北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2012年19号)の感想

 ジャンプです。先週みたいな両A面シングルみたいな小技はないです。非常に読みやすいですね。
 今週は『ワンピース』が休載。読み切りが1つございます。表紙が『ナルト』で、巻頭カラーは『ブリーチ』。表紙は桜のゴリ押し。東京はドンピシャのタイミングですね。

『ブリーチ』

 主人公たちが場所を移動して、目的を設定して、行動開始。サクサク話が進むので気持ちよかったんですが、後半視点が変わっちゃった。選抜テストに潜入してるのイチゴたちだと思ってたからすげぇガッカリでした。

『トリコ』

 感謝の気持ちがないとお寺から追い出されるそうです。感謝の正拳突き1万回が必要ですね。

バクマン。

 服部vs編集長。上司の名前出したらアッサリ納得してもらえたね。マシリトすげー。
 「リバーシ」とか亜城木のファン描写がちょっとウザイです。「スゴイって設定なんです!!」って押し付けがましい気が・・・。「リバーシ」最終回最終ページの見開きを見て感動してる作家陣ってシーンはオールスター感あって超楽しいんですけどね。特別セリフも少なくて、表情で感動が伝わるじゃないですか。新妻先生とか、引きこもりの彼とか(名前忘れた)。久々に平丸&吉田氏出たし。吉田氏の顔隠しててサイコーだぜ。泣いた。
 ちなみに、マンガ読んでて「アホか ちゃんと読めよ」とか言う人大嫌いです。うっぜーなー。
 まぁ、ともかく、最近は亜豆が出てきてノレなかったワケですが、今回はおもしろかったですね。やはり亜豆が鬼門か・・・・。

パジャマな彼女。

 もし自分が幽霊になったとして、今回みたく旅行に連れてってもらったら、寂しくて死にたくなると思います。イヤだろ。1人にしかかまってもらえないの。それも片手間。絶対途中で帰るわ。幽霊だから電車賃かからないし。
 ダブルヒロインが一堂に会するのは楽しいですね。片っぽ幽霊だから冷戦感は弱いですが。
 まさかの新ルール登場でパジャマがフォルムチェンジしやがった。髪飾り付きとかもうワケワカメ。水着持ってきた意味なかったですね。完全にトラブル発生装置でしかない。
 主人公がヒロインに対する恋心を自覚した、ということで。ヒロイン2号から攻めるしかなくなったワケですね。
 そんなヒロイン2号は今週は接触エロがなかったですね。ヒロインとの差別化を計れるストロングポイントだと思うんですが。来週ですかね。
 しかし、5人で海来たのに離れたトコで1人砂いじりしてる男ってやぁねぇ〜。

ハイキュー!!

 テキトーにとんで、それに無理矢理トスを合わせる作戦。主人公がチビで跳び幅が大きいからトスを合わせやすいってことなのかな。ただ、1発で決まったのは意外。
 主人公がバカとびするのをフェイクに利用して・・・・みたいな戦法もあると思ったんですが、なかったですね。打たせてもらえない先輩かわいそう。
 スコアが映りましたが、あんなに負けてたんですね。ちょっと今までどのくらい試合が進んでたのかわからなかったです。

ニセコイ

 いくらなんでも忘れすぎだろ。『20世紀少年』かよ。
 ガキ時代のヒロインの「かれとだったらけっこんしてあげてもいいかな」って日記、上から目線が相変わらずですね。
 そんなこんなでヒロインの鍵披露。月のマークだそうな。
 かと思ったら林間学校へ突入。旅行パートってのが『パジャマな彼女。』と酷似してますね。男2女4のチーム編成とか完全に一致。メガネ率も男女共に一致。あっちはいいけど、こちらは学校の行事だから男女比は3:3じゃないとおかしい気がしますね。
 ただ、ハーレムのおこぼれに預かろうとしたのか知らないけどハーレム班を仕掛けたメガネ(男)、主人公とヒロイン2人の接触をアシストするメガネ(女)と、脇役陣も含め全員が活躍してるのでこっちのが楽しいですかね。まぁ、あちらはまだ始まったばかりなので描けるキャラ数に限りはあるでしょうが。
 額の傷のくだりはもっと寝かせると思ったよ。いきなりすぎてビックリ。ここまで早いとマッチポンプ感が否めないです。

『DOUBLE BULLET』

 読み切り。
 作者紹介のページ。好きな漫画の欄で集英社関係ない作品を挙げてたのが好感です。
 ハチャメチャな刑事コンビが広報課ってのはおもしろいです。最後まで広報課っぽいことやってほしかったですが。
 捕まえられるのが99%、無理なのが1%って言うけど、検挙率って言葉の使い方間違ってると思いまーす。
 この手の作品で必殺技がなかったのは超好感です。今回の作戦がおもしろかったかはさておき、取って付けたような必殺技出されるよりは数倍マシです。
 あと、サルの方が主人公然としてるのにただのアイディアマンだったのも意外でよかったですね。ベタまっしぐらな作品ながら外すトコは外れてたと思います。

スケットダンス

 ワタクシがもしスミちゃんだったとして、小学校以来の友達と久々の再会する時に相手が高校の友達2人(しかも異性)を連れてきたら、心閉ざします。無理です。友達の友達とかハードル高すぎです。しかも一方には明らかに恋の矢印が向いてるとか・・・死んじゃう。そもそも、久々に会う友達ってだけで難易度高いっていうのに・・・・・・・・・はぁ・・・人見知り疲れる・・・。
 たった1通のメール着信ですべてを見抜くヒメコ鋭すぎ。ホームズかよ。ただ、メールが着信したまま放置したケータイがたまたま開いた場合って待ち受け画面じゃね? 機種によって違うのかもしれないけど、スゴイ違和感でした。マジメなシーンなだけに。
 それと、「ウチ 不良嫌いだから」とか、当の不良くんの不良っぽさってのが月並みすぎて泣きそうです。ヘタな読み切りマンガ以外でこういう不良は出しちゃダメだよ。まぁ、いくらなんでも本筋に関わるキャラなんで、彼なりのバックボーンは描かれるんでしょうけど。ちょっとだけ怖いです。

こち亀

 扉絵は右京。右京って・・・・存在自体が忘却の彼方にいました。左京もいたね。
 花見回。素晴らしいタイミングですね。まぁ、本編では東京の桜全滅してますが。

銀魂

 「地獄行きだコノヤロー」は非常にカッコよかったんですが、サブタイでネタバレしちゃったのが残念極まりないですな。サブタイは後から読んだ方がいいのかなぁ。
 あと、吉原の人間であるツッキーによる玉潰しとか超燃える。マジサイコー。
 ・・・・・ただ、潰してないようにも見える。潰したということでお願いします。そこをなんとか。

いぬまるだしっ

 ギャグマンガがこういうことし始めた時、どういう顔で読めばいいのかわかりません。

べるぜバブ

 美ら海水族館でイルカショーのが盛り上がるとかダメだろ。イルカなんて関東でも見れるじゃん。ジンベエずっと見てろよ。
 ガキンチョの方で修羅場突入。男鹿たちの方が人数多いのに冷戦止まりなのに対して、ガキンチョたちは熱戦の修羅場突入ってのがイイですなぁ。イルカの「ドパァァン」でクソ笑った。
 あぁーあ、ラブコメパート終わっちゃった。

『magico』

 父が娘と本気でケンカすることが発端となって家族全体でケンカ始めるくだり楽しい。そっから不倫相手が娘を手懐ける流れもイイです。周囲から攻め落とされるパターン。

『クロガネ』

 両者カウンター狙いの待ち対決。両手ぶらりvs両手ぶらりの『あしたのジョー』にしか思えません。
 相手が中二全開なのはさておき、勝負が一瞬で決まるのと、審判3人のそれぞれの心情が描かれるのはおもしろいですね。新鮮で楽しいです。ただ、返し技が出るトコで両者の立ち位置が左右逆になったので混乱しました。ただでさえ、顔が見えないんだからわかりやすくしてほしいです。

『パッキー』

 4コマないじゃん。どーしたの? おもしろかったのに。
 ゆるキャラのフィギュアに恋するスティギーくん。2次元に恋してしまったか、終わったな。
 新キャラ、プシッタコサウルス。や、やべぇ・・・・・超カッコイイよ。ハードボイルドすぎるんですけど。本作のキャラで見た目だけでキュンキュンしたのは初めてだぜ・・・。必殺技まで完備とか最強すぎる。頬杖&足組み姿のプシタとかカッコかわいすぎてもう・・・・。

『ST&RS』

 本作がケツなのは当然すぎるので、事実上のケツは『パッキー』な気がしてきました。まぁ、さすがに本作が『ジャガー』みたいな特別枠になるとは思いませんが。
 まさかのラブ真っ盛りな回じゃないか。どうしてしまったんだ。宙地の「追いかけろ!!」がよかったね。さすが天体と恋愛フラグを立てた男。
 んで号泣しながら才能&宇宙経験のあるいづみと会っちゃうあたりサイコーですね。しかも「とっちゃいますよ!!」って応援してくれるとか。甘酸っぱすぎて死ぬ。
 かと思ったら自宅での父との敬語会話とか盛り込んじゃったりして。この掲載位置特有の異常な展開スピードがたまらんです。

投稿コーナー

 ぶち抜き3ページに渡る優勝者インタビュー・・・・・かと思ったらこっちもラブ全開で笑った。春ですなー。
 むちむち、低身長、年下、二十歳とか属性多すぎて渋滞してますねー。いやぁ、うらめ・・・うらやましいですなー。ともあれ、むちむち花火さん、結婚おめでとうございます(優勝も)。
 ・・・・あれ? 投稿の話は?? 冗談抜きで『新婚さんいらっしゃい』状態じゃないですか。イエスノー枕プレゼントでもあげたいですね。

目次

 「爆裂1コマ漫画」。1コマにおける情報量が多すぎて読みづらいです。1コマなのに。ツッコミまで長いのが特徴的ですね。読む順番間違えたらボケがすべて台無しになります。1コマなのに読む順番て。「純くん」ってのと「ピュア」がかかってるのかなぁ、とか思うけど、1コマに詰め込みすぎだと思います。

遂にアニメ放送開始!嬉しい!コメント作った時は放送前でまだ見れてませんが!
(『黒子のバスケ』)

 始まるものがあれば、

遅くなりましたがA(アニメ)お疲れ様でした。藤田監督、色々バラしてすんまっせん!!
(『銀魂』)

アニメ最終回が切ない。高本監督一年以上もの間本当にお疲れ様でした!!
(『べるぜバブ』)

 終わるものも。すっかり春ですなー(こればっかり)。


 総括です。
 読み切り2週目はまぁ、特別悪くはなかったんじゃないですか。2週ともに「ファック!」とか「カァーッペッ!」ってなる作品ではなかったです。
 それと。『ニセコイ』『パジャマな彼女。』の2作品は当然ながらラブオンリー、たまにラブコメな『べるぜバブ』『magico』でもその濃度が増し、果ては『スケットダンス』でもレアな恋愛要素がチラホラして、まさかの『ST&RS』までもラブずっきゅん、さらにさらに投稿コーナーまで恋愛一色というウルトラC。ジャンプ全体に及ぶ異常事態ですよ! 春ですなー(これで最後)。

 んじゃ、今週のMVPキャラ決めてお開きです。次点から。

めぐる 『ST&RS』
 上の名前忘れた。
 今週のラブずっきゅんなジャンプを象徴するような恋愛回だった本作。男側女側両方の友人が応援してくれるのとかサイコーですね。いづみの「とっちゃいますよ!!」とか文句なしですわ。女の友情Foooooooo!!!!

 んで、今週のベストキャラ。

プシタ 『パッキー』
 かっこかわいすぎたよ。トレンチコートにマフラー、口から必殺技とか本作には似つかわしくないカッコよさ。プシタくんに狙撃されたい。タケル父がうらやましいぜ(まだされてないけど)。

 今週のベスト作品は『ST&RS』かなぁ。ホント、あの感じ大好物なんですよ。男1女2の三角関係であんだけ爽やかにされるとたまらんです。
 他は新キャラの『パッキー』、バスの『ニセコイ』、イルカの『べるぜバブ』あたりですかねぇ。


トリコ 19 (ジャンプコミックス)

トリコ 19 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 17 (ジャンプコミックス)

黒子のバスケ 17 (ジャンプコミックス)

magico 5 (ジャンプコミックス)

magico 5 (ジャンプコミックス)