北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』488話の感想


 水曜更新が習慣になるかと期待もしたんですが、難しかったです。

#488

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉。前回のあらすじ。絵は学校。続編あるあるですかね。今回のキーキャラである畑さんは前回出ちゃいましたし。

 ツチノコ捕まえるぞーおーっ。で、スズだけ落ち込んでる風なの良いですね。メインではないけど前回のフリからの感じます。
 不安なのはスズだけでなく会長も。蛇系が苦手だそうで。ただ、ウネウネへの対策もバッチリ‥‥でオチ。会長らしい、本作らしいオチだし、ローなタカツッコミも決まってるんですが、別のところでも驚く。このネタ、何気に今回の大オチ、ツチノコの正体と奇しくもニアピンですよね。どこまで勘ぐるべきか怪しいですが、伏線としても全然アリだと思います。

 監督役の小山先生。まさかの小山先生! これはサプライズでした。ありがてぇ。いや、柔道部の出番も期待してたんでそっちはスカされたんですが(勝手)。
 いやけど、やっぱ柔道部出なかったの意外ですね。そもそも事の発端と思われるコトミも出なかったのもすごい。まぁ、情報量の少ない作品なので「前回出たからいいじゃん」というバランスなのも分かります。
 とにかく小山先生。「横島先生じゃないんだ」というのが何より驚きだと思うんですが、そんな印象がオチに活きてくる。見事でしたね。小山先生と横島先生という組み合わせなので下ネタ以外に酒のネタになるのも意外でした。スルメっつったらアッチを考えちゃうよなぁw

 夜の学園とかツチノコとか、イベントとの関わりが薄いネタ突然ぶっ込まれたので笑った。アリアの聞き違いシリーズではあるんだけど、その中でも先日誕生したアナル握手。再び出てきたのでマジ笑いましたわ。
 しかも今回の聞き違いはクオリティーが高いw アリアじゃなくても聞き違える余地はある‥‥ないか。

 とにかく怖いスズ。なんだ猫か‥‥という冗談みたいな展開に対してまさにそのまま畑さんがイジる。あるあるネタとしても楽しいし、それに対するスズのリアクションが良いよなぁ。あの感じすごい分かる。突発的に怖いスイッチが入ると身動きひとつ取れなくなる。変なポーズで硬直するスズが面白すぎるw
 タカくんが割と冷静というか、放置みたいな距離感なのがまた面白いですね。「何もないよ!」とか言ってやれよw

 サブタイが「つづく」。何のことかと思ったら、次ページに続く。いや、ページのめくり演出とか本作すごい凝ってる方なのは分かってたけど、自分で言っちゃうかw
 先ほどスズ相手に遊んでた件がそのままタカ兄の身に起きた、って風にも見えますかね。まぁ、ツチノコはスズが恐れていたものとは違うんだけど。

 ラストページは8コマ。今回は隙間なく連続する4コマを並べた感じですね。4コマ目でしっかりオチがつく。
 ということで、ツチノコの正体。浣腸器でした。シリンジ。何となく見た目は知ってるし、使い道も知ってるつもりだけど、具体的な使い方、原理はいまいちピンときてません。石油ポンプみたいな感じで水?と送るのかな。それともあの膨らんだ箇所に水を溜める……のか??
 とにかく正体。コトミと思われる人物はこの正体を知った上で手紙を書いたのだろうか。もしくは夜、遠くにコレの影だけ見てマジで勘違いした、とか。とにもかくにも「穴にハマった」が伏線だとは思わなかったんだぜ……(たぶん)
 8コマ後半。サブタイの通り「がっくし畑さん」。誰かのこと忘れてませんかー??という感じで小山先生が出てきてオチ。えっ、てかマジでめちゃくちゃ見事なオチじゃない? 今週の1、2ページ目に出てきた情報がこのラストの8コマに集約される。3ページ目は発見。そしてこの4ページ目がオチ。1本目(ヘビに似た何か)、2本目(小山先生)、3本目(穴にハマった)、このすべてを利用した8コマになってますよね。これはやられたわ。
 あと、単純に小山先生マジかわいい。


 ということで終わり。コトミ出ないのかよ!!とか思ったけど、それはそれとしてめちゃくちゃうまいオチがついたので衝撃でした。1週7本の連載というフォーマットをフル活用したオチだったと思います。
 んで、今週のお気に入り。単独のネタでいえば「穴にハマった」なんですが、最後の8コマがやっぱ圧巻だよなぁ。序盤のネタが計算されてたっぽい構成も含め、マジ見事だったと思います。

gohomeclub.hatenablog.com