北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』342話の感想

『生徒会役員共』341話の感想 - 北区の帰宅部

 夏休みが終わったから続きモノはないんだぜ、と思ったらあった。意外である。うれしい。
 そんな#342。扉はスズ。ただし、メイド。しかもこの話は来週に続くので、来週はメイド会長不可避。朗報すぎるわ。これで来週、執事姿のタカ兄だったら怒るよw いや、結構似合ってるとは思いますけど。女だったらグッとくるコスプレなんだとは思いますけど。そうじゃないんだ。

 夏休み明けだけど夏休み。ただし出島さん。
 出島さんの傾向として、夏休みになると出番が増える、というのがあると思います。夏休みなので遠出、引率として出島さん、という流れ。今回の夏休みは、そういう思い込みへのカウンターパンチであり、「夏休みに出番が多いんだから出島さんの休みは夏休み明け」というぐうの音も出ない正論なのですね。これは唸った。

 1本目を見て「そっかー出島さん休みなのかー」とかボンヤリ思ってたらページをめくって2本目でビックリ。まさかのメイド会長であった。これは似合う。
 メイドはメイドでも普段出島さんが着てる型のメイド服というのがポイントですね。こういう役職交換的な話ってテンション上がります。ただのコスプレにさらに1つ魅力が乗っかると思います。
 コスプレとしてのメイド服。メイド服ってのは萌えのアイコン的存在になってると思うんですけど、そういうメイド服と本作のそれが一線を画すのがロングスカートな点ではないでしょうか。アリアも「ロングスカートがいいよね」みたいなこと言ってましたが、単にイタズラが捗るだけじゃないんですよ、きっと。萌えとしてのメイド服ってやっぱフィクション性が高いんですよ。完全にコスプレになっちゃう。嫌な表現をすると、ドンキで買ってきました感。それはやはりミニにして脚を出す、という安易な性的要素の強調ってのが一番大きいのではないでしょうか。その点、七条家のメイドはロングスカート。これは出島さんが登場した当初よく言われていた「リアルメイド」という言葉が象徴的なんだと思います。メイドって萌え的なニュアンスでしかほとんど語られないけど七条家にはリアルなのが存在した、というインパクト。それがロングスカート!(力説)
 そんなメイド服に対して会長が結構ノリノリっぽいのがイイですね。かわいい。会長ってこういう変身願望が強いイメージありますわ。魔法少女もそうですし、アイドルもありましたね。アニメ版だと超憧れてましたし。
 ‥‥ちょっと脱線ですけど、『アイドルのあかほん』でトリプルブッキングの3人が初めてグラビア撮影した時の衣装がメイド服だった気がする。スカートは短いですけど、会長の憧れに一貫性がある証拠‥‥なのか?

 状況説明はまだ続いて3本目。1本目で出島さん休みという前提、2本目で役員共使用人コスプレという本題、そして3本目は出島さん残留という詳細。まぁ、ちょっと話が展開したとも言えますかね。
 てか、素人が使用人の代わりをするってだけならいいけど、そこにプロがいるってのプレッシャーですよね。まぁ、あれが違うこれが違うとケチつけてくるイメージじゃないですけど。よく考えたら、タカ兄は使用人体験したことありますし、会長とスズは完璧超人ですからね。意外とそつなくこなせるのかもしれないw

 タカ兄に好きな命令できるとなると人目を気にせず堪能するアリア。割とこういう命令しがちですよね。読み聞かせはいいけど、密着度パネェ。「勃たないと挿れられないだなんて」ってネタですけど、あの状況だったらフツーに勃ってても不思議じゃないと思うの。タカ兄、乗馬の時に前科あるし。まぁ、あの時とは前後が逆なのか‥‥その差は胸か。やはりタカ兄はおっぱい星人説。

 七条家のメイドは猫の世話もしなくちゃいけないんだぜ、というのが新鮮だったネタ。猫は過去にも何度か出てきてるんでお馴染みですけどメイドが世話してる、という発想はなかった。
 独りで猫と接していたら自然を次元の壁を超越していたスズ。したがこえてる。単に語尾がニャーになるってだけでもその筋の方大興奮ですけど、そこにメイド服ですからね。隙のない組み合わせである。濃い‥‥。
 てか、スズのサイズのメイド服があったのか‥‥。いや、グッジョブですけどね。
 そーいえば、横島先生の第二外国語ってこんなんだったよな‥‥とか思い出してしまいましたw ニャーじゃないけど、次元のこえる言語使ってましたよね。

 ページをめくって6本目。視点をガラッと変えてアリアサイド、というのが見事ですね。みんなの使用人体験に対してアリアはどうか、という発想の転換。身分が上になったけど疎外感、というのは確かにありそうですわ。納得しかない。
 ということで、下克上プレイをご所望なアリアお嬢様。その下克上プレイのイメージの中で「いい格好してますねェお嬢様」って言わせてて、お嬢様呼びが変わってないw 形式的には下からの言葉なのにその実は真逆、というのが魅力なのかもしれない‥‥下克上プレイ。

 メイド体験終わり、と思ったら夜の見回りが残ってました。スズがのんきに「つづく」とか言ってましたけど、怖くないのか?とか不安になってしまった。そういうのは来週のネタかもしれない。いや、何度もあったネタなのでもうやらないかもしれないですけど。
 会長の「出島さんだけマークしとけばいいなじゃないですか」に対してメチャクチャはしゃいだ返しをする出島さん。ここらへん、出島さんがオフのスイッチ入ってる証拠なのかもしれない。いつもこんな感じかもしれませんがw


 終わり。まさかのメイド回という嬉しいサプライズでした。しかも続くし。よく考えてみたらメイドって初なのかもしれませんね。文化祭で執事喫茶はありましたけど。どうでもいいですけど、本作の中で描かれたコスプレの中でもあの執事コスはトップクラスに好きだったりします。会長もアリアも似合いすぎだろ‥‥。
 ということで、次回はリアル執事の橋高さんの登場に期待だー!!(ニッチな需要)

『生徒会役員共』343話の感想 - 北区の帰宅部