北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』350話の感想

『生徒会役員共』349話の感想 - 北区の帰宅部

 ちょっと立て込んでて更新が遅れました。

 #350。扉は轟さん。話数がキリいいことになってますね。実際は違うんだけど。

 桜才の芸術交流会をナビゲートする畑さん。マイクを持ってまるでテレビ。一体誰に向かってナビゲートしてるか気になるんですよ。畑さんにマイクは超似合うけど、本業ではないし。最近は動画配信も安価で出来るので「ネットでの広報用」とか言われれば納得できるんだけど、ぶっちゃけ畑さんだったら「メタです」と言われても特に違和感ない気もします。基本的にメタのない本作ですが、畑さんだったら「そっかーそーだよなー」で終わってしまいそうな。第四の壁くらい視認してそうだw

 桜才の出品? 演目は白雪姫ならぬ白雪王子。轟さんが時代にあわせてオリジナリティーを出したそうですけど、コレ相当うまいんじゃないでしょうか。女性の地位向上‥‥というのもあるけど、それ以上に男女比が女に偏っている桜才の特徴を踏まえていて、他校に(も)見せるものとしてメチャクチャ気が利いてるのではないでしょうか。てか、轟さん理系なのにメッチャ文系な仕事してるw
 スーパーどうでもいい話だけど、2012年のハリウッドで作られた白雪姫映画『スノーホワイト』は男女逆転こそしてないものの、女性がメチャクチャ強くなった白雪姫という現代らしい内容でしたね。白雪姫が白馬にまたがったり、王妃と戦ったり。んで、男は基本後方支援のキス要員という感じでした。それも充分時代に即した変更なんですよね。男女逆転はそれよりも一歩踏み込んだ内容になっているので、よりいっそう時代に合ってる。合いまくってるw
 んで、白雪王子はタカ兄。桜才の種馬だけど、今回は男性性皆無な役なのですね。そして、会長は姫騎士。会長の姫騎士ネタって過去にもあったけど、今回はガチで姫騎士演じています。これには歓喜の声を禁じ得ない。桜才イチ「くっ 殺せ‥‥!」の似合う女性ですよw
 会長はフツーに姫になってタカ兄に助けられたい、という願望も強いと思うんですけど、今回の姫騎士も充分堪能してるっぽいですよね。まぁ、なんなら白雪王子をそのままヒモにするのも辞さない構えかw

 アリアは王妃。白雪姫をやる場合、一番の目玉となるシーンは王妃の「鏡よ鏡」ですよね。キスシーンもそうだけど、ぶっちゃけキスってありきたりなので、白雪姫という作品を象徴するシーンとなると「鏡よ鏡」の方が強いと思います。なので、アリアはおいしい役。一応演技経験もあるので、そこを買われた可能性が‥‥関係ないかw
 王妃で「鏡よ鏡」と同じくらいキーとなるのが毒リンゴ。それを轟流に解釈すると毒キノコになる。リンゴよりも毒があることに説得力のあるものに変更したということですね(違)。とりあえず、あの毒キノコは轟さんが用意した、自作した代物だと思うの。そこにアリアの私的願望が絡んだ、桜才で最も危険な2人によるコラボレーション。

 スズは妖精。ドワーフ、小人的なポジションなのでしょう。チビに小人をやらせるのはいくらなんでも差別的すぎるので妖精になったのかも‥‥(ネーヨ)
 コンプレックスの身長に触れるネタなのにスズが満更でもない感慨に耽っていると、アリア王妃がやってきて一撃。白雪王子に対して「汚しに行かなきゃ」って言ってましたけど、スズの幻想も見事に汚した模様。

 ムツチリは買い出し。部活の関係で本格参加は無理だそうです。ムツミなんかはお姫様願望も強いから、時間に余裕あったら姫役に立候補してても不思議じゃない気がします。そして強いから騎士要素もバッチリ。姫もオッケー、騎士もオッケー、だがしかし姫騎士となると途端に完全にアウトになってしまうのが不思議である。姫騎士役を絶対にやらせちゃいけない人ですわw ムツミは知らずにやりたがるけど、周囲から全力で反対されるパターン。
 本当はもっと居たいけど、会長とタカ兄の絡みを見たら居られなくなってしまうムツミ。かわいい。キスシーンでもないのにあそこまで反応するのはムツミならではでしょうけど、ぶっちゃけ会長も心の中では似た感覚だと思うの。役得。

 んで、問題のキスシーン。両者恥ずかしいのかと思ったけど、白雪王子は死んでるので目つぶって静止してればいいだけなんですよね。なので恥ずかしい要素は姫騎士に偏る。ガラス越しならキスしたことあるんだからフリくらい恥ずかしがらなくてもいいんですけどねー(ヒヤカシ)
 緊張する会長に対して畑さんが下ネタを投下。いつもなら喜んで乗っかるのが会長だけど、今日ばかりは嫌でしょうねw 恥じらいが増すというか。

 会長、単なる挨拶「歯磨いて寝よう」で意識しまくる。白雪王子は「動揺しすぎでは」とか言ってましたけど、お前は落ち着きすぎw 目つぶってるから簡単なお仕事かもしれないけど、少しは動揺しようよ。仏か。
 王子がボケの人間だったら本番の日の朝に「しっかり歯磨いてきましたよ」とか言ってたんでしょうね。そしたら多分会長動揺して本番でミスると思います。


 ということで終わり。次回は本番。他校が参加するそうです。他校と言われても「なんだ英稜か」って感じなんですけど、実際英稜なんでしょうね。ウオミーは終始冷やかしに近い感じなんだけど、タカくんと2人きりになったら少しだけ嫉妬を見せる、とかそんなバランスな気がします。てか、英稜の発表って描かれるんだろうか。やっても1ネタくらいかな。もしくはもう1週延長か。
 まぁ、今週のネタで一番笑ったのは王妃の毒キノコですね。轟さんの作った世界観を堪能しまくるアリア、という構図がカンペキだったと思います。こんなん笑うわ。あとはやっぱり白雪王子と姫騎士というアレンジが最高におもしろかったですよ。会長の姫騎士も見れたし轟脚本サイコーですw

『生徒会役員共』351話の感想 - 北区の帰宅部