北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』469話の感想


 久しぶりに金曜(深夜)更新なんですが、そんなことより目次コメントがビックリです。まさかの新キャラ宣言。目次コメントをそんな使い方してくるとは‥‥

#469

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉はカエデちゃん。前回までのあらすじ付き。やや困惑という表情が実にらしいですね。疑似Wデートという状況を雄弁に説明している。

 デートを満喫しているナオちゃんが可愛い。平和な時はこんな感じなんだろうな、と感じられる1コマ前が良い。まぁ、彼女自身がいつの間にか大分アレな方向に偏ってるので平和な時なんてあるか疑問なんですがw
 Wデートなので互いのカップルのラブラブの温度差を見せる‥‥と思ったら別の場所で温度差があることが発覚してオチ。カエデちゃんに新たな一面がw 疑似デートは本意ではないけど、遊園地に行ける、という大義名分は大歓迎だったのね。ギャグ漫画にそんなこと言うのも野暮だけど、ホントに嫌だったら断ってるか。

 観覧車。つまり、千葉県にある東京ネズミランドではない。見分け方として便利ですね。コーヒーカップはある。
 てか、カエデちゃん、タカくんのこと慣れたとはいえ、観覧車okなのかよ。結構、というか最高レベルの難易度じゃない? すごい進歩だ。もうハグとかされても涼しい顔なのではないか(無理か)。
 地味に良かったのが、観覧車から降りた後にある、タカくんとヨシくんが雑談してるっぽい描写。ものすっごい珍しいよね。「邪魔してごめんね」「いやいや言い出したのこっちだし」とかそんな感じかしら‥‥と妄想してしまう。こういうのは予期してなかったなぁ。まぁ、考えてみれば当たり前な組み合わせなんだけど。
 んで、オチとしてはカエデちゃんとナオちゃんが観覧車の感想を話してたらナオちゃんがどうかしててオチ。ナオちゃんもしっかりとボケキャラとしての強度あるよなぁ。てか、耳年増ではない実践派というのは唯一無二と言っても差し支えないほどに強力な個性ですし。実体験だから他の耳年増キャラと違って「ボケたった」という意識がまったくないんですよね。その無自覚性はちょっとムツミと近いのかもしれない‥‥って全然違いますけどね。本人はのほほんとしてるけど、周りはビックリ、という点が、ですよ。

 スイーツ。こういう店はカエデちゃんとナオちゃんどちらが選んでるんだろうか。1本目の様子からはカエデちゃんにも思えるけど、メインのデートはナオちゃんなんだからそこは気を使って、とかも全然ありそうですし。そっから逆にナオちゃんの方が気を使って「詳しくないから選んでほしいな」とか言ってたら良くない?
 タカくんが口の周りにクリーム。くそぅ、あざとい。こういう所が桜才の種馬たる所以だと思うの。いわゆる王子様タイプではないけど、知らず知らず魅了してしまう。つ、つよい‥‥
 口の周りからナオちゃんヨシくんが圧巻のオチ。ここまで直接的な事後表現、すごいドキドキするw それついさっき、という極小のタイムラグですからね。ここまで直近なのはスゴイ。てか、ヨシくんがスッキリした顔してるのがまたw

 お化け屋敷。これは出口で待ってればいいんじゃない?とか思わんでもないんですが、あくまでもカエデちゃん達にも楽しんでほしい、ってのがあるのか。てか、カエデちゃん自身もノリノリだろうし。
 からの、まさかの出島さん。七条グループの遊園地ってのは予想も出来たけど、出島さん働きすぎでしょ。出島さん(と橋高さん)って七条家が自宅用に個人的に雇ってると思ってたけど、案外七条グループという法人が雇った人が自宅のお世話もしてる、とかなのかしら。まぁ、ここは考えすぎてもアレな領域ですけど。
 てか、お化け屋敷でどうボケるか、というアイディアが良かったなぁ。お化け屋敷自体は過去作とかにもあったシチュエーションだと思うけど、下から懐中電灯というアレを使ってくるとは。

 アリア不在で出島さんとカエデちゃん。タカくんとの絡みじゃないのか。これも珍しいな。てか、今週タカくんの発言すごい。ほぼ無。
 出島さんが出てくることで、監視役なんで、というカエデちゃんの体裁の部分が説明が必要なのでめんどくさいですね。めんどくさいというか、弱ってしまう。
 そんな監視役はそもそも必要なかったのだよ、というツイストが七条カメラの存在。からの、生徒会3人の存在が明らかに。ここでついに出たかw てか、まともな出番ここだけなので、これまた珍しい。会長ですら書き文字しかセリフがないという異常事態。
 そんな会長たちの存在が明らかになってオチ。誰が見張りを見張るのか、ですね。「偶然」とか書いてありますけど、先週のラスト、ナオちゃんからのWデートの申し出を3人は聞いて目白くしてましたからね。本当に偶然なんですかねぇ??という感じがすごい。

 ラストページは連結8コマ。噴水にコインを入れると願いが叶うらしい。スズだったら「そんな非科学的な」とか言いそうだけど、カエデちゃんは相変わらずノリノリ。満喫してますねw
 からの前段オチ。カエデコインがまさかのキリ番。出島さんここでも仕事してて笑った。どんだけ手広くやってんのw
 そっから記念品贈呈。オフィシャルホテルの宿泊券。橋高さんまで登場なので歓喜である。厳かに「おめでとうございます」とか言われながら贈呈されたい。リアル老執事とかネズミーランドでも会えない夢のような存在。
 カエデちゃんが断るも、出島&橋高さん、そしてひょっとしたら周囲の空気もあって断りにくい。これで終わると思ったら、1泊編の予告がされたので驚きですよ。まだ続くのか。ナオちゃんたちとはお別れになっちゃうそうだけど‥‥てか宿泊券ナオちゃんにあげればいいんじゃね?? まぁ、宿泊券なんてあげたら何するか分からないから無理かw
 てか、しゅんとする橋高さんが可愛すぎるのでサービスショットでしょこれ。出島さんだけだったら「こうすればこの子は受け取る」みたいな計算も勘ぐっちゃうけど、橋高さんだけはガチ。まぁ、出島さんが助言した可能性もあるんだけど。だとしても、演技してる橋高さんってのもそれはそれでアリやで。


 ということで終わり。最後の最後に橋高さん可愛かったです。あとやっぱ今話を振り返って印象的だったのはWデートの一角であるタカくんの出番がめちゃくちゃ少なかった点。まぁ、カエデちゃんがツッコミに回るので仕事ないってのも今思うと分かるんですけどね。
 お気に入りのネタとしては「口ベタ」かなぁ。そっちの意味かい!!というサブタイも秀逸でしたね。

gohomeclub.hatenablog.com