北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

マンガ『プチプチたんたんプチたんたん』(13話)と『生徒会役員共』(216〜221話)の感想

前回の感想

マンガ『生徒会役員共』8巻の感想 - 北区の帰宅部

 1週間ほど遅れての更新です。最近ブログ全体が遅れに遅れて困ってます。ストックの山がー。
 遅れたせいで『生徒会役員共』の方の感想が1話増えた、という体たらくです。

第13話 温泉の回

 サブタイ通りである。温泉に入る回。現実世界と季節は真逆ですが、アリですな。裸に季節関係ないし。

 煽り。前回の予告同様「出ちゃう」というキーワード。たしかに今回は何が出ちゃうのかを考えながら読むと、引っかけクイズのようになってておもしろかったですね。
 温泉に入ってると出るらしい。おしっこ?というのはボケだと思ったら伏線でもあった。「出ちゃう」の答えを幽霊と見せかけるのがうまかったです。見せかけるっていうか煽りは後付けだろうから、煽りがうまいんだけど。んで、ホントに出るのは幽霊ではなく猿で、けど思わず尿も出ちゃったよ、という大変微笑ましいオチ。事前の恐怖は片岡ヒカリが一番強そうだったのに、漏らすのはそれ以外の2人というのが意外すぎた。山田コンスタンツは特別怖がってない風だったのになぜ漏れたし。表情に出ないのか。
 にしても女性の幽霊ちゃん、新鮮である。水場に発生するタイプ独特の怖さがあります。もしも田隈カオルが客で騙される側だったら、「混浴?」と喜んだりするのだろうか。性欲か勝つか恐怖が勝つか。

 今月のプチ情報。今回の野外ネタは毎回プチが充実していてうれしい限りである。今月もとてもかわいい。
 あくびするプチも温泉に浸かるプチも大変かわいかったです。前半はメインの3人とまったく絡まない‥‥が、最終的には話の転換役という重要なポジションだったのも緩急がありました。ワンワンするシーンで牙がアップになるのも大変とてもイイ。しかし、ヒカリには「珍しく犬らしいなぁ」呼ばわりされるのであった。どんだけ躾られてんだ。

 あと、スチームガードさん久々の登場。おひさー。
 2コマに渡る大活躍でありました。お疲れ様です。花園ハナの時だけ少量なのはなぜなんだろうか。小さいからなのか。
 気になったのは、スチームガードから漏れるヒカリのタオル。手がどうなってるかわからないけど、股間を隠してるんだとしたら、おっぴろげなコンスたんとの性格の違いが出てますね。細かい。
 細かいといえば、冒頭のカレー作りにヒカリがエプロン付けて参加してるのもよかったです。1回きりの付け焼き刃で終わらせず、今後に備えてるというか。

 いろいろ言いましたが、今回最大の注目ポイントは田熊おじ=朝宮父でしょうよ。まさかのモヒカン。野生的を通り越して世紀末である。彼に狩られたイノシシはさぞ恐怖に震えたことでしょう。
 氏家ト全作品的にいうと、『アイドルのあかほん』小田、『生徒会役員共』大門先生、の系譜にあるのかな。男性的すぎるというか、スキンヘッド面積が高め。出番少な目の中年キャラなので見た目にインパクトを、という意図で記号的にしてるのかもしれませんね。
 まぁ、『妹はひまわり組』の長渕園長もいるんで、ただの偶然かもしれませんがー。

 次回予告「暗闇の中でコンスタンツの意外な一面が‥‥♂♂」。
 おぉーっと、全然わからないじゃないかちくしょう。多分まだ帰らないだろうから、寝泊まりの時の一幕なんでしょうがー。わからーん。

生徒会役員共』近況

 週マガで4コマが4本同時連載っていう事態に陥りました。‥‥って古いニュースですね。そもそも月一で週刊連載の感想書くことに無理が‥‥。
 最近はひたすらに「ひょっとして『生徒会役員共』終わってしまうんじゃ‥‥」と必要以上に怯えているネガティブな精神状態なので、4コマ2本導入というのもなんとも嫌な感じ(そちらのファンに失礼)。

  • #216
    • スノーシュー遠征の巻。
    • 三葉ムツミと出島サヤカが初のご対面。なんとも意外な組み合わせである。8巻のOVAにムツミと畑ランコってのもそうだけど、非下キャラのムツミは他キャラの今までになかった面を引き出しますね。
    • 柔道部が一応メインということで、時さんことトッキーも。雪国出身で雪だるま作りが得意だそうですよ。意外すぎる設定でした。だからといってそこから話が膨らみそうじゃないってのがとてもいい。
    • 他だと、混浴と聞いて動揺するムツミがサイコーでした。足湯というオチも素晴らしい。『プチたん』と通じるあたりもファン喜ばせである。
  • #217
    • 帰宅ラッシュを避けたら大雪で宿泊決定の巻。1話のケツじゃなくて頭にこういうネタが来るのはめずらしい気がします。
    • 2人1部屋の部屋割りを決めるネタ。シノスズムツミの反応がおもしろかったです。津田タカトシが当然のようにコトミを選んだら、「私たち兄弟だよ‥‥?」と引かれるというオチもうますぎました。前提が食い違ってるな、この兄妹。その他の部屋割り予想としては、ムツミトッキー、シノスズ、アリア出島、って感じかな。トッキーと出島サヤカから考えていくとこうなる他ないんですが。シノスズの部屋で恋バナとかしないんですかね?
    • 風呂でのトッキー。コケても受け身と言いつつ、靴下。着衣のまま入浴というのは定番なのか。なんたるドジっ娘
    • ラストの津田兄妹の部屋に天草シノが起こしに来るってネタは、夏休みだかの「おはよう 寝ろ」のネタを思い出しますな。2人は起きないのがデフォルト。
  • #218
    • 目次の作者コメント。舌火傷のネタがダブったことに気づかれたそうです。これだけ長く4コマを続けてると似たネタが出ることは必然とは思うんですが、自覚してなかったとは。意外でした。
    • タカ兄虫歯治療。痛み止めは座薬で、ってそれはボケを誘っているようにしか見えないぞ。まぁ、だとしても腕まくりしながら「まかせて」と息巻く七条アリアの破壊力ったらないですね。
    • 五十嵐カエデ。男に少し慣れてきたとのことで、タカ兄タッチを目論むの巻。突き落とそうとしてると勘違いされるというオチは新鮮でした。っていうか、新機軸だなマジで。こんな広がりがあったとは。
    • スズムツミネネの体育授業風景。個人的にタカ兄不在の2年のネタは他とは違った趣があって大好きです。ムツミだけ半袖っていうのも個性が出ててサイコーです。柳本くんモブ出演という意味でも貴重ですな。
  • #219
    • ここが8巻発売直前です。
    • バレンタインネタ。なんと、1年のモブ子が会長にチョコをあげるネタであった。そういう角度のバレンタインネタもあったのか‥‥と驚いたばかりであります。すげぇっす。
    • 今年は2ネタだけのバレンタイン。アリアのチョコが虫の形でシノが困るというネタ。最近頻出してるシノの両親ネタというのもおもしろかったですが、あのチョコってシノ宛ってことでいいのでしょうか。
    • 8巻発売に合わせたのか、古谷さん登場。桜才の図書室で古フランス語について調べもの。って、塾汝大学よりも桜才図書室の方が充実しているのか。意外。
    • ラスト。定番の伝言ネタ。「私も銅像が作られるような人間になりたい」からフィギュアに話が飛躍するのには吹いた。さらにスズの「ウチの生徒会は伝達レベルが低い」というのも名ツッコミでした。今までの経験を踏まえて言ってるのがサイコーです。
  • #220
    • 英稜と討論大会するの巻。
    • というワケで魚見さん率いる英稜メンバー登場。女の子に見覚えがあるので、おそらく生徒会ということでしょう。英稜の生徒会にも男子生徒がいたとはな。下ネタに対してのっかるのかツッコむのか、気になりますね。
    • 同じネタで、津田両親が海外で仕事してるって説明入りました。初めてだよね? 「そんなところだろう」って印象ですが、明示されるとは。大事そうに見えて、多分膨らむことはないのではないでしょうか。
    • TSというネタ。「TS」と聞いて「女体化」が連想できないワタクシは不勉強であった。教師に対する生徒の尊敬度が日本は低い、という話題になった時に横島先生が「なんでみんな私を見てるんだ?美人だから?」ってつぶやいてるのが超ツボでした。横島先生のボケとしては変則的なんじゃないでしょうかね。
    • あーえー症候群。人前で喋るのが苦手なタカ兄、「あー」「えー」と言ってしまう癖をなくすために「らー」「るー」と突然口ずさみ出すの巻。久々にタカ兄の天然が炸裂しましたね。
  • #221
    • これでラスト。
    • 2ネタ目で全校集会にOGを呼ぶって言ってましたが、来週は古谷さん登場ですかね。生徒会以外との絡みとか、楽しみすぎる。
    • 2ネタに跨る津田兄妹の超能力談義。コトミがスプーン曲げに挑戦するのは津田母の影響だそうで、Gスポットに当たるように津田父のナニを曲げようと云々。親子の会話とは思えない。てか、この段階で津田両親が海外にいるとしたら、国際電話でこの話? いろいろと間違っている‥‥。今両親は海外で国際電話でこの話だとしたら、夫婦ゴムいらずってヤツだな。
    • 超能力もう2ネタ目。念力で操るなら剣、とコトミ。ここでのイメージ映像が大変心躍るショットになっていたではないか。あれこそまさに以前のインタビューで次回作として語っていた熱血ファンタジーバトル漫画!! 次回作来るか!!?(多分来ない)
    • タカ兄が生徒会室の花瓶を倒すネタ。アリアが「造花だから」とフォローを入れ、シノが「花瓶が七条家の物で値段が8千万」とか云々。って、アリアさんいい人過ぎるよね。自前の花瓶のことよりもタカトシに対するフォローを優先するとか。割ったら身体(主にケツ)で弁償してね、とか言いそうなのに。感動してしまった。仲良すぎるぜ。

 6話とちと量が多かったですな。6週間前の話を今更しても‥‥という感じになってしまった。来月はもう少し早めに書かないといかんな。
 ということで、また来月。

次回の感想