北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

COMIC失楽天 2019年1月号の全作感想

 最近感想がグダグダと長くならないよう気をつけてます。しかし、すっかり遅くなってしまった。

gohomeclub.hatenablog.com

「表紙」篠塚醸二

 本編があるタイプなのでエプロンにも意味はありますね。てか、エプロンってこないだのビーストでもありましたね。妙なシンクロ。
 本編では大したことないセリフなんですが、表紙のアオリでは「ムクムクしたね」がやたらと強調されてて印象的です。エロ配信なので彼女は見られる存在なんですが、彼女からも見られてる、というドキッとさせられる一言。

『マカナさんとエンゲーチンポ』六角八十助

 気づかなかったけど続編。3作目になるのかな。Komifloのバックナンバーだと1つしか読めませんが。今回はフルカラー6ページなので物語的な要素は少なめなんだけど、物語は既に描いてるので、今回はボーナスステージ的にエロいことだけ詰め込みました、みたいな感じなのかな。2人の物語も一旦ハッピーエンドを迎えた感じもありますし。長期シリーズでこういうフルカラーになるの面白いですね。かなり効果的だと思います。
 2、3ページの見開きの使い方が特徴的で面白いです。見開き全部を使うのではなく、中央のページをまたぐ部分に大きく決め絵。
 タイトルにもあるエンゲージリング。まさかのオナホで笑った。愛し合ってる2人が久々に再会したのになんでオナホ責めなんだよ。いや、エロマンガとかAVでオナホ出てくるの好きではあるんですが。完全に一方的な感じがエロいですよね。
 あと、ライスシャワーは笑った。こういうエロダジャレは元々好きですが、これは特に下らないw

『もっと私を見て欲しいっ!~×××を作ってみた編~』篠塚醸二

 タイトルから分かりますが、続編。Komifloバックナンバーにはない。久々の登場なんですね。まぁ、エロ配信の話なので、2人が出会うまでドラマが前回あったのでしょう。男が先生らしいのがとても気になります。
 タイトルの「×××」。「こども」かな?と最初に思って、まぁ正解ではあったんですが、その前に「オナホ」でもあるので驚いた。お手製オナホってマジかw そして、オナホネタが連続するのでそっちでも驚く。オナホブーム来てるで。
 そんなオナホ。やはりオナホ責めは良い。彼女を一切気持ちよくさせてないという非対称性、情けなさが良い。パイズリとかフェラでもそうだけど、肉体が触れてすらいない、というのが不甲斐なくて最高。
 からのオナホ&パイズリ。これは驚いた。貫通式になっちゃった話が出てきたけど、貫通式の意味はちゃんとあったんですね。実際に特別気持ちいいのかは分かりませんが、アイディアの面白さ、絵面のインパクトがすごいです。貫通式だと出した際におっぱいにかかるのも効果的ですね。この場合は非貫通式はあり得ないわ。すごい。
 ラスト。「※この後おいしくいただきました」はビビった。マジかよ。マジで喰うのかw いや、片栗粉だからう理屈として喰えるってのは分かるけど。ここまでやるならコンニャクとかのが良かったな。片栗粉の方が気持ちいいのかもしれないけどw

『恋は双似形』ボボボ

 彼氏の双子の弟に喰われる話。ただ、果たして喰われると一言ですませていいのだろうか、みたいな余地があって、そこが本作の魅力ですね。寝取られっぽい構造の話なんだけど、この3人の中で一番強いのは誰なのか、搾取してるのは誰なのか、という余韻を残して終わる。双子の弟がクズで、うまいこと言いくるめて寝取るだけではないですよね。彼女の方もなかなかどうかしてる。
 弟の方はあくまでも協力してるという建前を守って、攻めつつも焦らして彼女の理性が決壊するのを待つ。彼女が言い出すまで挿入しなかったのはポイントですよね。「俺は悪くない」という言い訳であり、彼のずるさだと思ってたんですが、最後まで読むと「すべては彼女の手の上だった?」みたいなニュアンスも感じられるから面白い。何なら弟の方が気持ち動かされちゃってる?みたいな感じありますよね。女って怖いw

『美女たちの狂宴』みどり葵

 姉の友達がやってくる。主人公は勉強中でそれを邪魔されて迷惑……という出発点が良いですね。怒りすら感じていたのに徐々にエロに浸食されていくグラデーションが面白いです。姉の友達たちも「邪魔しちゃってごめんね」という出発点なので、その穴埋めとして、という口実になってますよね。
 フェラはするけど、抜きはしない。その後もナシ。あとは好きにすれば、と放置するのはずるいw 年上には敵わない感じあって良いですね。襲ったという罪は主人公が背負わされる。向こうはリスクを負わずに気持ちよさだけを得る。ずるい、大人ってずるいw
 部屋にやってきた友達は3人で、酔って倒れてた人がいるので時間差でプレイヤーが増えていく。この展開が良かったですね。違和感もなく、スムーズに事態が拡大していく。友達同士でチンコの感想言い合ってる感じも優位性が完全に奪われてるようで良かったです。シェアされてる感じ、最高ですね。

『素知らぬ顔で』ムサシマル

 教師が風俗行ったら生徒が出てきた話。黒ギャルだけど優等生で、という設定も面白そうですね。短いページだからそこまで掘り下げられないけど。バッタリ遭遇しても悲壮感とかはそんなにないので、元々仲良い感じでしたね。あの距離感良いよなぁ。ベッタリじゃないけど、冗談は言い合えるような感じ。ギャルのキャラクターと相まって理想的だと思います。そのまま恋愛関係になるわけでもなく、って距離感ですね。すげぇ酔い。

『聖夜のオモチャ』春日野トバリ

 黒ギャル再び。やったーw
 クリスマスにかつての同級生と再会して、というちょっと運命を感じてしまうような雰囲気が良いですね。イジメというほどではないので、ひょっとして彼女は好意を持ってたんじゃないだろうか……みたいな期待をしてしまいます。見事に裏切られるんですがw ギャルは順調にレベルアップを重ねていてもはや手に負えなくなっちゃってる。まぁ、印象を左右に揺さぶられるってのは作品が優れている証拠ですよね。ぶっちゃけ、そういう意味でも優位性が完全にないので素晴らしいと思います。クリスマス設定だけど、安易にサンタの衣装とか着ないのもそうですね。彼女がやりたいようにしてるだけなので、別にサンタコスとか出てくるはずがないw

『甘露』堀博昭

 かつて教師に性の快楽を教えられてしまった女性の数年後、十数年後。呪いをかけられてしまったみたいな話ではあるんですが、それを『甘露』と題し、その甘さへの渇望を丁寧に描いていて見事です。当然エロいことして、その様子がエロいのですが、それまでの「我慢できない」という段階が既にエロいんですよね。そこが本作の本質だと思います。
 相手役のサトル君。美少年で良いぞ。青い瞳とかちょっとやりすぎな設定、アニメとかならいいけど、本作の雰囲気だともうちょっとリアル寄りな方がいいとか思ったんですが、違いましたね。あの青い瞳にもしっかり意味があった。中盤に明らかになるサトル君の正体。あれはビビったわw 要するに青い瞳ってのは遺伝の象徴だったんでしょうね。あの甘さを再び得るには、あの甘さを越えるためにはサトル君が、あの遺伝子が必要だった、という感じなのでしょう。そっからサトル君も父親への対抗心みたいなものが芽生えてくるラストも良いですね。歪んだ形ではあるけど、サトル君の成長物語みたいなニュアンスも感じるというか。父を殺して母を娶るみたいな話になってるじゃないですか。

『@neighbor』皐月芋網

 可愛い男の子が連続して最高ですね。てか、本作は1ページ目の作りがおかしくて。主人公と相手役がそれぞれ登場するんですが、男の子の方が大きく、コマの枠を跨いで登場する。可愛いポーズで。逆だろ、フツー女の子がこっちだろw 最高です。
 んで、エロ配信? ライブチャット? あんな機能あるんですね。まったくの未知の世界なのでたまげました。あんな交流できるのか……。
 動画サイトの検索窓で主人公の性癖を端的に描いてるのは面白かったです。これ便利な表現ですね。他の作品とかでも使えそうな気がする。
 てか、チンコですよ。チンコがすごい。でかい。というか、長い。ゴツくはないけど、めちゃくちゃ長い。あんな可愛い子にあんなの付いてるとかギャップやばすぎでしょ。マジで驚いてしまいましたよ。
 んで、正体をあかす。宇佐美くんの方からあかすってのが良かったですねぇ。あの顔を出した場面がマジ可愛い。
 印象的に「通話が終了しました」というパソコンの画面が描かれますけど、象徴的ですね。2人の間でギリギリのところで保たれてた何かが「終了しました」ということですよね。もう戻ることは出来ない一線を越えてしまった感。
 エピローグも最高で。宇佐美くんとの交流によって主人公が目に見える成長を遂げるってのも感動的なんですが、それに嫉妬する宇佐美くんが可愛くな……。隣の巨大なおっぱいの存在感も強烈ですけど、ちょっと宇佐美くんが強すぎますわw

『あこは首ったけ!』だむ

 ソープ。なんだけど、めちゃくちゃゴムに焦点を当てた作品になってて素晴らしい。やっぱゴムはあると良いよなぁ。最終的に生になるにしても、ゴムは経由した方が絶対良いと思うんですよ。本作はさらにゴムが物語の要素としてしっかり盛り込まれてるから最高です。
 冒頭4ページがカラー。ソープなのでカラーページで日常的に行われるエロを描いてから、モノクロページで新たな日常が始まる、という構成が自然ですね。
 ゴムへのこだわり。泡姫と書いてアイドルと読む。アイドルはみんなのものだからゴムはする、というロジック。
 んで、客を捕まえる。ソープで緊張する童貞が可愛い。なんか3作連続で男の方可愛いって言ってるんですが、それでいいのか。それでいいのです。緊張する童貞と、打算はあるけどめちゃくちゃ明るい主人公というコントラストが魅力的です。相手を元気づけるという意味において、まさにアイドルだったのではないでしょうか。
 童貞だからソープとはどういうものかよく分かってないので、嬢が気持ちよくなってるのかを気にする。それが主人公にとっては目から鱗で、という展開が良いですね。客を気持ちよくさせることで頭がいっぱいで、自分はうまいということに捕らわれすぎてた。
 エピローグ。生の魅力を知ってしまったけど、それでもゴムは捨てられなくて、というオチが良い。意味はないんですけど、あのサービスちょっと人気出そうな気がするw

『FALLING』田沼雄一郎

 本作も男の方が可愛い系なのかと思ったら、ですよ。まさかのエロ超人というか、何考えてるか分からない恐怖すら湧くというかw これはやられた。タイトルは恋に落ちる的な意味かと思ったんですが、どうやら違いそうですね。いや、最終的にはそれでも意味は通るのかな。
 徐々に彼女の方も感化され、エロ的にレベルアップしたと思ったら、彼の方がまだ上手でお仕置き。そのまま最後まで上下関係は揺るがないけど、彼女の方から文句は言うようになったし、じゃれ合いのようなケンカもするようになって恋人としては健全な姿に近づいた、という感じですね。学校のみんなに知られることを嫌がってたのに、最後の場面ではみんなの前で自ら、ですよね。この変遷にドラマを感じる。感動すらしてしまいます。最初に強引にキスをされたのが2人の始まりだったんですが、最後の場面では彼女が……というのが良いですね。良い終わり方。

『徒花』回転筆

 タイトルは咲いても実を結ばない花のことだそうです。知らなかった。一気に本作がどんな話か見えてきますね。子作り。
 夫の体質で子供が出来にくくセックスも減ってるところへ、夫の後輩が近づいてくる。手伝うという体裁でエロい関係になるってのが欺瞞ですねぇw そんな無茶な話に主人公は乗ってしまうんですが、それだけ彼女も悩んでる、溜まってるということなんでしょう。誘いを無慈悲に断る夫の姿は描かれて、結構クズな気もしますね。てか、冒頭の場面で “俺が溜まったらするくらいだ” とか言ってて完全にアウトなんですが。
  “俺よりセックス楽しんでるじゃん” のくだりは見事でしたね。自然な形で主人公の顔を隠すような構図が連続していて、ページをめくったら顔が見える。と同時にセリフがどーん。2人の欺瞞にまみれた関係を壊す象徴的な場面でありセリフだったと思います。これは名シーン。
 エピローグ。後輩が構ってやれと助言をし、夫がやっとやる気になるんですが、その助言って自分が中出ししたからそのカモフラージュとしてですよね。クズだ。周到なクズだ。ラストページ、2人の姿だけを見たらめちゃくちゃ美しい夫婦の姿だし、ハッピーエンドに見えるんだけど、その裏にはクズが潜んでいて、という奥行きが素晴らしいです。

『偏執の女』おさとう

 ストーカーを捕まえたら女でした。絵としてはめちゃくちゃ可愛いし、表情とかも完全に恋する乙女なんだけど、描かれる言動が完全に度を超したストーカー。このギャップがすごいですね。どうしようもないストーカーだと頭では分かっているけど、目の前の彼女を見るとドキッとしてしまう。キスした際の顔とか最高でしたね。あんな顔されたらホレてしまうわ。けど、ストーカー怖いよなぁw この揺れが本作の魅力ですね。最後まで明確な答えは出ないというか。仲良くなったらフツーに良い子でした、みたいな安易なオチになってくれないから最後まで揺れる。いや、アリでいいんじゃない??みたいな感じになるし、もうそれでいいと思うんですが、いきなり子供の名前の話始めるのとか、ちょっと怖いよなぁw いや、中出しした方も悪いんだけどさぁ。果たして可愛い個性として受け入れられるのか。どうなんでしょうね。マジで分からないですよ、こればっかりは。

『Crazy for You』終焉

 イケメン扱いされる女の子の話。みんなホメとして言ってるけど、本人としてはそうでもなくて、というギャップがねぇ、あり得そうでイヤですねぇ。一見何てことない、微笑ましい日常だけど、当人からしたらそんなことはない。そんな彼女の救いになったのが、変態のオッサンでというのがなぁ。彼女のことを女扱いするので、それが彼女にとっては何よりの救済になるのは分かるんだけど、だとしてもあのオッサンの近づき方は完全にアウトだからなぁ。間違ってるけど正しい。
 そんなオッサンが彼女との関係を続けるうちにまともになっていく……わけでもないですねw 「おなかに出す」のくだりはちょっと笑ってしまいました。絶対分かってただろw そんな中出しに対しても女扱いだと満足してしまうのがねぇ、闇深いわ。どんだけつらかったのか。
 あと、水泳部のエースである彼女が水着に切り込みを入れてやってたのも印象的ですね。オッサンとの関係が学園での優等生的な生活に浸食していってる感じが象徴的に表れてて良かったと思います。エロのために水着を1つ無駄にしてるわけですからね。彼女の中における優先順位が変わっていってしまってる表現として秀逸。

『Warm Charge』軽部ぐり

 露出狂。ストーカーがあったと思ったら今度は露出狂。いろんな女性がいますねw まぁ、変態は男だけじゃない、というのは真理だと覆います。
 主人公がED気味という設定も面白いですね。EDが治るほどにエロいことになる、というのはもちろんですが、EDなことで変態に襲われることが一種の救いになる側面が出てきますよね。変態に出会う話がちょっと感動的なニュアンスを持ち出すのですごいw そういう意味では『Crazy for You』とも似てますね。こっちは明るいので全然違うんですけど。
 そんなEDをいつ克服するかというと、最後まで付けてたマスクを取った瞬間ですね。薬指の指輪痕を見つけてから彼女の過去についての話になり、マスクを外す。ここで2人は初めて心を通わせた、とも言えますね。だからこそ彼はEDを克服する。あと、地味に序盤に出てきた人妻好きという設定がここでも生かされてるので見事でした。主人公にとっては夢のような変態ですねw
 エピローグが幸せいっぱいですごい。幸せ太りとか羨ましすぎるわ。それにラストショットの彼女の笑顔も眩しいですね。髪を切ってるので離婚のショックを完全に克服したのだと分かりますし、コンプレックスであった八重歯を隠さずに笑ってるのがまた最高です。そもそも八重歯はコンプレックスになる意味が分からないんですが……まぁ本人の気持ちの問題なので決めつけも出来ませんが。

『メス化のススメ』一煉托生

 カラダ目当てで近づいたらいつの間にか男友達みたいな関係になってしまった話。男女であることを感じさせない冒頭のバカ話パートが楽しいですね。自分が男っぽいことを気にしてることに気づいてから彼の方がエロ全開になるんですが、友達のために一肌脱ぐ、みたいなニュアンスもありますよね。当初の目的を思い出した、という側面もゼロではないと思いますが。彼の方がヤリチンであることは最後まで変わらない、というのが面白かったですね。彼女と出会って彼も変わった、とかではない。ヤリチンのまま彼女とさらに仲良くなる。
 セックスが始まって、最初は抵抗していた彼女が徐々に受け入れ出す。その境となる場面で、セーブするかの2択を聞いてくるゲーム画面が出てきたの最高でしたね。運命の分かれ道という表現として秀逸。引き返せる最後のところまで来て、彼女は引き返さないことを選択する。

読者コーナー

 編集が選ぶ前号のベストカット。納得かな。あの作品は最高でした。友達関係の女の子と一線を越えるという意味では奇しくも今号ラストの『メス化のススメ』と似てますね。あっちの方が幸せ純度が高いですが。今号の方は男の方にクズ性が残ってるのが面白かったですね。
 おさとう先生の修羅場飯。集中するため空腹状態はキープしつつムシャクシャしたときに食べるのがクリーミングパウダー。いわゆるクリープですね。あれ、直喰いすんの?? 衝撃ですわ。甘くて美味しいのかもしれないけど。修羅場でムシャクシャしたときに貪ってしまい、貪ると気分がハイになる白い粉……って絵面が完全にアウトだw そこまで言われるとちょっと試してみたくなるじゃないか。買っちゃおうかな……
goo.gl

 アンケート。面白かった3作品。『@neighbor』『あこは首ったけ!』『Warm Chaege』の3つかな。
 黒ギャル2作品もすごい好きでした。今号はショタ、黒ギャル、風俗、ゴム、オナホの良さを痛感しましたw
gohomeclub.hatenablog.com