北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

マンガ『生徒会役員共』283話の感想

マンガ『生徒会役員共』282話の感想 - 北区の帰宅部

 扉はスズ。特にコレといったシチュエーションがあるワケでもない回。強いて言えばテストと雨。

 1本目。女子高生家庭教師萩村スズ。タカトシに勉強教えるというイベントがもはや本編で描くほどのことではない、というレベルに達しているのはちょっと感慨深いですな。
 6本目でテストが返却されてて、ココと繋がる感じはかなり好き。4コマが7本だけど、ちゃんと1話として形成されてるというか。

 保健室で休憩、という一見フツーの2つの言葉からラブホに繋がることに日本語の業の深さが垣間見えますね。ラブホにおける「休憩」って意味わかんないですもんね。欺瞞だわぁw

 柔道部、てかムツミと中里さん。つけ爪を持ち物検査をパスする話。最近中里さんが色気付いてきた‥‥てかそういう一面が描かれるようになりましたね。
 この女子の閉鎖空間な感じは結構新鮮です。『プチたん』じゃないけど女子寮っぽさがどこかありますね。
 てか、ムツミの八重歯かわいい。

 4本目と5本目は微妙に連結していて、その連結の仕方がすごくおもしろい。とりあえず、コトミと雨。
 4本目は雨の中コトミが靴で明日の天気を占ったら、晴れが出て(靴が表)靴の中グチャグチャ。
 5本目は「どうせ濡れるんだからプール雨天中止にしなくても‥‥と昨日は思ってたけど」って翌日に時系列が飛ぶんですよね。しかも、晴れ。靴の占い当たったのかw
 しかし、コトミは尿に関する意識の低さがヤバイ。至るとこでやらかしてるだろw

 テスト。片栗粉の英語はスズに教わったのだろうか。
 しかし、「片栗粉X」なんて初めて聞いたから結構衝撃のネタでした。「ホントにそんな言葉あるのか?」とググろうとしたら、「片栗粉」って入れた段階でグーグル先生が候補に「片栗粉x」と出してくれたので存在を確信しました。す、すげぇ世界だ‥‥。
 ちなみに、テストが返却されるトコで、背景で青ざめてる轟さんがイイですね。英語苦手だったんだ。

 うんと言うまで動きませんよ。風紀委員編。タカトシがお茶出したら策士と疑われる。実際にそこまで進行しませんけど、尿意を我慢するというシチュエーションがカエデは似合いますね。コトミだったらほとんど我慢しなさそうだから困る。
 てか、このシリーズ、他の部活or委員でも見たいっすね。まぁ、ムツミとカエデが出ちゃったから他はほとんどボケキャラだから少し毛色が変わってしまうんですけど。


 ということで、一番ハマったのは雨のネタかなぁ。2本とも好きだけど、特に後者。前のネタで占った天気の結果がさりげなく描かれてるのがスマートでよかったです。ギャグもおもしろいですし。

マンガ『生徒会役員共』284話の感想 - 北区の帰宅部