北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『サイボーグ009』完結編(16話)の感想

『サイボーグ009』完結編(15話)の感想 - 北区の帰宅部

 クラブサンデーで連載中の「conclusion GOD'S WAR」。いよいよ009編に突入ですね。009だからという理由もありますが、話がクライマックスに向かっているという期待が大きいかな。

 009編のサブタイは「女神の陰謀」。「陰謀」と書いて「はかりごと」と読みます‥‥と思ったら違った。「いんぼう」ってルビが振ってある(6.7現在)。小説版だと「はかりごと」なのに。えっ、誤植? オリジナルを始めた可能性も微レ存‥‥?
 このタイトルは平成版アニメで完結編の序章として放送されたりしたサブタイと同じなんですよね。あの頃は序章しかなかった完結編だけど、今は全部あるんですねぇ。素晴らしいことです。
 比較してもナンセンスなんですが、概ね同じ内容ですよね。この部分は当時から固まっていた、ということでしょうか。
 んで、「せっかくだから平成版アニメ観よっかなぁ〜」と、ニコなんとか動画にアクセスしてみたらビックリ。テレビ東京さんにジェノサイドされてました。コンクル序章だけでなく平成版アニメは全部なくなってるんでしょうねぇ。去年は残ってたと思うんですけどね。いつのタイミングでしょうか。違法ダウンロード法の時すかね? もしくは『RE:』の時?
 近所のツタヤにはないんで重宝してたんですけどねぇ。まぁ、違法だからしゃーないか。テレビ放送とは儚いですね(そういう話ではない)。
 調べてみたら新宿のツタヤには在庫あるみたいですね。レンタルも考えようかなぁ。郵便返却便利だし(すてましてる)。

 あ、こないだ『RE:CYBORG』のブルーレイボックス豪華版買ったんですよ。なかなか充実した内容でよかったと思います。シュガー佐藤の描き下ろしコミック以外にも見所あったし。

 んじゃ、本編。今回もシュガー佐藤ざんす。『RE:』の特典コミックで00ナンバーの姿は見ていたので、「いよいよ009が!」って感動は少し冷めてました。タイミングがいいのか悪いのかよくわからんのぅ。

 柱煽りの「武器は勇気と加速装置!」が秀逸です。「ミュートスサイボーグ編」の名ゼリフですね。

 009の近況。考古学を手伝ってるそうです。考古学というと、RE:008ですねぇ。ややこしい。まぁ、考古学というアプローチをした『RE:』の設定は正しかった、ということですかね(偶然ならば)。

 1ページ目で明かされる篝矢翡翠との関係、「深い仲になっている」。003涙目ですね。003が「深い仲」になった相手は、どことなく009を思わせる、みたいな説明がありましたが、009の相手翡翠ちゃんは003を思わせるのでしょうか。そこが重要だと思うんだ。
 そんな翡翠ちゃん。明らかに1人だけ世界観が違うような見た目ですね。怪しすぎます。一目で「只者じゃない」と思わせるのはマンガならではの手法じゃないですかねぇ。

 そして、今回のエピソード、というかweb連載版における最大のサプライズが中盤に差し込まれたカラーページではないでしょうか。冒頭に限らず、好きなところにカラーページを簡単に差し込めるのはweb連載の強みかな‥‥なんて思ったんだけど、コレ単行本化するから考察かも。
 そんなカラーページ。シュガー佐藤ではなく石ノ森章太郎のものですね。リアルタイム世代じゃないんで詳しくないですが、「神々との闘い編」用のイラストですよね。初出はわからないんですが。
 まさか石ノ森章太郎の絵を使ってくるとはなぁ。スゴイ方法をしてきたもんだ。石ノ森章太郎の作品を終わらせる、という気概がビンビン伝わってきますね。

 鳥人に襲われる009。表情がヤバイことになってますね。009のあんな顔を見させられるとは。加速装置が使えないというのもありますが危機感ありますね。
 そして、そのヤバイ顔面のまま突入する翡翠とのラブシーン。009のセックスといえば、やはり「神々との闘い編」を連想せざるを得ないですね。『RE:』にもあったけど。この3つの共通点としてはどれも女性側からリードしてる点ですね。009は草食である。
 ラリった状態で恍惚の表情を浮かべる009がなんともエロい。そんなエロにノリノリな009を見せ読者を不安に思わせるスンポーですかね。
 ちなみに、このセリフがほとんどないラブシーン。なかなかよく出来ていて。009が完全受け身、黒髪の女性、そして一番重要なのがおっぱいに埋もれる009の幸せそうな顔。セリフによる誘導が一切ないんですが、これは009の母親を思い浮かべるのが妥当ですね。絵のみで描くのはスゴイなぁ、と感心というか感動しました。

 んで、残るは翡翠ちゃんの成り上がり。平成版アニメでも仰々しく描かれてた記憶がありますね。
 それが終わると痩せこけた009の姿、でエンド。せっかくの009の出番だってのにろくな姿がなかったですね、009。かわいそうである。まぁ、00ナンバーで一番の災難に遭うのは仕方ないんですが。

 次回は6.28。驚くことに「エピソード中編」だそうです。「女神の陰謀」は3話に跨ぐのか。さすが009と言ってしまえばそれまでだけど、小説版のページ数は他のメンバーと大差ないのでweb連載版でも同じボリュームになるもんだと思い込んでました。まぁ、009なんで他のメンバーよりも丁寧に描こう、という判断なのかな。今回のは相当おもしろかったんで歓迎ですね。

『サイボーグ009完結編』(17話)の感想 - 北区の帰宅部

009 RE:CYBORG 豪華版 Blu-ray BOX

009 RE:CYBORG 豪華版 Blu-ray BOX