北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』409話の感想

『生徒会役員共』408話の感想 - 北区の帰宅部

 マガジンのアンケートが電子化された件。超簡単になったと思ったけど、実際にやってみたら案外時間がかかりますね。分かりやすさは申し分ないんだけど、答える質問数の割には時間がかかるというか。まぁ、徐々に改善されていくものだとは思います。

 #409。扉はスズ。だが、本編的にはスズとは別に、大事件なのである。

 工事がうるさい、からの会長の「俺んとこ来ないか」。ビビった。マジか。本作に残された最後の秘境というか、謎みたいな部分じゃないですか。たまに「偶然出てないだけかも」とか思ったことありますけど、今回の様子から察するにどうも意図的に隠してたっぽいですね。満を持して、という感じが全体的にあったと思います。
 天草邸と同時に、これまたレアな会長の親。母親が言及されました。いたのか‥‥(そりゃいるだろ)。そして、やっぱり母親は下サイドの人間なのでありました。いや、まだあの発言は会長がテキトーに言っただけのネタ、という可能性も残されてるか? うーん、ややこしいだけだからやらない気がする。

 んで、ついにインダ天草邸。「ついに‥‥!」みたいな気持ちで読んでると8コマなのである。ここらへん、作者も「ついに出しちゃうよー」みたいな感じあると思う。
 オチとしては、タカ兄と会長のやり取りをセリフだけで聞いてみると‥‥という内容。アリアは事前にああいうセリフが飛び出ることを予想してたというワケですね。人の部屋の感想はアレと酷似する、という知識を持っていたのでしょう。うますぎて笑った。8コマなのでフリが長く、最後にたった1コマですべてがひっくり返るようなオチが快感なんですよね。
 てか、アリアのボケで中和されてますけど、タカ兄と会長のやり取り、相当イチャコラ感ありますよね。スズはそっち怒った方がいいけど、ボケに気を取られた感じかな。

 明かされる会長の両親の真実。まぁ、仕事でいません。定番っちゃ定番なんですけど、会長の方でそれやってくるかー、みたいな驚きもありました。大体主人公よね。
 部屋が防音になってるって結構スゴイことだと思うんですけど、ひょっとしたら両親の仕事と関係があるのかもしれない‥‥とか思ったけど、多分違う。
 鍵っ子にポジティブな印象を持つ会長。そりゃ鍵っ子なんだけど、言葉の響き的に子供っぽい印象が強いので、そこらへん会長っぽさあると思います。コトミとは違った幼さというか。イノセントさというか。まぁ、たまに中二みたいなネタは重なることもあると思いますが。
 そんな鍵っ子発言を受けて、アリアがオチ。アリア強い。そしてこのオチは一際強烈なのである。女子に前立腺ないだろw
 全然意味違うから強引さで笑ってたんだけど、よく見たら、読んでみたら、意外と遠くないので再び笑った。「あっココいい」がツボだわw

 会長のぬいぐるみ。アニメだと亀甲縛りが定番になってますけど、こちらでは気にせずゴーイングマイウェイ。まぁ、そりゃそうだ。フリねぇし。
 ぬいぐるみ。アヘマルシリーズだそうです。アヘ顔アニマル、略してアヘマル。驚くことにスズが言ってるんですよね。アヘマル。この世界じゃ当たり前の存在らしい。「そこツッコミないのかよ‥‥」と面食らいました。世界観がボケてきた。
 アリアの発言で会長が追い込まれる。今週はアリア大活躍ですね。やっぱ会長の部屋ということで、仲良しのアドバンテージが大きいのでしょうか。一番緊張してないってのもあるかもしれませんが。

 ラストページは宿泊の話。正直このメンバーで誰かの家に行ったら「どうせ泊まるんじゃない?」みたいな感じも出てきたと思います。もうそろそろ驚きがない。ただ、今回は天草邸なので話は別。泊まりが決定するまでに思い切りが必要なのである。会長はいつもお邪魔する側だったってのもあり、妙な緊張があるんでしょうね。
 いつも泊まってばかりだからお返しがしたい‥‥という理由で泊まってほしいワケではない会長。てか、今週の冒頭で、「うち防音だから来ない?」って言い出したのもコレが理由だったのかもw

 泊まるということで3人がお手伝いを分担。この「ただでは泊まらねぇぜ」感、スゴイ。アリアの家に行く時は例外だけど、誰かの家に泊まる時って大体この感じになりますよね。なかなか出来ないよ。
 タカ兄は雑用として風呂掃除。流れ的に余り物みたいなノリありますけど、女子に風呂掃除任されるってなかなかな事態だと思うの。フツーだったら。タカ兄は変なことはしないし、なんなら会長の方が変なことしないか期待してそうな気もするw
 最後にもう1つサプライズ。まさかのシノママ登場。マジか!! 盛り沢山すぎる。そして、そのご尊顔は‥‥秘密。まさかの津田家システム。やっぱり主人公っぽいですね。最近はタカママはセリフとか出るし、後頭部くらいなら出たことありますけど、シノママは完全に無。極端な話、今回の登場も会長が独り芝居してるだけ、という解釈も出来る(んなワケねーけど)。
 てか、単純にオチがすげぇキレイで好き。フリの段階ではまったく気にしてなかった風呂掃除というシチュエーションが思わぬ形でオチに繋がる。多分普段の会話で津田という男が副会長で仲良くしてるらしい、みたいな知識はシノママも持ってるだろうから、「ついにか!!」みたいなこと思ったかもしれませんねw


 ということで、終わり。今週はとにもかくにも天草邸。その時歴史が動いた、な1話でありました。おまけにシノママという新キャラまでぶっ込まれたからなぁ‥‥ホント驚きましたわ。
 今週は衝撃的だったのでどれも印象的なんですが、1つ選ぶとしたらやっぱ8コマのネタになるかなぁ。「会長の部屋に入るのか‥‥」という読者も抱く緊張感が本編とシンクロしてました。7コマじっくり見せてからの最後にドーンというオチも素晴らしかった。

『生徒会役員共』410話の感想 - 北区の帰宅部