北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』296話297話の感想

『生徒会役員共』295話の感想 - 北区の帰宅部

 一挙2話っす。ほぼ300回だけじゃなく、累計300万部達成ってのも記念してるのね。いやーめでてーでげす。
 そーいや、2話掲載を機に話数の修正するとか思ったけど、そんなことはなかったぜ。

  • #296
    • まさかの執事プレイであった。その発想はなかった‥‥。
    • アリア回なのは間違いないとして、同時にタカトシ回であったりするとも思うの。まぁ、主人公なんだけどさ、こういう目立ち方はなかなか珍しい気がしました。
    • 執事の理由。リアル執事の橋高さんがギックリ腰。橋高さん!! まさかの名前発表!! まぁ、よく考えたら七条家は猫の名前とかも出てきてるからな、名前が出たからなんだという考えてもアレなのかもしれない。けど、「あのミステリーツアーの時の老紳士!」って急に橋高さんが気になり出しました。どんな人なのかしら。
    • 何気に1本目でも「何でも」は言っていました。けど、最初にS顔ってボケをやってしまったら話が終わってしまうので、執事にならしてからS顔をしたんだと思うの(妄想)。
    • 階段の手すりに跨がって‥‥って遊びは小学生の頃男子の中でそこそこ流行ったと思うんですけど、七条家では違ったぜ。
    • 今後手すりでナニをやって蜜をつけることを考えたら、手すりも入念に掃除しないといけない。てか、汚いからやっちゃダメ。
    • 新米執事放尿の巻。無自覚とはいえ、タカ兄がオチになってるのは結構珍しいですね。しかも、それの発見役がアリアというのもまた。大体スズとかカエデなイメージ。もしくはクラスメイ子。
    • スチームガード発生。スチームガード最大の目的は乳首の死守だと思うんですけど、今回はアリアの巨乳というシルエットもよく見えないという念の入りようであった。厳重すぎる‥‥。
    • てか、5本目(3ページ目ラスト)のネタが翌ページに続くって構成なかなかレアが気がします。連結するならラストページの2本でしょう。まぁ、今回のはラスト1本で生徒会室に戻る必要があるんですけど。
    • そんなラッキースケベ津田、出島さんにこっぴどく叱れてたっぽいので笑いました。お縄w
    • ラスト。執事の報告。その内容が橋高さんの代理じゃ全然なかった件。ラスト1コマの出島さん橋高さんの落ち着いた会話が妙にツボ。あの時、橋高さんはジェラシー的なことを感じてたりするんですかね。七条家の執事メイドの関係性というのも結構気になってくる1コマ。
  • #297
    • 扉が大変かわいくて素晴らしいと思います(ムツミ党員)。
    • 「やったか!?」と「ヤッたか!?」。格ゲーで「やったか!?」って言うの楽しそうだなぁ‥‥とか羨ましく思ってしまった。今度スマブラやる時言ってみようかしら(独り言になるけど)。
    • コトミとトッキーが使ってるキャラがそれぞれ美少女系、ガチムチ系というのも個性が出ててイイ感じです。なんか納得してしまうチョイス。
    • シミ。アリアに対するスズの「せめて前に手を当てろよ!!」は今週一番の名ツッコミ。ボケも相当だが、それを的確に指摘できるスズさんパネェッス。言われなきゃ気づかなかったww
    • 3つの点で顔。女子の身体の3つの点が完全にアウト。簡略図だとしても、いろいろモロ見えですやん‥‥。
    • WXYを縦書きにすると、ってネタの上位版というか一線踏み越えちゃった版。
    • 3つのシミが怖いのでポスターで隠すの巻。ただシミを見たら何とも思わないけど、「ポスターでこのシミを隠していた‥‥」と考えたらポスターの裏のシミはより怖くなってしまう気がする。怖がりですけど、こういうの隠せない派。
    • 夜中にトイレ付き添いシチュといえばスズさんの専門分野であった。過去に何度あったことかw
    • 柔道部の練習が終わった頃にのんきにやって来て無双感を出すコトミは自由すぎる。
    • てか、満身創痍なのに気力を振り絞ってツッコミを入れるトッキーはさすが。
    • 何気に冒頭の格ゲーのくだりと繋がるものがあると思ったり。コトミが美少女キャラを使うのはこういうことがしたいんだろうなぁ、とか。
    • ムツミ登場。待ってたぜ。
    • ムツミの単なるピュアとは違う、乙女を目指してるっぽい一面は本当にかわいい。たまらん。強すぎる(怪物呼ばわりされるレベル)ことに関してコンプレックスを抱くほどではないんだろうけど、気にしちゃう感じね。サイコーだぜ
    • ラストの中里さんの「男性にはそう思われたいのか」、「アイツには」じゃなくて「男性には」なのがちょっと気になりました。まぁ、気にしすぎなんだろうけど。
    • 何も知らないにしても察しが悪すぎてのんきなこと言ってるタカ兄は少しツボ。
    • ムツミの理想の人。このシチュエーションでこの問いをしてくるアリアさん怖い。すかさずタカ兄に同じことを聞くコトミさんも怖い。どこまで確信犯的なのかが気になるところではある。
    • 「せめてしおらしく」だったはずのムツミが質問に対しては元気いっぱいに答えてて超かわいい。ホントやばい。
    • てか、このネタ、ついこないだの会長のヒモ歓迎宣言とも似てますよね。要するにただの告白。いい加減気づけよ!!(ムツミ党過激派)

 ということで、終わり。ムツミがかわいかったです。2本しか出てないけど、充実してました。
 ベストキャラは橋高さんとムツミ。ドキッとさせられたのは入浴アリアと女子の身体のケツアゴ。一番笑ったのは「ドえがお」と「せめて前に手を当てろよ!!」。
 結論、ムツミが出てくれるだけで幸せ(ムツミ党穏健派)。

『生徒会役員共』298話の感想 - 北区の帰宅部