北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』341話の感想

『生徒会役員共』340話の感想 - 北区の帰宅部

 『ドラクエ8』のやりすぎで水曜に『生徒会』読めなかったです。木曜になっても読まず、金曜(今日)になって急いで読みました。
 ‥‥んで、読んでみたら内容がとんでもなくてビビりました。

生徒会役員共(12) (講談社コミックス)

生徒会役員共(12) (講談社コミックス)

 もうすぐ出る『生徒会役員共』の新刊ですけど、表紙がもうわかるんですね。今回の表紙キャラは横島小山でほぼ確信してたんですが、違った。新キャラがとっとと表紙に選ばれる、というのはウオミー古谷さん森さんの前例があるので、それに続くと思ってたんですけどね。まぁ、小山先生は新キャラじゃねぇのかw
 ということで、畑カエでした。そうきたか。お馴染みのキャラがここにきて表紙初登場か。こうなると、次巻以降がわからなくなってきましたね。横島小山の他には、コト時も考えてたんですが、それより先に畑カエか。むむむ、読めない。楽しい。
 過去にも何度も書いたと思うんですけど、畑さんとカエデちゃんの組み合わせってアニメの方で強調されたと思うんですよ。もちろん原作の方でもありましたけど、アニメでネタが増やされてたりしてより印象的になってたのではないでしょうか。それが原作の方に逆輸入されてるんじゃないかなぁ、と思っているのですよ。個人的にも大好物です。
 ちなみに、「12」を示すポーズですけど、畑さんがイレギュラーですね。「1」ではなく「10」を示してる。一瞬「畑さんそれじゃ7巻になっちゃうよ」と思ったら左手!!

 はい、#341。2学期突入でございます。

 先週会長が揺れブラ現象を狙ってたけど、今週はブラネタが3連発w まさかのブラ三部作。これはたまげた。
 開幕は、はみブラ。アリア。同じ脂肪でも付いている箇所によってはみ出ることの意味が変わってしまう、という大変考えさせられる内容だったのではないでしょうかw 横島先生が怒るのはわかるんですけど、会長もついでに怒ってるので笑ってしまいました。まぁ、たしかに揺れブラ狙って大きめのブラ買ってる会長としては怒るのもやむなしですけど。

 お次は、ずれブラ。コトミ。コトミもデカイので、ひょっとしたらはみブラ経験あるのかもしれない‥‥とか考えてしまった。
 ノーブラと思ったタカ兄が死んだような顔で「ブラしたら?」と言ってるのが地味にツボでした。タカ兄のこういうトコすげぇ好きですわ。呆れてる感じ。

 最後は、落ちブラ。ブラの主ではないけど、ネタの主役は会長。開幕からブラが3連発して読者的には「これは先週の‥‥!」となったと思うんですけど、そのラストを飾るネタは完全に先週の続きでした。揺れブラを狙って大きめのサイズをつけてるから落ちブラに敏感になっている、ということですよね。
 ブラを持ってもボケの香りが一切カエデちゃんは前振り役としては理想的なのではないか、とか思いました。名バイプレイヤーですよね。

 ずれブラのネタで髪切ったと言ってたスズが会長に髪型変更をすすめる。きっと自分が髪切ってスッキリしたから人にも言いたくなったんでしょうね。
 んで、会長が涼しい髪型に変更。完全に貞子ですありがとうございました。前に肝試しの時にやってたと思いますけど、会長ホント似合いますよね。普段のイメージとのギャップがすごいあるのに似合っちゃうんだから笑ってしまう。
 会長のイラズラ心、まんまとしてやられるスズ、という関係性が微笑ましいですね。両者共に魅力がマシマシ。

 ラスト3本は続き。これが問題作というか、挑戦的な内容でブッたまげっました。
 森さんがトイレに行くのを待つウオミー。急遽プールが中止になったということで水着着用済みだった、というオチ。この段階では微笑ましいレベルなんですけど、この完結したネタが次へのフリになってるんだから恐ろしい。
 どうでもいいけど、トイレから出てきた森さん、急いで着たのか制服が着崩れてるのがすげぇエロい。

 んで、問題の「瞬間ふわーり」。氏家ト全ファンとしては「ふわーり」という文字列を見るとピクッと反応してしまいますね。ただし、過去の「ふわーり」とまったく違うのが、その中身が堂々と描かれてる点。あまりの出来事にワイ困惑。そして、ウオミーと森さんの相反する主張。こ、これは試されてる‥‥。作者は最近「パンツは最終回だけ」という慣例を忘れてるorもう興味ないorそもそも偶然だった、みたいな認識になってるんじゃないか、と少し思っていたんですよ。最近イレギュラーなパンツ描写があったり、『プチたん』だとモロに下着出てきますからね。だけど、違った。作者はこの慣例をよく覚えてるし、それを知ってる読者に向けて仕掛けてきてる。
 んで、よく見てみると、黒のベタ塗りなんですよね。今までのパンツの描かれ方とは明らかに違う。つまり水着。てか、これがパンツだったら笑って「水着です」と主張してる森さんが大物すぎるだろ。そして、次のネタの意味が変わってしまう。よってnotパンツ、yes水着。
 この水着パンツ論争、最大の論点というのは、前のネタをどう理解したか。当然前のネタが気になってページをめくり直しますよね。そりゃもう何度もめくりましたよ。そして、総合的に考えると、前のトイレのネタ、あれは下着の代わりに水着を着ていた森さんがトイレで服を脱がないといけないので時間がかかる、という内容なんですが、トイレで用を済ました後、下着に着替えたのではなく、再び水着の上に制服を着た、ということですね。‥‥まぁ、よく考えればそのまんまですけど。いや、よく考えなくてもわかれよ、という話か。仮にトイレで水着から下着に着替えたと考えると、手荷物がないのが不可解だったりしますね。
 女性が水着を着た状態でトイレに行った際、どのように用を足すのか、というのが少し気になります。全部脱がないといけないのか、ずらして放つのか、社会の窓的なギミックが施されているのか。全部脱ぐ、という場合だったら、下着に着替えるよりも時間がかかるので、水着説の補強になりますね。まぁ、そうじゃなくても水着だろうけど。
 情報を整理してみたら、森さんは予定通りプールが行われた時用に下着を持参してたってことですよね。つまり、今森さんが持っているバッグの中に森パンツが潜んでいる可能性が‥‥!!(洗濯済み)
 まぁ、そんなこんなで、「ふわーり」からのパンツには読者は敏感、という話でした。

 ラスト。2階から見ていた会長。読者と違ってトイレの話も知らない、「水着です」というフォローのセリフも知らない、というのが味噌ですね。真実を知らないで映像だけ見てると、森さん回ではお馴染みの「もうそんなに進展しているのか‥‥!」という風に勘違いしてしまう、というオチ。気の影でウオミーの存在すら認識してないっぽいですよね。
 まぁ、このネタを成立させるためにはやはり水着説じゃないとおかしいんですよ。あれが下着だったら会長の驚きは勘違いじゃなくなって、ギャグじゃなくなっちゃいますから。


 ということで、終わり。森さんの「ふわーり」に騒然としましたが、それがなくても先週の揺れブラに続くネタが連発してたり、相当充実してた回だと思います。おそらく単行本単位で考えてもトップクラスに衝撃的な回だったのではないでしょうか。ムツミスト的に考えても先週のインパクトを越えた気がします。パンツネタは強すぎる‥‥。

『生徒会役員共』342話の感想 - 北区の帰宅部