北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』419話の感想

『生徒会役員共』418話の感想 - 北区の帰宅部

 次週休載でした。こないだ休載があって「一挙2話とセットじゃないなんて珍しい!」と思ってたら一挙2話が来て「やっぱセットやんけ!」と思ったら休載が来ました。結論としては「あの時のはセットじゃなかったけど一挙2話と休載はやっぱセットだった!」です。ややこしい。

 #419。扉はタカ兄。って珍しいなぁオイ。マジか。驚きましたよ。ただ、本編を読めば納得。圧倒的タカ回だったと思います。まぁ、正確にはさくらたんですが。

 桜才のマスコットを決めよう、という開幕。学校にマスコットキャラって実際あるのかしら、とか思ったけど、よく知らない。有名校とかだとあるのかなぁ。文化祭とか使う機会もないワケじゃないから意外と違和感ないかも。
 1話を通じてマスコットキャラ会議をするのかと思ったら、もう既に完成済み。会長仕事はやー。可愛いもの好きだからノリノリで考えてきちゃった、とかかしら。ただ、タカ兄に着ぐるみってのは某チヒロさんの好みも反映されてる可能性があるので、こっそり相談してたりしても不思議じゃないかも。‥‥しかし慣れないな、あの名前w
 着ぐるみのサイズはタカ用にジャストフィット。サイズを把握されてるのって管理されてるみたいで良いよね‥‥としみじみ思ったんだけど、よく考えたら身長が分かれば充分なのかな。あとは「太ってはない」程度の情報で大丈夫な気もする。

 マスコット発表。ゆるキャラ。顔が若干アヘってるんだけど、これは下ネタなのかどうか判断に困る。あの世界、アヘ顔アニマルが一般的に流行ってる世界ですからね。流行のデザインとしてフツーに受け入れられそうな気がする。てか、実際受け入れられてたし。
 ゆるキャラ、アヘ顔‥‥導き出される答えは1つ。ということでオチ。正直ちょっとした敗北感すら抱くレベルで笑いました。「その手があったか‥‥!」と膝から崩れ落ちる感じ。マジで笑った。うますぎるだろ。
 てか、あのギミックはアリアの嗜好が入ってる気もしないではないか。だとすると、こっそり生徒会で会議してた可能性もあるかもしれませんね。タカ兄に着せるからサプライズのために隠れてた、とかあるかも。アヘマルはスズも好きだから全員の好みが反映されてる、と言われても不思議ではないです。

 畑さん参戦。何気にアリア&スズが不在のまま終わるのでした。意外。さくらたんのインパクトが強いからキャラは極力減らして‥‥みたいな采配なのかしら。
 そんな畑さんに対してポーズを取るさくらたん。中でタカ兄が必死にポーズ取ってると思うと笑えます。少し可愛くも思えてくる。
 今後さくらたんの出番があるのか分かりませんけど、あるんだとしても中に入るのはそれなりに大変らしい、というのが分かる話。「絵的に面白いから今日は入っててよ」とかそういうのは出来ない。そこらへんはリアル。

 主要キャラは3人しか出ないけど、モブは出てくる。てか、そのモブがなかなか可愛い。やはり可愛いと感じてる可愛い子は可愛い(分かりにくい)。
 オチとしては、ウケるかやきもきしてたら会長が、ウケたのを確認してもやきもきがノンストップ。むしろ加速。そうか、会長はさくらたんに対してどんなに可愛いと感じても中の存在を知ってるから衝動的に抱きつくことが出来ないんですね。多分会長の好みで作られてるから誰よりも可愛いと感じてるはずなんですが、生みの親だからこそ楽しめない。
 仮に、さくらたんの制作が会長の独断で行われたと考えると、何も知らないスズがさくらたんに抱きついたらインサイドタカ、というパターンもあり得るのか。いや、スズに限らずカエデちゃんとかで失神オチも楽しそうだ。あっ、タカ相手だともう失神しないんだっけか。

 デレデレタカを叱責する会長。下ネタを挟むのも忘れてプンスカしてた、というのが出てて良いですねw 本気で怒ってたから下ネタには後から気づく。下ネタを思いついて冷静さを取り戻す、という感じがあって面白かったです。会長ならではの思考の推移。
 ということで、下ネタ。象さんネタでした。これは象さんでマスコット作るしかないだろw ギミックは当然伸びる鼻。

 ラストページは8コマ。畑さんが写真撮影を提案して会長をなだめる。畑さんのことだからこの後の展開も予想しての提案なのかとも思いましたが、驚いてたようなので違うか。まぁ、デレデレしてる会長を撮影できれば万々歳、とかそんな感じだったのかも。会長をなだめるにはコレが有効、みたいな。
 んで、さくらたんがシノバストにタッチ。胸が触れるというのは過去にもありましたけど、胸に触れるというのは初めてなのかな。絵面的には待望の着ぐるみモノのAVなんですが、当の本人に自覚がないのがタカクオリティー。触られた時点で会長は怒るんですが、触ったことにノーリアクションなので二重に、というのが面白いですね。複雑すぎる乙女心。
 ということで、タカ勘違いがオチでした。彼としては気を使った発言だったはずなのに泥沼化、というのが素晴らしいです。「生地が厚くて」という省略があったけど、省略しなくても会長の場合パッドネタに繋がってたかもしれない‥‥などと追い打ち的なことを考えてしまいました。ごめんなさい。


 ということで終わり。今週は目次コメントが「氏家ト全ここにあり!」という感じなので必見です。素晴らしかったです。
 扉がタカでアリアとスズが出てこない特別感ある回だったと思います。広瀬さん、英稜フルネームに続いてなんか凄い回が連発してる気がします。映画が終わってもフルスロットル感ある。
 ギャグ的には、ゆるキャラのギミックがぶっちぎりに面白かったです。読んでて「負けたわ‥‥」という謎の気持ちになりました。ギャグ以外の魅力ではやはりラストの写真撮影が強烈ですかね。ガラス越しのキスと違って気にしてるのは会長だけ、という構図が素晴らしかったです。

『生徒会役員共』420話の感想 - 北区の帰宅部