北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』307話の感想

『生徒会役員共』306話の感想 - 北区の帰宅部

 生徒会の合宿かと思ったらまさかの英稜生徒会も参戦でした。とんだサプライズですな。なかなかの大ネタでございます。

 扉は湯上がりウオミー。全世界のウオミスト歓喜
 ついでに、柱の人物紹介に森さんが追加されました。躍進っぷりが大物すぎるよ森さん。もはやウオミーとダブル起用で表紙を飾る未来しか見えない。

 扉がウオミーな時点で疑問に思っていたら1本目でも英稜組参戦。8人もの大所帯、よく宿取れたな‥‥と思いきやの真相。先週の横島先生のスピーディーすぎる計画にはそんな裏があったんですね。メチャクチャ寂しい、という意味も増強されるし、「合宿やろうぜ!」の理由にもなるので、非常に腑に落ちるオチでした。
 元の8人の男女比が気になるところですね。

 改めまして英稜組参戦。森さんの大物感もそうですが、英稜生徒会3人目の子もしっかりいるんですね。名前はまだない。この調子だと永遠に名前が付かないまま進みそうです。例のカップルの如く。柔道部みたいな変則的な経緯をもって名前が付くパターンも考えられないこともないんですがー。
 ボケの明け透けなさもそうですが、特筆すべきはタカ兄のツッコミに森さんが感心する部分でしょう。森さんだけ、2人きり、という状況は今までにもあったけど、このツッコミへの感心というのはボケもツッコミも勢揃いな状況ならではですよね。これが見たかったんだぜ!感が本当に強い。

 所変わって女湯。タカ兄がいないということで、ツッコミは森さんになるのです。「それじゃドロォパックだろ!」というツッコミは以前の名ツッコミ「もう一考しろ!」を彷彿とさせますね。まだ日が浅いキャラなのに、これは森さんらしいツッコミだな‥‥と感じられるのはスゴイことなんじゃないかと思います。

 タカ兄以外と森さんの絡み。あと気になるのは、巨乳繋がりでアリアでしょう。ということで、アリアと森さん。隠れ巨乳みたいな設定は除くと、堂々と巨乳であると明言されたキャラって意外と少ない気がします。
 そんな巨乳筆頭の2人。巨乳あるある、というスゴイ話でありました。英稜と違って桜才には胸にコンプレックスを抱いてるキャラが2人もいるワケですが、そんなリアクションが見れるのも合同合宿ならではですね。

 温泉ということで卓球。タカくんvsウオミー。本気出す振りして1枚脱いだのかと思ったら脱衣卓球だったというウオミーの奇策。ウオミーに「負けたら下着姿になっちゃいます」って言われたらタカくんは弱くなるだろうなぁ。弱体化待った無し。こう言ったらタカくんはこうなる、というのをウオミーがよく把握してるのがわかりますね。そして、ボケつつも卓球を勝ちに行ってるのが実に見事ですね。策士すぎる。

 戦う女の子っていいよね、からの姫騎士。
 このネタ読んで気づいたんですけど、姫騎士(女騎士)って戦う女性に憧れるM的な需要にも応えつつ、「くっ 殺せ!」的な屈服をさせて興奮するS的な需要にも応えてるハイブリットな存在だったんですね。もはやギャグ的な存在かと思ってましたが、いやはやよく出来てますわ。
 ということで、戦う女の子にグッと来てたタカくんはやはりM志向にあるんだと思う。気持ちはよくわかります。
 このメンツの中で姫騎士が一番似合うのはやっぱり会長ですよね。やりたがるという意味ではコトミもいますけど、ナチュラルに「くっ!」が似合うのはやはり会長ではないかと思います。

 気づけば開幕以来メインではなかった横島先生。事の発端であるのに気づけばいない(放任してる)というのは横島先生らしいのかな、とか思ったり。
 例の如く酒を飲む横島先生。「そんなに飲ませてどうするつもりだ?」というのは先週の「オカズ5000円」から何も変わってない感じがあります。
 そして、安易にオカズ5000円的なオチには行かず、酒を飲む→トイレが近くなる→つまり‥‥!! という妄想を絶するオチになるのがレベル高いです。それも横島先生1人じゃなくて、一同揃って思ってるのでイイですね。


 ということで、終わり。ツッコミ同士気が合う、というポジションが被ってるせいかスズの出番が少なかった印象。こうなると、今後とスズと森さんの絡みが気になってきますよね。来週以降が楽しみです。
 今週のベストとしては、やはり感心し合うツッコミたちが見れた2本ですかね。特に「ドロォパックだろ!」は森さんらしさが感じられてスゴかったです。

『生徒会役員共』308話の感想 - 北区の帰宅部