北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』406話の感想

『生徒会役員共』404話405話の感想 - 北区の帰宅部

 年内最後でござんす。14巻の感想はいつになるのだろうか‥‥(来年)

 ちなみに、今号のマガジンでは複製原画のプレゼント企画があって、好きなページを指定する、という内容のもの。この手の企画には詳しくないけど、珍しい試みだと思う。なんかおもしろい。
 完全4コマな本作にとってはページを指定するというよりは好きなネタを指定する、という向きが大きくなるのではないかと思います。もしくは好きなキャラが出てるかどうか、か。ムツミは多分期待できないかなぁw

 #406。2016年最後ですが、別に年末ネタとかそういうワケではない。冬休みではあるっぽいですけどね。

 津田家お泊まり序章。ウオミーだったら泊まるのに理由とかいらなそうだけど、生徒会のみなさんには必要。
 ということで、会長による「今日は帰りたくないな」。おおっ、誤解とはいえ凄いサービス感ある場面である。これは複製原画リクエスト多そうな予感。今週は扉も会長だし、会長ファンは決まりかもしれん。
 オチとしては、雪だから。おそらく徒歩圏内にも関わらず雪で帰れないってことは結構やばいレベルの雪ってことなんでしょうね。ここらへん東京にはない感覚な気がする。そこまでの雪は年に1回も降らないでしょ。‥‥まぁ、「傘忘れたし」みたいなノリで泊まっちゃうと言われても違和感はないですw

 津田家に泊まるのでスズが家に報告の電話。こういう描写がしっかり入るあたり育ちの良さという品の良さを感じる。スズが、というよりも作者が。
 スズママからの「○○しちゃダメよ」。普段そうなのかよ‥‥というのが垣間見えて笑える。電話で言ってるので、「津田くんにも教えちゃお」的な意地悪という要素は皆無で、単純に心配して言ってるというのが味噌ですね。結構マジでやりかねないと思ってるのかもw
 んで、スズママの聞き違いでエンド。「両刀を極めた」は笑ったわ。元の言葉との乖離もそうだし、スズのイメージとの不一致っぷりもヤバイ。スズが1人で生徒会&コトミを喰っちゃうのか‥‥とか想像するともう最高。

 夕飯は会長の豚の角煮。泊まりが決まったのが5時なんだけど、それから作ったにしては手が掛かりすぎてると思う。料理詳しくないですけど、豚の角煮ってすげぇ時間と手間が必要とされるイメージある。まぁ、それをサラッとやってのける会長の能力の高さと、それがほとんど日常と化している津田家の異常さ、というのがよく出てるとも言える。言えるかも。
 んで、コトミの感想に対して会長が聞き違い。直前にスズに対するスズママ、というネタがあったのもあって、会長の耳年増感が顕著に現れてる気がします。スズママの方は「確かに音は似てるかも」ってなるけど、会長の方は「なんか余計な1文足されてる」って感じですよね。その強引さがなんかイイ。
 てか、「口の中で」と「口の中が」でこんなにも意味が違ってしまうのか、という意味ではちょっと感心すら覚えるようなネタでした。よく使われてるけど、結構変な言い回し。

 誰よりもコタツが似合うキャラはコトミで間違いないと思う。「コタツから出られない」という発言にここまでの説得力が生じるのはコトミだけなのではないかw
 コトミの運動不足に対してスズと会長がそれぞれ壁を使ったアドバイス。スズが真面目に答えて損するパターン超好きw いつもは会長に対して何かを言うと下ネタに変換されるというガッカリが多いけど、今回はコトミに対するプレゼンみたいな向きがあるので、ちょっと違う味わいがあって楽しい。「それに負けるのかよ!!」というスズの感じがすげぇ好き。

 風呂。最後には言ったのはアリア。使用済みの風呂はタカ兄が責任を持って使用する。多分だけど、タカ兄はそういう下ネタ的な解釈をされないように先に入ったんだと思うんですよね。妄想によるところが大きくなりますけど。もしくはコト→タカの順。それでも結局下ネタの魔の手からは避けられないのであった‥‥という感じがあって好き。むしろ事態が悪化してしまった感。

 客人用の布団が2枚しかないのでシノアリスズで2枚の布団を使用。ウオミーだったら間違いなく「じゃあ私はタカくんと一緒に‥‥」になってたと思うけど、このメンツだとそうはならないw
 布団の内訳はアリスズと、会長。会長を立てた形なのかな。もしくはアリアがスズに対して「眠れないから抱かせて」ってなったか。
 んで、オチとしては心身共に寒くなった会長が飛び込んでエンド。ぶっっちゃけメチャクチャほっこりするエピソードだと思うんですけど、適度に暖かくて気持ちいいのは両端の2人で、真ん中のスズは過度に暖まって暑い、というオチ感もとてもちょうどいいと思います。いい話系も好きだけど、純度100%になられると少し読んでてむず痒くなるので、ちゃんとギャグ要素も入ってるのがとてもイイ。
 あと、とにもかくにも「スズたんぽ」という言葉の魅力がヤバイw

 アリアがタカ兄に仕掛ける寝起きドッキリ。ぶっちゃけアリアが馬乗りになってただけでもタカ兄的には心底ドッキリするし、なんなら朝勃ちとあわせて非常に下ネタによった事態になるのは間違いないと思うんですけど、アリアの場合はそんなのでは終わらないので笑った。とにかくアリアの発想が、下ネタとしての強度が高すぎて爆笑した。ドッキリのレベルが強すぎる‥‥。
 朝起きたら体に重みを感じるワケじゃないですか。そんで目を開けるとアリアが乗っててまず驚く。そしてタカペニスが元気になってるのを感じて焦る。よくよく考えるとガチガチに固まってるだけではなく何やら気持ちよく包まれていて目の前には馬乗りのアリア‥‥で推測される事実にハッと気づく瞬間が最大のドッキリ。何回驚けばいいんだw
 てか、アリアの中で、寝てるタカペニスを拝んでオナホを装着させるという行為はドッキリのための前段に過ぎない、という感覚なのね。さすがアリア、というか怖いw


 ということで終わり。今週はちょっとラストのアリアドッキリのネタが強烈すぎたかなぁ。もうちょっと面白すぎる。アリアのホームランバッターぶりにただただ驚くばかりですよ。
 次点はスズママの電話ネタかなぁ。あっちはスズのキャラ萌えみたいな要素も入ってて別の魅力が生まれてるネタだと思うんですが。

 まぁ、ともかく、今年も1年とても楽しかったです。ありがとうございました。良いお年を。

『生徒会役員共』407話の感想 - 北区の帰宅部