北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』472話の感想


 次号は休載らしいです。今「次回は休載」って書こうとしてしまった。違う。

#472

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉はムツミ。やったー!! 大食い属性って結構好きなんですけど、それがしっかり現れた扉になってて二重においしい。まぁ、二段アイスを大食いと言っていいのかはさておき。

 圧倒的ムツミ回‥‥ではなく、柔道部ですね。まぁ、そりゃそうか。てか、ほとんどの場合でセットですし。
 桜才道場が改修中。ただの経年劣化なのか、もしくは桜才柔道部が大活躍してるのでその影響で、という可能性もあるのかしら。部員が増えて、とかだとあり得そう。そこらへんのことよく知りませんけど。1、2年じゃあり得ない気もしてきた。
 道場がなくなって大丈夫、というのをコトミの一言で砕かれてオチ。コトミがボケじゃなくてちゃんとマネージャーをやっているのである。しっかり順応してるよね。ドラマを感じる。てっきり不慣れなマネージャーみたいな立ち位置で固定かとも思ってたんですけどね。もうそんな感じ全然ないですね。

 んで、頼ったのが英稜の道場。会長のツテってのがすごい。まぁ、部長同士の交流よりも現実味あるか。
 英稜でのムツミ。一目置かれてる、と思ったらでオチ。これは笑った。というか、ムツミファンとしてこういうの好きやねん、という感じ。「うちも強豪校として注目」と感慨に浸ってるチリもいい感じです。柔道部初期メンなだけあって浸ってしまう気持ちもよく分かります。
 てか、ラストの写真のムツミがいい笑顔してるのがまた笑える。何やってんだ感を助長するというか。
 あと、吹き出しに隠れてるけど、ムツミの隣の写真の男性かな?が、ふくよかに描かれてるのも芸が細かいよね。フツーこういう人だよね?という落差。

 練習試合。これがあるから英稜の方も快諾してくれたんでしょうね。
 部長として厳しく指導するも、チリに痛いとこ突かれてオチ。やばい、良いなぁ。さきほどのネタもそうだけど、チリの絶妙な役割がすげぇ良い。ムツミとチリの関係性みたいなのがめっちゃ楽しい形で現れてる。ムツミにああいうこと言えるのは彼女だけ、ムツミが厳しいこと言っても、そんなムツミにものを言えるチリがいることで柔道部全体がギスギスせずに済んでる、みたいなのありそう。

 マネージャーとしてのコトミは結構しっかり者。なんだけど、コトミの中でしっかりしようという意識が強すぎるのか、空回り。被害者は当然トッキー。ボケにもなってるけど、普段のコトミからしたら大して強いボケでもないので割とマジで善意、というかちゃんとしたアドバイスしようとしてる感ありますよね。

 トッキートイレ後編。当たり前のように迷ってるのが最高ですね。背景にチラリとウオミーと森さんが映ってるのもニクい。多分ウオミー経由で道場貸してもらったんだろうけど、直接顔出すほどではないよね、というバランス。
 んで、LINEと思われるアプリ描写でオチ。また出た!! そして今回もアイコンがなかなか気になる。トッキーのアイコンが狼なの最高すぎるでしょw 初めて本話読んだ人に「この2人のどちらかが中二病です どちらでしょう?」と聞いたらトッキーと答える人がいてもおかしくないというか。いや、一匹狼だからってのは分かるんだけど。ストレートすぎてトッキー超可愛い。

 再び英稜柔道部員とムツミ。注目の理由が明らかに。直接ではないものの、柔道の方の津田さんが出てくるとはとんだサプライズなんだぜ。とはいえ、こうなるのも当然か、という納得はある。
 津田という同姓ネタでオチ。いくらでも遊べそうな余地があって良いですね。
 てか、ムツミが「激しい寝技」を恋人同士の何かと認識した、というのはなかなか興味深いです。まぁ、その後に「結ばれた」というワードがあるので、ムツミはそっちに反応して照れて否定してるという可能性もあるんですが。

 最後にようやく生徒会登場。ラストページのサブタイが「津田さんの方」「津田くんの方」と対になってるけど、コトミも一応津田なんですけど‥‥とか少し思った。津田ネタとしてはコトミ出番ないよね。当たり前っちゃ当たり前なんだけど。
 柔道部がいない桜才の風景。しっかり雨も降ってます。
 津田くんの方が「特に三葉の声はこっちも元気になるしな」って言ってますけど、こんなことなかなか言えないですよね。異性の人のことを。ここらへん天然ジゴロなんだと思う。津田くん的には友人として、みたいな認識なんだろうけど。そもそもムツミと生徒会に紹介したのも津田くんなので、ムツミと一番関わりが深いみたいな認識あるかもしれないし。まぁ、スズの方があると思いますけど。
 んで、例のセリフをアリアが誤解してエンド。誤解したけど、言葉には出さず、というのが良いw
 てか、何気にラストページの「津田」ネタの2本、両方とも柔道の話をしてるのに言葉足らずで誤解、というオチになってるんですね。サブタイだけでなく、内容も共通してる。これはうまい。
 あと、3本目で熱血指導するムツミの姿が描かれてますけど、それも小さなフリとして機能してますよね。ムツミ普段こういうこと言ってますよ、という説明。ムツミにあんなこと言われたらそりゃ元気になりますよね‥‥


 ということで終わり。ムツミは今日も可愛いのである。長期の大ネタではないけど、ちょっとしたイベントであったので柔道部ファンとしても嬉しい回でしたね。トッキー、コトミ、津田さんと柔道部もドラマや歴史を重ねてきたんだなぁ、と感慨があります。
 お気に入りとしては、ムツミとチリのネタになるかなぁ。チリがただのツッコミ役ではない、というバランスになってて独自の、個性あるキャラクターになってますよね。

gohomeclub.hatenablog.com