北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ連載作の私的ランキング

 ジャンプが休みなので代わりに。特に面白い話もないので逃げの序列記事なんですが、メンツも大きく変わったしちょうどいいかなと。

gohomeclub.hatenablog.com
 正月のランキングがこちら。メンツが違いすぎて泣きそう。あれもこれもない……

 ふんたーは抜いてやります。上から10本です。今は嫌いな作品がないです。下の方の優劣を決めるのめんどかっただけです。みんなそれぞれ面白い中、個人的に好きだったり頑張ってほしい作品10本。

  1. 『ゆらぎ荘』
  2. 『ハイキュー』
  3. 『呪術』
  4. 『ブラクロ』
  5. 『約束』
  6. 『ヒロアカ』
  7. ONE PIECE
  8. 『鬼滅』
  9. 『髪を結い』
  10. 『ビーストチルドレン』

 ちなみに11は『チェンソー』かな。チェーンソーではない。

 順位考えてたら気づいたんですが、ベテラン勢が多い。ちょっと偏りがひどい。今のメンツだと『ゆらぎ荘』も相当古い方ですからね。老害の足音が聞こえる……

 そんな中、救いとも言えるのが3『呪術』。ジャンプって不人気作品を足切りしてくので、そこそこの連載期間を経てる作品だったらもうそれなりに人気はあるし、まぁそれなりに質もあると思います。だから「今〇〇が来てる!」とか、「私の一押しは〇〇!」みたいな話が割とナンセンスなんですよ。20話以内の作品だったら別だけど、それ以降ならとりあえずの選別が済んだ状態なので大体みんな好きです。「マイナーな漫画が好きで特に好きなのは『ONE PIECE』です!」という矢口真里コピペと同根。選択肢が限られるので自由意志がほとんどない。なので、日頃どう思ってるか、の方が重要なのかな。
 ナンセンスなりにお気に入りを挙げると『呪術』。おそらく最もつまらないチョイスになったようなw まぁ、だからといって逆張りするのも愚かなので仕方ないんですが。

 あと、毎回置きどころに悩むのが『ONE PIECE』でして、今回は7。連載期間が1つだけバカ長いので、大河ドラマと連ドラの7-9月の1クールを比較するくらい難しい。実際はこの例えでも不十分。
 なんかずるずる下がってきてるような気もするんですが、つまんなくなってるのではなく、「最近特に面白いよなー」みたいな作品を上にやろうとすると『ONE PIECE』が割を食っただけです。

 あと若いのだと9が『髪を結い』、10『ビースト』。各期の新連載の中のお気に入り、という感じです。他の作品が特別つまらないわけでもないですが、「好き」の度合いだとこの2作が抜けてる。
 『髪を結い』はぶっちゃけキャラがコマの中に立ってるだけである程度面白い、という愛着も出てきたので強いて言えばこっちが上。あとさっき本屋で見かけた1巻の表紙が可愛かった影響もありますw 「こういう感じになるのか!」って驚きは1巻ならではですね。
 『ビースト』は、知ってそうで全然知らなかったラグビーの魅力が分かりやすく描かれてるので好きです。ジャンプ読んでて「〇〇ってこんな面白そうなんだ」となる感動はかなり久しぶりな気がします。

 ここまで書いといてアレなんですが、ぶっちゃけ『ゆらぎ荘』と愉快な仲間たち、みたいな認識だったりもします。キャラや作品への愛着がすごいことになってきてるので、偏愛というか、かなり目が曇ってるんだろうな、と。ハマればハマるほど読む際のアンテナ感度が高まるので、よりオモシロに敏感になり……という循環。こうなると『ONE PIECE』と同じくらい他作との比較がナンセンスかもしれません。
 ここまでの現象は珍しいんですが、要するに私が大ハマリした作品がここまで長続きしたのが久しぶりってことですねw 好きだなーと思うといつの間にか終わってるので。


 終わり。最後にお知らせ、というかこれが本題なんですが、質問箱作ったのでコメ欄使いにくいって人はそちらに下さい。「どんなパンツ穿いてんの?」みたいな非常識なやつじゃなければ全部答えると思います。まぁ、パンツなら別にいいか。
 ツイッターアカなくても読める……はず!(よく知らない)

peing.net