北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『サイボーグ009』完結編(14話)の感想

『サイボーグ009』完結編(13話)の感想 - 北区の帰宅部

 クラブサンデーにて連載中の『サイボーグ009』完結編「conclusion GOD'S WAR」の14話、008編、「深海ピラミッド」の前編の感想です。‥‥最近無精してたので、久しぶりに書いた。やっぱり長いぜ。

009 RE:CYBORG 豪華版 Blu-ray BOX

009 RE:CYBORG 豪華版 Blu-ray BOX

 009関連ですと、もうすぐ『009 RE:CYBORG』の円盤が出ますね。豪華版には描き下ろし(シュガー佐藤)の新作コミック「旅立ち編」が付いてくる、ということで期待です。
 公式サイトにて、試し読みが4ページできるんですが、なかなかおもしろそうです。政治的に利用されるスーパーヒーロー、という話は『ウォッチメン』を連想しました。ベトナム戦争に参加、ってのが元々共通してますしね。どちらも、スーパーヒーローが本当に実在したら、という話。
 00ナンバーで『ウォッチメン』をやるとしたら、001がDr.マンハッタンなのは決まりでしょうね。ロールシャッハは004っぽい。オジマンディアスは009か? ‥‥いろいろ書き続けるとネタバレになりそうなんで、やめときます。
ウォッチメン BDコレクターズ・バージョン [Blu-ray]

ウォッチメン BDコレクターズ・バージョン [Blu-ray]

 本編。今回から008編。『RE:CYBORG』では黙殺されて激おこピュンピュン丸(言いたいだけ)。

 単行本2巻は5.17に発売だそうです。楽しみですね。作者の交代劇が楽しめます。

 扉は宇宙。深海ピラミッドじゃなかった。深海と宇宙の対比ってことですね。
 扉ページをめくると見開きで宇宙。この扉をめくると見開きで舞台がどーん!っていうのはよくある構図(展開?)ですね。005とか006編もそうだった気がします。

 008のカノジョ登場。セシリア モリナ。か、かわいいじゃないの‥‥。思わぬ伏兵でありました。
 008の悲恋となると、「神々との闘い編」連想しますな。あちらでは妖怪(あるいは神)と契りを結んだ罪の意識で自殺してましたが、こちらでは受け入れてくれます。それとは別件で危機なんですがー。

 宇宙と深海。2つの場所、2つの時間が同時進行するというめずらしい構成。2つの舞台が同時に、というのはわかりますが、時間軸までもずれてるというのがレアですねー。

 全身鱗の008。戦いは終わっている→スーツを着ない→泳ぐ際はパンイチ、というロジックですね。特殊なスーツでなければ、鱗ボディーの方が泳ぎやすいでしょうから。
 気になったのは、少し引いたコマだと、008の鱗が見えなくなる点ですね。手間というよりかコマが見にくくなる、ってことなんでしょうか。わかるけど、テーマ的にツルツルお肌の008を見せられると、少し戸惑います。

 そんな鱗ボディーに対してセシリアが言ったセリフが、「私はあなたのすべてが好きになったの。優れている所も未熟な部分も全て引っ括めて」。
 鱗に対して、「優れている」「未熟」と同列の扱いをしているのが見事ですね。出来た子であります。

 まぁ、その後の展開としては、謎の現象に遭遇し、深海ピラミッドへ到達、そして謎の光。いつもの如く何のこっちゃわかりませんね。これだけだと。
 そんな中、よかったのはダイオウイカでしょうか。時事ネタですね(少し遅いけど)。ダイオウイカとのバトルはもっと見たかったところです。

 んで、次回へ続く。次回は5.17配信だそうで。3週間ですね。スパンが少し延びたかな。よくわかりません。
 008後編が配信されたら、直後の5.22に『RE:CYBORG』の円盤発売です。「旅立ち編」楽しみです。

『サイボーグ009』完結編(15話)の感想 - 北区の帰宅部