北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『サイボーグ009完結編』(20話)の感想

『サイボーグ009完結編』(19話)の感想 - 北区の帰宅部

 また即日更新するのは出来ませんでした。まぁ、4日遅れは全然マシな方ですよ。

 そんなワケで、クラブサンデーで連載中の「conclusion GOD'S WAR」の20話、「最終章 超巨大東京大震災」ですです。

 サブタイの通り、でっかい地震が来る話。人類滅亡レベルの危機ということで震災を選択したのは、間違いなく東日本大震災の影響でしょうね。どうせ不謹慎厨とかは湧くんでしょうけど、個人的には全然アリだと思いますね。人類が滅亡するならああいうレベルの災害なんだろうなぁ、という説得力ありますしね。
 それと、リアルで起こった大事件、大災害に立ち向かうヒーローの姿、というのは大変好みであったりします。ベトナム編とかもありますし。あとは3億円事件のヤツとかw

 地震津波ということで、主に活躍するのは002と008。このコンビは珍しいですけど、シチュエーションを考えれば自然ですね。
 まぁ、008は出番は多いけど、大活躍したかというと疑問ですけどね。2人が限界ですからねぇ。まぁ、どんな津波が来ても生きてけるって発言は008にしては頼もしいですな。能力面に関しては優遇されることが少ないですから。今回の話で優遇されるというとまた別ですがー。
 あとは、ユニフォームさえ着てれば‥‥という視点があったのもよかったです。やっぱユニフォーム着てない00ナンバーは全力出してない感ありますもんね。

 津波の次。吸い込まれる一同。その対抗手段としての007はカッコよかったですね。RE:みたいな活躍もカッコよかったですが、今回みたいな見せ場も新しくてよかったと思います。
 てか、003、006、007のトリオはいいですね。非力グループということもあってか、結構和む3ショットです。まぁ、003は悲鳴&絶望要員なので実際は悲観的な状況なのですが、見た目的に。
 逆に、004、005、009のトコは辛気臭いですね。戦闘力では頼りになるトコですが、今にも息が詰まりそうな組み合わせです。

 関係ない話ですが、地震ブラックホールと聞くと『ONE PIECE』の黒ひげを思い出してしまう程度にはワタクシは『ONE PIECE』ファンなのですよ。黒ひげというのは、(おそらく)『ONE PIECE』のラスボスに相当するキャラで、世界最強の力である地震の能力をブラックホールの能力で吸収したキャラなのですね(知らない人に伝わるかわからない文章)。
 まぁ、無関係なのは間違いないですが、ちょっとおもしろい一致だな、と感じた次第。

 津波の際には大活躍した002ですが、そのしわ寄せでしょうか、被害者第1号です。わざわざ上空から落下するショットを入れたのは、「どこに落ちたい?」を意識した‥‥というのは強引ですかね。


 はい、ということで、待て次回。2週間後ですね。うちのブログが4日遅れですので、1週間半。
 てか、そろそろ単行本3巻が出てもおかしくないと思うんですが、いつになるんでしょうかね。まぁ、2巻の様子からいって描き下ろし等の特典には期待できないのですがー。

『サイボーグ009完結編』(21話)の感想 - 北区の帰宅部

サイボーグ009 USAエディション (ShoPro Books)

サイボーグ009 USAエディション (ShoPro Books)