北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』424話の感想

『生徒会役員共』423話の感想 - 北区の帰宅部

 先週水曜にブログ更新できて調子こいてたら今週は日曜。ひどい落差だ。

 マガジンヒロイン総選挙なる企画が始まりました。完全には把握してないけど、大体のルールとしては、各作品より1人エントリー、一次審査通過すると描き下ろしの水着イラストで二次審査、そこで優勝すると表紙を飾る、という流れ。
 投票には応募券が必要だったんですが、総選挙の応募券と裏のグラビアページのプレゼントの応募券の位置が完全に一致。二次元か三次元、究極の選択!!‥‥というワケではなく、ただのミスだそうです。ミスのため応募券ナシでの投票も受け付ける、とツイッターで焦って言ってました。
 ちなみに本作からは我らが天草会長エントリー。「会長に挿れたい!!」という人は是非送ろう。何度でも挿れられる。
 マガジンは詳しくないけど、本作は古株なので広く知られてるだろうから善戦するかも‥‥とか思ってたけど、複数票できるようになると事情はガラッと変わるのかもしれませんね。そもそも応募券不要の件を知ってるのは関心の高い人だろうし。ガチ勢が多い作品が有利なのかなぁ。じゃあ、わからん。

 #424。扉はアリア。えらい爽やかでいい感じだと思います。知らない人が扉だけ見たら誤解する。‥‥いつもか。

 1本目。落ち込むタカ兄と励ます会長。会長のドヤ顔がかわいい。それに対するタカツッコミが二段階になってるのも面白いですね。会長のトンデモっぷりに適切なツッコミを見誤った感。
 4コマ目の余計な一言さえなければただの完璧美少女なのに‥‥という意味では総選挙告知号としてふさわしいネタと言えるのかもしれない。とにかく本作のベーシックな型のように感じます。

 ページをめくるとムツミのエロハプ。凄まじい衝撃である。1コマ目の絶妙に見えない構図がヤバイ。むしろ見えないことが異常、という意味でもこのシチュエーションは奥が深いですね。
 てか、やっぱりムツミはこういうエロ要員にされがち、という傾向あると思うの。割と直接的なエロをやる時はムツミな気がする。本人にエロの意識がないから、というのが関係してるのかもしれない。
 ジャージを脱ごうとしたら短パンも脱いでしまって、さらには‥‥という状況。短パンも脱いでしまって止まりだったら逆にパンツが見えてたワケですよね。あやうく最終回である。しかし、確実にそこにパンツは存在していた!という証拠を轟さんが提示してくれてオチ。ある意味エロさは増してるかもしれない。‥‥てか、そもそも「短パンになろうとジャージを脱ぐ」が成功してたとしても、それを目の前でやられたら少しだけドキッとしてしまうと思うの。少しエロい。タカの目にはどう映るかは怪しいけど。
 今回のネタの面白い部分は轟さんのボケに対してムツミが照れてる部分ですよね。普段はムツミが下ネタに気づかない、というのが多いので珍しいです。とにかくムツミのリアクションがかわいいので最高です。ケツも良いけど、そっちの方がグッときたかもしれない。

 初期には結構出番はあったけど、いつの間にかレアキャラになりつつある道下先生、そして大門先生。アニメだとちょっと掘り下げられてましたね。そんなご夫婦、まさか子供が産まれていたとは‥‥。これは驚いた。どうやら道下先生は産休中っぽいですね。久々の登場だけど、デフォルメなので惜しい。小山先生の登場により常識人女教師という枠からあぶれた形なのかもしれない。しかし、小山先生も好きなので悩ましい。
 大門先生は4コマすべてに出演。ギャップ萌えまで披露する盤石ぶりである。ついでにお子さんもチラッと出演。男の子か女の子かは判別できず。
 小山先生と横島先生が出てくるけど、いつものボケツッコミ関係ではなく、フリとオチの関係。こんなコンビネーションもあるのか‥‥と妙に感心してしまいました。フリのおかげで横島先生のさらっと異常なことを言う、という感じが生まれてて良かったと思います。
 結婚、そして出産ってサザエさん時空とは不思議なもんです。

 前のネタでは小山先生がフリ、横島先生がオチだったけど、今回はシノバストがフリ、アリアバストがオチ。泣ける。
 話題は漫画の実写化作品。詳しくはないけど、マガジンはアニメ化よりも実写化の方が早い、みたいな例が多い気がする。作品の傾向なのか大人の人付き合いの関係なのかは知らないけど。
 何気に、2次元、3次元からの18禁という数字の三段活用というネタだったんですね。‥‥そんな気がする。

 再びアリアの18禁ネタ。起、承からの3コマ目にアリアが来る、という構成がまったく同じなのが面白いですね。当然マンネリではなく、「お前どこでもやってんなw」みたいな味わいが生まれてると思います。そして、どっからでも繋げられるアリアの引き出し力の恐ろしさ。

 柔道部では定期的に身体測定が行われてるらしい。体重は大事だろうけど、他にも測るんですね。実際はどうなのか分からんけど、その間練習しなくていいワケだから、意外と文句出なさそう。
 コトミがトッキーを測る。これは‥‥コトミがデータを書き込む際にトッキーのフルネームが明らかになる‥‥!!
 なんてことはありませんでしたw 英稜のパターンかと思ったぜ。マジで。
 コトミに翻弄されるトッキー、という構図でもなかったのも意外。まさかのコトミノーボケ。トッキーもそういうこと気にするのか‥‥とニヤニヤできる素晴らしいネタでした。コトミヘッドで隠されるトッキーの裸体、というのも魅力だけど、数字を気にするトッキーという一面の方がグッときました。コトミはマネージャーだから測らないのかもしれないけど、測ったらバストは最強なんだろうなぁ。こわいこ。

 古谷さんの一人暮らしを記念して横島先生が飲みに誘う。意外なツーショットですよね。当たり前っちゃ当たり前だけど、この2人仲良いんですねぇ。古谷さんは桜才に入り浸ってるけど、毎回横島先生に挨拶くらいはしてるのかもしれない‥‥とか妄想が膨らむ。とても良い。
 古谷さんのOGはオヤジギャルのOG。横島先生の中でもお馴染みになってるのが新鮮でした。ツッコんだりせず、微笑ましく見守ってる感じすげぇ好き。
 古谷さんのOGオチではあるんだけど、それだけではなく横島先生の年増要素もあった、というのが新鮮。横島先生と絡むことで生まれた魅力ですね。
 てか、2コマ目のタオルを見てピンと来る古谷さんが超かわいい。


 ということで終わり。ムツミのノーパン(誤解)とか、トッキーの半裸とかあったけど、一番のサプライズはやはり大門道下夫婦の吉報でしょう。まさかあんなに進展してるとは。「最近道下先生の出番少なくない?」という疑問も解消してくれましたね。まさかの産休。柔道部のみんなで大門ジュニアに会いに行く、みたいなの見たい。

『生徒会役員共』425話の感想 - 北区の帰宅部