北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『生徒会役員共』503話の感想


あけ
おめこ
とよろ

#503

 ※マガジンと単行本掲載の話数では1つズレが生じています。当ブログではマガジンに掲載されてる話数に準拠しますが、本来正しいのは単行本の話数です。上記の話数に+1したのが単行本版の話数になります(この段落テンプレ)。

 扉はパリィさん。巫女さん可愛い。本編は私服だからありがたい。
 パリィさんが「あけおめこ」言うかと身構えてましたが、ありませんでした。

 津田家の正月。生徒会とパリィさん集合。コトミはいないのはトッキーもしくは柔道部と初詣とか?
 コタツで少し狭そうだけどスズとパリィさんが並んで座ってるの良い。仲良し感(スズが一番小さいからみたいな世知辛い理由かもしれないけど)。
 漫画に限らないけどフィクションの住人ってやたら季節のイベント大事にするよねって思うことありますけど、今回は正月遊びをする明確な理由があるのが面白かった。本来ならコタツでまったりの予定が‥‥というオチ。

 庭で羽根つき。躍動するパリィさん可愛いな、私服も可愛いな‥‥とか思ってたら会長のオチがずばりその件についてなので読んでてドキッとしました。見透かされてるw(というか誘導された?)
 予定にない突発的に生じた遊び、だからこそ油断して、フワーリ、というのがとても良いですよね‥‥そっちに気を取られちゃうよね。仕方ないよね。

 凧。タコ。表記って大事。
 パリィさんのカタコトネタなんだけど、これは良かったなぁ。前のネタがほのぼのとしてただけに、急に物騒なワードが飛び出す衝撃がすごいw
 あと、罵られたタカくんがドキドキしてるのが見逃せませんよね。どうしてもMだから、ソフトMだから、みたいな勘ぐりをしてしまうw

 すごろく。からのアリア聞き違いネタ。1コマ目に全員の位置関係がハッキリと描かれてるだけに「その距離で!?」と笑ってしまう。
 アリアの聞き違いもそうだけど、それを無視して淡々とすごろくを継続するタカリアクションも良かった。あえてのスルー。そして、実際たくさん出ちゃってるw

 福笑い。1コマ目とサブタイの「あへ‥‥‥」の時点で嫌な予感しかしない。実際その通りになるんですが、思ってたより完成度が高いので結局笑ってしまう。それぞれの位置はあってて、向きを間違えただけでこんなことになってしまうのか‥‥という人相の奥深さまで考えてしまう。

 かるた。1コマ目に4種類、3コマ目に1種類のかるたが見えるんですが、「犬も歩けば棒に当たる」「鬼に金棒」「臭いものには蓋」「頭隠して尻隠さず」「花より団子」だと思います。しっかりデザインされてて感動するんですが、「頭隠して尻隠さず」が壁尻にしか見えない‥‥心が汚れてるのかしら‥‥
 話としては子供用のかるたに対して配置の記憶というガチで挑むスズが、タカくんに負けるというオチ。理詰めで効率的に攻めるのもスズらしさを感じるし、そこでちょっとドヤる感じも彼女らしくて良い。からの彼女ならではの敗因というオチも最高。

 総括。思い返せば1本目の1コマ目がコタツなんですよね。原点回帰とか円環構造とか言っちゃって差し支えないかもしれない。何で遊ぶにしてもベースとしてのコタツですね。コタツ欲しいよなぁ。いざ置こうとするとあれこれ準備が大変なんだよなぁ。
 今週何度も出てきたコタツだけど、みんなが一斉に寝出すという絵面のフレッシュさが良かったですね。コタツを味わい尽くせてなかった、みたいな。


 終わり。次号は休載だそうです。年末年始のマガジンの休みもあったので残念ではありますが、まぁ仕方のない話なので、仕方ない。
 今週のお気に入りとしては、「タコヤローっ」です。あれはマジで笑った。