北区の帰宅部の意訳

映画の感想を書きます(希望)

ブログを始めて12年

 11/29にブログを始めたらしい。1年に1回くらい決まったことを書くのもいいじゃないか、くらいの気持ちで今まで書いてたけど、今年は本当にそれどころじゃない。こんな余計な記事を書いてる暇があったら……。
gohomeclub.hatenablog.com

モンスターハンターライズ サンブレイク』楽しいよ

 アホみたいにやってしまう。厳密に言うと、瞬発的な楽しさが大きいのではなく、ダラダラと、延々と、それこそゴールのない楽しさ、心地よいマンネリが常に漂ってる感じ。新しいソフトではなく、既存ソフトの大型アップデートなのでその傾向がより強いです。
 そんなこんなでブログの更新が大幅に停滞しました。ブログを始めて以来最悪の状況。「ジャンプ記事どうすっかなぁ」と頭の片隅にずっとあったんですが、それを無視してやるゲームは楽しいか。それなりに楽しいぞ。

遅れた分も全部書く

gohomeclub.hatenablog.com

 遅れた分をすっ飛ばして最新号の感想から再開しようとも考えました。そりゃ案としてはある。別に毎週どうしても感想書いておきたい作品があるわけでもないしね。マジで今のジャンプ、いわゆる私の推し的な作品がない。そりゃ面白いし、あれもこれも好きだけど、偏愛の度合いが足りない。情熱もない。『HUNTER×HUNTER』再開も正直全然嬉しくない。もちろんあれば読むけど。
 ただ、ブログに感想を書くという行為がなかったらもはやジャンプ読む気が起きないんですよ。新連載にも手を出さないし、読切もスルー。そもそも積極的に面白い漫画を読みたいのなら評判の作品を後から単行本で読めばいいだけの話です。それには興味ない。そういうエンタメは映画でいい。雑誌の定点観測であり、やはりブログにおける感想を書くのが楽しいというか、それとセットで成立してる娯楽。
 そのような考えから、「遅れた分をすっ飛ばして再開」は消滅。遅れた分のジャンプ読むのが心底だるい。それでいて「読んでないから話分かんないんだけどさぁ」なんて特殊スタンスの感想を書くほど図々しくはないです。そんな人いたらイヤだよ。ということで、選択肢は「遅れた分も全部書く」、もしくは「もう読まない&ブログ書かない」。突然究極の2択なスケールになってしまい、我ながらビビる。ビビりながらやる『モンハン』は楽しいか。イヤなことが忘れられて楽しいですよ。
 ということで、さすがにやめるほど思い切りも良くないからなぁ……と全部書こうと思いました。「書くしかない」だとちょっとかっこつけてる感じあるけど、マジで消極的な選択として。逃げ場がない。
 古い号の感想書いても誰も細かい内容思い出せないし、読んでて面白くないとは思うんですが、上記のような理由、つまり自己満足です。

映画の感想

gohomeclub.hatenablog.com

 数えてみたら、13本。去年の11/30以降に書いた映画の感想。意外とあったな、というのが率直な感想。傾向としては、ネタバレ込みで感想書きたくなるとブログの重い腰が上がりがち。
 あとは毎年やってるプログラムピクチャー。『ドラえもん』と『名探偵コナン』。今年はどちらも歴史的なレベルの傑作だったと思います。特に後者は近年の『コナン』映画のゲームチェンジャーとなりそうな雰囲気を感じる。ただなぁ、売上的に極端に大成功したわけでもないから、ひょっとしたら今後への影響は少ないかもしれない。悲しい。
 あとはジャンプ関連の映画を観たら感想書きがちですね。毎週の感想(嘘)の感覚で映画の感想も書ける。『呪術』は面白かったけど、『ONE PIECE FILM RED』はつまらなかったです。マジ反省してほしいけど、恐ろしいほどヒットしたからこれに味を占めた大人が余計なことを言い出さないか本当に不安。連載完結まで、もしくは完結後に本当に面白い映画をもう1本やってほしい。マジで『ONE PIECE』で魔王って何だよ。尾田っち『ONE PIECE』読んだことない説ある。なんであんなのをアリにしちゃったの……。
 感想書かなかった後悔としては『メタモルフォーゼの縁側』。これは本当に面白かった。今年のベスト決定です。もう『ブラックパンサー』も観たし、たぶん動かない。何といってもその美しいロケーション。舞台が北区なんですねぇ。すげぇ見覚えある場所が次々と出てくるので笑ったし、「ちゃんとした映画になってる!」と感動しました。いや、北区関係なくマジで面白い映画なのでオススメです。

「岡ゼロ」連載完結

gohomeclub.hatenablog.com

 『サイボーグ009 BGOOPARTS DELETE』の連載が完結。ほぼ3年の付き合いになりました。こないだ最終巻が出たので『サイボーグ009』読者だったら是非。楽しめると思います。
 月イチでちょちょいと書くだけなので大した手間ではなかったんですが、本作の感想がいつもと違うのは、ツイッターにて作者にRTされる。読切作品の感想を作者に補足されることは今までにもあったけど、連載作品で、これだけの期間継続的に補足されるというのはなかなかない。たぶん初めてのことだったと思う。「楽しんでもらえて何よりです」「毎月楽しみにしてます」みたいな会話を作者と交わしてから翌月感想を書く、なんてこともしばしば。感想を読まれると分かった状態で感想を書くというのは変に身構えるというか、不思議な体験でした。正直な話、面白くて本当に良かった。つまらないけど『009』だから読んでる、とかだとマジで地獄でしたね。
 別の作品の話になるけど、作者からのリアクションで今年最も驚いたのは、ツイッターでDMをもらいました。リプライもらって「恐れ多い!!!」となったことはあるんですが、DMは初めてだったぜ。嬉しいです。ジャンプじゃないよ。

8マンvsサイボーグ009』はもうちっとだけ続くんじゃ

gohomeclub.hatenablog.com

 もうちっと(印象)。まだ『サイボーグ009』案件が存在することがおかしな話なんですが、もう1本連載はあって、そちらも追っかけてます。
 こちらは例の『モンハン』のタイミングで1話感想を書き忘れる失態がありました。岡ゼロの方の感想を書き終えて「よっしゃゲームやるぞ!」となったんだと思います(覚えてない)。先ほど書いたジャンプ記事についてと同様の理屈なんですが、こちらはブログがなくても作品は読むことは確定なので、感想が1話抜けても別にいいや、という判断。ごめんね。

『八乙女×2』はじまりました

gohomeclub.hatenablog.com

 去年は『生徒会役員共』の連載が終わってショックだったのですが、まさかこんなにも早く新作にありつけるとは。マジ朗報。毎月の楽しみです。
 小6の話で、月刊連載で1話につき1ヶ月進行する作品。どうやら来年の3月に卒業しそうな雰囲気なのですが、連載はどうなるのでしょうね。続いてくれー。


 終わり。ジャンプ記事の方は年末に読切の振り返り記事をやりたいんですが、そもそも最新号を読めてない状態で年末になったら話にならないっていうね……。

 「12」関連の映画って何があったかなー考えて最初に出てきた。12年の感想奴隷。ブラピがデウスエクスマキナのように登場する映画です。