北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『イントゥ・ザ・ウッズ』の感想

 ミュージカルの映画化じゃないですか。有名おとぎ話を題材にしたミュージカルじゃないですか。言わば『シュレック』的なノリだと思うんですよ。そんなミュージカルをディズニーが映画化するといろいろとややこしいことになるよね……というのは公開当時思ってました。ディズニーのおとぎ話乗っ取り問題が根底にあるのでとりあえず「ディズニーが悪い」って言っておけばいいのかな、とも思うんですけど。「ディズニーがシンデレラのその後を描く!!」とか言われたら誰だってディズニーアニメのシンデレラだと思うじゃないですか。いろいろとややこしいよね。
 まぁ、難しく考えてる風ですけど、別に事情は知ってたので映画館で「騙された!!」となったワケではないです。そんな人いないかなぁ、と少し不安だっただけです。余計なお世話です。

  • あらすじ
    • 王子s「俺たちイケメーン♪」

 本作観てよかったと一番思うのは王子兄弟の存在でして。もう、とにかくサイコーなんですよ。こんなに輝いてるクリス パインを初めて観ました(失礼)。
 そんな兄弟が滝の上で歌うシーンが至高ですね。2人とも超ナルシスティックに歌い上げてて爆笑でしたよ。まぁ、ミュージカルなんてのはナルシスティックに見える要素は元々あると思うんですけど、それでも本作の王子たちは段違いでしたね。その要素のデフォルメがうまいんだと思います。アイドル的歌唱法のモノマネみたいなノリでしょうか。意味なく水をバシャーンってやって濡れてみたり、ホント意味なくはだけてみたり……「お前らバカかww」という感じで終始ニコニコでした。
 王子が兄弟という設定もおもしろいですよね。2つのおとぎ話をクロスオーバーさせる存在として機能してるんですが、「強引じゃね?」と少し思える緩さがとても心地よかったです。存在自体がギャグっぽいんですよね。
 そんな王子、クズなのもよかったです。クズなことに違和感ないのですんなり飲み込めたってのもあるんですけど、最後に浮気するトコはもはや愛おしく思えたレベルですよ。まぁ、オレもエミリー ブラントの好きだわ。

 滝の上の王子兄弟と同じくらい好きなミュージカルシーンが、ラストにある責任擦り付け合い。メインキャラ揃い踏みで醜く言い争うんですよね。「そもそもお前があの時」「そんなこと言ったらコイツだって」「そーだそーだ」「はぁぁ?なんでオレなんだよ 悪いのはアイツだろ」みたいな感じで代わる代わる人間の醜さを見せつけてくれるんですよ。さっきまで味方してくれてた人が突然手のひら返したりしてて、情勢がコロコロ変わるから飽きないんですよね。
 おとぎ話の二時創作ってこういう悪意ネタがハマりやすいんですかね。王子兄弟みたいなギャグももちろんそうなんですが。

 元ネタであるおとぎ話とのギャップがおもしろかったのは他にもいて、個人的に好きなのは赤ずきんとジャック(と豆の木)です。
 赤ずきんはね、ワイルドなんですよ。か弱い女の子なのに。ギャップはあるんですけど、映像で物語を見せられると納得しちゃうんですよ。壮絶な体験してますからね。たくましくなっても「たしかにw」って思えてしまう。
 ジャックと豆の木を映像化する時に大事になるのってやっぱり豆の木と天空の国じゃないですか。なんですが、本作は舞台の映画化なのでそこには力を入れないんですよね。巨大な豆の木のふもと部分が見えるだけ。そこをジャックが行ったり来たりするんですが、あまりに気軽に登るんですよ。「ちょっと飲み物買ってくるわ」っていうコンビニ感覚。豆の木を登る苦労や天空の国での冒険がまったく描かれないからコンビニ感覚のジャックが余計におかしく見えちゃうんですね。

 ただ、本作のことが大好きというとそんなことはなくて、ぶっちゃけパッとしなかった印象が強いです。
 一番つらかったのは代わり映えのない映像ですかね。もうずっと森なんですよ。場所を移動してもほとんど同じ風景だから飽きてきちゃったんですね。
 多分これは舞台をそのまま映画化しちゃったことの弊害なんじゃないかな、と思うんですよ。いや、舞台は観たことないんで、無責任な話なんですけどね。舞台の場合は同じセットで別のシーンをやっても違和感ないと思うんですけど、映画だと退屈でしたねぇ。話がいくら進んでもずっと森で。まぁ、森ってのはタイトルなんでそれ自体はいいんですけど、森の中でもいろんな違いが欲しかったというか。

 あとは、意味のない展開というのが多かった印象です。ギャグ的な部分なのかもしれないんですけど、「えっ 今のなんだったの?」というシーンが多かったというか。
 例えば「牛が逃げた→いた→死んだ→生き返った」というのが短い間に繰り広げられたりするんですよ。それでワーワーやってるキャラたちがバカみたいに見えてくるというか。ビジュアルが一定で退屈って話にも繋がるんですけど、牛が逃げた場所も見つかった場所も大して変わってないように感じた、というのもあるかもしれません。
 ナンセンスギャグのつもりでやってる部分もあるのかもしれないんですが、ほとんどハマらなかったですねぇ。


 ということで終わり。全体の印象としてはイマイチなんですが、ピンポイントですげぇ好きな部分があったりする、という感じの映画でした。
 あっ、書くの忘れたけど「本当は怖いグリム童話」があったのはよかったですね。これはディズニー版とは関係ないことの利点ですね。

 この手のおとぎ話を悪意たっぷりに描く作品というとやっぱり『シュレック』シリーズが強いんじゃないでしょうか。てか、好き。ホント好き。