北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』428話の感想

『生徒会役員共』427話の感想 - 北区の帰宅部

 来週休載だそうです。残念だけど、まぁ映画と単行本作業のタイミングが重なった可能性もあるので仕方ないのかな。ファン的には楽しみ多いですし。映画公開のタイミングで作者にどれほど仕事量の影響があるのかは謎ですけど。まぁ、分かりません。

 あっ、そうだ。ブログサービスの引っ越ししました。まぁ、今まで通り読めると思います。今後ともよろしくどうぞ。ここは何が何でも続けるよ。

 #428。扉はアリア。アオリはタチよりネコってことを言ってるんだと思います。ただ、アリアがネコなのかは少し怪しい。

 アリアとネコ。猫の方。そーいや、アリアは猫飼ってるんだった、と久しぶりに思い出しました。一時期、猫ネタが多かったりしましたよね。
 話がどう転がるのかと思ったら、野良猫インダ桜才。隠れなきゃいけないのに簡単に見つかっちゃう猫かわいいです。ちょろい。あの着信音の効果が如何ほどなのか知りませんけど、猫と触れ合う機会あったらやってみたい。
 『プチたん』の時は犬ネタをリサーチしてたと思うんですよ。目次コメントもそうだし、何より本編の感じが。なので、今回のも結構リアルだったりするのかも。マジであり得るのかもしれませんね。だとしたら、かわいすぎるやろ。

 アリアvs会長(大げさ)。下ネタじゃないとはいえ、アリアが翻弄される側というか、下の立場にいるの新鮮でした。膨らんだお腹抑えながら素知らぬフリをするデフォルメ顔かわいいです。
 ということで、アリアのお腹に子供。津田くんと共に授かった子供。
 てか、アリア一旦は隠そうとするんですね。会長との仲なら、相談してもよさそうなもんなのに。まぁ、なんて言い出したらいいか思いつかなかったので反射的に、みたいな感じかな。なんとなく分かる。

 一応会長が立場的な話。このワンクッションが会長らしいというか、しっかりしてますね。仲良いんだから即アリアの味方でもおかしくないのに。まぁ、本気で批判するつもりもないでしょうけど。
 んで、タカアシスト。セリフだけ切り取ったらやたらイケメンなのである。その後の言いぶりからして、本心とはちょっと違う、アリア(猫)を助けるための方便、みたいやニュアンスもあるっぽいですね。ナチュラルイケメンではなかった‥‥とか思ったけど助けるために言った方がイケメンかも。
 あと、地味に自分の立場を表明しないまま猫を撫でてるスズが何とも味わい深いです。どうなるか分からないから撫でれるうちに撫でとこ、とかそんなノリある気がする。今週のスズは全体を通じて平熱な感じありますね。ただ、動物好き、な感じは何となく伝わってくる。

 3ページ目に連結8コマと珍しい構成。生徒会メンバーで野良猫を飼えないか思案するの巻。
 七条家は猫爆増中なのでNG。猫に困惑する出島さんという絵が新鮮でよかった。ストレートなかわいさある。
 萩村家はボアいるのでNG。スズの顔に「飼いたいけど」という感じある。多分意図的に、統一して描いてるんじゃないかなぁ。
 天草家はというと、突然のシノママ情報が飛び出したので驚きました。シノママがあっち側(下ネタ)の人間だと明示されるのって初めてじゃないかしら。前もチラッとそんなノリの発言あった気もするけど、今回のは疑いようがないというか、娘による断定。
 てか、エロいこと考えるとくしゃみが出る、という迷信?初めて知りました。噂されるとってのは特に漫画アニメでお馴染みな迷信ですけど、エロいこと考えてもくしゃみ出るのかw
 てかてか、この会長の発言でほぼ落ちてますよね。別に4コマが2つ、でも全然よかった気がする。それでも8コマにしたのは、ここまで時間的に直結したネタは4コマとは認めない、という作者の強いこだわりかも‥‥とか思ったけどどうだろう。この手のこだわり話は「あるとカッコいいな」というバイアスがかかるので都合よく解釈してる気もする。
 まぁ、とにかく後半は津田家。順番的に最後の希望なのでアリアが本気の懇願。アリアのこの感じ珍しいですねぇ。下ネタの少なさもそうだけど、必死な感じがとても新鮮です。ひょっとしたら事前に助け舟を出してくれたこともあるので望みがあるとしたら津田家、みたいな認識もあったのかもしれませんね。
 ということで、アリアの懇願にタカ兄折れる。中折れ。2コマぶち抜きのおねがいショットは、アリアと猫の顔(目)を別物として扱う効果があるんですね。アリアのサービスショット的な側面も当然あるけど、オチに繋がる表現として分かりやすい。
 んで、シノスズ疑惑のオチ。タカ兄は色仕掛け的な意味ではアリアに一番弱いイメージあるので結構マジでどっちか分からないです。しかもよりによって猫がいるのアリアの胸の上だからなーw

 ラスト4ページ目。あっさりOK。マジか。何気ない日常回だと思ってたけど、津田家の家族構成が変わると言っても過言ではないやん。メチャクチャ大事件であった。コトミがさらっと柔道部入ったりしたのと同じレベルの衝撃ではないか。サザエさん時空とか、永遠に続く日常かと思いきや、たまに思い切りの良すぎる変化があるから油断できないですねー。マジでビビった。
 あとは、やっぱりスズの平熱顔がすげぇツボ。今週は下ネタが少なかったからってのもあるんだろうけど、やっぱ猫ちゃんかわいい的な気持ちも強いんじゃないかなぁ。
 アリアは猫に対して必死、という珍しい一面が見えて、スズもぼんやり猫寄りな感じあったと思います。一方、会長は、というのが面白いんですよね。今回の会長は猫に対して冷たいというか、かなり冷静なイメージが強いです。飼えないかな、のくだりでも唯一ボケましたし。
 そんな会長が問題解決後にとった行動ってのが、また冷静なんですよね。今回は徹底して、一貫して大人な立場を保ってる気がします。みんなが猫にデレデレになったら会長が締める、というバランスだと思います。次のネタでやっと猫にデレる、みたいな描写ありますけど、別に猫が嫌いなワケではないですよね。当然。

 ということでラスト。会長が猫に優しい態度を取るようになる、という小さな変化もあるんですが、一番大きい変化のはアリアではないか。全裸靴下のネタはあったけど、この最後の下ネタ発言は、いつものアリアに戻った、みたいな安心感すらあると思います。全裸靴下は焦ってボロが出た、みたいなニュアンスあるけど、ラストのネタは落ち着き払った状態でいつもの下ネタ発言、という感じではないですかね。
 そんなオチ。猫の名前はタマ、と決まったのが正式なのか判断に困りますね。てか、タマといったらどう考えても『妹は思春期』の黒田マナカ連想不可避。ゴールデンチンチラのタマ、略してキンタマ!! 懐かしすぎるw
 マナカの場合はキンタマを撫でたりして知らない人が話だけ聞いて驚く、みたいなのありましたけど、タカ兄の猫が本当にタマになったら男性ならではのネタが生まれる予感。会長が「家に行って津田のタマ触らせてくれ」と言ってウオミービックリとか。ウオミーが「タカくんのタマの写真見る?」とか言って森さんビックリとか。同じネタだけど、男女の違いで味わいが変わってくるの、おもしろいですね。
 いや、マジでタマに正式決定なのかまだ分からないんですがw 状況的には怪しいんだけど、サブタイが「名づけ親」なんですよねぇ。


 ということで終わり。日常回かと思ったらとんでもない、という驚きでした。まさか津田家に家族増えるとはなぁ。ウオミーたちに紹介するような話にもなるのかなぁ。コトミの反応も気になるし、今後のタマから目が離せないです。
 全体的な感想としては、落ち着きを失ったアリアというのが印象的でした。それとギャグが絶妙に混じり合った「お腹には子供が!!」とか最高ですよね。

『生徒会役員共』429話の感想 - 北区の帰宅部