北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプの2018年上半期をふりかえるよー

 上半期を振り返ります。8月だろうと関係ない。俺たちの下半期はこれからだ!
 多分「下半期」はやりません。ずるいよね。
gohomeclub.hatenablog.com
gohomeclub.hatenablog.com
 はじめにレギュレーション。当記事で扱うのは2018年06号から2018年30号です。計24冊。まぁ、要するに2018年の1ー6月の間に発売された分。当たり前なんだけど、雑誌は12月から新年だから一応言っておかないと。
 フェアプレーポイントは存在しないので無気力試合はしないでください。
(……この段落は7月の頭に書いたからワールドカップネタが多いのです)

  • カラー獲得数ランキング

 まずは、カラー数ランキング。新企画です。簡単に出来る割に楽しかったです。
 表紙、巻頭カラー、センターカラーでそれぞれ1ポイントです。通常、巻頭カラーになった作品がその号の表紙を飾るんですが、その場合は2ポイントです。センターより巻頭のが価値あるからいいでしょ。表紙と巻頭が別作品になることもあるので、そういう兼ね合い。
 ちなみに、合併号の表紙はノーカン。巻頭カラーはカウント。まぁ、大体『ONE PIECE』です。

 何気にキレイにトップ10になりました。同率多くて分かりにくいですが。
 ちなみに、11位以降は3ポイントになり、これは新連載とその次号で自動的に稼げる数です。『呪術』『アクタージュ』あたりは分かりやすいですね。1つ目の壁を乗り越えた感。
 現在連載中の作品で一番ポイントが低いのは『銀魂』。2ポイント。センターカラー0回、表紙&巻頭カラーでのみ。まぁ、下半期すぐにセンターカラーありましたし、実写映画も公開なんでそこでまたポイントを稼ぐと思います。『HUNTER×HUNTER』は連載再開時のセンターのみで1ポイント。

 結果、意外じゃない?? ワタシは驚きました。『約束』優勝。表紙&巻頭カラーを2度経験してるのは当然強いんですが、それだけだったら『ハイキュー』『ヒロアカ』『ブラクロ』も2度ですからね。センターカラーの差で『約束』が優勝。勝因は分業制かな。
 ちなみに、表紙回数、巻頭回数ともにトップは『ONE PIECE』です。それぞれ3回。つまんないですねw ただ、『ONE PIECE』はセンターカラーが0回で固定なので今回のランキングに向いてなかったですね。
 『鬼滅』『火ノ丸』の善戦が個人的には意外でした。『ONE PIECE』以上の結果ってスゴイ。まぁ、アニメ化決定ブーストはあったと思います。『火ノ丸』は表紙0回なのにここまでよく頑張った。『鬼滅の刃』も表紙1回で『ハイキュー』に並ぶのはマジすごい。
 表紙ナシというと、『食戟』『ゆらぎ荘』『ボルト』も同じく。どれも4ポイント。ただ、『ゆらぎ荘』はポスター企画やってるのでプラス1してあげてもいいと思います。あれも巻頭だし。だとすると、『勉強』もポスターやってるので……各自で脳内補完してください。まぁ、優勝は変わらないです。『約束』サイッキョ。

  • 読切ランキング

 をやろうと思ったんですが、驚くほどにパッとしなかったです。一応作るけど、好きな作家ばかりの出来レースです。全部ギャグ。ひどい。
 ちなみに、出張も入れて15本です。その他に新年ショートギャグフェスタが1回あります。まぁ、ベストには入れません。入りません。

  • 読切ベスト3
    • 『恋するワンピース』
    • 『リカのじかん』
    • 『私のヒーローアカデミア』

 本当の優勝は『「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」で遊んでみた!!』になります。説明めんどいので省略。各自調べてください。完全一致で検索するとウチが出ますw

 みんな特別つまらなかったわけじゃないんですが、特別面白かったのを考えると大体この3本(4本)。全部ギャグ、全部好きな作家。スピンオフ2本、というクソみたいなランキングだと思います。やらなくていいレベル。定番だからやりましたが。
 下半期は頼むよ。tite kubo優勝とか本当にクソなので勘弁してください。

  • 新連載ランキング
    • 1.『呪術廻戦』
    • 2.『BOZEBEATS』
    • 3.『ジガ-ZIGA-』

 候補は8本。5位までやると残りがつまらないみたいな印象になるのでやめます。特に好きなやつだとこの3本。

 なんだろう、ここでいちいちコメントしてると記事が長くなるだけなので省こうかな。毎週せっせと感想書いてるワケだし。
 まぁ、言うならば、珍しくワタシのお気に入りが2度目のセンターカラーをゲトりました。めでたい。読切の時から好きなんですよねぇ。過去の総括記事でもかなり上の方に入ってると思う(ベストではないかな?)。

 対象作品は10本。新連載と重なる部分があるのでちょっと多くしました。ワーストはどれかなー??とか探さないでください。

 言い換えると「惜しい人をナクシマシター」なんですが、まぁ、そういう意味では『フルドライブ』ですよね。ひょっとしたら『呪術』より好きかも。ペロッ、これは天才……!!と思ったタイプの作品。『呪術』も割とそうね。好きな故人でランキング作っても『フルドライブ』優勝ですね。真凛様フォーエバー(シンデネーヨ)。
 んで、『ロボ』は全体を思い返してどうこうって感じじゃないんですが、毎週読んでる時の満足度はかなりのもんでした。
 『リコピン』は「ギャグ漫画の火を絶やさないでくれー!!」的な気持ちも加味しての上にしました。単なる好き度だと『青春』のが上かも。逆に『斉木』はギャグ終了ラッシュの旗振り役みたいなイメージあるので低いですw(勝手)

  • ベストエピソード

 ここらへんから細かい集計が出来てないのでぼんやりとした記憶頼りになります。なのでランキングにはしません。

 ただ、ベストエピソードは迷わず決定。『ゆらぎ荘』より雲雀ちゃん告白編です。正しい呼称は知らん。まぁ、圧倒的ですね。ぶっちゃけ年間も決まりでいいです。今決めちゃっても困らない自信がある。
 『ONE PIECE』のカタクリとの決着、レヴェリー編とかも良かったですよ。2018上半期感もあるので、そういうのにする人も多いと思います。
 あと、細かいですが、どうしても拾っておきたいのが『鬼滅』の梅毒のくだり。あれマジ衝撃でした。ふえぇぇ、ジャンプで梅毒は刺激が強すぎるよー(可愛くない)。

  • ベストバトル

 ジャンプの花形、バトル。その中で1位お決めるなら……ってさっきカタクリ戦出しちゃいましたけど、あれはバトル自体というより、決着時の2人が良かったのでちょっとニュアンス違う。

 んで、ベストバトル。『ボルト』青戦ですね。あれめっちゃ好きなんですよ。ぶっちゃけジャンプで期待できるバトル回の最高レベルなのではないか、とかそういうレベル。絵主体で、戦術や作戦が明確にあって、それが納得できて、絵としてバシッと決まる決めシーンがある。最高です。

 ベストセリフと言い換えるとちょっと語弊があるかな。まぁ、大体近いんだけど。


f:id:gohomeclub:20180817005407j:plain:w450
バカでも分かるように演じろ*1

 うん、知ってた。略して「バカ演」。当ブログでは死ぬほど使いました。マジ便利。それが作品の魅力に還元されてるかは疑問ですが。
 「最終回発情期(ファイナルファンタジー)」も今後使い勝手がいいという意味において強いかもしれません。まぁ、使い勝手でも黒山監督が最強なのは言うまでもありません。

2018年上半期ニュース年表

 半年なのに年表って……とは思ったんですが、まぁ年表です。俺は年表で行く!!(無意味な映画ネタ)

 上半期で区切ったので、年間でやる時よりも細かく行きます。めっちゃ長いです。どれをニュースとして、どれをニュースとしないかはワタシの判断です。いろいろ抜けもあります。
 時系列順です。たぶん。大丈夫だと思う。

ジャンプ謹製花札2018(06号)

 新年らしく?特別付録にジャンプ花札がついてきたんですが、これが神企画だったと思います。付録だと上半期ベストなんじゃないかな。なんせすべて描き下ろしですので、花札やらない人でも要チェックやで。どのくらい神企画かというと、ジャンプ花札で検索するとかなりヒットします。正攻法で見れるかは分かりません。一番正攻法は国会図書館かなw

2018新年号に定春登場

 この年間総括シリーズやるようになって毎年気にしてるのが新年号に干支の動物キャラが出るかどうか。ワタシが観測するようになってからは毎年出てきてますね。偶然なんだろうけど、偶然って尊い
 ということで、戌年には定春登場。まぁ、犬はイージーだよね。来年は亥、つまりイノシシ……『鬼滅』頼むぞw

ジャンプ50周年記念読切『eの原点』

 『ニセコイ』の古味先生の凱旋でごわす。凱旋したと思ったらeスポーツで流行に振り回されててヤァネェ……というのは間違いで、かなり早い段階から古味先生eスポーツ好きでしたからね。目次コメントでも発言してましたし。まぁ、要するに、新作は趣味全開ということです。

新年ショートギャグフェスタ2018

 年末号にも似たショートギャグ漫画の集合ありましたけど、新年号でも。
 ただ、個人的には年末の方が面白かったです。

『シューダン』連載終了

 もうこれ昨年末の出来事でいいと思うんですが、新年号で終了です。終わる?終わらない?新章突入でセンターカラー??とかいろいろ気になりましたが、フツーに終わりました。あのセンターカラーは何だったんだろうな。謎に優遇されておる。
 ちなみに、28話での終了ながら掲載がケツではないです。ここらへんも優遇されておる。
 目次コメントで「さーて、しばらくゆっくり休…まない!ではまた新しい作品でお会いしましょう」と言って去っていきました。負け惜しみとかじゃなく、マジですぐに新たな連載始まりました。他誌ですが。スゲェと思いつつ、軽く引きましたw

『BOZEBEATS』連載開始(07号)

 良い2018年は早々に良い作品が始まりました。良い年だ。

『クロスアカウント』連載終了

 これまた昨年末の出来事っぽいけど、今年。こういう中途半端に年跨がれると個人的には困ります(シラネーヨ)。
 ちなみに、こちらも28話エンドで、非ケツ。当時ワタシは「ジャンプは打ち切りに優しくなったのかも」と素っ頓狂な感想書いてたと思います。ファック。当時ケツ掲載だった『ゴーレムハーツ』『フルドライブ』で謎の増ページやってたのもあるんですよね。

藤巻先生、ラジオ聴いてた

 うしろシティのラジオ番組で、少年漫画のアイディアを募集して最終的に藤巻先生に描いてもらおうぜ(超要約)みたいな勝手な企画やってたんですけど、この号の目次コメントで藤巻先生からのリアクションがありました。この頃は『ロボ』の連載がありましたが、それが終わった今なら、描こうぜ! アナルバキューム!!
 ちなみに、目次ページ、読者コメントコーナーには「ガレージのギガターン」というtbsラジオリスナーとしか思えないペンネームの方からの投稿が載ってました。同じ号の同じページに。コレ狙ったろ。

『アクタージュ act-age』連載開始(08号)

 『BOZE』と違って半年生き延びてます。イイナーイイナー。
 けど、「バカでも分かるように」を残してくれたので『アクタージュ』は神。

BORUTO』センターカラーを逃す

 『BORUTO』といえば月イチ連載で、毎回センターカラーやっててヤァネェとか思ってたら、まさかの非カラー。何があったんでしょうね。人気なのか、ジャンプの構成やスケジュールの都合なのか。とにかく、超珍しいです。2度目……かな?

HUNTER×HUNTER』連載再開(09号)

 昨年の連載終了時に「年内に帰ります」と言ってたんですが、年あけちゃいました。まぁ、これはジャンプ側の都合もあるんじゃないかなと思います。
 ちなみに、「シマヌorシマノ」問題がありましたが、連載再開にあわせて発売された新刊では混在。連載再開では「シマノ」で、一部ファンがどっちやねん!!とブチギレだったと思います。
 今回の連載では「がっつり心の声抜けてた…。自分の能力を説明してます」という取り返しがつかない級のミスも披露してました。この目次コメントは11号で、コメント内容は10号なんですが、11号の本編にその穴埋めをするような場面があったので、単行本の完成版でどうなるのか楽しみです。

約束のネバーランド』「このマンガがすごい!2018」オトコ編第1位

 を記念して表紙&巻頭カラーでした。この賞がどこまですごいのか分からないけど、とりあえずすごそうなので。

Dr.STONE』休載

 非常に珍しい休載。『銀魂』みたいなベテランだとありますけど、1年も経たない若手作品が休載ってのはマジ異例です。

青春兵器ナンバーワン』シリアス長編中に人気キャラ投票結果発表をぶち込む

 当時は無茶苦茶すぎて「さすがww」と爆笑してたんですが、後になって思えば打ち切りが決まってたら発表のタイミングに余裕がなかったってだけなんですよね……やっぱつれぇわ。大事な最終章の途中だってのに。
 結果としては、ギャグ漫画らしく全力でふざけるような内容で面白かったです。『レッドスプライト』ネタもあるよ!!(なぜだ)

銀魂』14周年記念表紙&巻頭カラー(10号)

 最終章と言われてたものが終わり、巻頭カラーで2年後でエピローグ突入、初回オマージュみたいなネタもあり、誰もが「『銀魂』終わるな……」と思ったのではないでしょうか。終わりません。全然終わりません。なぜか他のギャグ漫画が続々終わります。なんでや。
 ちなみに、同号の『斉木』では火山が出てきました。明らかに最終回を匂わせる話。いやぁぁ『銀魂』のが先に終わるんじゃない??とか思ってた人もいるんじゃないでしょうかw(ワタシデス)
 ちなみに、お盆明けに『銀魂』表紙です。重大発表があるらしいです……

『トマトイプーのリコピン』で漫画村ネタ

 割と話題になったと思います。当時のジャンプの時事ネタ担当なのでまぁそんなに不思議でもないんですが、やっぱ「ジャンプで漫画村ネタ」という衝撃はあったようです。そんな『リコピン』もいなくなります。『銀魂』は今も元気ですw

ぼくたちは勉強ができない』1周年記念(11号)

 1周年ながらバレンタインネタやってて余裕を感じます。作品的にスルーできないネタってのも分かりますが。

バレンタイン特別企画岡田結実コスプレグラビア

 マジ驚きました。どう考えても2018年で一番の事件でしょう。ジャンプ50周年とか知らん。
 ジャンプにグラビアが載りました。グラビアだけど、あくまでもコスプレで漫画関連だから!!というのがジャンプの意地でしょうか。
 ちなみに、コスプレは『ゆらぎ荘』と『勉強』。前者は幽奈さんでいいんですが、後者は古橋師匠のみで非常に不穏でした。もう1人いるよお!!

『ゴーレムハーツ』『フルドライブ』連載終了(12号)

 まさかの同号終了となりました。ちょっと前にあった増ページとは何だったんだ。フツーに若い作品がそのまま終わる。

斉木楠雄のΨ難』連載終了(13号)

 最終回はセンターカラー、カラー3ページ、増ページという派手な待遇でした。まぁ、5年戦士ですからね。
 終わったけど、翌号から4コマの連載が始まり、最終的にはジャンプGIGAで真の最終回が掲載されることになります。かなりの大物が終わったのだと感じさせられますね。

ジャンプ50周年記念読切『岸部露伴は動かない エピソード10 ザ・ラン』

 50周年関係なくちょくちょく本誌に掲載されてんじゃん、とか思ったんですが、50周年企画の一環でした。まぁ、レジェンドなのは疑いようがないですが。
 ちなみに、『ジョジョ』門外漢のワタシでも今回の読切はかなり楽しめました。

『呪術廻戦』連載開始(14号)

 2018年上半期スタート組では最大のヒットと言っていいでしょう。ワタシもお気に入りなので大満足です。グッボーイ!!

青春兵器ナンバーワン』連載終了

 やたらとシリアスな話やってると思ったらフツーに終わりました。『斉木』に続いて本作も終わり、『銀魂』もいつ終わってもおかしくないのでジャンプのギャグ漫画不足が深刻……とか当時は思ってたんですが、『銀魂』は終わらず別の作品がまた終わりますw
 今思うと、終わらせなくてよかったと思うんですよね。ジャンプ編集部も後悔してたりして……と割とマジで予想してます。
 とりあえず、ケツ掲載ではなかったです。『シューダン』『クロアカ』あたりと一緒……にするのも失礼か。こっちのが全然長い。

『ノアズノーツ』連載開始(15号)

 同期スタートの中では唯一の連載経験者であり、小ヒットくらいはしたと思われる池沢先生が2番手スタート。
 そんな本作、2度目のセンターカラーはまだ実現してませんが、20話打ち切りというのは避けられたので、何気に池沢先生すごい。3作連続での早期打ち切り回避。

銀魂』に神流(かんな)登場

 当然これは実写版で神楽を演じた橋本環奈を踏まえた名前と考えていいでしょう。そんなハシカン、ツイッターにてこの件を喜ぶツイートをしたら、単行本派のファンからネタバレだと怒られました。気持ちも分かるけど、ハシカンかわいそうやろw
 最初その記事の見出しを見た時、月曜以前にツイートしたのかと思ったんですが、そんなことないです。むしろ水曜にツイートしてて優しいと言っていいレベル(忙しいだけでしょうが)。
 ちなみに、ジャンプにカメラ向けてその画像をネットに上げる行為がどうなのか、というならまだ分かります。まぁ、ワタシもやってるんですが。

『ジガ-ZIGA-』連載開始(16号)

 同期スタートの3本では、『呪術』当たり、『ノアズ』保留、『ジガ』打ち切り、という感じで2018年を折り返しております。『ジガ』好きだったよ。

僕のヒーローアカデミア』テレビアニメ3期放送開始記念表紙&巻頭カラー(17号)

 アニメ始まったら表紙もらえる、のが当たり前と思ってたんですが、案外そうでもない作品が出てきます。3度目でも表紙もらえる『ヒロアカ』はやはりジャンプを代表する作品と言えるでしょう。
 ちなみに、そんな号の本編でエリちゃんの「ワクワクさん」発言が飛び出ました。ロリコン殺しである。

ONE PIECE』900話突破記念表紙&巻頭カラー(18号)

 そんな裏で『食戟』がアニメ放送直前での表紙を逃しました。これは運が悪い。『ONE PIECE』のキリ番来られたらそら分が悪いわ。ずらせませんもんね。
 そして、『ロボ』の1周年も『ONE PIECE』表紙号でした。表紙もらえず。こっちは1周年のタイミングをずらせばよかったので、明確に『ロボ』の扱いが悪いと言えそうですね。

ブラッククローバー』下書き掲載

 結構大胆な下書きです。ただ、序盤の顔アップの会話シーンでちょっとです。このくらい何てことないですねw

HUNTER×HUNTER』休載へ

 ひどいミスはありましたが、下書きはないまま連載を終えました。その裏で『ブラクロ』が下書きってのが現代ジャンプを象徴してるようでイヤですね。

ハイキュー!!』ベストエピソード投票結果発表(19号)

 『ハイキュー』はキャラ人気投票に見切りをつけてるので、投票企画が変則的です。ちなみに優勝は青城戦です。負け試合がベストエピソードってのが面白いですね。

ゆらぎ荘の幽奈さん』2周年記念で2号連続センターカラー

 表紙もらえてないんですがぁぁぁああああああ???
 とマジでキレそう。中途半端に連続センターカラーとかやってくるのが忖度の波動。うざー。いいから表紙よこせよコロズゾ……とか思ってたら下半期早々に表紙きます。アニメ放送開始は偉大。

斉木楠雄のΨ難』企画ページに秋本治降臨

 メッセージだけかと思ったらイラスト。しかもがっつり1ページ漫画をプレゼント。秋本御大どんだけ『斉木』好きなの……

ジャンプ50周年記念読切『いにしえの滅び紋』

 『ILLEGAL RARE』でお馴染みの椎橋先生カムバック!!(『ぬらりひょんの孫』だよ)

Dr.STONE』1周年(20号)

 2017年スタート組では最大のヒットになるのかなぁ。賞とかメディアミックスの話題はまだあまり聞きませんが、これからあるでしょうね。さすがに『勉強』より上なのではないか。

ニセコイ』実写映画化発表

 ジャンプが実写化に精力的なのは感じてましたが、次にくるのが『ニセコイ』とはね。意外でした。しかもセンターカラーでの発表というのも何だか特殊でそういう意味でもサプライズ。
 ジャンプの実写化ではあるものの、映画のモデルケースは『俺物語』なのではないかと勝手に睨んでます。
 ちなみに、主演がジャニーズなので電子版では黒塗りですw

『BOZEBEATS』連載終了

 もっと時間があったら新キャラ出したりしたんだろうなぁ、という感じの終わり方でファンとしてはなかなかつらいもんがあります。面白かったです。

合併号表紙で衣装交換(21・22号)

 合併号恒例の集合表紙なんですが、今回は各主人公の衣装交換でした。
 一番気になるルフィはデクの衣装を拝借。デク愛されてんなぁ。
 ちなみに、デクは日向、日向は銀さん。そしてアスタがルフィ。

ONE PIECE』巻頭カラーでWCI編完結

 巻頭カラーが多い作品とはいえ、こういう節目のタイミングを整えてくるのはさすがです。まぁ、18号でも表紙&巻頭で、21・22が巻頭、23号が表紙だったので『ONE PIECE』のゴリ押しが凄まじかったです。
 とはいえ、最後の最後にゼフが出てきたらねぇ、ファンならグッときちゃうよねぇ。

ジャンプ50周年記念読切『BUILD KING』

 しまぶーの新作ですね。『トリコ』的な冒険モノで手堅く人気狙ってる印象を受けました。ホモホモしいコンビ愛ってのもしっかりありましたし、『トリコ』のインフレリセット版……と言うとフツーに楽しみだから困るw

新章突入記念で『ONE PIECE』表紙(23号)

 レヴェリー編突入ということで表紙にビビが登場しました。たしかに普段ジャンプ読んでない人への引きも強いんだろうけどさぁ……(その裏で悲劇が)
 ちなみに、レヴェリー編は大変盛りだくさんで楽しかったです。ちょっと情報詰め込みすぎてバランス悪い気がしてくるレベル。

火ノ丸相撲』巻頭カラーで表紙逃す

 ジャンプ読んでるとたまぁーに起こる表紙と巻頭の齟語。上半期ではコレが唯一の珍事でした。
 ちなみに、巻頭では本作初の人気投票の募集が始まりました。高校編の人たちは残念ですねw そして、それに募集すると抽選で火ノ丸くんと刃皇の抱き枕をプレゼント。まさかジャンプで半裸の抱き枕とは……

子どもの日記念「背くらべポスター」

 描き下ろしじゃないけど、結構好きな企画でした。連載作の各主人公を背の順で並べるというのもの。意外と低身長が多いとか、普通という印象のあるキャラでも160台でちょっと意外とかいろいろと面白かったです。

ブラッククローバー』下書き掲載

 名物です。作品以上にブラックな漫画家稼業……って冗談にして終わらせるのも良くないような気もします。頻度的にかなりひどい。が、次号さらなる、おそらく今年最大の悲劇が起きる序章に過ぎないのであった……

ぼくたちは勉強ができない』人気投票結果発表

 第1回ですが、いきなり波乱。まさかの先生優勝でした。なんでやねん。まぁ、『ブラッククローバー』とか『ゆらぎ荘』みたいに「そりゃそうだろうね」という感想しか湧かない結果ってのもアレなのでこういうのがあっても良いと思いますけど。

仲間りょう新作読切『リカのじかん』

 ジャンプ50周年記念じゃないのが驚きでした。なんでやろうなぁ。アニメ化もしたんだからレジェンド扱いでいいじゃない。ただ、平時の読切ではなく、一応ゴールデンウィーク特別企画。

『紅葉の棋節』連載開始(24号)

 かつて『ものの歩』で将棋漫画をやってた池沢先生が連載中に別の将棋漫画が始まるってのが面白かったです。
 結構好きです。

僕のヒーローアカデミア』文化祭編クライマックスにて下書き掲載

 下書きという珍事は今までに何度もありましたが、話が最高潮に盛り上がってるタイミングで、それも絵的な魅力が重要な回に死亡。あまりの状況に同情しつつドン引きした読者も多いのではないでしょうか。
 ちなみに、上半期の『ヒロアカ』で一番の名場面だと思うエリちゃんの万歳はこの回です。ちゃんと清書されてるのでエリちゃんは勝ち組。手の呪いを自らの手で払拭する、というのが絵1枚でバッチリ表現されてて最高なんですよね。
 ちなみに、同じ号で『銀魂』もしれっと下書きでした。ものすごく小さく。頻度の問題もあるんでしょうが、『銀魂』は誰かがハデに下書きした時に地味に下書き、という事態が結構ありますw

『キミを侵略せよ!』連載開始(25号)

 『斉木』終了でギャグ漫画不足が嘆かれるジャンプに舞い降りたギャグ天使……ではあると思うんですが、もうちょっとコテコテのギャグが欲しかった気もする。
 ただ、これも結構好きです。「超おもしろいじゃん!!」と声高に叫ぶほどテンション上がるような作品ではないんですが。まぁ、話のスケールの小ささが味であり魅力って感じです。

『トマトイプーのリコピン』人類絶滅

 突然のSF設定、311ネタ。とにかく衝撃的でした。マジ大石先生病んだのかと心配になりました。……と思ったら腰を病んでました。そういや目次コメントでも言ってた。
 EARTHと並べ替えるとHEARTになるんやで、というネタは今読んでもよく分かりません。

約束のネバーランド』TVアニメ化発表(26号)

 記念して表紙&巻頭カラーでした。アニメ化発表するだけで表紙もらえるっていいですね……
 ちなみに、それを記念して行われる本作初の人気キャラ投票。ジャンプ、単行本9巻、ツイッターで投票可能という変則的なルールになってました。ジャンプ以外のファンを考えてるっぽいですね。

食戟のソーマ』新章突入

 2年後ならぬ、4ヶ月後。学生モノだと2年後は勇気いりますねw 4ヶ月にしてはみんなイメチェンしまくってます。

『トマトイプーのリコピン』連載終了

 ジャンプ+に移籍らしいです。ジャンプの紙面上ではその他の情報はありません。詳細は作者のツイッターを見ないといけない。意地悪すぎる。
 ということで、ジャンプのギャグ漫画は『銀魂』と『侵略』のみになります。一番嫌がってるのは稲岡先生なんじゃないかしらw 荷が重すぎィィィ!!

鬼滅の刃』TVアニメ化発表(27号)

 発表するだけで表紙もらえていいわねぇ……
 アニメ化に関しての作者コメントで「作画崩壊の呼吸」というキラーフレーズが飛び出したのが個人的にはお気に入り。これも流行語候補だったな。いろいろ便利。

食戟のソーマ』附田ノロウィルスを食らう

 と目次コメント。休載とかないです。地獄。

週刊少年ジャンプ人生ゲーム」追加ステージコマ総選挙

 実際に発売されるジャンプの人生ゲームに関する特別企画。7月末発売のジャンプの付録として人生ゲームの追加ステージがついてくるので、それに使用されるコマを読者投稿で決めよう、という楽しい企画。
 なんですが、候補作に『ロボ』『ジガ』がいて、総選挙の結果が出る前に連載が終わる。

『シンマイ新田イズム』『剥き出しの白鳥』ジャンプ+より出張掲載(28号)

 互いの作品にイースターエッグ隠そうぜ、という企画があったんですが、つまらなかったです。

ゲーム『JUMP FORCE』発表(29号)

 出るのはまだまだ先です。キルコが出るなら買う。

緊急特別企画マンガ『「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」で遊んでみた!!!』

 作者はまさかの平方昌宏。こ、こんなところに。2ページのショートギャグを無理矢理1ページに掲載というすごいことになってます。が、内容はしっかり平方クオリティーなので、ファンはニッコリ。
 ちなみに、次号予告での告知なし、目次での作者コメントなし。それだけでなく、作者のツイッターでの告知もありませんでした。なんでや……

ブラッククローバー』第2回キャラクター人気投票結果発表

 個人的に気になってたアネゴレオンは大したことない結果でした。さみしい。まぁ、ノエルをおさえての女性キャラトップなのですごいのかもしれませんが。

『恋するワンピース』『コビー似の小日山』ジャンプ+より出張掲載

 新連載記念での出張ですね。少しややこしい。とはいえ、以前にあった『ONE PIECE』スピンオフギャグ祭りみたいな企画でも作品を出していた2人、後者は作品も同じなので、よほど評判が良かったのでしょうね。
 あれっ、『ゴーストプリンセス ペローナちゃん』は……?? この怒りは誰にぶつければいいのか。人生ゲーム? 桑田? 稲垣? 稲岡?

『キミを侵略せよ!』『アクタージュ act-age』雨ネタで隣接

 これだけだとまだ大したことない、と思うじゃん?
 ちなみに、『侵略』が雨でギャグやった直後にシリアスな『アクタージュ』が掲載なので気持ちの切り替えがなかなか難しかったです。

田中誠司』連載開始(30号)

 この翌号に『アリスと太陽』が始まるんですが、上半期と下半期の境目なので困った。迷惑な話です(勝手)。

『呪術廻戦』『アクタージュ act-age』2度目のセンターカラー

 同時にゲットです。前者は16、後者は22話目。「J覚醒キャンペーン」だそうですよ。よく分かんないけど、押されてます。

『アクタージュ act-age』『キミを侵略せよ!』風邪ネタで隣接

 仲良しかよ!! 2週連続なのでこれは笑いました。まぁ、雨を浴びたら風邪を引くのは当然っちゃ当然ではあるんですが。

特別読切『私のヒーローアカデミア』

 『ヒロアカ』のスピンオフ。ギャグ。4コマ。作者は根田……ではなく『さぐりちゃん探検隊』でお馴染みのあきやま。『さぐりちゃん』新刊の帯に堀越降臨したと思ったらコレです。予告とかありません。『ヒロアカ』がセンターカラーとか記念企画やってたりもしません。謎。けど、作者の目次コメントはあるよ。そこで2人して『さぐりちゃん』の宣伝してて仲良し可愛い。
 関係ないですが、『さぐりちゃん』の帯での堀越コメントが本当に秀逸なので見てほしいです。ついでに堀越版さぐりちゃんも見れます。

『ジガ-ZIGA-』『ROBOT×LASERBEAM』連載終了

 前者は14話、後者は62話目でした。ケツ掲載は後者。
 ちなみに、この号の『火ノ丸相撲』では刃皇がパターゴルフする場面が出てきます。狙った??


 終わった。文字数としてはいつものジャンプ記事の半分ちょいだけど、データ集めてまとめて、がしんどい。7月頭にやるつもりだったのにな。気づけばお盆休みだぜ。ファック。
 ちなみに、ニュースの中で個人的に一番印象的なのは、岡田結実です。平方人生ゲームも悩んだけど、さすがにコスプレグラビアにはビビった。

 いつも最後にやってるベストキャラは考えるのめんどいので中止です。年末まで生きてたらやります。まぁ、どうせ雲雀ちゃん優勝だと思います。

岡田結実 2018年 カレンダー 壁掛け B2

岡田結実 2018年 カレンダー 壁掛け B2

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

フルドライブ 1 (ジャンプコミックス)

フルドライブ 1 (ジャンプコミックス)

週刊少年 ジャンプ 人生ゲーム

週刊少年 ジャンプ 人生ゲーム

*1:週刊少年ジャンプ」2018年8号32ページ