北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』384話の感想

『生徒会役員共』383話の感想 - 北区の帰宅部

 ビバ! オナニーの日!!(更新24時すぎちゃったけど)
 リアルの方でトリプルブッキングのCDが出たのが0721だったワケですが、今週の『生徒会役員共』には先週に引き続きトリプルブッキング回である。お祭り感ある。

大和撫子エデュケイション

大和撫子エデュケイション

 そんな#384。先週「来週の扉はカルナかユーリだろうなぁ」とか言ってたらまさかの風景であった。ホ、ホテル‥‥。ただでさえ珍しすぎる風景扉。まぁ、本編でとっとと話を進めたい、という意図があったと思うんですよ。それはありがたい限りですね。

 手紙を渡すのを忘れてた会長。てっきり手紙は郵送するんだと思い込んでたので驚きました。まぁ、たしかに郵送だったらライブ行く回との繋がりがないわな。
 そうこうしてると、ホテルの廊下でトリプルブッキングと遭遇。アイドルが庶民的なホテルに泊まってると考えるべきか、桜才生徒会が行くホテルが芸能人が泊まるレベルと考えるべきか。まぁ、この世界でのトリプルブッキングがどの程度の存在なのかよく分からないのでナンセンスな発想ですけどね。
 生徒会のみんなはまさかの偶然に喜んだと思います。特に会長。だけど、それ以上に喜んでるのは読者の我々ですよw 先週は両作品のキャラが距離を保った状態でのクロスオーバーだったけど、今回はさらにがっぷり四つですよ。マジハンパネェ。

 シホが鍵を忘れて部屋に入れずにいたので保護。一応『生徒会』キャラの方が年上ということになるのか。あんま年上感ない。てか、シホが中学生ってのに驚く。
 そんなシホのドジのせいで話が動く、ってのがイイ。本作はあくまでも『生徒会役員共』だから桜才キャラの視点でしか語られないけど、裏側では『アイドルのあかほん』の話が動いてたんだな、というのを感じる。
 「マネージャーが来るまでお世話になります」ってセリフがあるのがニクいですよね。登場はしないまでも井戸田の存在に言及されるというファンサービス。こういうのホントうまいよなぁ。
 スズの「フロント行けば?」に対するシホのアンサー。ネットの評判を気にしてるとかトリプルブッキングがマジで有名人になってるのを感じさせてイイですね。『あかほん』ではアイドルとして成功した後のことは描かれてませんから。

 アリアにもらったジュースを飲むカルナの姿にタカ兄が惚ける(言い過ぎ)。先週の「リードしてもらいたい」発言もそうだけど、タカ兄の推しメンって誰になるんだろう。やっぱカルナかな。もしくはツッコミがいのあるシホかユーリw
 アリアの聞き間違いによってタカ兄の評判が落ちる。せっかく芸能人と会えたってのにこれはイヤだな。多分カルナ以外の2人は気にしないだろうけどw
 タカ兄の「おれはモラリストだよ」というツッコミが素晴らしかったと思います。ここでモラリストという言葉を持ってくるワードセンスね。
 どうでもいいけど、カルナが飲んでるジュースのパッケージに「GRAPE」って書いてあるんだけど、イラスト(写真)はオレンジとかグレープフルーツとかそういうのだと思う。

 寝るユーリと寝かしつけるスズ。ロリキャラのクロスオーバーに「疲れたから寝る」というのを持ってきたのが見事ですね。ライブで疲れたってのもあるけど、ユーリの方がスズよりも年下、ガチでロリってのを感じさせられますわ。
 寝る時にタカハンドをご所望のユーリ。ここでスズハンドを希望しないあたり天然ファムファタールの素質あると思う。スズは同年代っぽくて頼みづらかった、とかだったら泣ける。

 記念写真を撮る一同。ここらへんアイドルとファンって感じがある。だが、ユーリは寝てるので気を使ってたらシホの方から「別にええやろ」発言。街中で勝手に撮られてるから、じゃなくてエロコラされてるってのがヤバイ。シホ強い。てか、エゴサーチの深さがとんでもない。そこまで見るのかw
 この桜才メンバーが肖像権を気にし、シホが無視するって対比、「やっぱ桜才生徒会は育ちがいいんだな」というのをしみじみと感じてしまう。一応カルナは名門校通ってますけど。
 てか、コラの存在を認識するアイドルってすげぇな。心広いってか強すぎるだろ。ちょっとコラ的には誰が一番人気なんだろう、とか考えてしまいました。やっぱカルナになるのかなぁ。シホとユーリは年齢的にアウトすぎるでしょ。いや、カルナもアウト‥‥ってかコラがそもそもアウト。

 シホがトイレを我慢してるとすかさずカルナが指摘。ここ、2人の関係性が垣間見えてるようでヤバイですね。カルナはさすがにファンの前なのでアイドルスイッチ入ってるんですけど、この瞬間はいつものカルナって感じがします。最高。
 あと、シホがタカ兄のことを意識しながら「アイドルはトイレ行かないって青少年の夢があるから」って言ってるのも超イイ。シホなりにアイドルとして振る舞おうと頑張ってる感。タカ兄から見たらコトミよりも年下だけど、シホはシホなりに努力してる。まぁ、この世界におけるトリプルブッキングがトイレ行かないような幻想を抱かれてるかは少し疑問ですけどね。特にシホは親しみやすさとかが人気の理由だと思う。
 んで、アイドルのトイレ問題に対して会長が一言。そしてタカ兄が風評被害に遭い、シホがボケに乗っかる。ヤバイ、両作のクロスオーバーがクライマックス迎えた感ある。両作主人公の共演とか最高すぎる。

 ラストは次回へのフリ。文化祭準備編は三部作になる感じかな。
 文化祭の出演依頼。これさ、廊下でトリプルブッキングに遭遇した瞬間にお願いしてても別におかしくはないんだよね。もしくは部屋に入れた時点で。だけど、トリプルブッキングが「お礼になにか‥‥」となるまで切り出さない。ここらへん、会長の育ちの良さであり、桜才メンバーの育ちの良さだと思います。逆にシホだったら出会った瞬間に言ってそうw んで、カルナにたしなめられてそう。ユーリがうまいこと話をまとめてそう。
 ということで、トリプルブッキングの文化祭出演、桜才と英稜でダブルブッキング。ここに聖光を入れてトリプルブッキングにしよう。もしくは陽汝。まぁ、陽汝は海沿いだから桜才や英稜からは距離あるイメージですけど。
 てか、これで来週マサとかリンコ出てきたら豪華すぎて死ぬ。死ぬってか最終回な気がして怖い。やっぱり死ぬ。しかも話数がもうすぐ390到達じゃないですか。『生徒会』は単行本が30話収録なので30の倍数が近づくとファンはおそれおののく、という定例行事ですよ。
 ただ、文化祭って夏休み明けにあると思うので、その頃には390話を越えてるとも思うんですよね。多分9月の頭だと思うんですよね。390話って。それまで文化祭をやるとは思えないかなぁ。夏休みだし。ということで安心。けど、マサたちが出るのは「ひょっとしたら‥‥」と期待してしまうファン心理。てか、ウオミー初登場の頃も「マサ出るんじゃね?」とか思ってたなw シホとシノの横にアイ先生が加わったら多分失神するわ。もしくはマサミサタカスズ森のツッコミサミットでもいいか。夢が広がるのぅ(多分ない)。


 ということで終わり。先週の段階で分かってはいたんだけど、スゴイ回だったな‥‥。なんかスゴすぎて疲れますわw 幸せすぎて不安になるのもよく分かる。
 一番よかったのはトイレですかねぇ。やっぱ両作主人公の絡みは最高です。一番笑ったのはエロコラですかねぇ。

『生徒会役員共』385話の感想 - 北区の帰宅部