北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

ケツメイシの15周年記念ライブ「一五の夜」の感想と選曲予想の答え合わせ

 「一五の夜」から3週間以上経っちゃったw
 まぁ、GYAOで放送もされるし、DVDも出るんじゃねぇの?みたいな噂ありますので、感想書いておきます。楽しかったしね。

ケツメイシの15周年ライブのセットリスト予想&願望 - 北区の帰宅部

ケツメイシのライブ観に日産スタジアム行ったら死にかけた話 - 北区の帰宅部

 基本的に選曲予想の答え合わせもしつつ各曲の話。
 偉そうに予想予想いうてますけど、60曲あげてますからね。全然すごくないです。当たって当たり前。

  • 「はじまりの合図」
    • まぁ、そりゃそうですよね。ここの予想ほど簡単なものはありませんでした。
    • なんて頭では思ってたんですが、いざ本当に「はじまりの合図」のイントロが会場に鳴り響くと大感動してしまいましたw うおおおおホントにきたああああああ!!って。いい加減なもんです。
    • ちなみに、投票結果は5位。意外と低いですね。1曲目はコレだろ!!というファンが多く投票すると思ったんですが。まぁ、それ以上の人気曲が4つもある、という話かな。
  • 「三十路ボンバイエ」
    • 「はじまりの合図」で一気に上がったテンションのまま2曲目に突入。イントロが鳴った瞬間、一瞬何の曲か分からなくなっちゃったんですよ。混乱して。ぶっちゃけ超予想外です。一応予想記事には書いてたんですよ。『ケツポリ4』から非シングル曲くるならコレかなぁ一応入れとくか……くらいの気持ちでした。予想記事の中でもかなり可能性低いと思ってた曲。逆に言うと「三十路」を当てれたので、これは全曲正解いただきやな……とか結構マジで思いました。まぁ、そうはうまくいかないw
    • ライブアクトとしては文句なしです。てか、こりゃ人気あるわ……と納得してしまいました。そうでしたね、ライブだと最高ですよね「三十路」。年齢の部分を現在の年齢に置き換えることで15周年という年月の経過を感じさせてよかったと思います。
    • 投票結果は15位。ライブに採用されたのは19位までですので、予想的には割と難しかったゾーンなんだと思います。ワタシみたいに60曲もあげる予想じゃない、ガチ予想をした人がどれだけいるかは知りませんけど、ココ当てた人は相当予想上手なんじゃないでしょうか。多分10曲以上の正解は余裕、みたいなレベルだと思います。
  • 「夏の思い出」
    • ファンのテンションが最初に爆発したのがココだと思います。「はじまりの合図」も確かにそうなんだけど、予想してた人が多かったんでしょうね。「夏の思い出」がかかった瞬間に会場がウオオオオオ!!と地鳴りのような歓声が上がってたのが印象的です。ワタシも完全にその中の1人でしたw
    • 個人的な関心事として、夏曲は何曲くるんだ……「夏の思い出」の他に選ばれるのはどの曲だ……というのがあったんですよ。「夏の思い出」は絶対に選ばれると確信できたので、気になるのはその他。「夏の思い出」は今回のライブの中でも屈指のキラーチューンだと思うので、後半にとっとくと思ったんですよね。だから先に別の夏曲が来ると漠然と考えてました。そんな中まさかの3曲目で「夏の思い出」ですからね、そりゃテンション上がるわw
    • 投票結果は7位。まぁ、高いですわな。シングル縛りですと「バラード」「はじまりの合図」に続く3つ目。「はじまり」はライブ1曲目という単純な曲人気とは別のバイアスがかかってるし、「バラード」は最近の代表曲なので、昔のシングルという中では一番人気と言えるかもしれません。
  • 「そばにいて」
    • 直前に亮さんのMCがあったんですがそこで、曲を選んだのはあなたたちですからね!みたいな予防線張ってたのが印象的です。『ベストザケツの穴』の得点映像でも言及してたけど、人気投票するとしっとり系の落ち着いた曲がどうしても多くなっちゃいますからね。亮さんはそれを気にしてたのかな、と思います。まぁ、ガチで深刻に思ってるならMCで笑い話にするワケないから半分リップサービスみたいなもんだと思いますけど。とにかく、そんなMCの直後にかかったのが「そばにいて」。しっとり系の名曲きたーw しっとり系の中で最初にやったというのが興味深いです。それだけ勝負できるという曲なんでしょう。まぁ、終盤にとっておきたい曲とかもあったんでしょうが。
    • 投票結果は17位。今回の採用曲の中では低く感じちゃいますけど、ランク外だった「君にBUMP」より上ですからね。すごすぎw 予想記事でも書いたけど、同じラブソングには「バラード」という巨大すぎる曲がいるので、票を根こそぎ「バラード」に持ってかれたと考えても不思議じゃないんですよ。それでもランクインするんだからやっぱ「そばにいて」ヤベェな、という印象です。
  • 「太陽」
    • この「そばにいて」からの「太陽」という流れはすごいよかったと思います。「そばにいて」からしっとり系を続けるんじゃなく、テンションぶち上げ系に急展開するワケでもなく、中間くらいの曲である「太陽」を持ってくる、というね。何よりケツメイシらしい曲ですからね。ライブの雰囲気のシフトが絶妙だったと思います。まぁ、「太陽」は日が昇ってるうちにやらないと、という思惑もあったんでしょうけど。
    • 投票結果は19位。なんと。これは意外でした。今回の採用曲の中では一番下。もうちょっと盤石の位置に来るかと思ったんですけどね。まぁ、人気投票だとガンアゲ系かしっとり系の両極端になりがちなのかもしれませんね。そう考えてランキングを見てみると、結構ドンシャリ感ある結果な気もしますw
  • 「ヤシの木のように」
    • 初の新曲。スポンサー様推薦枠みたいな冠が付いてたと思います。まぁ、要するに投票曲以外はそういう兼ね合いがある曲しかやらない、ということがこの時点で分かったと思います。ワタシは「ALL I NEED」やるかなぁ……とぼんやり期待してたんですが、諦めましたw
    • ライブパフォーマンス。曲が元々そうなんですが、この曲の魅力って、みんな仲良いなぁーって感覚だと思うんですよ。MVもそんな感じありますよね。それがライブだと余計に感じられて素晴らしかったです。亮二のサビに亮さんと大蔵が合いの手入れるじゃないですか。あそこの楽しそう感すごかったです。見ててニヤニヤしてしまうレベル。あと、2番の大蔵パートかな、客の参加が多くてすごい楽しかったですね。
  • 「出会いは成長の種」
    • この曲の前に亮さんのMCがあって、その終盤は完全にこの曲に向けた導入になってました。その流れが前にツアーであったヤツとすごく似てたと思うんですよね。サビ担当曲ってのもあるけど、亮さんにとって相当思い入れの強い曲なのかな、とか想像してしまいました。記憶怪しいけど、当時サミコラでも似た話してた気がするし、亮さん的に渾身のメッセージなんじゃないでしょうか。
    • 投票結果は16位。採用曲の中では低めだけど、シングルでもないし、ライブの定番曲ってワケでもなく、『ベストザケツの穴』でも選ばれてないのにランクインしたってのは相当スゴイことだと思います。曲自体の人気がとんでもないってことなんでしょう。予想が当たったのもかなり嬉しかったです。亮さんのMCが明らかにこの曲に向かってるのを感じて、「種」くるー!!と1人テンション上がってましたw
  • 「君とつくる未来」
    • 予想はずれたー!!! チッキショー!!!!(小梅)
    • ぶっちゃけ、「三十路」「種」が当たったので内心調子コいてたんですよ。全曲正解だと確信してましたw そしたらなぁ、「君とつくる未来」きたかぁ。よりによってシングル曲はずすとか超恥ずかしいヤツじゃないですか。「バラード」の人気が凄すぎるから割を食うと思ったんですよねぇ。全然そんなことなかった。てか、両A面でどっちも大人気とか凄すぎるやろ……
    • ライブの流れ的な話をすると、「出会いは成長の種」からの「君とつくる未来」というのは曲のテーマが一貫してますよね。亮さんMCも含めての流れが見事すぎます。ベストライブでここまで綺麗な流れが出来るとは。
    • ライブにおける「君とつくる未来」あるある。この曲のサビ、ヘーイ!って客が入る部分あるじゃないですか。ああいうの楽しいですよね。楽しいからサビが来るとちょっとヘーイに向けて身構えちゃったりして。なんですが、4回目のサビですかね、最後にサビを繰り返す時の前半の方、この時だけヘーイがないんですよ。ライブの時に浮かれた気分でヘーイとやると、周りがやってなくてハズカシー。あると思います。ワタシの隣の人もまんまとヘーイの罠にハマってて微笑ましかったです。……まぁ、なんでこんなことを言うかというと、昔全力でヘーイ!やって赤っ恥かきました。別に誰も気にしちゃいないでしょうけど、性格上ホントつらくてですねw その経験もあって、ここのサビではヘーイはなし……ヘーイはフェイク……と何度も心の中で言い聞かせてましたw
    • 曲の間に大蔵が、この曲結婚式で使った人も多いんじゃない?って客席に向かって言ってたんですが、それ聞いて超驚いてしまいました。世代的に結婚式といったら「幸せをありがとう」だろ!!と思ってしまうんですよね。「幸せをありがとう」が圧倒的すぎるのでケツメイシの曲で他に結婚式ソングがあるとは露とも思ってませんでした。あっ、「君と出逢って」は別ですよ。てきとーにググってみたんですが、マジで「君とつくる未来」は結婚式の定番になってるらしいですね。し、知らなかった……。言われてみれば歌詞が結婚式に超フィットしますよね。今までオレは何を聴いていたんだ……と膝から崩れ落ちる思いです。
    • 投票結果は13位。ぶっちゃけトップテンはどれも勝てるワケないやん……みたいな曲が並んでるのでスゴイ結果だと思います。そうか、そんなに人気あったのか……いや、ワタシも好きな曲なんですよ。「バラード」よりも全然こっち派ですし。ただ、ファンの中でそんな人気があるとは思ってませんでした。はぁぁ、なんか申し訳ないです。てか、恥ずかしい……。
  • 「トモダチ」
    • 「夏の思い出」以来のイントロがかかるだけで客席がどよめいた曲。近くの席にいたグループで来た人がハイタッチしてるのが印象的でした。
    • ライブの感想としては、そりゃもう最高でしたよ。当たり前じゃないですかw そんなもんウットリですよ。ぶっちゃけ予想的には、やるに決まってんじゃんw的な曲ですよ。だけど、いざ目の当たりにすると感動しちゃいますよね。軽くウルッときましたよw
    • 投票結果は8位。まぁ、そりゃ高いわなーという感じですよ。むしろちょっと低いんじゃない?とか思ってしまうレベル。まぁ、ただの人気曲投票ではなく、ライブでやってほしい曲、という投票ですからね、ライブでお馴染みの曲とかライブ演出が特徴的な曲とかが強くなる傾向にあると思います。それ考えたらやっぱ「トモダチ」超強いな、って感じなんじゃないでしょうか。
  • 「ライフ イズ ビューティフル」
    • ライブ中はステージ上部に歌詞が表示されるモニターがあるんですが、曲が始まる時にそこの投票結果が表示されるんですよね。イントロの間にそれ見て、○位かぁーやっぱ人気だなぁーみたいなことを考えてたワケですが、「ライフイズビューティフル」は2位。たっけー!!!!
    • マジですか、2位って。2位って1位の次にスゴイヤツですよね……。この曲の上には1曲しかないってことじゃないですか。あの曲とかあの曲とかまだ残ってるんですけど、マジか……。
    • これは本当に驚きました。今回の投票結果で一番驚いたのは間違いなくココ。いや、ランクインはほぼ確信してましたよ。絶対入るだろうとは思ってましたけど、思ってたけど2位っすか……そんな人気あったのか……。まぁ、確かによく考えたら発表後はツアーでも繰り返し採用されてましたもんね。各ツアーのタオルタイムにもなってましたし、そういうのでファンを増やしたんでしょう。個人的にもこの時期はケツメイシにものすごいハマってたこともあって思い出深い曲なんですけど、オレだけじゃなかったんですねw てか、2位ってマジかー。マジびびったわ。
    • 「ライフイズビューティフル」を語る上で外せないのは風船だと思います。ちょっとどうかと思うレベルの量の風船が一気に放たれたのには驚きました。本当にキレイです。ちょっとステージ見るの忘れて風船に気を取られてしまったくらいw
  • 「さらば涙」
    • アドベンチアーズツアー後の新曲は何曲かやりましたが、個人的なベストは「さらば涙」です。ちょーーーーーよかった。前からこの曲はかなり好きだったし、特にサビが大好物なんですが、ライブで観たらもう本当にどうしようもなく最高。こんなにいい曲だったか!!と1人テンション上がりっぱなしでした。今回のライブはファン投票によるベストライブですので、どうしても昔の曲とか久しぶりにライブでやった曲の方が印象に残りやすいと思いますが、それらと匹敵してあまりある魅力を「さらば涙」は放っていたと思います。いや、マジで最高よ。今回のライブの中から1曲だけ動画で観れるって言われたらとりあえず「さらば涙」を選ぶ……いやけど「よるかぜ」も好きなんだよなぁw
    • スポンサー様推薦枠。DHCですね。MCで大蔵が、DHCって何の略か知ってますか?大学翻訳センターっていうんですよ、って言ってました。ごめんなさい、ライブ観てる時はまた大蔵ヘンなこと言って滑ってるよ……とか思ってました。今調べてみたらガチですw 元々は翻訳がメインだったそうです。大蔵のボケがイマイチだったワケじゃないのか……。失礼しました。
  • 「手紙〜未来」
    • 15周年記念だけど、10年後の未来に向けた歌ったこの曲は欠かせませんよねーということでやっぱりやったぜ「手紙〜未来」。大好きな曲なんで嬉しいです。ホントは10周年の時にやるのがベストですけど、10周年の年には311がありましたからね。それどころじゃなかったです。福島でファンキーモンキーベイビーズとの合同ライブやりましたが、今ではファンキーさんがそれどころじゃないです。311がなければライブもなくて、ライブがなければ柴田とも出会わなかったんやで。
    • 投票は9位。「夏の思い出」「トモダチ」に続く9位。もちろん大好きな曲なんですが、この並びを見ると少しだけこんなに人気なのか……と気後れしてしまいますw この中でも一番好きなんですけどね。
  • 「仲間」
    • この曲がかかった時に勘のいいワタシは気づきました。ここでタオルや……。そこでいそいそとタオルの上下を確認してました。「ライフイズビューティフル」は終わってるからタオルやるならここだろうな、と。んで、やっぱり正解です。やったぜw 身構えずにタオルタイム突入したらタオル掲げたら上下間違えてて慌てて直す。ライブあるあるだと思います。自分からは見えないから困りますよねw
    • 投票結果18位。名曲だし、タオル曲だから意外と低い印象なんですが、シングルは逆に損しやすい傾向にあるのかもしれませんね。それに「ライフイズビューティフル」の異常な人気の前に票を奪われた可能性もあるかも。
  • 「涙」
    • 意外と少ないな、と思っていた『ケツポリ4』から代表曲の「涙」。この時はまだ『ケツポリ4』は人気だからライブ終盤に曲温存してるんやな……とかマジで思ってましたよ。実際は、『ケツポリ4』はこれで終わりですw 意外すぎる。
    • ワイは「BUMP」派だから……と思ってた身なんですが、ライブでサビを客も含めて合唱してるのには大感動してしまいました。同じ涙でも「さらば涙」の方が好きだったんですけどね、こんなにグッとくるとは意外でした。どうせ人気あるから、みたいな感覚がどこかにありましたけど、やっぱ人気曲には人気曲なだけの理由があるんですね。「涙」超いい……。
    • 投票は12位。同じ時期の代表曲「BUMP」が入らなかったのはやっぱ投票だとしっとり系の曲に偏りがち、というのがあるのかな。
  • 「よる☆かぜ」
    • この曲の前にダンサータイムがあったんですよ。ステージ上にはケツメイシ不在でダンサーのみ。これ見ながら、次には来るのは「脳内開放」だな!!と思ったんですよ。『ベストザケツの穴』の人気投票で1位を飾ったあのライブアクトの再現だと思ったのです。だから、いつ曲が「脳内開放」のイントロに繋がるのかとソワソワしてたんですよ。まぁ、違ったんですけどねw 「よるかぜ」始まったんでビビりましたわ。
    • これは多分『ベストザケツの穴』の座談会での話が関係してくると思うんですよ。メンバーがステージに登場する前の電飾ダンサータイムを見ながら、ダンサーたちかっこよすぎて俺たちいらないよね?みたいなことを話してたと思います。亮さんだったか亮二だったか。その話の通り、ケツメイシとダンサーを完全に切り離したライブにしたんでしょう。あと、多分ダンサーにも花を持たせたい、という意図もあったんじゃないでしょうか。だから別に「脳内開放」に繋がらない。そもそも「脳内開放」選ばれてない。『ベストザケツの穴』で1位だったのになんでやw
    • まぁ、てなワケで「脳内開放」ではなく「よるかぜ」。「脳内開放」も観たかったけど、「よるかぜ」観れたのは本当に嬉しいです。「よるかぜ」は元々の曲も最高だけど、ライブだとさらに最高ですからね。とにかくライブ向きな曲じゃないですか。サビが亮二と亮さん大蔵との掛け合いになっていて、客の参加する余地もある。もう完璧でしょ。亮二もラップするのもファン的にはポイント高いですねぇ。今回のベストライブの醍醐味は何といっても、最新アルバムをひっさげてのツアーじゃなかなかやる機会のない昔の曲をやるトコになると思います。そういう意味において、ワタシが一番楽しみにしてたのは「よるかぜ」ですね。実際に観てやっぱり最高だったのも「よるかぜ」。今回のライブで一番よかったのはココじゃないかなぁ。新曲補正で「さらば涙」もドハマリしましたけど、総合評価だとやっぱり「よるかぜ」も捨てがたいんですよねぇ。
    • 投票結果は10位。「夏の思い出」「トモダチ」みたいにケツメイシ詳しくない人でも知ってるようなシングル曲ではないと思うんですが、それでも10位なんだからやっぱりスゴイですよねぇ。ライブでの「よるかぜ」はヤバイ、という人が多かったんだと思います。実際にヤバかったっす。
  • 「君との夏」
    • スポンサー様推薦枠。結果的に最新シングルからは「カラーバリエーション」だけが落選となりました。まぁ、あれはタイアップが連ドラなのでライブのスポンサー感が弱かったのかもしれません。それにテレ朝でのイベントがあったからそっちに温存、って感じもあるでしょうね。
    • 曲の感想になっちゃうんですけど、「君との夏」って夏版、海版の「さくら」だと思うんですよ。ケツメイシにラブソングは多いし、その中でも失恋ソングは多いんですが、特に「さくら」感が強いと思います。失恋ソングの系譜は「わすれもの」あたりから始まったんですかね。「L/S」もそうだけど、初期の決定版はやはり「わすれもの」だと思います。その後「さくら」が大爆発して、その後も失恋ソングは定期的に作られてきました。そんな中で、○○に来るとあの恋を思い出す、というのは非常に「さくら」っぽいと思います。「わすれもの」って感じではないですよね。ケツメイシは失恋ソングの他に夏というのも一大ジャンルになってるんですが、その2つがついにドッキングしたか!!という感慨があります。意外とありませんでしたよね。ここまでの曲は。冬版、雪版の「さくら」っていうのは「冬物語」で間違いないと思うんですが、今回夏版が生まれました。残るは秋ですねw
    • 念のためですけど、どれも同じじゃんwと揶揄する意図は当然ありませんよ。「さくら」「冬物語」と「君との夏」は全然違うし、「わすれもの」も全然違います。どれも名曲です。吹っ切れてる感、気持ちの整理ついてる感の度合いってのがそれぞれ微妙に違うのとかおもしろいですよね。「わすれもの」が一番ネガティブ。「さくら」は大分吹っ切れてる感あるけど、「冬物語」はもう少しウジウジしてる。そして「君との夏」は一番明るいけど、明るさの中に思い出す哀愁というのがより印象的になってると思います。一番好きな曲はどれかと決めるのは野暮ですけど……「わすれもの」かなーw やらなかったの残念ですね。人気はあったと思う。ただ、「バラード」「そばにいて」の二強の存在が大きすぎたんだと思います。ケツメイシのラブソングの中には「わすれもの」「さくら」路線がある一方で「そばにいて」「バラード」路線もありますよね。あとは完全に陽性のラブソングももちろんありますし。大体この3つかな。もしくは「門限破り」みたいなドラマ性の高い曲を別ジャンルとするなら4つ。
    • うん、関係ない話が長かったですね。
  • 「花鳥風月」
    • 素人の選曲にウンザリした我々に送るプロの選曲、ケツメイシ自薦枠「花鳥風月」。事前のMCで亮さんが次は自薦枠と明かした時の、次は一体……!!というワクワク感本当に楽しかったですw そんな「花鳥風月」。そうきたかぁー。アゲ系の曲かな?とかも思ってただけに驚きました。確かに言われてみれば「花鳥風月」もケツメイシの代表曲の1つですもんねぇ。それでいて、投票企画向きではない気もします。どうしてもね、極端な曲が選ばれる傾向にあると思いますからね。
    • そんな「花鳥風月」。よく考えたらライブでの「花鳥風月」って沖縄でのエイサーバージョンもお馴染みだと思うんですけど、今回は当然オリジナルの方。今更感しかない感想ですけど、いい曲ですねぇw 客の参加ナシの完全に聴き入る系だったと思います。スクリーンに縦書きで歌詞が出てたんですがあれもハマってましたね。
  • バラード」
    • 「花鳥風月」からの「バラード」。超しっとりゾーン入りました。「花鳥風月」で会場が静かに聴き入る雰囲気になってからの「バラード」という超人気曲。ライブにおける「バラード」というのは扱いが難しいというか、特殊な曲ですのでどこに持ってくるかというのは悩み所だと思うんですけど、キレイな流れになりましたよね。こんなんウットリしますわ。
    • 投票結果は4位。個人的に最も順位が気になってた曲かもしれません。そんなにファンのコミュニティーで意見を聞くことがないので、「バラード」人気ってあまりピンときてなかったんですよね。どうやらメチャクチャ人気らしい、もはやケツメイシの代表曲レベル、今のファンは「さくら」より「バラード」らしい、みたいな話を噂レベルで耳にしてました。蓋を開けてみたら4位。この上の3曲を見てみるとどれも複数のライブツアーでやってて、各ライブの中でも相当印象的な使われ方をしてる曲ですからね。それなのに4位。やっぱ人気なんですねぇ。正直ビビります。てか、「はじまりの合図」より上とかどんだけだよww よく考えたらシングル曲ではトップなんですね。「夏の思い出」「トモダチ」「涙」よりも上かよ。マジでケツメイシの代表曲という評価が大げさではなさそうですね。
  • 「友よ〜この先もずっと…」
    • しんちゃんきたー!! アドベンチアーズツアーの後に発表された新曲の中では一番好きですので超期待してました。新しすぎて怪しいかなとも思ったんですが、選ばれてよかったっす。
    • 「花鳥風月」「バラード」というドしんみりからの「友よ」。結構いい流れだと思います。さすがにあの2曲ほど落ち着いてはいないけど、落ち着きもありつつ、サビでグイーッと盛り上がる感じがハマってたと思います。そういうトコが好きなんですよねぇw
    • ライブ的に特徴的だったのは両サイドにあるスクリーンに振り付けビデオが流れた点ですね。『クレヨンしんちゃん』のテレビ放送観てた人は知ってると思いますけど、子供たちのダンス映像を募集、みたいな企画やってたんですよね。やってたらしいんですよ(観てない)。んで、その振り付けを教える動画がYouTubeとかに上がってました。多分それと同じものが会場でも流れてたと思います。あいにくワタシの視界には子供の客がいなかったんですが、ひょっとしたら踊れる子供は踊ってたのかもしれませんね。見たかったなぁ。超微笑ましいやん。若い世代のファンは大事ですよねw
    • 投票は11位。高い!! かなり衝撃的な結果でした。なんなら投票とは別枠で選ばれるのかな、とか思ってたくらいですのでまさかの11位に驚きです。まぁ、けどねぇ、確かに名曲ですからねぇ。人気あるのも分かりますわ。一応映画用に作った曲ですけど、そんなのを感じさせないくらいにいい曲ですからね。知らない映画の曲だから……と敬遠するのはもったいなさすぎる曲ですよ。
  • 「LOVE LOVE Summer」
    • ライブも終盤。最後にひと盛り上がりしましょうかねーという感じで「ラブサマ」投入。「夏の思い出」以外の夏曲は何が来るかと気になってましたが、「ラブサマ」強かった! 確かにねぇ、ライブアクトという意味においては「ラブサマ」のインパクトとんでもないんですよ。曲としての人気投票だったら他にもいくらでも名曲あると思うんですけどね。ライブ時の盛り上がりがちょっと異常ですもん。「よるかぜ」も相当ですけど、さらに躁状態になった感ある。サビでの掛け合いも超楽しいし、OMGの部分はもはや強制的に盛り上がりますからねぇw
    • ライブでの「ラブサマ」も数をこなしてきたのですっかりお馴染み感あるんですけど、ダンサーの振り付けって決まってるんですね。サビの時に足をバタバタやってるのを見る度に、アレやったら疲れて死ぬんじゃねぇかなぁ……とぼんやり思ってました。見てるだけで疲れるレベルです。ホントすごい。
    • 投票は14位。強かったなぁ……。直近ツアーで2連続で起用されてるんでベストライブ投票では不利かとも思ったんですが、逆に印象に強く残ってたんでしょうねぇ。分かる。たしかにライブだったら「ラブサマ」強いよなぁ。「サマーデイズ」とか超好きだけど投票で人気でる感じではないのかなぁ(泣)。「お二人Summer」も相当好きですけど、「ラブサマ」のOMGに吹き飛ばされたんだろうなぁw
  • 「RHYTHM OF THE SUN」
    • アンコール前のラスト。「ラブサマ」からの「RHYTHM」というのは『こだらわへん』とまったく同じ構成ですね。しかも「RHYTHM」は自薦枠ですので、ケツメイシがこの構成に絶対の信頼を寄せてる感ある。『ケツポリ10』にどんな曲が入るかまだ分かりませんけど、ひょっとしたら『ケツポリ10』のツアーでもアンコール前のラストはこの2曲が来るかも……とか思ってしまいます。大トリの「カーニバル」みたいな定番になる可能性もあるかもしれませんね。もしくは、アルバムのツアーみたいにライブ全体にコンセプトがないライブですので、とにかく盛り上がる必勝の2曲をココに持ってきたのかもしれません。最新のツアーでもやったので今一番手応えのある選曲、という感じかも。
    • まぁ、それだけ盛り上がるんですよ。ただでさえ盛り上がるのに「ラブサマ」でテンションが上がりまくった状態での「RHYTHM」はヤバイです。正直疲れるのでやめてほしいですw(嘘)
  • アンコール
    • 定番の「もっと」コールです。愛すべきノリ方そのアンコール。
    • アニバーサリーライブということもあってか、割と元気に歌われた方だと思います。よく聞こえないままアンコール始まっちゃったこととか経験ありますし。そういうのに比べたら全然マシ。やっぱ人気ある慣例なんだなぁ、と思いました。ただ、ただですね、今回は日産スタジアムなんですよ。とにかく広い。誰かのリードなしに声を揃えるにはぶっちゃけ広すぎたと思います。いろんな所で「もっと」歌ってたと思うんですけど、すべての場所で揃った、って瞬間はなかったんじゃないかなぁ。確認のしようがないんで分からないんですが。ワタシは左前のあたりだったんですが、左のスタンド席の方角から元気な声が聞こえてきてました。
  • 「幸せをありがとう」
    • アンコール1発目。そうでした、アンコールといえば「幸せをありがとう」そんな慣例もあったんでした。「はじまり」や「ビールボーイ」「カーニバル」に気を取られて忘れてました。予想記事に書いとくべきだったなぁ。ここは場所まで当てられたわ。
    • 投票結果は3位。たっけー。人気曲っていうのもあるけど、やはりアンコールではコレ、というのをもう一度やってほしいと思ったファンが多かったってことなんですかね。選ばれるとは思ってたけど、ここまで高いとは予想外でした。
  • 「ビールボーイ」
    • 直前のMCで1位の曲いくよと煽られてからの「ビールボーイ」。ごめんなさい、「さくら」来ると身構えてしまいましたw 「さくら」に比べると遙かにテンションが高いのもあって必要以上にアガってしまった気がします。
    • そんな「ビールボーイ」。1位ですか。絶対に高いとは思ってましたが1位まで行きますか。すごい。やっぱり、締めは「ビールボーイ」にしてほしい!というファンが多かったんでしょうねぇ。実際ワタシも聴きながらこれで終わりかとも思ったんですが、なかなかそのようなことは言われず、次「カーニバル」来るな、と思うようになりました。この点はねぇ、分かるんですよ。すごい嫌な人も多いんでしょ。なんで「ビールボーイ」最後じゃないんや!!みたいな人。せっかくの1位だしねぇ。分かる。やってくれただけで嬉しいワタシも結構不思議です。まぁ、これはケツメイシ側が最後は「カーニバル」なんだよ!!という決意表明なんですかね。そこまで大げさじゃないにしても。もしくは、「ビールボーイ」は沖縄の曲だから、という感じもあったのかもしれません。「カーニバル」が20位以下だったらさすがに「ビールボーイ」で締めたと思うんですけど、如何せん「カーニバル」も人気あるから仕方ないですね。
    • パフォーマンスで気になったのは亮二が歌詞のアレンジをしなかったことです。定番じゃないですか。ワタシも絶対に来ると思って亮二にマイクが渡ったらソワソワしてましたw そしたら、普通。あれっ。どないしたん。締め曲限定のアレンジってことなんですかね。さすがに忘れたはないと思うw
  • 「カーニバル」
    • んで、正真正銘のラスト。「ビールボーイ」ラストにしろよ問題はあるにしても、「ビールボーイ」からの「カーニバル」の盛り上がり方は異常でした。やっぱ「カーニバル」もいいよね。好きよ。
    • 「ビールボーイ」の亮二アレンジがなかったのと同じくらい不思議だったのが、「カーニバル」の歌い出しのやり直し演出、プルアップ、いわゆるプーロー。絶対あると思ってました。もはや「カーニバル」の代名詞的存在じゃないですか。が、プーローやらなかった。予想記事にも書いたんですが、恥ずかしながらワタクシ完全にプーロー待ちしちゃってましてw クッソ疲れてたのもあり、歌い出しの部分ちょっと力抜いてました。そしたらフツーに続くじゃないですか。あせったわーw マジごめん。なんか本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
    • プーローやらなかった理由はいくつか想像できるんですよ。まず最初に思いついたのが、72時間問題。芝の保護のためにライブの準備から撤収までを72時間で終わらせないとグリーンキーパーのシバタさんにどやされる、という亮さんがMCで言ってた件。前に若手のグループが調子乗って延長しまくってたら柴田さんがブチギレて、もうライブには貸さん!!ってなったとかなんとか。そんな都合もあり、必要以上にプーローするワケにはいかなかったのではないか。この後にも『ケツポリ10』の発表とか、フロートで会場を1周とかやることはありましたからね。そのためにプーローを計画的に削ったのかもしれません。
    • プーローやらなかった問題の妄想回答その2。そもそも必ずプーローやると思うなよ。ワタシが参加したツアーのライブだとプーロー解禁後の「カーニバル」は100%の確率でプーローやってきたんですけど、そもそもそれが偶然だった説。聞いた話によると、別の会場ではフツーにプーローやらなかったこともあるみたいです。だとすると、大蔵のその場の判断なんでしょうね。つまり、なぜプーローやらなかったかというと、超盛り上がってたから。中断するのが惜しかった。まぁ、プーローって盛り上がりすぎたからもっかいやろうぜ、みたいなノリもあると思いますけど、ケツメイシの場合は少し違うと思います。声が足りないぞー的な。直前に「ビールボーイ」をやって最高レベルに盛り上がってたので、プーローやる必要がなかった、というのは結構あると思います。
    • ということで、よく考えたらプーローやらなかったのもそんなに不思議ではない……気がする。
    • あっ、ちなみに投票結果は6位。です。トップ5は「バラード」を除くすべての曲が、久々に聴きたい!というファンの声が反映された結果だと思うんですよ。そう考えると「カーニバル」の6位すごい。それに「ビールボーイ」に入れる人の多くは「カーニバル」に票入れないと思いますからね。1位の「ビールボーイ」に根こそぎ票を持ってかれたにも関わらず6位。まだまだ人気ってことですね。

 記事を終わる前に、ライブで印象的だったVTRコント。序盤から中盤あたりですかね、ステージからメンバーがはけてVTRでのちょっとしたコントみたいなのがあったんですよ。今回のライブをサッカー中継のハーフタイムに見立てて振り返ろう、趣旨の内容。松木安太郎が出てきて、例のいい加減(にも聞こえる)解説をするんですが、これが超おもしろいんですよ。今回の「一五の夜」にステージ上でのコントはなかったけど、コレ相当おもしろいですよ。それまでのライブのリプレイ映像(という体裁で実際はコント用の映像)を交えながらライブをサッカーに例えるんだけど、どのネタも秀逸なんですよ。よく知りませんけど、これはアンタッチャブルの方の柴田が書いたのかなぁ、とか妄想してしまいます。プロの仕事としか思えないクオリティーでした。多分だけど、「一五の夜」がDVD化された時には収録されない部分だと思うんですけど、ここは入れてほしいなぁ。入れてくれれば柴田かどうかも確認できるしw

 それと、ライブでやらなかった曲の中で印象的な曲をいくつか。
 まずはやっぱり「さくら」。これはほとんど事件ですよ。ファン投票で決めるベストライブなのに「さくら」不在。超驚きました。「ライフイズビューティフル」2位と同じくらい驚きました。『ベストザケツの穴』でも落選してたので、「さくら」ファンが奮起するとも思ってたんですけどねぇ。まぁ、散々やってるのでもういいや、みたいな人が多かったんでしょう。せっかくなら普段聴けない曲が聴きたいですもんね。ただ、今回の結果を踏まえて、『ケツポリ10』のツアーの時にも「さくら」やらない可能性があるんじゃないかなぁ、と思います。別にやる理由弱いですよね。名曲劇場とか、アドベンチアーズのミュージカルとかのコーナーって、昔の曲を何とかして入れたい、と悩んで末の企画だったと思うんですけど、中でも難しいのが「さくら」だと思います。なんせ桜の曲ですからね。季節感ありすぎてやりづらい、ってのはあると思います。それでも頑張ってやってきたんですよ。それにメンバーによる、「さくら」飽きたよね、みたいな発言も多かったと思います。んで、ファン投票でも20位以下でしょ。マジでこれからは「さくら」がレア曲になるんじゃないかなぁw ある意味で今回のベストライブは「さくら」との決別を象徴するライブだったのではないか、という予想。
 あと、やらなくて意外だったのは「こっちおいで」です。アニバーサリーライブなのにやらねぇんだ。まぁ、ここらへんはファン投票らしい結果なんですかね。投票結果に従わないんだったら絶対入れるじゃないですか。15周年を感じさせるのにこれ以上の曲はないワケですから。
 大穴予想だったとはいえ外れて悔しいのは「ALL I NEED」。結構いけると思ったんですよねぇ。実際のライブは予想してた以上にファン投票の結果に従順だった、ということかな。いつか、生きてるうちに生で聴いてみたいものですw あーけど、ディナーショー形式になったらやらないよなぁ。食事中にふさわしくないもんなぁw

 ということで、終わり!! 長々と失礼しました。
 一応DVDが出ると思って書いた記事なので出なかったらショックです。まぁ、出なかったら当時の思い出を振り返るのに便利な記事になるから(ワタシにとっては)、それはそれで書いてよかったか。

KETSUNOPOLIS 10

KETSUNOPOLIS 10

KETSUNOPOLIS 10(DVD付)

KETSUNOPOLIS 10(DVD付)

KETSUNOPOLIS 10(Blu-ray Disc付)

KETSUNOPOLIS 10(Blu-ray Disc付)