北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『ドラクエ10』ver.3.4メインストーリー水の領界をサポでクリアしたよ

 ver.3.4前期満喫中です。メインストーリー以外は両手剣の大幅強化が目玉かな。オノは新武器が出る度に買い換えてたんだけどスキル放棄しました。バイバイアックス。土13%のベルト持ってるのでハンバトだけは野良サポのそこそこ当たりレベルの強さあるかと思ってたんですが(甘めに見て)、両手剣バトの方が強いんじゃないか……とビクビクしてます。とにかくテンションとの相性が良すぎるんですよねぇ。
 まぁ、ただ現状両手剣の強化による恩恵はサポ戦士の万能っぷりにあります。メインストーリーではお世話になりました。全部野良。今の時期だと96レベルの人はガチな人が多い気がするので良サポが雇いやすかった、というプラス要因もあったかもしれません。

 野良サポでのメインストーリー攻略。ボスはすべて初見クリアです。対策とかよく知らずに勝てました。とにかく両手剣戦士が強すぎます。

  • 自占い(基本ムチたまに弓)
    • 力はわたぼうとその他で計2枚。ぶっちゃかけバイキ切れても戦士はボチボチの火力出すんで大丈夫です。
    • エンゼルに審判2枚。ボス戦は常に審判待機を心がけます。おかげで回復が1人でも戦える。ピンチ時の審判は聖者の詩みたいな高揚感あります。
    • 猫と死体はフルで積んでモッツァレラが2枚。新しいヤツはまだ手に入れてません。
    • 審判が2、力も2、教皇が3枚、他は全部攻撃。
    • 占い審判のおかげで今回葉っぱ1枚も使ってません。その余裕があったら審判使った方がうまい。範囲も広いです。
  • サポ
    • 両手剣戦士2(ガンガン)
      • レベル96、攻撃力、大戦鬼を基準に野良で探しました。宝珠は忍耐、渾身斬り、ぶんまわしあたりが重要だけど、まぁ皆持ってる。
    • ステ僧侶(命大事に)
      • テキトーに強そうな人を。

 何度もいうけどとにかく戦士が強すぎる。単体火力、範囲火力もバッチリ。真刃2枚あるし、自分に審判あるんでゾンビ能力も高いです。

 最初のボス。グラコスの亜種。
 バイキまいて審判待機したら後は楽しく手元のカードを投げる。なんかよく分からないけどヒューザが両手剣戦士以上に強いので安心です。葉っぱまいてくれたのには笑ったわ。万能かよ。

 2つ目のボス。ピロリ菌。
 サポ僧が呪い耐性なかったらしく呪い漬けになるピンチ。ひたすらおはらいしてました。落ち着いたら弓ポンも。まぁ、そんなこんなであまりカード投げて「占いつええぇぇぇww」という楽しさは味わえませんでした。
 仲間呼びするらしいでずが、運が良かったのかサポ戦士が優秀なのかそれほど増殖することもなく勝てました。
 ボス関係ないけど、プオーン可愛くないですか? 今まではあまり可愛いとは思わなくてビジュアル的に親のブオーンの方が好きだったんですが、今回『ドラクエ10』のグラフィック&モーションで見るプオーンは悶えるほどに可愛かったです。「今も道具袋の中にはプオーンちゃんがいるのか……」と思うと幸せな気分になれます。
 てか、プオーン放置したままver.3.4終わるとは思わなかったんやで。

 3つ目のボス。これで最後。連戦になります。

 まずは水魔。氷魔が強すぎてしまっていた反動なのか知りませんけど、闇魔に続いて大したことないです。まぁ、闇の領界と同じで、○魔倒した後のボスがキツイ。
 サポ戦に任せてれば気づけば倒してると思います。まぁ、せっかくムチ持ってるんで相手のバイキ見たら極竜したり。あとは定期的に弓ポンまいてれば盤石なんじゃないでしょうか。
 多分雷が弱点なんでしょうね、塔がいつもよりダメージ出てて気持ちよかったです。闇耐性ダウンが入ったら隠者死神罪人カードが火を吹くぜ。
 所詮は単体ボス、サポ戦が2人いれば真刃漬けですよwwwとか思ってたら次は複数なのでビビった。

 ということでイルカ。今春が来て君はきれいになった。
 神獣がラスボスかよ!とか思ってたら、その正体は本章のキーキャラ、メインキャラ、ヒロインなので余計に驚きました。かなり珍しい気がする。
 そんなイルカ。3体編成な時点で嫌な予感はしてた。ダブル戦士による真刃ハメが通用しない。とりあえず審判待機してゾンビに持ち込むかー、と持久戦を決め込む。ただ、ホント強くてね、一瞬で複数人が殺される光景に血の気が引きました。マジで諦めました。そしたらギリギリでサポ僧かエステラちゃんがザオ決めてくれて、手元には審判……という状況が複数回。正直これも運が良かったんだと思います。
 全滅手前まで行って審判で全員復活のいい所はチャージが完了してる可能性が高いことです。ここでもサポ戦が役に立ち、2人分の真刃&チャージタックルが炸裂します。これで大分時間が稼げて、バフをまく余裕が出来たり、サポ戦のCT攻撃技による猛攻も期待できます。
 そうこうしてるとイルカが1体死にそうになります。「よし……1体減れば峠は越える……これで勝てる……」と期待してると痛い目にあいます(マジで知らなかったので絶望したw)。まさかイルカ本気モード隠してたとは。しかも例のごとく闇の衣、ならぬ水の衣。これは水の羽衣が強すぎてしまっていたかつてのアストルティアへの天罰かw

 ということで本気イルカ。去年よりもきれいになったイルカ。鬼強い。イルカ3体の時でもかなりのゾンビ戦法だったんですが、それがさらに加速。審判連発でした。もうきついきつい。一度水の衣になると地獄。サポ戦の攻撃がまるで意味をなさなくなる。MPの無駄遣い。その間は解放者様、サポ僧、エステラちゃんが回復に駆けずり回ります。
 ちゃんとした攻略法としては、エステラちゃんを守ってるとスーパーメラゾーマ撃って水の衣はがしてくれるのでその間に攻撃、再び衣まとったらエステラちゃん守って……という感じなのでしょう。ぶっちゃけ本気イルカ戦はギミックの比重が大きいと思います。衣とエステラビームによるターン制と言ってもいい。
 ただ、実際の所、エステラちゃん守るって何すればええねん、という話だったりします。遠距離でエステラちゃんを行動不能にしてきやがります。攻撃はいちいち即死級です。もぅマヂ無理……もろばしょ……という気分になります。
 なので、実際に出来たことは、審判審判&エンゼル。たまぁーに弓ポンとかしたけど意味あったのかアレ?……というか死にかけすぎて状況がよく分からない。
 まぁ、審判のゾンビ能力は異常なのでなんだかんだで死にません。運もあったろうけどギリ全滅はしませんでした。我慢してればたまぁーにエステラちゃんが成功します。それまで待つ。サポ戦の真刃が運よく決まった時にチャンスが訪れたんだと思います。やっぱここでもサポ戦。
 葉っぱは使わなかったけど、MPがヤバくなってくるので、サポたちに聖水ぶっかけたりはします。各サポに1、2回ずつという程度でした。全然余裕。
 ということで、ゾンビによるラッキーターン待ち、というクソみたいな戦略でサポでの初見クリア達成。やっぱりエステラちゃん最高やで。

 ふぅ……ver.3.4もなんとかクリア出来たぜ……とか達成感に酔ってると気づく。
 今回、妹でてきてねぇ!!
 マジか、そんなんアリなんか。まぁ、話的には教団の真実が説明されて、ver.3の物語も起承転結でいう転に入ったっぽくて盛り上がるんですけども。妹たちの思わせぶり漫才がなくても全然成立するやん!と少し思わなくもない。
 まぁ、とにかく、話としてはいよいよ竜族の秘密、ナドラガ神の真実が語られて楽しいですね。ver.2は勇者の物語だったけど、ver.3は竜の物語という感じありますね。ドラクエ感ハンパない……(ウットリ)
 主人公とエステラちゃんの蜜月関係が終焉を迎えたということで悲壮感エグいんですけど、逆に考えれば障害が入ることで2人の関係はより輝くとも考えられるかもしれません。教団が邪教でもエステラちゃんは後ろ髪ひかれてたので平気平気。むしろ捕らわれの姫感でて燃えるってものです……と思ったらもう既に捕らわれてる姫いるんでした。勇者姫最近見なかったからさ……。

 予告。フウラちゃん好きとしては「嵐の領界」と聞いた時点で「フウラちゃん来るぅぅぅううう!!!」とテンション上がります。
 とか思ってたらフウラちゃんとラグアスくんとかいう微笑ましさを煮詰めたようなツーショットが出てきて萌え死にます。
 そうこうしてると勇者姫まで出てきて巨大な目と対峙してましたからね。マジかよ。嵐の領界でやり切る気なのか? てっきりもう1つ最終章があると思ってたので出し惜しみのなさに驚きます。まぁ、よく考えたら嵐の領界を解放しちゃったらナドラガ復活で敵勢力の目的達成なのでそこでの攻防で物語が終わると考えてもおかしくないんですけどね。
 まぁ、とりあえずはエステラちゃんと勇者姫の顔合わせが楽しみになるかなぁ。エステラちゃんを救うために勇者姫の力を借りる、とかでも熱い。まぁ、フウラちゃんラグアスくんが歩いたり転んだり走ったりするを眺めてるだけのメインストーリーでも満足なんですけどね。


 ということで、ver.3.4メインストーリー終わり。妹が出てこないのには面食らいましたけど、ブオーンも出てきたりして楽しかったです。
てか、本当プオーンちゃんがかわいすぎてもう最高。
 ……まさかプオーンちゃんの活躍がver.3.5以降に持ち越しとは思わなかったんだぜw(二度目)

なごり雪

なごり雪