございます。
 ・・・嘘です。ベストアルバム発売に絶望しました。けど、1万円かけて『ケツのデモ』手に入れます。「ALL I NEED」はあると期待していいんだよね?

 「ライジングサン」でファンキーモンキーベイビーズと本格的に共演したんですが、かなりめずらしいことですよね。最近では特に。
 んで、「ライジングサン」にちなみまして、ケツメイシの参加曲をリストアップしてみようと思います。

 先に注意書き。

  • ワタクシはファン歴が長くはないです。アルバムでいうと『ケツノポリス4』のタイミング。古参ではないので、昔の曲の発表に至る経過とか、曲についてのあれこれはまったくわかりません。スナケツ、ウィキペ、ファンサイトとかを回って、過去の曲を探しただけです。
  • ケツメイシの参加曲全部は網羅してません。そこそこがんばって探して見つかった限り、です。
  • 今回扱う参加曲は亮、亮二、大蔵が声で参加してる曲に限ります。河野ファンには申し訳ないです。
  • ケツメイシ以上に音楽に詳しくないんで、ちゃんとしたレビューとか書けませんよ。

 では、本題。


CRACKIN’DJ REMIX

CRACKIN’DJ REMIX

「HIGH SCORE」
  • アルバム『CRACKIN'DJ REMIX』収録
  • ケツメイシ
  • DJプレイを疑似体験するゲームのサントラだそうです。ゲームで使われたトラックに乗せてラップしているらしいです。
  • 今回の中で唯一のケツメイシ名義の曲。亮、亮二、大蔵の声しか聞こえないというレア曲。これも『ケツの嵐』に入れちゃえばよかったのにね。
  • 亮、亮二、大蔵の順にラップするだけ、というシンプルな曲。最近では考えられませんね。素晴らしい。


Point of No Return

Point of No Return

Point of No Return(ケツメイシのremix。)」
  • シングル『Point of No Return』収録。カップリング集にも入ってます。
  • CHEMISTRY
  • 今回の中で一番ケツメイシっぽい曲。3人のラップあり、亮二と亮、大蔵の掛け合いあり、河野のスクラッチあり。原曲を知らない人がもしいたら、「ケツメイシfeat.ケミストリー」の新曲って思うんじゃないかな。
  • 亮二以上の超絶ボーカルがサビに待ちかまえてる、というのがかなりレアな構成。


Boys&Girls

Boys&Girls

「LOVE-DESTINY(Todd's Lovers Conversion)」


横浜LOGOS presents JOYRIDE produced by DJ KOHNO (ケツメイシ) & DJ TATSUTA

横浜LOGOS presents JOYRIDE produced by DJ KOHNO (ケツメイシ) & DJ TATSUTA

「さーどっち?」
  • アルバム『JOY RIDE THE Compilation Vol.1』収録
  • DJ TATSUTA Feat.大蔵(From ケツメイシ),Channel
  • TATSUTAと河野によるアルバムより。なぜか亮二は参加してません。
  • 大蔵とChannelの掛け合いが楽しい。それでいて、TATSUTAのこともイジる内容になってて素晴らしいです。
「お客様が神様です」
  • 同じく『JOY RIDE THE Compilation Vol.1』収録
  • DJ KOHNO Feat.GAKU-MC,ナイス橋本,WADA,RYO
  • 4人の強烈な布陣ながら亮さんはしっかり個性を発揮しております。なにげにPVがある。


ぼくらの五日間戦争 (CCCD)

ぼくらの五日間戦争 (CCCD)

『僕らの五日間戦争』
  • タサツのアルバム
  • 田中亮の「タ」、NAMこと佐々木の「サ」、アルファ坪井の「ツ」。
  • ケツメイシの時とは違った亮さんの魅力が詰まった作品になっております。個人的には「Keep On 子供Ing」が一番好きかな。
  • ワタクシは持ってないんですが、本作未収録、シングル『血液脱腸』に入ってる 「きのこ、かり」 という曲がとんでもないです。動画サイトで聴いたんですが、たまげた。てか、このタイトル、天才としか思えない。


SONORITE(初回限定盤)

SONORITE(初回限定盤)

KISSからはじまるミステリー
  • アルバム『SONORITE』収録
  • 山下達郎 Feat.RYO
  • まさかの山下達郎。大御所だからか、亮さんの声が随分とよそ行きな感じでステキ。男前な亮さんが堪能できます。亮さん曲では、今回の中で一番好き。


SUSHI BOMBER(CCCD)

SUSHI BOMBER(CCCD)

「PULSAR」
  • アルバム『SUSHI BOMBER』収録
  • アルファ Feat.RYO(from ケツメイシ)
  • 「アセッションプリーズ」 「スタート」でお馴染みのアルファのアルバムに亮さんがお邪魔した作品。簡単に言うと、トイレの曲。亮さんが適材適所すぎる。


BOYS & GIRLS

BOYS & GIRLS

「Boy Meat Girl」
  • アルバム『BOYS & GIRLS』収録。配信シングルとして配信はされてました。
  • アルファ、RYO(from Ketsumeishi) & HALCALI
  • 再びアルファの作品に亮さんが参加。HALCALIのお2人もかわいくてイイです。
  • ボーイミーツガールならぬボーイミートガール。アルファが草食、亮さんは肉食担当。「肉食系男子のススメ」の続編として聴くのもアリなんじゃないでしょうかね。亮さん登場時の 「俺は亀年生まれ金玉育ち 朝日昇るまでしこたまオナニー」 が強烈で素晴らしすぎる。


369.2

369.2

「キャンプファイヤ」
  • アルバム『369.2』収録。シングル曲。
  • 369+RYO+TSUBOI+YAIKO
  • 「手紙 過去〜」でお馴染みの369の曲。矢井田瞳、アルファの坪井、そして亮さん。369をブレイクさせようとする大人の圧力がビンビンに伝わってきますね。まぁ、結果はアレでしたが・・・・・。
  • ヤイコと亮、ヤイコと坪井の掛け合いのトコとかサイコーなんですよ。あれ・・・・・肝心の369が影薄い。
ヒーロー
  • アルバム『369.2』収録。上のシングルのカップリングでもあります。
  • 369+RYO+TSUBOI
  • シングル曲しかヤイコは参加してくれませんでした・・・・・ってことかな? ただ、ヤイコというキャラの濃いボーカルがいなくなったことで369が目立ったかな。もちろん、坪井と亮のラップはサイコーです。
「FF」
  • アルバム『369.2』収録
  • 369+RYO+TSUBOI
  • 上2曲はシングル時に発表だったのだが、その後発売されたアルバムに新たに収録されたのが本作。おんぶにだっこですなぁ。ただ、次作『369.3』では亮さんも坪井もお呼ばれなし。


RED RIBBON Spiritual Song ~生まれ来る子供たちのために~

RED RIBBON Spiritual Song ~生まれ来る子供たちのために~

「RED RIBON Spiritual Song 〜生まれ来る子供たちのために〜」
  • AIDS チャリティ Project
  • 山本シュウが発起したエイズに対する啓発プロジェクトによるシングル。参加アーティストは、絢香小田和正、加藤ミリア、GLAYTAKUROとTERU、Skoop On SomebodyのTAKE、一青窈湘南乃風の若旦那、そして亮さん。プロデューサーはYANAGIMAN。
  • この手の曲にありがちな闇鍋感、ごった煮感が楽しめます。若旦那が明らかに我が強すぎてアレですが、彼はこの手の活動が精力的ですからね。ただ、グループ名を言うのはあまり好きじゃないかな。
  • 亮さんはソロパートとしてはラストに登場するので、亮さんだけ期待してると、前半飽きます。絢香の直後に登場します。この手の曲は、亮さんのPTA会長という経歴が活きてますね。
  • ライブで行う場合、待ち時間が数時間、出番は数十秒らしいです。


全開ガール (CCCD)

全開ガール (CCCD)

「STAY WITH MY HEART〜気づいてKIMOCHI〜」
  • アルバム『全開ガール』収録。シングルもあります。
  • 星井七瀬
  • 今回一番の変わり種。まさかまさかのアイドルソング。発表当時の事情をまったく知らないので、経緯とかがわからず、正直頭で処理しきれないです。星井七瀬って、昔なっちゃんのCMやってましたね。
  • 田中亮、YANAGIMAN、DJ TAKI-SHITの3人によるアイドルソング。亮さんが作詞してるってだけでもワケワカメなのに、曲の最後にはラップで参加。コテコテのアイドルソングの最後に亮さんのラップが聴けるという不思議体験。ラップは相変わらず素晴らしいんだけど、それが逆におかしく思えてしまう。


ニッポンノヒップホップマニア

ニッポンノヒップホップマニア

  • アーティスト: オムニバス,DJ ETSU,Platinumtek MC’s,MC JUNDOY,OKAY JAZZ SYNDICATE,Ryo & N@M,下町兄弟,Suzuki & Satoh,Daizo,Section-S,Gunman Killa
  • 出版社/メーカー: front line records
  • 発売日: 2001/03/22
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る

大航海時代
  • アルバム『nippon-no-hiphopmania』収録
  • 亮さんと、タサツの「サ」ことNAM。「手紙 過去〜」でもお馴染みですね。
  • ケツメイシの曲でも亮さん主導曲は名曲が多いと思ってるんですけど、それは参加曲でも同じ。超カッコイイっす。「KISSからはじまるミステリー」がなかったら亮さんのベスト曲。「糞転がしのみぞ知るウンコの価値」 パンチラインが素晴らしい。
「いつまでも」
  • 同じく『nippon-no-hiphopmania』収録
  • 大蔵ソロ曲。
  • 亮二ですらカバーでしかないソロ曲を大蔵が。そんなレアなソロで歌っているのがラブソングというのが、らしいというかなんというか。


INDEPENDIENTE(初回限定盤)

INDEPENDIENTE(初回限定盤)

「LUZ DEL SOL」
  • アルバム『INDEPENDIENTE』収録
  • Dragon Ash Feat.大蔵 from ケツメイシ
  • 大蔵客演シリーズ。イントロに大蔵が顔を出し、曲のラストにラップを披露。


CRESCENT MOON

CRESCENT MOON

「DESTINEY'S LOTUS」
  • シングル『CRESCENT MOON』
  • 中島美嘉
  • 大蔵がラップで参加してるのに、名前がないのが悲しいですな。まぁ、ケツメイシも「feat.〜」という表記が基本ないけど。てか、中島美嘉との接点がわからない。
  • コーラスにはEXILEのATSUSHIが参加してます。つまり、大蔵とATSUSHIのハゲ対決ですなぁ。


Colors Water Music

Colors Water Music

「Walking Under The Sun」
  • アルバム『Colors Water Music』収録
  • 山嵐 featuring 大蔵
  • 大蔵がサビ&ラップしてます。個人的には、大蔵参加曲の中で一番好き。大蔵のいろんな歌い方が聴けて、ソロ曲よりも大蔵の魅力が詰まってると思います。


夏に勝つコツ

夏に勝つコツ

「夏に勝つコツ」
  • シングル曲
  • MOUTH feat.HAN-KUN,Red Rice
  • 亮二と大蔵参加曲。まぁ、サマーソングだからねぇ、間違いないでしょう、という目論見が見事に当たる。ケツメイシの参加曲の中でも屈指の人気曲だと思います。


DISCO-NNECTION

DISCO-NNECTION

「あ・い・ど・る」
  • アルバム『DISCO-NNECTION』収録。
  • Taichi Master Festuring Ryoji & 宇多丸
  • 亮二客演シリーズ。男相手だったら、相手がラップ、亮二がサビというのが盤石の布陣。良曲率が非常に高い。
  • 亮二とRHYMESTER宇多丸によるアイドルへのラブソング。アイドル好きの宇多丸先導の曲なのかな?(ただ、宇多丸は「アイドルに疑似恋愛はしない」派らしいけど)
  • 宇多丸のラップに亮二のボーカルがよく映えた名曲。多分、参加曲全体の中でも屈指の人気曲なんじゃないでしょうかね。


A Peacetime MCU

A Peacetime MCU

「いいわけ」
  • アルバム『A Peacetime MCU』収録
  • MCU Feat.Ryoji
  • ラップがあって亮二がサビを歌う失恋ソングということで、ケツメイシの曲っぽい印象。ケツメイシのアルバムに入っても違和感なさそう。
  • これまた参加曲の話になるとよく名前の挙がる名曲。


BOφWY TRIBUTE (CCCD)

BOφWY TRIBUTE (CCCD)

「わがままジュリエット」
  • アルバム『BOOWY Tribute』収録
  • Ryoji From ケツメイシ
  • 亮二だけ。今回扱う曲の中でも激レアなソロ曲。イントロからアウトロまで亮二の声だけですから、亮二ファンにはたまらないんじゃないですかね。BOOWYファンからの評判とかも気になるところです。


Words of 雪之丞

Words of 雪之丞

「青空」
  • アルバム『Word Of 雪之丞』収録
  • Ryoji Feat.高橋幸宏
  • 基本的に、1つに曲にボーカルは亮二だけでいいと思っているので、そんなに好みではなかったり。


「Daydream Believer」
  • アルバム『シンガーズ リミテッド ゴールデン ムード ヒッツ!』収録
  • 川上つよしと彼のムードメイカーズ feat.Ryoji & Rankin'Taxi
  • 超有名曲のカバー。まぁ、間違いないです。亮二はさすがの仕事ぶり。


flower feat.RYOJI(from ケツメイシ)(DVD付)

flower feat.RYOJI(from ケツメイシ)(DVD付)

「flower」
  • シングル曲
  • Nao feat.RYOJI(from ケツメイシ)
  • 亮二がプロデュースしてたNaoの曲に自身が参加。女性ボーカルへの客演ということで、脇に一歩引く亮二が聴けます。


このままで

このままで

「このままで」
  • シングル曲。アルバム『New Age Channel』にも入ってます。
  • SOUL LOVER Feat.Ryoji
  • 女性ボーカルへの客演。「この人の声どっかで聞いたことあるな〜」と思ったら「L/S」のリミックスで参加してる人だったんですね。なるほど。女性ボーカルへの参加曲としては、上の「flower」よりも好きかな。

 以上。
 とりあえず、手元にある曲のリストなんで、全部じゃないですよ。また、プロデュースとかまで手を出せばさらに存在しますしね。亮二プロデュース曲には亮二がコーラスで参加してるのも多いんで、探したい気持ちもあるんですが、正直めんどくs・・・・・・・・。
 今度発売する関ジャニ∞のアルバムに亮さんと河野が参加してるようなので、そちらも要確&認ですな。

 個人的なお気に入りとしては、「HIGH SCORE」、「Point of No RETURN」、「KISSからはじまるミステリー」、「大航海時代」、「Walking Under The Sun」、「夏に勝つコツ」、「あ・い・ど・る」、「いいわけ」、ですかねぇ。
 もし、知らない曲があったならば、探してみるといいですよ。動画サイトにあるヤツとかもありますし。よろしければ是非。