北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『サイボーグ009完結編』(19話)の感想

『サイボーグ009完結編』(18話)の感想 - 北区の帰宅部

 すっかり更新日を忘れてた‥‥。009編に入ってからは更新したらすぐにブログ書こうと心がけていたのに。ぐぬぬ

 あとですね、前回、アメコミ版の『サイボーグ009』の感想をいずれ書く、とか言ったと思うんですが、ナシにしてください。先延ばしにしてたらすっかり時期を逃してしまってテンションが下がってしまいました。
 まぁ、日本の原作ファン向けに作られてる面も大いにあるので読むといいですよ。早瀬マサトはセリフの監修とかに関わってたみたいですしね。

 というワケで、完結編。「conclusion GOD's WAR」の19話。いよいよ最終章に突入ですねぇ。
 本編関係ないですが、今回初めてタブレットで読んでみたんですよ。読めないもんだと思いこんでました。読んでみたら、これがなかなか読みやすくてですね‥‥。個人差はあるでしょうが、ワタクシはパソで読むのよりも快適に感じました。前回までの18話は何だったんだ‥‥。
 あと、ちなみに今回もシュガー佐藤です。最終章突入のタイミングは1つの節目なので、ここで変わらないならこのままラストまで行くのかな?

 扉。カラーなのはレアです。完結編の最終章というのが煽りで強調されてますね。
 そして、あのコスチュームを着た009興奮しますねぇ。やっぱサイコーです。
 てか、コスチュームの色が赤ですね。完結編は青、と決まっていたと思うのですが。つまり、これは意図的なものということか。本来は青であるところをあえて赤にしたのには特別な意味があるのは間違いないはずです。‥‥まぁ、みんなご存じの方を使うというサービス精神ってだけかもしれませんがw

 イントロの舞台は空港。世界各国から各メンバーが集結するワケですね。ワクワクせざるを得ません。
 単身で待つ009。そこに一番乗りでたどり着くのが003ですよ。いきなり2人きりじゃないか。ニヤニヤするのぅ。009は集合時間を003にだけ早めに嘘ついたんじゃないか、003は言われた集合時間よりも早く来たんじゃないか、とか勝手な妄想が膨らみます。
 まぁ、よく考えたら、各編でそれぞれ恋人作ってるんですけどね、この2人。009はこないだセックスしてたしw
 そして、おまけの6人。同じ飛行機から降りてきましたが、どういうことなんですかね。各人バラバラの国なので、同じ飛行機を利用する意味はないと思うのですが、ギルモア邸に行ったらマジメな話に雰囲気になってしまうので勝手に集まって前夜祭やってた、とか(ねーよ)。

 でもって、いよいよ全員集合。ギルモア邸にて作戦会議が始まります。ワタクシ、『サイボーグ009』においてこの作戦会議シーンというのが大好きでしてね。個人のヒーローではなくチーム、それも個性豊かで一見バラバラにも思えるメンバーのチームというのをこれでもかと感じるのです。

 天使との遭遇を伝える003と008。003が「そのアランって男とはどんな関係だったんだ?」と問い詰められて気まずい雰囲気になる、というところまで妄想しました。

 作戦会議シーンが好き、と言いましたが、作戦会議シーンにおけるエースは002と004ですよね。好戦的な2人が会議を一気に加速させてるイメージがあります。
 そして、会議が佳境に差し掛かるとヒステリックになる003。うおおっ、いつもの00ナンバーだ、と興奮してしまいましたよ。たまらん、これが大好きなのです。
 003の言う「戻りたくないのこんな生活に!」というセリフは「地下帝国ヨミ編」を連想させますね。まぁ、いろんなトコで言ってますが。

 んでもって、異変が始まる、と。早いですね。まず最初に起こるのが地震というのがなんともアレ。311のことは劇中でも触れられましたが、世界の危機という表現をする時に今一番怖いのが地震ですからね。こうなったのも仕方ないと思います。311の翌年に世界滅亡の危機、って嫌な世界ですねぇ。
 てか、翡巫女が活躍したのって311後ってことになりますね。翡巫女の時には311の影響は感じられませんでしたが‥‥って当たり前か。あの話の大筋は平成版アニメの時から変わってないですからね。まぁ、しゃーない。というか、長い年月を跨いだ企画、というのが実感できておもしろいですよ。


 ということで、終わり。小説版でいうと、3巻に突入ですよ。残りは3分の1。その分量を基準に考えますと、『サイボーグ009完結編』は全27話、最終章は9話で終了するのではないかと予想されます。残り8話。月に2話更新するとしたら、今年中に終わることになりますね。そう考えると早いですねぇ。
 まぁ、ということでこれからも楽しみにしましょうや。やっぱ9人が揃うと楽しいですしね。次は全員がコスチュームを着るトコですかねぇ。

『サイボーグ009完結編』(20話)の感想 - 北区の帰宅部

サイボーグ009 USAエディション (ShoPro Books)

サイボーグ009 USAエディション (ShoPro Books)