北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『ベイマックス』の感想

ヒロはヒーロー

 3D吹替で観ましたよ。けど、ホントは3D字幕派なんやで。
 吹替。小泉孝太郎がフィットしすぎててマジで驚きました。知らなかったらタレント声優ってのに気づかないレベルだと思いますよ。小泉孝太郎の役者仕事って全然縁がないけど、いい役者なんだろうな、と興味が湧きました。
 菅野美穂はよくなかった。声が特徴的というか、なんか変なんだよね。他のキャラと別世界な感じがする。
 日本版エンドソングはいらなかったよね。誰も喜ばないよ。まぁ、ファンは喜ぶんでしょうけど。『シュガーラッシュ』のAKBはよかったなぁ‥‥(遠い目)

 3D。まぁ、ボチボチよかったと思います。「アニメでこれか‥‥」とか、「飛行シーンあるけど‥‥」という印象もありますけどね。『ヒックとドラゴン2』の日本公開はよ。3D映像でDWAに勝てるブランドはないですよ。マジで。
 どちらかと言えば、同時上映の短編の方が3D的な効果は高かったかも。犬目線の疾走感とか結構アガった。まぁ、『アナ雪』の同時上映には遠く及びませんけどね。

  • あらすじ
    • アニキは死んだ、もういない!

 本作最大の特徴は、ディズニーによるマーベル映画、という点ですよね。白いフワフワは仮の姿に過ぎないのだよ!!
 原作については知りませんが、チームヒーローの話ということで『アベンジャーズ』的な連想を狙ったのは少なからずありますよね。発明家の主人公が自身のメカによってヒーローに変身するのは完全に『アイアンマン』ですし、MCU要素を狙ってるとしか思えない。
 MCUから離れると、金持ちの豪邸での秘密特訓ってのは『X-MEN ファーストジェネレーション』思い出しますよね。そこに老執事が追加されてんだから、大好物だよチクショー!!

 マーベルとがっぷり四つのコラボ作品である証拠が、スタン リー。もはやマーベル映画の象徴的存在。ついにディズニーアニメ化ですか、スタン リー御大!!
 中盤で絵で出てきたと思ったら、MCU恒例のエンドクレジット後のオマケとして、本人登場。スタン リーがヒーローやってるとか超おもしろそうなんですけどw
 そんなスタン リーのヒーローコスチュームなんですけど、胸の所に大きく「S」の文字があるので、一瞬「えっ‥‥スーパーマン? DCだよ??」と混乱したのは内緒です。スタンの「S」やがな‥‥。

 チームモノということで、自然と推しメンが生まれてしまうんですけど、「ボクは断然ゴーゴーちゃん!!」という感じでした。
 パンクな格好してるのが、アメリカでは「オタク」に一括りにされる、ってのも面白かったんですが、やはりヒーローになったビジュアルでしょう。ディスクで高速移動して、ディスクを投げて攻撃する‥‥って完全に『トロン』じゃないですか。青かったらもう完全にアウトだよ!!(ディズニーだからセーフです)

 個人的な関心なんですが、ディズニー映画の悪役の処理が気になるんですね。いっつも主人公の手が汚れない形で殺すのが本当に嫌い。
 なんですが、その点『ベイマックス』は完璧だったんじゃないですかね。もうね、嫌みがまったくない。
 まず、ヴィランの動機が主人公と同じってのがイイですよね。最終的に主人公がヴィランの娘を助けることで、ヴィランを救済する、ってのが感動的。さらには、そこでベイマックスとの別れを描くことで、「兄の喪失を乗り越えた」というのがわかりやすいんですよ。さらにいえば、ヒーローになる前の主人公はロボットバトルで敵のロボットを徹底的に破壊してたんですよね。そこからの成長、というのも感動的ですよ。
 あと、単純に悪役の操るマイクロボットの映像が圧倒的にカッコイイ。もうそれだけで満腹だよね。
 もうマジで、ディズニーはピクサーのブランドを越えた気がしますね。ピクサーがんばれー。


 ということで、終わり。ビニール製だったら抱き心地よくないと思いますけど、それも許せるくらいに面白かったです。
 90点。

ベイマックス(1) (講談社コミックス)

ベイマックス(1) (講談社コミックス)

 マガジンSPECIALにて連載中のマンガ版『ベイマックス』。公開に先行して連載が開始するディズニーのコミカライズ、というので結構スゴイと思うよ。
 連載の最新号では、ヒーローチームが誕生して、歌舞伎仮面の正体が明らかになったトコらへんだけど、大分印象の違う作品になってるので、これはこれでオススメ。特に予告で押し出してた「白い」「フワフワ」「ハートウォーミング」路線を強めてるような作品になってる気がする。結構ヒーローになるまでを時間かけて描いてると思う。ヒーローモノとしてどう楽しくなっていくかは‥‥まだわからん。

映画『シュガー・ラッシュ』の感想 - 北区の帰宅部
 愛国ポルノのつもりはないですけど、『シュガーラッシュ』『ベイマックス』と日本フィーチャーが多いですね。

 短編が「人間の食べ物を食べる動物」という内容でしたけど、それなら『森のリトルギャング』を忘れちゃいけないでしょう。
 森を奪われた動物たちが食べ物に困ってゴミ捨て場からジャンクフードを食べたら‥‥「うんめぇぇぇぇぇぇ!!!」って映画。おいしがってるアッパーな映像が楽しいです。
 感想割愛しましたけど、『愛犬とごちそう』おもしろかったですよ。アニメ、動物、食事という三位一体がマジ眼福。

BEST OF MCU(初回生産限定盤)(DVD付)

BEST OF MCU(初回生産限定盤)(DVD付)

 MCU言うてもコイツじゃないよ。
 “いいわけ”はマジ名曲なのでオススメ(ただのケツメイシ好きの戯言)。

トロン:レガシー [Blu-ray]

トロン:レガシー [Blu-ray]

映画『トロン レガシー』の感想 - 北区の帰宅部
 クオラちゃんかわいいよクオラちゃん。