北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

マンガ『プチプチたんたんプチたんたん』(15話)と『生徒会役員共』(225〜228話)の感想

前回の感想

 ワタクシの雑誌事情。20日にマガスペを買い、21日に映画秘宝を買うのが毎月の定番です。が、今月は21日が日曜であったため、その2つの雑誌を同じ日に買うという小さな幸せがありました。‥‥って、映画雑誌の話をするのはお門違いですね。えぇえぇ、知ってます。

 今月から少しフォーマットを変えます。『プチたん』の感想から。

  • 第15話 Let'sダイエット×2
    • 普段、マガスペ以外の漫画雑誌は少年ジャンプしか読まないので、ついつい「掲載順≒人気順」と考えてしまいます。「『プチたん』は大人気だなぁ‥‥」なんて毎回思ってしまいます。
    • ‥‥早速脱線。
    • 冒頭の煽り文の始まりが「Let's お散歩!」。サブタイとシンクロしてますね。芸が細かい。
    • 柱の方の煽り文で、「プチたん」という略称が正式採用されたような書かれ方してますね。これで心置きなく「プチたん」と使えるぞ、と思いたいんですが、アニメ版『生徒会役員共』が提唱した略称「SYD」を黙殺した過去もありますからね。油断ならないです。
    • 前回のダイエットという予告を見て、「片岡ヒカリしかない」「大穴でプチ」と予想してたんですが、半分当たりで両方当たり。ヒカリとプチとは。犬嫌いを克服する回と似た路線ということか。むむむ、完全に予想する余地はあったな。
    • ということで、太ったプチ。贅肉を摘みたい。ヒカリの腹も摘みたいけど、首輪が食い込んじゃってるプチの首回りとかヤバイな。「まるまる」とか「ムチムチ」って擬音が何ともそそる。
    • 贅肉を摘むのではなく、プチの摘み食い。いろんな人からおかずをもらう。おかず‥‥ということで、夜のおかず登場。なんだけど、フツーの犬雑誌なのがおもしろいですね。
    • なんだけど、「メス犬100選」って全然フツーじゃない気もしないではない。
    • 脱衣所のシーン。スチームガードは使えないじゃないか!と思ったらフツーにタオルを巻いていた。
    • どうでもいいけど、コマの端っこにいる人の顔が別のコマで隠れ、胸の谷間だけが映ってる人がいる。やけにフェチいですね。
    • フラグクラッシャー田隈カオル。ペットボトルのスポーツドリンクをストローで飲むという高等テクニックを披露。すごいですね。劇中で「フラグクラッシャー」とネタにされてるだけあって、相当レベルが高い気がします。
    • んで、オチ。すげぇおもしろくて笑ってしまったんですが、それと同時に感心もしてしまいました。太りすぎると交尾できないってホントなのかな? と、真剣に考えてしまう程にイメージ映像に説得力を感じました。
    • ギャグなので深く考えるのもどうかとは思うんですが、今後プチの子供が出てくるんじゃないか、なんて想像が膨らんだり。ペットのいる日常生活、という話においてペットに子供が出来る、というネタは全然ありそうなんじゃないでしょうか。『妹は思春期』のキンタマみたいな感じで。
    • まぁ、キンタマとプチでは飼育の方法が違うので、野良犬と交尾してきた、なんて話にはなりえませんが。今後、別のキャラクターの飼い犬が登場して‥‥なんて風に。
    • 予告、「プチのダイエットのために女医さん登場♂♂」。ただの女医さんじゃなくて動物の医者ですか。これは新鮮だなぁ。飼い犬がただのアクセサリーじゃなくて、(話のネタは)極めてリアリティーに沿ってるのが本作の特徴ですね。書く前にいろいろ調べたのが窺えます。
    • てか、その女医さんはレギュラーなのか使い捨てなのか、気になりますね。前者なら十中八九下ネタ好きの方なんでしょうね。プチの肛門に指突っ込んで‥‥みたいな。って、それは以前にカオルがやっていたか。
  • 生徒会役員共』近況
      • はい、週間連載の作品を月一で感想を書くという謎企画。
    • #225
      • 風呂回。全員タオル巻なのでスチームガードの出番はないです。
      • 津田タカトシの字が汚い(1と7がわかりにくい)という話から、萩村スズの身長へ。0と6がわかりにくい、というネタなんだけど、これってスズの身長が140だと明言しているようなもんですよね。ここまでハッキリと描いてしまうとは少し意外でした。まぁ、細かい数字にこだわりすぎるのもどうかと思いますが。てか、以前にもスズの身長がある程度絞り込めるようなネタもあったっけか。
      • さらにスズネタ。帰国子女という設定忘れてたぜ。イタリアだったそうです。これだけ長期連載の作品なのに、こんなに基本的な設定がまだ明かされてなかったこと、そしてそれに特に気にしてなかったことに驚きです。まだまだ掘り下げられるってスゴイ。
      • その後、風呂ネタが続くんですが、気になったのは津田家。津田コトミの風呂上がり。濡れたタオルを巻いてると身体が冷える、ということでタオル捨て。それを目の当たりにするタカ兄。いつも通りにツッコミに入れるタカ兄がすごすぎる。仙人だよ。
    • #226
      • この週は4月の頭ということで、マガジン全体で特別企画がありました。連載している全作品に紹介ページが付いてました。新生活の必須アイテムが紹介されているんですが、「ライトボード?なにそれおいしいの?」となってしまいました。‥‥グーグルって便利ですね。
      • 他にも、「連載作品の一話目の思い出」なる質問もありました。「下ネタだけにこだわらず」と載ってますが、たしかに『生徒会役員共』の初期は下ネタ以外の要素が多くて面食らいました。過去作とは一線を画しているように思いました。
      • 本編。扉絵が園児服のスズ。胸の名札に書かれてるのは「チューリップ組」のようにも見えるんですが、一部そうじゃなくも見える。
      • 一行が幼稚園の保育士体験をする回。スペシャル感があってテンション上がります。保育士さんに園児たち、回想でロリシノまで出てきて盛り沢山すぎます。
      • 幼稚園と聞けば『妹はひまわり組』を連想してしまいます。が、今回出てくる園児たちは下ネタサイドの人間じゃないようですね(当たり前だ)。あそこはカナミが影響力が強かった、ということなのか(な)。
      • 保育士役にノリノリの天草シノ。タカトシに「あの人 会長に似てるな」と言われてしまうんですが、これは随分と前にあった修学旅行の写真のネタを思い出してしまいました。「下ネタだけにこだわらず」の話にも通じるような気がして、勝手に感慨深くなりました。
      • 子供の扱いがうまいタカトシ。小さい頃からコトミの世話をしていたからだとか。ミルク飲ませたり、おむつ付けたり‥‥って1歳差でそこまでのことやるのか。すごい、すごいぜタカ兄。妹の裸を見ても平常心を保てても不思議じゃないですね。
      • 雷を怖がってヘソを隠す子供から、「Hなこと考えてるとサキュバスに(性的に)食べられる」と飛躍。このコマでサキュバスのイメージ映像が入るのにビックリしました。最近ファンタジー関連のイメージが多い気がするんですが、やっぱ氏家ト全の次回作は熱血ファンタジーバトル??
      • ラスト。寄せ書きがアナルに見える、と七条アリア。そ、その発想はなかった‥‥。そう言われてしまうと、確かにアナルっぽく見えてしまうのが怖いです。明日から世界が違って見えてしまいます。
    • #227
      • 横島先生の陰毛。
      • グループ分けを行う際の「おもてうら」。『生徒会役員共』的に「おもてうら」がスタンダードかと思ったら、「グーパー」も出てきた。うちの地域では「グッパージャス」という謎の掛け声が使われてました。
      • 幼稚園児から本をもらっていたスズ。喜んでるそうでしたが、子供好きな一面ってレアに感じました。子供と絡むとロリ体型ネタになるのでなかなか描かれない、とかそんなかしら。
      • 津田コトミがリボンを付けて登場したら校則違反だったネタがありましたが、複数のネタに渡って付けててほしかったですな。もしくは、没収したリボンで生徒会メンバーが遊ぶとか。
    • #228
      • 扉は見返りメイド、出島サヤカ。けど、最近メイド服が少ない気がする。
      • 2年でマナー教室が行われたそうですが、ワタクシも中学の時ありましたね。あれは3月だったんですが。
      • というのを受けて、生徒会一行が七条家でマナー教室を。講師は出島さん。なぜか上座に座るというネタだったんですが、七条家における不思議な立ち位置を改めて意識させられました。
      • この週でツボだったのが、箸のマナーのネタ。出島さんがマナー違反を教えるものの、なぜか女体盛りが前提になっている、という。出島さんの百面相も、マナーと女体盛りを絡めるのもおもしろかったんですが、女体を一切描かずに女体盛りの魅力が伝わってきたのが衝撃でした。今まではトンデモジャパン的な認識でしたが、すげぇおもしろそうじゃないですか‥‥女体盛り喰いてぇ。
      • 冠婚葬祭のマナー。結婚式で贈っちゃいけない物の紹介、から「萩村が結婚する時は気をつけるよ」と津田。あんな反応をしたらスズの本心がバレてしまうと思うんですが、そこはさすがのタカトシでありました。てか、この手のネタも『生徒会役員共』に多いですが、「下ネタだけにこだわらず」って件と通じますね。何でもコレに繋げてるような気もしますが。
      • ラスト、疲れてボケを聞き逃すタカトシ、怒るシノ。かまってちゃん的な言動の会長もかわいいですね。特殊な関係性が現れてておもしろかったです。


 まぁ、ということで、また来月。
 あっ、4月ってことは『プチたん』の連載が始まってもう丸1年が経つんですね。はっやいなー。月に一度の楽しみ、というのがすっかり生活リズムに染み着いてしまいましたよ。

次回の感想