北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

マンガ『サイコメトラー』(5巻)の感想

サイコメトラー(5) (ヤンマガKCスペシャル)

サイコメトラー(5) (ヤンマガKCスペシャル)

マンガ『サイコメトラー』(4巻)の感想 - 北区の帰宅部

 今回は発売日にゲトりましたよ。個人的に前回の「殺人名探偵」がヒットだったんで、期待値&ハードルが上がった状態での「痢遺愚狩り」です。

 5巻の内容としては、「痢遺愚狩り」の2話以降&みっちゃんのブレイク回(前後編)です。
 表紙はトオル。5巻にしてエイジ志摩以外が初選出。内容を鑑みて、ということでしょうね。

 んで、内容。読み終わって思ったことなんですが、これ・・・ブレイク回でよくね? 不良のケンカでしょ。今までのブレイクによくあったパターンじゃないですか。おまけに今後出す予定の9Jの紹介っていうのも実にブレイクっぽい内容だし。
 Case.4とは言ってますが、実にケースっぽくない内容でした。直前にブレイクがなかったのも関係してるのかしら。

 まぁ、小ネタとしては羽根山と峰が出ましたね。これはうれしい。とはいえ、出ただけで特別なにもせず退場してしまいましたが。ハゲネタとか息子ネタは期待してしまったよ。あとお茶のくだりとか。
 志摩さんが偉くなっちゃったから羽根山から攻撃されてもムキになる程じゃないんでしょうね。残念である。

 過去作ファンとしては、ジュンペーが偉くなってて四天王入りしてるのが楽しいですね。「あのジュンペーがこんなに大きくなって・・・・」っていう感傷に浸れます。
 四天王ということで立派な容疑者なんですが、ジュンペーに限ってそんなワケは・・・・・といかない。作者的に。『金田一少年の事件簿』で友人を殺したり、犯人にしてますからね。
 「マジでジュンペー犯人かもよ?」なんて期待してたら、結果としてはフツーに顔見せしただけ・・・・。犯人も最近になって急にキャラ立ってきた人で、謎解きとか抜きに読者的に「なんか怪しい」人だったのもちょっと残念ですかねぇ。少なくともコージとジェイソンの四天王としての「こいつただ者じゃねぇ・・・・」感は出してほしかったところです。キイチローは「脱いだらスゴイ」キャラなんでフリはなくてもいいんですが。コージは短気、ジェイソンは吃音、って全然すごそうじゃないよ! そんな四天王で大丈夫?

 あと今回の事件でおもしろそうだったのが、エイジと志摩さんの仲違い。2人のすれ違いでいうとユダの事件なんかを連想してしまうんですが、あそこまですれ違わなかったのが惜しいですね。ユダの時と違ってエイジが志摩さんを振るというのがおもしろかった・・・・おもしろそうだったが正しい。まぁ、これも事件が早々に解決してしまったのが関係してるんでしょうかね。今回はとにかくトオルのケンカがやりたかったんでしょう。

 事件の解決がスーパー早くて、謎解きもサイコメトリーもプロファイリングもなかったんで、感想がどんどん小ネタに走ってしまうんですが。劇中、キイチローが最年少チャンプだって言われた「THE OUTLAW」っていう不良による格闘技イベントなんて存在しないですよね。キイチローの強さの説明はあの称号だけだったんですが。
 まぁ、元ネタは「THE OUTSIDER」なのは明白でしょう。ただ、アウトサイダーって優勝したらあんなタトゥー掘らないといけないの? 特別アウトサイダーに詳しいワケじゃないんで判断が出来ないんですが。厨二臭くて恥ずかしいなぁ。

 まぁ、事件はあっさり解決で。キイッちゃん(この愛称好き)とは殴り合って後腐れなし。そもそも病院送りにされたリーグの人はトオル顔もわからない程度の繋がりでしょうから、これといって後引くものはありませんでした。「処刑の塔」みたいな吐き気を催す陰惨シーンもなければ、「殺人名探偵」みたいな名キャラも生まれませんでした。ちょっとパンチの弱いエピソードだった気がします(←うまいこと言ったつもりですよ)。
 まぁ、リーグの現状について軽く説明あったのは今後活かされそうだし、キイチロー一派が再登場しそうな感じもありますかね。あとは、9Jを出したかったんでしょ。今後の大物、第二部としての『サイコメトラー』の名物悪役ってのを紹介したかったのでしょう。今回のままではいまいちピンと来ないですが、これからの活躍に期待ですね。
 現状の9Jだと催眠術や洗脳を考えてしまいますね。まぁ、エイジのサイコメトリーを見破った感じだったんで、超能力者ですかね。ワタクシとしては龍兵を超能力者にカテゴライズしてるんで、超能力者がホイホイと安売りされてる印象ですね。ラストエピソードではスーパー超能力大戦でもするつもりかしら。今のところ、確認されてる超能力者ってエイジ、幾島、深海、ポイズンって感じですかね。故人の赤樹はノーカン。他はまぁ、沢木も超能力者みたいなもんですかね。んで、龍兵も未来予知という超能力に近いですね。まぁ、超人的という意味ではカンナビス先生も入れていいのかもしれんが。この並びに9Jが追加される予定なんですが、能力的にはポイズンに近いのかな? ポイズンみたいにオシッコ飲ませる程支配は出来ないでしょうが、キノコを介さなくてもOKというのは強力ですね。まぁ、単純にサイコメトラーって考えもありますが。

 まぁ、そんなこんなで「痢遺愚狩り」はおしまい。9J先生の再登場にご期待下さい。

 んでんで、続きましてはブレイク回。ちょっとみっちゃん頻出しすぎな気もしますが、一応CAコスということで新鮮味を出してる・・・・のかな?
 まぁ、内容としては・・・・・志摩さんの手コキ。


 ということで、5巻終了。内容薄かったかなぁ・・・と思ったんですが、最後に載ってる次巻の予告がとてもイイ。
 路地裏に捨てられた女性の全裸遺体。心臓をくり抜かれ、あるものが詰められている。エイジのサイコメトリーだけでは謎が解けず、志摩は「あのオトコ」に救援を依頼する。
 だってさ! なにこれ、超ワクワクするじゃないですか。全裸遺体のおっぱいがもろ出しなのもポイント高いぜ。ヒカリ以来のおっぱい登場。そしてなによりも、猟奇殺人ってのが心躍るじゃあないですか。エイジが死体に触るのを嫌がらないことには話は始まりません。
 それと、気になるのは「あのオトコ」ですわな。まぁ、ヤンマガ追いかけてる人にとっては「今更予想とかww」って話でしょうけど、誰ですかね? 気になるところです。志摩さんが依頼するってのが味噌なんですよねぇ。エイジだったら、いくらでも選択肢が浮かぶんですが。龍兵だっていいし。志摩さんとなるとさっぱり選択肢が思い浮かびません。沢木はシャバですし・・・・。立花かみっちゃんの2択?

 まぁ、ともあれ、6巻が楽しみだねーという話でした。出来れば次の事件は6巻の中で完結していただきたいところです。6巻はたしか9月発売だそうで。忘れないように気をつけましょう(自分に言ってる)。

マンガ『サイコメトラー』(6巻)の感想 - 北区の帰宅部

ジ・アウトサイダー 2012 vol.1 [DVD]

ジ・アウトサイダー 2012 vol.1 [DVD]