北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2012年16号)の感想

 ジャンプです。今週は『トリコ』と『ブリーチ』が休載というイレギュラーっぷり。
 一方で、『ハンターハンター』関連でニュースが欠きません。まさかの映画化とか。テレビアニメ観てるけど、そんなに好評だったの?? オリジナルストーリーというのは嬉しいけど、冨樫関わってないらしいですからね。大きすぎる不安要素。「脚本のアイディアをいくつか聞き、おもしろくなりそうなので楽しみです」というコメントがあるので、脚本は信頼していいのか・・・・・? まぁ、ただのリップサービスと言ってしまえばそれまでですが。コメントは、「てゆうか、自分で書きたいくらいです」と続けてるんですが・・・・・・・書けよ!!! 書いてくれよ!!!!

『ワンピース』

 表紙&巻頭カラー。
 サンジとフランキーのコンビすげぇイイな。ちょっと意外な組み合わせだけど息ピッタリじゃん。エロとオッサンという男臭の強い2人だけど、その違いが活きまくってる印象です。男臭が強いと同時に男子臭も強いんですよね。駄々こねるサンジとか、子供の人気者になるフランキーとか。これは2人の新たな魅力が見つかった気がします。
 スモーカーとロー。天竜人の一件があるのにローが七武海入り出来たのにはなにかワケがあるんでしょうが、スモーカーはそのことに触れてくれません。
 事態はナミたちの登場でカオスに。すかしてたのに、動揺を隠せないローがかわいいです。ルフィもゾロもいない一味がスモーカー組と遭遇するのは新鮮ですね。特にゾロのいない状況でサンジがたしぎに会うのは楽しい。逃げずに一悶着起きてほしいものです。
 そして、まさかのローvsスモーカーか!? これはいきなりテンション高い。てか、組み合わせが意外すぎる。まさかの非麦わら。スモーカー相手ではローも本気を出さざるを得ないでしょうから、能力に言及されるといいですね。そうすると、島の不思議生物の謎にも繋がるでしょうし。さらには、「2年後」スモーカーも気になるところです。
 スモーカーはローの力についてある程度知ってるようですね。部下たちに「お前らごときじゃあ手も足も… 解体(バラ)されちまうぞ!!」と言っているので。「解体」というのがローの力のキーポイントっぽいですね。これは、元解体屋フランキーと戦う布石か?? 勝てそうにね〜。

スケットダンス

 忍者回。個人的に忍者とスケット団の後輩は地雷です。
 会長、USBメモリーも知らないとか・・・・・。ボーッとしてるとか関係なくただの無知ですよ。「『デート&ナイト』のティナ フェイかよ」と言っておきたい。似てる。
 「ギャグだから」というのはわかるんだけど、忍者くんチートすぎやしないか。30ヶ所からの狙撃をすべて防げるとかやりすぎだろう。ヒメコと同等レベルだと思ってたけど、これは『こち亀』の日暮レベル。不安が大きくなりました。

バクマン。

 この話が続く限り、おそらく毎週言うことになると思うんですが、「きょ・・・興味ねぇ・・・・・・」。
 マジでどうでもよすぎます。声優オーディションとか。そもそも主役でもない役のオーディションって時点でリアリティーがないんだよね。事態がハデになればなるほど本作の魅力は薄れると思います。ジャンプのマンガ家っていうのは見えない場所での話なので。「今1番人気ある声優を決める国民投票」とか、スケールでかすぎだよ。
 コンビニのシーンで、学生のジャンプ読者が声優の話してるけど、今の学生って声優業界に精通してるもんなの!!? ワタクシなんて声優なんて名前も顔も全然わからないんですけど。まぁ、一応『バクマン。』時空では数年後の世界なんですけど、声優の処女問題とかやってたくらいだし、2012年現在の感覚で問題ないと思うんだが。てか、今回に出てくる声優の名前って実在の人のもじりだったりするのかな? それすらも判断できない・・・・・・。
 超どーでもいいけど、作内2ちゃんでの「どこ?URL貼って」「自分でググれ バカ」って会話がものすごい不自然に感じました。「自分でググれ バカ」ってのが。
 先週まで真城たちの恋愛を作中のキャラが「清い恋愛」とマンセーするのが気持ち悪かったんですが、今週ついにシュージンまでもが「ホントすげーーよ」発言。途方もないことはわかってるからさ、わざわざ言わなくても・・・・ねぇ。
 亜豆家の生活感のなさハンパねぇな!!! 母親はそういうキャラだから気にならないにしても、妹とか笑えるレベルだぜ。
 ゲンを担ぐのにカツオ、鳥、パスタというのは初耳だった。奥が深いんだな。カツしか喰ったことねぇよ。
 てか、声優の業界描写が酷いな・・・・・。いっそのこと、トウシューズに画鋲みたいなレベルまで引き上げてくれたらいいのに。
 カヤちゃんは声優業界やいろいろに関して無知ということで、読者への案内役みたいなのを兼ねてるのかな。本作の女キャラで唯一安定してるよ。彼女が最後の砦。
 ただ、声優の演技についての描写がカヤちゃんの実況頼りなのは痛い。『黒子のバスケ』みたいな実況は悪手ですよ。声優をテーマにしたいならせめて、うまい声優って描写がしっかり欲しいですね。亜豆用に秘策があったりするのかしら。だとしたら楽しみですね。
 亜豆レベルになると台本なんて読まなくてもセリフは頭に入ってますよー、ってオチだけど。原作があるんだからみんな原作読んでこいよ。渡される台本が限定されてるから情報が少ないとか、バカみたい。みんなどこまで本気なのか。

パジャマな彼女。

 ラッキーおっぱいから一転主人公が男を見せる意味での手繋ぎ。生身ヒロインとしてはうまい描写だと思いますよ。
 ヒロイン2号を「お姉ちゃん」キャラに定着させるならば、ヒロイン1号を「妹」キャラにするのが本作の対立構造からしたら然るべきな気がするんですが。ヒロイン1号は同い年属性が強いんですよね。こ、これは新キャラの予感か? 眠れる森の美女、白雪姫、ときたから次はシンデレラ? 髪長姫とか? ・・・・勝手すぎる予想でした。
 本作の物理法則を無視したスカートふわりはヒロイン1号が幽霊となってふわふわ状態になることの布石だと思ってたんですが、ヒロイン2号もなりますね。勘違いだったか。てか、対比を強める意味ではヒロイン2号はスカートやめておっぱい1本で攻めた方がイイとは思うんですが、無理でしょうね。
 ガラケースマホの対比はおもしろかったと思いますよ。2人のパワーバランスが象徴的に現れてると思います。それと同時にヒロイン1号にはケータイがないので、そっちとの対比にもなってるのかな。
 てか、ヒロイン1号って貧乳じゃないのが本当に残念だな。ヒロイン2号のおっぱい押しが意味なくなっちゃうじゃん。てか、湯煙でのパイ隠しも芸がないなぁ。エロ枠なんだからそういうトコは凝ってほしかったです。単行本補正とか知らないよ。買わないし。

ハイキュー!!

 タイトルのびっくりマークって2つあるのか。覚えにくいな。
 主人公1号が2号の異名に憧れるトコで「東北の」って案が出てきたけど、舞台が東北であることを強調したの2度目かな? この時期、愛郷心が強くなるもんなんですかね。震災以後なのか以前なのか、それとも別時空の話なのか気になります。
 おおっ、ノッポさん出てきた。やはりバレーマンガでは避けても通れない困難なんだな。『黒子のバスケ』とテーマが被るけど、楽しいです。「今日の敵は明日の友」理論ですので、ノッポキャラが味方にいるというのはちょっと意外ですね。今後、チビvsデカの対決が燃えなくっちゃう。このテーマをこんなに早く持ってくるとは。
 メガネの女子キャラ初回以来の再登場。主人公はピュアキャラかと思いきや、主人公がホレるんですね。ちょっと意外。
 はてさて、来週試合開始。まともな試合、しかも修行を経ての試合は初なので、本作の真価が問われる回になるんじゃないでしょうか。

黒子のバスケ

 『ハイキュー!!』と連続掲載とは。デカ至上主義スポーツということで、意識したのかな?
 紫が本気出せばゴール壊せるってずるくね? 好きなタイミングで休憩挟めるじゃん。
 めずらしく絶望入りましたね。これはイイですね。味方のデカが抜けてチビがリベンジ誓うのとか、超燃えますよ。

『パッキー』

 まさかの4コマ。あんまり4コマっぽくはなかったよ。けど、イントロとして1ページだけ4コマっていうのはおもしろいアイディアだと思います。
 探偵ルックのパッキーの扉絵。煽りコメントが、「じっちゃんの名にかけて 謎はすべて解けて 真実はいつもひとつ!!」。そういえばマガジンで『金田一少年の事件簿』の連載が始まりましたね。『コナン』よりも好きなんで、未だに楽しみです。今回のテーマは人喰いだそうで、いつになく不気味でおもろそうな予感がしております。最近の事件はどれもイマイチなのが多いからね。・・・・・・・関係ないですね。ごめんなさい。
 てか、またタケル姉かよ!! タケル仕事しろ。タケル姉がホントに好きなんだな。タケル姉が現行ジャンプにおけるヒロイン競争に生き抜くだめの武器、個性、属性は、スカートの丈の長さだと思います。妙に長い。この御時世的に新鮮に思えるから不思議です。・・・・ただ、コマによって丈の長さが違うので個性ではなく、ただのたまたまですね。仕事が雑だぜ。真剣に考えて損した。
 事件発見時のパッキー「頭突き部が万事屋やスケット団より万能であることをしめすのだ!」 ・・・・えっ、ギャグマンガとはいえ、この2作のこと意識してんの? 被ってようで全然被ってないと思うよ。てか、メタ視点入れてくるのか。意外・・・・というか本作には合わないと思う。

ニセコイ

 冒頭から美少女と拳銃というヒットガール描写きた。これですよ。こーゆーのが欲しかったんですよ。律儀にリボンまでしちゃって。ご褒美にバタフライナイフ買ってあげたいですね。
 ん? ただ、メガネギャングは彼女のこと男だと勘違いしてるんじゃなかったっけ? リボンしても気づかないの? バカじゃん。
 ヒットガール押し回ということで、ニセコイカップル以外の主要キャラとの対面。ヒロイン2号&メガネとの組み合わせはなにも発生しなさそうだけど、逆にそれが新鮮かも。エロメガネとの相性はバッチリだな。拳銃でのツッコミはヒットガール属性描写としてもありがたいです。ただ、暴力的なツッコミってのはヒロイン1号の個性の1つなので、被ってるのが残念ですね。それと、1人だけフィクションラインが高すぎるので『らんま1/2』感がドンドン強くなってきちゃってる。なによりも男装ってのはヒットガール感が弱まるので邪魔です。
 主人公がヒットガールに好意というか恋愛感情を抱き始めるんが早い。ニブチン×ピュアの組み合わせだと思ってたのに。
 先週からヒットガールがデレるというか、照れる顔のアップが多すぎて食傷気味だったんですが、最後のアップはよかったですね。会話の内容と合致していて素晴らしかったです。人が恋に落ちる顔を映してる恋愛モノは信頼できます。まぁ、主人公はその顔を目撃する必要はなかったと思いますが。見てもニブチンだから気づかないか。
 円環構造でヒットガール紹介回としてはなかなかよく出来ていたのではないでしょうか。次回からのヒロイン1号と2号の立ち振る舞いが気になるところです。

『magico』

 あっ、バトル展開行かなかった。ハッタリかよ。
 主人公がマッチョすぎて引いた。非力の方がよかったなぁ。
 新居でのキスは初夜のメタファーってことですかね。「俺たちの冒険はこれからだ!」エンドということで、連載お疲れ様でしたー。
 と、思ったら続くのね。連載1周年のセンターカラーですか。えーそーですかー。超意外。

銀魂

 ツッキーがキメキメで「ここは俺に任せて先に行け」展開。ノブメの見せ場もしっかりやってほしかったもんですね。まぁ、本作はツッキーメインなので仕方ないけど。
 敵の用心棒的な人、死ぬのはやっ!!とか思ってたら生きてましたね。ロボとかかな? 『アフロサムライ』臭がしてステキです・・・・・・・・とか思ったらロボじゃなかった。なんだよチクショー。頭突かれて生きてるのはちょっと無理があるぜー。
 ただ、階段落ちの殺陣が素晴らしいですね。必殺技のないのを自らネタにする作品らしく、セリフのない殺陣というのは新鮮に楽しめます。

いぬまるだしっ

 「金曜日にちょっと間違えるタモさんだ!!」で笑った。
 園長がナイスアシストしてるのも笑った。そして台無しにするタモさん。

べるぜバブ

 『ドラクエ5』の丁寧な説明うざいなぁ、と思ったけどその後もくどくどと説明するので1周して笑えた。そもそも「とんぬら」って。
 そして、新子連れ番長が邦枝にフォーリンラブ。これはうまい。記憶喪失の一件でヒルダがヒロインとしてランクアップしたので、邦枝のキャラが弱まったと思ったらこの展開。見事です。そして、こういうエロキャラは新鮮でイイですね。
 ラストの男鹿の「多感か!!」もおもしろかったですね。やはり男鹿は振り回される方が魅力的だと思います。しかし、全裸の男を見て一目惚れとは将来が思いやられるな。

『クロガネ』

 座頭市キャラの過去紹介。剣道部の見学中に音楽聴いてるとかナメるのも大概にしろよ。100%アイツが悪いじゃん。あの過去シーン、なにが描きたいの??
 ケンカを取り入れたスタイルを身につけるってのは燃えるけど、反則でしょ。手で防いだのもダメだし。フツーにパンチしてるし。
 ファイティングポーズを模した構えってのもおもしろいとは思うけど、殴る動作を剣を振る動作にシンクロさせる方が本題でしょ。ポーズだけマネてもこけおどしにしか感じないです。
 てか、ラストの相打ちはちょっと意味がわからないです。「どうしてこうなった」としか言えない。

こち亀

 中川&麗子による両さんの説得は安定しておもしろい。久々な気がする。
 話が展開してからつまらなくなったと思ったけど、アイドルがカップヌードル作ってくれるっていう時事ネタに着地したのはうまかったですね。

『ブリーチ』休載のお知らせ

 1ページぶち抜きでこんなコメント載せるなんてね。てか、冨樫ってインフルだったんじゃなかったっけ? 『ハンターハンター』は休まないのに『ブリーチ』が休む・・・・だと・・・・・。
 てか、牡蠣が当たったんじゃねぇの。

『DOORCONBOURO -ドア、こん棒、炉-』

 特別読み切り。なにが特別って『ブリーチ』のインフル休載が特別。
 イントロとアウトロは邪魔です。
 1発目。オチよりも悪意にまみれた森ガール像がおもしろかったです。ほぼディズニープリンセス化してましたね。
 2発目。『ワンピース』を下劣にネタにする気概は買いますが、「七つの海」とか『ワンピース』関係なさすぎて引いた。
 3初目。はい、好きじゃない。
 4発目。うん、好きじゃない。
 5発目。好き。「去れ、ゴリラ、チンパンジー」という言葉の勝利。この言葉だけで十分おもしろいのに、なんでこれにはツッコミ入れたんだろう。他のには入れてないのに。
 6発目。全然。壁の「FAX」「TEL」の落書きは気になりました。
 ラストページの柱コメント。「今、貴方が抱いた想い、それが『虚無感』です」 なにこの無駄な南海キャンディーズの山ちゃん感。
 穴埋めお疲れ様でした。『ブリーチ』はシュールギャグ枠ということでよろしいんでしょうか。

ハンターハンター

 緊急事態を知らせるビーンズが超かわいい。もうビーンズが主役でいいよ。
 てか、新章の始まりがこんなにも十二支ん押しだとはな。意外だ。ゴンに興味が持てなくなった現状としては、楽しいけど、ゴンが主役なのは不動だからなぁ。不安要素なのには変わりない。
 外側の世界。グルメ界的なトコ、「暗黒大陸」って呼ぶらしいです。また大層な名前つけたなオイ。アフリカの蔑称かよ。さすがに「カッコイイから」程度の理由でこんな名前は付けないでしょうね。どんな意図があったんでしょうか。
 ビヨンド ネテロ〜〜〜〜〜〜!!!!!
 これまた、すんげぇ名前。そして、すんげぇ風貌。「関羽張飛÷2」と言った感じでしょうかね。
 ビヨンドが現れてからの十二支んのそれぞれの反応が十人十色でおもしろいですね。表情だけで見せるので実に見応えがある。卯どうした。超気になる。
 ビヨンドの部下たち、重要じゃなさそ〜〜っ。パリストンとあと数人だけだろ、重要なの。
 ジンが見つめる先はビヨンドのいる街ですね。言葉はないけど丁寧ですね。また、ジンがオーラに包まれてるのって初?? 後ろ姿なのと相まってすげぇ興味湧いた。ジンは顔見えない方が魅力的だな。
 ハント指令だってさ、タイトルらしくてステキじゃないですか・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・・・・・・
 ・・・・・・・
 休載かよっ!!!!!!!!!!!!
 Nooooooooooooooooooh!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 マジでか。新章1話だけ始めての休載ですか。インフルで休まなかったのは、先に長期休載があるからだったのか・・・・・。数週後に長期休載入るんだったら、たしかに休めないわな。てかまじか。すげぇ順調だったのにな。てか、映画化発表されたのにな。『ハンターハンター』のニュース密度が濃すぎるよ。てか、映画公開っていつだよ。おそらく公開時までは再開しないんじゃねぇの?? いや、今回の『ハンターハンター』は今までと一概に比較できない内容だったし・・・・・・・と頭の中がグッチャグチャです。もてあそばれてるわぁ。

『ST&RS』

 ケツ。まだ終わらない。サブタイが「スターズ」でマジ終わりそうなのに終わらない。ここまで来ると終わる終わる詐欺の領域だぜ。
 大声をたしなめるいづみ。嫁感がドンドン増してるな。
 ペテルギウスが超新星爆発で死ぬのっていわゆる寿命ってことなんじゃないの? 引っこ抜くだけでそれが避けられるとは思えないんだけど。いまいちルールがわからん。

投稿コーナー

 11号開催の日本一の結果発表。全部ハズレ。ふむ、悔しい。

日本一アホな雪だるま決定戦!!

火事の中、子供を助けるために燃え盛る家の中に入って行った。
(スミルノフ大佐さん)

 泣いた。しかし、これをアホ呼ばわりしていいのか(笑)

織田信長のぞうりを胸に当てて「温めておきました」
(たくボンGさん)

 こんな秀吉は斬り捨てられる。

「雪の女神との契約により力を使い果たし封印された勇者の末路」という設定が与えられている。
(大竜帥さん)

 これはイイ厨二。

バカズバッ!(二代目ブタゴリラ君祭り)
 派生コーナー。『キテレツ』関連のネタが1つもないことがビックリだよ。みんなあえて避けてるのかな?
 ロリーたくわんさん、さばねこさんのネタがハマった。方向性が一緒ですね。前者が正当派で、後者がそっからすこし変化させたネタ。どちらも素晴らしいです。ただ、前者のペンネームが一番笑えました。切るところを変えたくなりますね。

飛び込み!まおジャン(『バクマン。』に真央ちゃんが出るなら!!)
 このコーナーではめずらしく笑えるのが多かった印象です。結構ボケやすいお題だったのかも。文字なしのイラストネタはどれも秀逸で笑った。特にさばねこさんのネタ。うますぎる。

そりゃあ、もちろんパンチラファイトで…グフフフフフ。
(人生尾綿さん)

 このコーナーではめずらしく真央ちゃんに色目を使ったネタ。1ネタだけこういう視点があると目立ってイイですね。応援したくなります。てか、これまたペンネームが(笑)

目次

 「爆裂1コマ漫画」 こ、これは・・・・・・コーナー始まって以来の超変化球きたでぇ。すげぇおもしろいよ。偽マンガのタイトル、偽の絵、偽煽り、偽作者名、偽作者コメント、偽作者自画像、とボケの手数がとんでもない。このコーナーにこんな使い方があったとは・・・。宮本和也って人、出来る子ですぜぇ。偽作者コメントの絶妙な緩さとか、うまいですよね。さらに、偽自画像がそっからさらにボケを加えるというウルトラC。このアイディアは発明ですね。おそらく1回しか使えないけど、年間ベスト1コマが決まったといっても過言ではないんじゃないでしょうか。

14号アオリ見て噴きました。前担当大西氏もでしたが嶋崎氏もやばい。魔王て
(『黒子のバスケ

 気になるので探してみた。紫の扉絵に魔王云々と。HAHAHA たしかに絵だけ描いた人の立場になったらこのアオリは驚くよなぁ。文字でイメージが決定づけられちゃうからね。おもしろい話でした。


 総括です。
 『トリコ』の休載に加え、『ブリーチ』のインフル休載という超イレギュラー。まさかの穴埋め読み切りというライブ感溢れる号でしたね。こういうのは単行本じゃ味わえないので大事だと思います。
 『ハンターハンター』については負の感情しか湧かないです。映画も休載も。

 では、MVPキャラを決めておしまいです。

ビヨンド ネテロ 『ハンターハンター
 胡散臭さがどことなく感じられるのが絶妙なバランスだったと思います。とはいえ、これから始まる長い休載をこいつ1人で興味を持続させられるのかというと疑問。先週で終わればよかった気がします。

鶫誠士郎 『ニセコイ
 見たことない漢字が一発で変換できたことに驚きだよ。ヒットガールとしてのキャラを掘り下げ、今後の方向性を描く回でしたが、なかなかよかったです。今週は『ニセコイ』自体よかったと思います。ヒットガール的な魅力としてはまだまだな気もしますが。が、「恋に落ちた顔」のくだりとかは結構好きです。

 んで、今週のベストキャラ。

紅・Z・はず夫 爆裂1コマ漫画
 偽マンガの偽作者。偽作者コメントがマジで絶妙でした。素晴らしかったです。