北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

2015年映画ベスト

 2015年も終わりです。今年も1年間ありがとうございました。具体的に何がと言われると困っちゃうんですが。
 今年も終わるんで映画の年間ベスト決めます。この振り返る快感というのは鑑賞時とはまた別のタイプでやめられませんな。

2015年映画ベスト10

  1. 『ワイルドスピード SKY MISSION』
  2. 『ミニオンズ』
  3. 『スターウォーズ フォースの覚醒』
  4. 『ジュラシック ワールド』
  5. 『セッション』
  6. 『ジョン ウィック』
  7. 『ストレイト アウタ コンプトン』
  8. 『クリード チャンプを継ぐ男
  9. 『アベンジャーズ エイジオブウルトロン』
 10. 『007 スペクター』

 10本中7本が続編でした。自分がハリウッドメジャー好きなのは自覚してるし、最近の作品は続編ばかりというのは認識してましたけど、ここまでか。素晴らしく極端ですね。偏ってますね。そういうバランスを整えないと気が済まない人がいるのは分かるんですけど、個人的には「えーけど○○より××のが好きだよー」ってのが大きくなっちゃいます。なのでこのままでいいや。♪ありのーままのー(去年)
 各作品の感想記事へのリンクを貼りますね……と思ったけど今年は全然書けてないのでした。半分も書けてないじゃないか。ひどいなぁ。コレどうしよう。来年に持ち越すか、チャラにして来年は全部書けるよう頑張るか……考えときます。

 1位『ワイルドスピード SKY MISSION』。2015年は『アベンジャーズ』だ!『スターウォーズ』だ!『ジュラシックパーク』だ!と前から騒がれてましたが、個人的なベストは『ワイルドスピード』でした。公開前にシリーズを一気観したんですけど、若干の迷走なども含めてドラマがあるんですよね。4作目でヴィン ディーゼルが復活して人気が回復してからのエクストリームな盛り上がりがヤバイです。ヴィン ディーゼルと同じくらい重要人物と思われるジャスティン リンの卒業もありましたね。卒業する最後の作品で「サン カンの件は決着つけときますね」というのもサイコーです。そして『SKY MISSION』へ……と思ったらポール ウォーカーの訃報というのが加わってしまって。シリーズの流れとしての作品外のドラマは好きだけど、そういうドラマは見たくなかったですよ。まぁ、そんなポール ウォーカーを劇中では死なせずに退場させる、というウルトラCを見せたラストシーンには号泣ですよ。
 と言うと悲しい感じですけど、そこ以外はいつも通りのノリですからね。いや、いつも以上のノリでしたよ。「車とハゲといったらジェイソン ステイサムだろ!」「侵入不可能なら空から行けばいいんだよ!」「タイからあの人連れてきたぜ!」「ドバイで飛んじゃうぜ!しかも2回!」などなど、言い出したらキリがない特盛りでした。サイコーにゴキゲンな映画でしたね。

 2位『ミニオンズ』。ホントはね、これをベストにしたい気持ちもあったんですよ。『ミニオンズ』を1位にするような男になりたかった。なんですが、ちょっと『ワイルドスピード』がいろいろと超弩級だったので諦めました。とはいえ、今年はやっぱりオトギバナナですよ。

 3位『スターウォーズEP7』。1位じゃないのはワタシがプリクエル三部作派だからです。もちろん超おもしろかったし、満足しかしてないんですけど、オリジナル三部作に重きを置いた新作でしたので。この上の2作はちょっとあり得ないくらいにハマった作品なので悩ましい所ですね。
 
 4位『ジュラシックワールド』。『スターウォーズ』がなかったらね、「ユニバーサルがトップ3独占だぜ!!」ということでミニオンズが歌うユニバーサルソングの動画でも貼ろうと思ったんですが、残念ですね(知らんがな)。

 5位『セッション』。2015年の映画流行語を決めるとしたら間違いなく「ファッキンテンポ」でしょうね。セリフに限らない流行にしたら『ジュラシックワールド』におけるクリプラの待てでしょうけど。

 6位『ジョン ウィック』。続編にはモーフィアスが参戦するらしいので楽しみですね。『マトリックス』組どんだけやねん。これは3作目にスミスもあり得るでぇぇ。

 7位『ストレイトアウタコンプトン』。ちょうど昨日観た作品なので上すぎるかもしれないし、逆にもっと上でもいいのか怪しいんですけど、トップテンは間違いないと思います。マジおもしろかった。

 8位『クリード』。これまた年末になってから観た作品なのでアレなんですけど、やっぱ面白かったですよね。個人的に『ロッキー』シリーズには思い入れがないので、特別な期待とかはしてなかったんですが、ブッ飛びました。

 9位『アベンジャーズ2』。「2015年の最大の話題作 期待作はコレだろ!」という作品筆頭。それにしては下になっちゃった気がしますけど、上が詰まってるだけでメチャクチャおもしろかったですよ。個人的にはねぇ、ウルトロンが好きなんすよ。ロキみたいな萌えキャラ感はないけど、マッシブでふてぶてしい悪役像にやられました。「自由ってやつは楽しいもんだぜ」は2015年の流行語大賞の次点。

 10位『スペクター』。これまた12月の映画ですよ。10本中4本が12月ってバランス悪すぎだろ、と我ながら不安になります。信憑性ねぇなぁw けど、来年とかに振り返ってもこの12月公開作率は変わらないんじゃないですかね。そんくらいに詰まってました。


 と、ここで終わるのは少し寂しいので20位までやります。

2015年映画ベスト11-20

 11. 『ターミネーター 新起動』
 12. 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
 13. 『カリフォルニア ダウン』
 14. 『トゥモローランド
 15. 『海街diary
 16. 『マッドマックス 怒りのデスロード』
 17. 『ペンギンズ FROM マダガスカル ザ ムービー』
 18. 『誘拐の掟』
 19. 『ミッションインポッシブル ローグネイション』
 20. 『シンデレラ』

 という感じ。最後の最後の『シンデレラ』が異彩放ってていい感じですねw 結構好きなんすよ。

 11位『ターミネーター新起動』。この手のベストを決める時って大体「みんなは入れないだろうけどオレは入れるよ!!」って作品が出てくると思うんですけど、今年はコレですね。『ミニオンズ』もそうだけど、普通に人気あると思いますし。おじさんの活躍がもっと見たいなぁ……(続編があるのか不安)

 12位『バードマン』。オスカー作品賞って毎年観ますし、つまらないってことは少ないんですけど「超好き!」って感じはなかったんですよね。それが今年は珍しく。しかも監督の過去作を考えたら「絶対にオレの好きなタイプじゃない……」って感じがビンビンなんですよ。なのにねぇ、これはよかったねぇ。なんだかんだいってコメディーになってる、というのが大きいんですかね。

 13位『カリフォルニアダウン』。オスカー作品賞からの『カリフォルニアダウン』である。『ターミネーター新起動』と『カリフォルニアダウン』に挟まれるオスカー作品賞。順位決めた後に気づいたけど、居心地悪そうで笑うわ。

 14位『トゥモローランド』。「どうせみんな忘れてるだろうけどオレは好きなの!」というノリは『ターミネーター』と似てるかもしれません。結構コケが話題にもなりましたけど、アテナちゃんが可愛いからええんやで。童心を保つあまりロリコンにしか見えないジョージ クルーニーが泣かせるんやで。

 15位『海街diary』ロリコンの話した後に本作挙げると誤解を招くんですが、ちちち違いますよ。いや、広瀬すずが全裸になるシーンは好きなんですけど……イヤチョットマテチガウンダ

 16位『マッドマックス 怒りのデスロード』。いろんな人の2015年ベストを見る時に注目すべきポイントは本作を何位にするかだと思うんですよ。大体が1位か否かって人が多かったり、「この人のベストにも入るのか!」みたいな驚きがあったり。まぁ、ワタクシはベスト10には入らないけどベスト20には入る、という微妙なことになってしまいました。なんか申し訳ないです。いや、すげぇよかったんですけどね。上が詰まってるんすよ、マジで。

 17位『ペンギンズ』。本作に関しては『ミニオンズ』のない年だったらもうちょっと上だったかも、みたいな感じは少しあります。新人をはじめみんな可愛いしおもしろいし、魅力たっぷりなんですえけど、『ミニオズ』はホラ、いっぱいいるから(そこかよ)。

 18位『誘拐の掟』。『ランオールナイト』よりもこっち派ですね。細かい順序決める前は『ランオールナイト』もベスト20は間違いないだろ、ってくらい好きだったんですけどね。今年はマジ詰まりすぎでした。

 19位『ミッションインポッシブル ローグネイション』。これまたねぇ、「オイオイこれはもっと上だろ!」と自分で言いたくなるような感じなんですが、ホントつらいですよ。相対評価ってよくないと思うんだ!!(ならランキングやめろ)
 いや、マジで来年は10選とか20選にしようかなぁ……けどなぁ、順番決めるのも楽しいし。そもそも10本選ぶということが10本以外の作品と順序つけてるに過ぎませんし。むむむ。

 20位『シンデレラ』。我ながら不思議だけど結構好きなんですよねw 『マレフィセント』や『イントゥザウッズ』が事前にあっただけに「こういうのでええやん!」という気持ちが強かったというのが大きいのかもしれません。本作は王子がいいんですよ。王子が。あと継母か。


 はい、終わり……と思ってる方ちょっとお待ちください!!(誰にも伝わらないドラクエネタ)
 先日ツイッターの方で2015年の映画の細かい部門賞的なランキングを作ったんで、ブログの方にも載せときます。てか、ブログ書く時間がないからツイッターで吐き出したという感じでして、途中から「これをブログに載せればええやん」というノリでした。深夜に独りで連投してすいませんでした。
 ただ、はてなのツイート引用機能が古くてですね、改行ができないんですよね。なので物理的に載せます。

1『ミニオンズ』ケビン
2『スターウォーズ フォースの覚醒』BB-8
3『トゥモローランド』アテナ
4『ペンギンズ』新人
5『バケモノの子』一郎彦
6『マイインターンデニー
7『ジョンウィック』デイジー
8『ジュラシックワールド』ブルー
9『I LOVEスヌーピースヌーピー
10『インサイドヘッド』ビビリ
#このキャラがかわいい2015

 毎年この手の企画は「ベスト○○賞」とか括りをどうするかで悩むんですが、今年はこのミス形式にしました。どうでもいいですね。てか、ココは原型とどめてないですね
 はい、ということで、今年真っ先にやりたかったのがこの括り。とにかく萌え狂ってた気がします。なんかねぇ、映画に限らないんですけど、最近かわいいものに目がなくて。外を歩いてる時に散歩中の犬とかとすれ違うと見とれて電信柱にぶつかりそうになります。なんなんだろうか、年を取ると花鳥風月がとか言いますけど、今はかわいいものがヤバイですね。
 今年のかわいいキャラはとりあえずトップの2人……2つ?ですね。どっちを上にするかで悩みましたが、ここはミニオンで。ドラマ的な感動もケビンのが大きかったってのもありますからね。あ、ワタクシはボブよりもケビン派です。もちろんスチュアートも好きですよ。むしろビジュアル面ではスチュアート一択な気がします。
 あとは何ですかね、『インサイドヘッド』はビビリが好きなんですよ。感想まだ書けてないんですが。……あっ、じゃなくて説明が必要なのは『バケモノの子』か。一郎彦かわいくありませんでした? ちょっと本編を見失うくらいにかわいかったでしょ。まぁ、本編のことを気にし出すと一郎彦のドラマの描き込みが足りてねぇ、とか言いたくもなるんですが。

1『ワイルドスピード7』ドム
2『セッション』フレッチャ
3『ワイルドスピード7』ステイサム
4『カリフォルニアダウン』ロック様
5『スペクター』ヒンクス
6『クリードクリード
7『バードマン』リーガン
8『スヌーピー』チャーリーブラウン
#このハゲがすごい2015

 次にやりたかったネタ。とにかく今年はハゲが激しい1年だったじゃないですか。まぁ、主に『ワイルドスピード』なんですがw
 『バードマン』は他のメンツに比べたらハゲじゃないんですけど、ヅラ(ウィッグ?)を付ける悲哀というのがよく出てたので入れちゃいました。すいません。あとチャーリーブラウンもすいません。オチみたいに使ってすいません。

1『シンシティ2』エヴァ
2『スターウォーズEP7』レイ
3『ターミネーター新起動』サラコナー
4『マッドマックスFR』フュリオサ
5『チャッピー』ヨーランディ
#このヒロインがすごい2015

 キャラ別だとやっぱりやりたくなるのがヒロイン。男キャラ部門はハゲと被るから今年はスルーです。
 1位のエヴァ様はとにかく決定事項だったんですが、他の4人はアレですね、女主人公という趣が強いですね。まぁ、アテナちゃんも入れたかったんですが、そのネタはもうやっちゃったので控えました。
 ちなみに、このツイートをした直後に『ローグネイション』のアイツ忘れてた!!と大後悔。5位入れ替えでもよかったかなぁ。

1『ワイルドスピード7』ラスト
2『ジュラシックワールド』ティラノ先輩
3『クリード長回し(中盤の)
4『セッション』ラスト
5『キングスマン』教会
#このシーンがすごい2015

 シーンってのは何をもって選べばいいのか謎なんですけど、とりあえず思い出しやすいのを挙げました。1位は確定だったんですが、一番アガ留のはやっぱ2位ですかね。あの景気の良さは年末感あるんじゃないでしょうかw
 入れ忘れ系ですと、『ビッグアイズ』のラストの裁判、通称ヴァルツ劇場がありますね。思い出すだけで笑っちゃいますわ。『スペクター』よりもヴァルツ充してたかもw

1『スターウォーズEP7』BB-8
2『トゥモローランド』アテナ
3『アベンジャーズ2』ウルトロン
4『ターミネーター新起動』おじさん
5『チャッピー』チャッピー
#このロボがすごい2015

 とりあえずBB-8ちゃんを1位にしたかったんですよね。さっき「アテナちゃんはもうやったので控えました」とか言ったのに再登板してる件はお忘れください。入れないワケにはいかないでしょうが!!
 あと、ウルトロンとかターミネーターとか個人的に応援したキャラです。

1『セッション』フレッチャ
2『シンシティ2』エヴァ
3『ミニオンズ』オーバーキル
4『スターウォーズEP7』カイロレン
5『シンデレラ』継母
6『ワイルドスピード7』ステイサム
7『ビッグアイズ』『スペクター』ヴァルツ
8『ジュラシックワールド』インドミナス
9『アベンジャーズ2』ウルトロン
10『チャッピー』ヒュージアックマン
#この悪役がすごい2015

 キャラの部門別だったらヒロインより先に悪役やるべきだった、と後から思い出したネタ。やっぱり悪役は映画の華ですよねぇ。結局ここにもハゲが介入してしまいました。
 ヒュージ アックマンに関しては『PAN』もあったんですが、そちらはイマイチでした。ワタシは断然『チャッピー』派ですね。

1『ワイルドスピード7』ドムとブライアン
2『スターウォーズEP7』レイとBB-8
3『コードネームU.N.C.L.E.』ソロとクリヤキン
4『ターミネーター新起動』サラコナーとおじさん
5『クリードクリードとロッキー
#このコンビカップルがすごい2015

 最後のネタ。『コードネームU.N.C.L.E.』のブロマンスネタをやりたくて思いついたんですが、いざ他の作品を考え出したら3位にまで落ちてしまったという。なんだかんだで1位には勝てませんし、BB-8は単体でも好きなんですがレイと一緒にいると魅力倍増なんですよねぇ。2人に誤解されてボコボコにされたフィンが羨ましくて仕方ないですよ。
 このツイートをした時点ではまだ観てなかったんですが、『ストレイトアウタコンプトン』からイージーEとDr.ドレーも入れておきたいです。5位か6位でお願いします。主にE、ドレー、キューブの3人の物語だったんですが、繋がりやドラマの濃さでいうとEとドレーが頭一つ出てるのかな、という印象です。


 ということで終わり。なんで好きな映画10本挙げるだけの記事がこんなに長くなるんや、と自分の思いきりの悪さに泣けてきます。まぁ、年末だから仕方ないね。意味わかんないけど、しょうがないですよ。
 来年もよろしくお願いします。来年はもうちょっと映画の記事がんばります。

2016年映画ベスト20 - 北区の帰宅部