北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』380話の感想

『生徒会役員共』379話の感想 - 北区の帰宅部

 『プチたん』が終わったら何か『生徒会役員共』に影響は現れるのだろうか、とか少し思ったけど「なさそうだな」という結論に至りました。『プチたん』が始まる影響は間違いなくあったと思うんですけどね。少なくとも辺境の読者が感じられる影響はない、もしくは気づけない、のではないか。

 #380。扉はコトミ。最初に出てくるけど、特にメインなワケではないので単に持ち回りパターンかな。

 1本目はそんなコトミ。タカ兄にお疲れコーヒーを渡して喜ばれるコトミ。そこで余計な中二発言に走るのがコトミクオリティー。とはいえ、気を使えて喜ばれたのは事実なので、そこらへんはやっぱり兄妹としてツーカーなんですかね。相当仲の良い部類だと思いますし。
 そして、タカ兄は「兄妹愛の方が受けがいいよ」と受けを気にする。こういうことを言っても誤解を招かないのがタカ兄クオリティーだと思います。『妹は思春期』のシンジだったら「ん?」ってなる。義妹願望を暴露した過去もありますし。タカ兄の場合はもはや「受け」という言葉が自分自身ではなく第三者について言ってる可能性すら出てきかねないレベルなのではないでしょうか。

 虫さされの被害を見た会長が股間をかく口実を得るの巻。そんな会長の下ネタに対してアリア(多分)が「カミソリ負けじゃない?」と返すから桜才生徒会は底知れないw どんだけ高度なやりとりしてんだよ。
 カミソリネタを剛毛だからと判断していいのか悩みますけど、だとしたら2週連続で会長の剛毛ネタですね。先週会長が陰毛魂を見せてパンツをぶち抜いてましたけど、それを気にして剃ったのかもしれませんね。いや、剃ったという証拠はまだないんですけど。もしくは、剃った後の生えたての陰毛の方がパンツをぶち抜きやすい、とかひょっとしたらあるかもしれませんね。パイパンにしたことないんでハッキリしたことは言えませんけど。

 「個室だべり」。視覚的には4コマ目になるまで3人のシチュエーションがトイレの個室だということが分からない、というの面白いですね。本作を読んでると、4コマは奥が深いなぁ、と定期的に思うんですけど今週もまた思いました。独特の味わいが生まれますよね。
 4コマ目は個室のドアをバーンと開くスズなんですけど、このドアバーンって本作の中では定期的にある手法だと思うんですよね。大抵は廊下を歩いてた人がバーンと入室してツッコむんですけど、今回はトイレ。いてもたってもいられなかった、いくらなんでも聞き入れるワケにはいかなかった、みたいなニュアンスが生まれて楽しいです。
 トイレで中腰になる潔癖の人、という話が出たけど、ムツミだったらトレーニングのためにやりかねない‥‥とか関係ないことを思ってしまった。さすがに個室だったら中里さんも強要されないから安心である。

 スズと畑さん。スズが畑さん秘蔵の写真を追求するも、心霊写真feat.スズ。畑さんが写真を隠そうとしたのはスズのことを思ってなのか、隠したらより追求してくるのが分かってたからなのか。後者だろうなぁw 普段ならカエデちゃんが被害者になりがちなパターンですけど、今回はスズに対する格好のネタが手には入ったので、みたいな感じなのではないか。畑さんの強キャラ感。

 心霊が写った資料室には絶対に行かないと誓うスズ。しかし、ケータイを忘れる。こういう肝心な所でポンコツになるのがスズの真に優秀な所である(ツッコミとしてイジられキャラとして)。『妹は思春期』のアキも似てますけど、アキの場合は基本的にポンコツな所が多かったりしますからね。その違いによってニュアンスや味わいが変わってきて、それがスズの魅力に繋がってるんだと思います。もちろん逆も然りです。隙だらけなアキ大好きですし。
 てか、ケータイを忘れたなら誰かに取ってきてもらえばいいじゃない、という話なんだけど、絶対に無理そうなのが泣けるw 他の3人がいなかったら多分タカ兄は取ってきてくれると思うんですけどね。

 インダ資料室。心霊の正体について横島先生説が浮上しても即座に生き霊という発想にいくスズ。怖い方に解釈する方が難しいと思うんですけど、なまじ頭がいいせいで‥‥という感じですかね。タカ兄の「ホラーから離れようよ」というツッコミもすげぇよかった。
 この段階ではまだ横島先生がどういう経緯で顔をつけたのか分からないけど、横島先生と分かった時点で一気に拍子抜けする感覚はなんだろうか。多分出島さんでもなる。「あーなんだいつもの‥‥」という感じ。

 んで、ラスト。横島先生が生き霊が発生した理由が判明。さすが横島先生、というレベルでガッカリできるのが素晴らしいです。そしてそんな横島先生に対してほのぼのしてるスズでさらに笑える。ホラーでないなら下ネタだろうが何でも許容してしまうスズ。ツッコミとしての不出来に対してもう1人のツッコミが指摘する、という多重構造がステキ。
 てか、横島先生の豚鼻プレイの痕跡は事故的に残ってしまったのかどうか。もしかしたら故意的に残すことで羞恥を喚起するという目的があったのではないか、とか考え出すと怖い。桜才学園の闇は深い。横島先生だけで七不思議が作れそうだw


 ということで終わり。後半の4本だけで連続ネタをやるという回でしたね。最近こういう構成が増えてきたかも、という気がするけど、前からある気もするw
 特に好きなネタはカミソリ負けか個室かなぁ。ラストのスズもすげぇよかったんですが。

『生徒会役員共』381話の感想 - 北区の帰宅部