北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

23号とかいう敵

 ジャンプ記事の更新が火曜に終わったので大変清々しい気持ちです。どうでもいい記事書きたくなっちゃうレベル。
 火曜深夜だから正確には水曜なんだけど、寝るまでが今日だから。

 最近はスランプと言ってもおかしくないレベルで更新のリズムがぶっ壊れてましてね。割と精神的に落ちることもあったんですが……よく考えたら原因はただの熱中症(一歩手前)でした。
 暑さにも少しは順応したのか症状も大人しくなってきて気持ちも晴れやかです。一時期動悸とかマジやばかったんですが、それも弱まってますね。暑さは心と心臓に来る。

 じゃなくて、ジャンプ記事の更新時期。
 最近ホント遅くて金曜周辺が多かったです。早くても木曜とか。どれも深夜ですよ。
 終わった途端、手元には次号のジャンプがあって……悪夢というか風刺画みたいな状況が何度もありました。

 そんなことを考えてたら。前に更新が早かったのはいつだろう、と思ったのですよ。調べた。

 つい最近、32号の記事を7/11に上げてます。水曜の23時。
 早いね。けど、火曜深夜ではない。それに、ここが早かったのはワールドカップで「今終わらせないと次の月曜までにも終わらないぞ……」という危機感があったからですね。

 火曜(深夜)更新。探し出すと結構大変。かなり遡ります。10号の記事。2/6。
 ほとんど半年前じゃねぇか……。長かったなw

 ちなみに、その翌号のジャンプは土曜発売なんですよね。土曜発売は生活リズムが崩れるので変なことになりがちなんですが、その前の風前の灯だったのかもしれません。

 連休のため発生した変則的な発売日という切り口で考えますと、戦犯は明確に判明してまして。ゴールデンウィークです。
 ゴールデンウィーク前の21-22の合併号。これは木曜深夜の更新でした。まだ可愛いもんです。

 問題はその次。ゴールデンウィークの間の5/2水曜に発売されたジャンプ23号が罪深い。戦犯。
 ブログの更新は土曜深夜になりました。4日目の深夜ならまだマシじゃない??と思うじゃないですか。それがねぇ、翌週の土曜なんですよ。11日目の更新という週刊誌の感想として何かがおかしい。

 その後は散々ですね。もう完全に崩壊しました。
 その次の号から普通に月曜発売ですが、ブログは土曜深夜。その後も金曜深夜など連発。


 結論。23号がすべて悪い。水曜発売は俺の敵。

 ……てか、この記事、数字ばかりで読みにくいな。読み返したら気づいた。