北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『日々ロック』の感想

「いっぱい」と「おっぱい」で踏める

 入江悠監督作品ということで気になってました。メジャー作品は初か? 『サイタマノラッパー』シリーズが好きなんですよねぇ。
 とか思ってたら二階堂ふみが出てる。しかもアイドル役ということで鑑賞決定です。二階堂ふみ好きなんですよねぇ。未だに『指輪をはめたい』が一番好きっす。
 ロックがどうこう、という話は苦手で、そんな理由で『劇場版神聖かまってちゃん』観てません。入江悠と二階堂ふみなんですけどねぇ。ロックもかまってちゃんも興味ないのよ‥‥敷居高い。

 原作は未読です。

  • あらすじ
    • いろいろあったけど北関東に行きます

 北関東オチは『SR』への目配せ?とか勝手に思いました。別に間違いでいいです。

 主人公の変人っぷりが不快でした。もうそれだけで映画観てるのがつらい。久々に映画館で「帰りたい‥‥」って思いました。
 ロックにのめり込みすぎて周りからしたら変な人に見える、とかそういうレベルじゃなくて、単に頭のおかしい人に見えるんですよね。挙動がヤバイ。会話がまったく通じないし。笑いを誘ってるんでしょうけど、まったく笑えなかったので、つらい。コイツに成長も成功もしてほしくない。

 ライブシーンはよかったと思います。「歌も演奏も下手だけど‥‥」路線のロックは苦手なんですけど、全然カッコよかったです。もしくはカッコよく見えた、聞こえた。
 ライブシーンでおもしろかったのは、ちゃんとダサいライブ、失敗してるライブもしっかり描かれてるんですよ。同じ曲なのにライブによって成功と失敗が分かれるんだけど、その成否がライブシーンを見てる最中にしっかりとわかる。
 あと、アイドルのライブがカッコよかったのも好感です。ロックがテーマの作品だし、冒頭主人公がアイドルの宣伝車に向かって罵ってたから「ロックは最高 アイドルはクソ」って単純化されると思ったんですよ。なんだけど、実際にアイドルライブを観てみたら「カッ‥‥カッコイイじゃないの‥‥」という衝撃を主人公たちが受ける。宣伝車のシーンで曲が少し聞こえるんですけど、この時はワタクシも「どっかで聞いたことのあるようなクソつまんねぇ曲だな!!」とか思ってたんですよ。それなのにライブシーン観たら「この映画‥‥サントラ出てる?」という始末。ライブ会場に入った時のワクワク感ってのもよく出てたと思います。

 何作か観て個人的に思ってることなんですけど、二階堂ふみって非日常感ある役が似合う役者だと思うんですよ。そんなワケだからアイドルという役はピッタリでした。それもPerfume路線というか、人間味のないダンスとか、とにかくハマってました。
 冒頭、ライブハウスに乱入して大暴れしてる時に二階堂ふみの目が完全にイッちゃってるのもかわいかったです。アイドルの時には出せない何かを発散してるんだろうな、というのも伝わってきますし。まぁ、ちょっとおもしろかったけど。
 あと、おっぱい。見れるもんならいくらでも見たい、という前提があるから説得力ないですけど、見たかったです。ラストの曲で「おっぱい」を印象的に使うんだったら、尚更見たかった気もするんですよね。人間味のないアイドルの生々しすぎるリアル感、とかそういう意味もあった気がする。まぁ、とりあえずおっぱい見たい。
 ライブハウスでなぜかアンナミラーズみたいな格好してるバイトちゃんがイケメンバンドに喰われちゃう、ってシーンでもセックスしてなかったし、不自然なエロ隠しは残念でしたね。おっぱい以上にセックスしてないのは肩透かしでした。


 ということで、おもしろい部分はあったけど、変人演技が嫌いだったのでアカン。ダメでした。『ジョーカーゲーム』はどうしようかなぁ、笑わせ要素はないだろうから安心な気はするが、二階堂ふみおらんし。
 30点。

「日々ロック」オリジナルサウンドトラック

「日々ロック」オリジナルサウンドトラック

 このサントラは是非とも欲しい。もしくはダウンロードで興味ある曲だけ買うか、どうしよう。

映画『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』の感想 - 北区の帰宅部
 やっぱりロックよりラップのが好きだなぁ、と思った(見なくてわかってたけど)。

Panty & Stocking with Garterbelt THE WORST ALBUM

Panty & Stocking with Garterbelt THE WORST ALBUM

 アニメ『パンスト』好きとしては、本作のアイドルソングの編曲をTeddyLoidがやってたので「おおっ」となりました
 “今日はTeddyLoidのライブ行く予定だったのに‥‥チンコがなくちゃ一体どこでグルーヴ感じればいいんだー!”(サントラ収録のオーディオドラマより)