北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』320話の感想

『生徒会役員共』319話の感想 - 北区の帰宅部

 マガジン連載前作が参加するお花見企画みたいなのがありましたけど、メインでやってる数作以外は見開きでの集合図、というだけでしたね。まぁ、ああいうクロスオーバー企画は楽しいです。連載歴や人気など雑誌の中のヒエラルキーをネタにしてるのは笑っちゃいますね。本来は読者が邪推的に楽しむネタですので。

 まぁ、それとはあまり関係がなかった『生徒会役員共』#320。扉は畑さん。

 アンケートに名前を書き忘れたトッキーとコトミ。コトミが中二ギャグを放つネタなんですけど、トッキーに名前の話題が出ると「下の名前のこと?」と反応してしまいますね。根拠はないけど、作者も意図的なんじゃないかなぁ、とか思っちゃいます。「こうすりゃお前らソワソワするんだろ?」的な。まんまとソワソワしたわ。

 畑さん。信憑性のあるタレコミは裏を取る、からの会長隠れ巨乳説。本人がそうだと言ってるんだからそうなんだろう、と会長が熱くなってましたが「えっ 会長が投稿したの?」とか思ってしまいました。タレコミの対象に確認するのか、投稿者に確認するのか。どちらとも取れるし、両者とも取れる気がします。

 虫とかは虫類とかを「かわいいなー」って言う人いますけど、あれホント困りますわw これは会長の気持ち超わかる。あんなん騙されるって(騙してはいない)。

 からの畑さん乱入。会長がトイレ行く前だったらスクープになるけど、そうでなくてもスクープに仕立て上げる畑さんマジ新聞部の鑑。
 タカ兄、ビクッとする会長、そしてカエル、という状況だったのに瞬時にカエルをフレームアウトさせるその対応力に感動しました。
 このネタは、マスコミは真実の一部を恣意的に切り取って都合のいい情報として報道する、という社会風刺的なメッセージがあるかもしれない‥‥。多分ない。

 打ち合わせで2人の動きを矢印で確認してたら思わず相合い傘になってしまった会長&タカ兄。
 タカ兄との相合い傘というとアニメ2期のオープニングにも使われたムツミのネタが思い出されますね。会長はムツミ級に乙女だったということですねw まぁ、もちろん会長の場合は偶然相合い傘になってしまい、偶然だからこそ照れが生じたんでしょうけど。ムツミは自ら意図的に書き足してましたよね。自分でやって自分で照れてましたけど。

 スズと迷信。視線が合ったら好意の証拠らしい。迷信に対するスズのツンデレ的な流れなんですけど、まずはツン(否定)。
 スズから迷信を聞いたアリアのイメージがぶっ飛びすぎてて爆笑してしまった。あれはひどい。そもそもあれじゃ男同士じゃねぇか。異性との行為の最中に同性愛的なものに目覚めるってとか、いろいろとスゴすぎる‥‥。

 んで、スズが迷信により陥落。タカ兄と目が合うワケですけど、ここでのタカ兄は前から、そして目線の高さまで合わせてるんですよね。ここまでバッチリ目が合うのは確かに特別な何かを感じても仕方ないかもな‥‥と読者ながら思ってしまいます。さすが質の高いフラグを立てますね。超絶凄ワザ。
 ただ、目線の高さを合わせる、ってのは芋煮会の時にタカ兄が子供相手にやってたテクニックじゃなかったっけ‥‥?と脳裏によぎってしまい、なんか泣ける。


 ということで、終わり。今回はアリアのネタがずば抜けてハマってしまいました。終盤にフラッと出てきて特大ホームランかっ飛ばした印象。今日もヘビーだぜ。

『生徒会役員共』321話の感想 - 北区の帰宅部