北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2012年8号)の感想

 ジャンプでーす。表紙は『スケットダンス』、巻頭カラーも『スケットダンス』。そして、読み切りがございます。読み切りは今週から3週連続らしいですよ。
 一方、『ブリーチ』は今週から3週連続で休載。代わりに「Repeat & Reboot」という特別企画がやってますよ。さすが、企画名がオサレだぜ。
 少しだけ話題になってる酷すぎる進研ゼミのマンガが冒頭だけ載ってますよ。正直この手のギャグはあざとくて嫌いです。

スケットダンス

 ボッスンが椿に変装、という回。椿に変装って嫌がらないのか? ノリノリで変装してたけど。
 ミニハット女が素直に髪切ってくれる。新入生一同が早速モブ化してるんだけど。さすがにもうちょっとフィーチャーしてあげてもいい気がする。
 ただ、新入生が「トコローション10!?」と困惑するトコはおもしろかったですね。読者もトンデモ発明が当たり前になっているところに、客観視点をぶち込むことで笑いにしちゃうっていう。
 生徒会でボッスンまさかの喝采を浴びてたけど、生徒会役員共は意外と椿のやり方好きじゃないんじゃね? 悲しいね。泣けるね。

『ワンピース』

 船出。個人的に『ワンピース』の船出エピソードは打率十割だと思ってるんですが、今回は異常にアッサリでしたね。直前にビッグマム云々のトラブルで揉めたから船出に焦点が合ってないまま島出ちゃった感じ。
 シャーリーの「ルフィが魚人島を滅ぼす」って予言はまだ生きてるみたいですよ。ホーディを凹ることが魚人島を滅ぼすことだと思ってたんですが。予言によるサスペンスは先延ばしのようです。いずれ、魚人島の人たちが地上に移住する時に回収するのかな?
 国王と右大臣のやり取りがツボに入ってきた。「いやー国王ポジティブシンキング」 「そうそう 竜宮城湿気多いですし…」 とかすげぇおもしろい。ただ、玉手箱の爆弾のサスペンスも先延ばしなんだね。
 ナミに絡みつくルフィがエロ怖い。ろくろ首の触手プレイだな。
 んで、新世界へ旅立つワケですが。ここはグランドライン入りする時のシーンと呼応してるんでしょうかね。しらほしと小指くっつけるシーンが、樽を足で割る進水式のシーンと似てますし。グランドライン入りの時には山から滑り降りる下降の動きだったのが、今回は上昇の動きになってるのが味わい深いですね。
 まぁ、だとしたらゾロとフランキーも参加しろよ!!って感じですが。空気読んでほしいですね。
 船出を見送るしらほしが泣き顔を海水で洗うシーンがステキでした。グッときた。

『トリコ』

 善玉ボスと悪玉ボスが兄弟だったそうで。「兄弟」 「3人で」と聞いて「『ワンピース』っぺぇー」と思ってしまう程度には『ワンピース』ファンです。一龍と三虎となるともう1人は名前なんでしょうかね。次郎は無理あるしなぁ。

バクマン。

 サイコーと亜豆の夢を服部に打ち明ける・・・・って服部このこと知らなかったんだっけ?
 アニメが終わるまで連載は終わらせられない(かも)、作品を伸ばすと質が落ちる、という葛藤。連載が終わってからアニメ化すりゃいいんじゃね?とか思う。『デスノート』もそうじゃないですか。
 まぁ、ワタクシはサイコーの恋模様とか1ミリも興味がないので全然ノレないってだけですよ。

銀魂

 徹底的にボケサイドに回る新八が生き生きしてるよ。一番ボケたがりなんじゃないかってくらいボケてくるよ。
 ゲロあんぱんのシーンはちょっと感動しちゃいましたね。まぁ、ゲロですが。喰えないですが。そういう趣味はないんで。

ニセコイ

 扉絵におぞましいまでのフェティシズムを感じる・・・・・なんだろうこの気持ち・・・・・・・気持ち悪い。なんだろうね、制服を脱ぐ、脱ぎかけの瞬間にエロを感じるのは至って全うだとは思うんだけど、「脱ぐのそこぉ!?」って感じ。生憎ワタクシは女子の制服を脱がす、もしくは脱ぐトコを観察するという経験がないので、制服を脱ぐ順番というのがわからないのですが、あそこからなの? あのピラピラからか? セーラー(船乗り)がアレを耳に当てて遠くの音が聞こえるようにするために存在するあのピラピラ??? ・・・・・ワタクシの手には負えません。本編読も、本編本編。
 脇役のダブルメガネのハッスル回。やはりこのメガネ×2が活躍するとおもしろいですよ。新鮮です。特に女メガネはヒロイン2号に関する知識をほぼすべて網羅しているようで、主人公&読者よりも詳しそうです。ヒロイン2号に超優しいのがちょっと百合の匂いがするのもイイ感じです。まぁ、貧乳設定はちょっとあざといけど。
 男のメガネは思春期全開のハイテンション。そんな彼に女メガネが冷静に暴力的なツッコミを叩き込む、というのが彼らの漫才。かなり好きですよ。少年マンガ特有(でもないか)のあのノリ、個人的には大好物です。
 今週は鼻血ブー率がやんごとないですな。エロ展開に対して鼻血ブーでオチをつけることでそれ以上のエロを抑止する役目があるんですね。まぁ、現実的に考えたらあんなんで鼻血だったらエレクチオンしてないとおかしいですよね。エレクチオンギャグは本作ではやらないということなんでしょうか。下ネタの許容ラインが低いなぁ。この手の作品に下ネタは避けられないと思うんだけど。
 とか思ってたら、まさかまさかの急展開ですよ。鍵&鍵穴のくだりをアッサリを進めますね。超意外。

『DOPPELER』

 読み切り。ドッペルゲンガーのことですよ。
 本編1ページ目、せっかくのカラーページなのにモノクロで済ましちゃうのもったいないね。まぁ、物語的にモノクロに意味は込められてるんだけど。そんな1ページ目。「リストカッターが主人公とか!!」とワクワクしたんですが、この人は悪役でしたね。超残念。
 そんなリストカッターの衝撃がでかかったので、主人公が死にたがり、ドッペルゲンガー降臨!という物語で超大事なシーンのインパクトが激弱になってしまいましたね。「あっ こんなんで出てくるんだ・・・」って。一度死んで甦る、っていう物語の超王道をやるんだから最初の死はもっと印象強くしてほしかったですね。死にたがる意味もよくわかんないし。全然絶望が足りないよ。イジメ描写もぬるいし。そもそもね、死にたいって考えてるヤツが教室で机に突っ伏して寝てたら、それは間違いなく寝たフリですよ。なのにのんきに夢なんか見ちゃってねぇ。
 モノクロの夢、灰の夢っていうけどさぁ、少年ジャンプって元々モノクロだからなぁ。演出が全然伝わらないよ。言葉で説明するんじゃなくて見た目で迫力あるのが欲しかったですね。
 んで、肝心のヒロインね。本作の場合はただのヒロインでなく、主人公の唯一の生への希望なワケで超重要じゃないですか。なのに、なぜ主人公のことを慕うのか、かまうのか全然理由がわからなかったですね。理由もなく女子からかまわれるなんてハーレムマンガですからね。死にたい人とは不釣り合いすぎます。別にさ、主人公のポシティブ面を描かなくても女子に好かれるってなんとかなると思うんですよ。母性くすぐられたでもいいし、ヒロイン自身がコンプレックスの塊で主人公に勝手に共感してたとか。そういうのがないから、主人公がヒロインに対して生きる希望を見出すってのが全然燃えませんでした。
 そんなぬるま湯ヒロインが一気に絶望に突き落とされる、という吸血目撃シーンはよかったですね。読んでて引き込まれます。もっとじっくり見たかったくらいですよ。血ぃ吸うのは手首から、とかあったら余計おもしろそうじゃないですか。
 殺意を糧にスーパーパワーを発揮ってのはひねくれてておもしろかったですね。まぁ、「主人公が生きる希望に気づく→殺す」って論理がややムリクリでしたが。「守りたい」と「殺す」は直結しないよねぇ。
 もうちょっとヒロインとのエピソードがあったらかなり好きになってたと思いますよ。基本的に根暗に優しい女子は好きですから。それだけに残念でしたね。あっ、あとね、主人公と悪役の見た目の区別が付きにくかったです。読みづらい部分がありましたね。登場人物少ないのに良くないですな。

『パッキー』

 まさかのタケル父回。こらぁ、来週はタケル母かもな。
 「タケル父→猛る乳」ってネタはうまかったですね。前回に「タケル姉」という言葉を浸透させてたので「タケル父」に違和感がなかったと思います。
 最後のパッキーの頭突きが分析みたくなるトコもおもしろかったですよ。もはやサイコメトリーの領域ですね。

べるぜバブ

 シリアス展開の後遺症で記憶喪失、の続き。ヒロインが母として、嫁として目覚めていく様はギャグになってておもしろいですね。
 レディースたちの「ネタにしないとやってらんないっスよ」 「そうそうウチら結局殆ど活躍できなかったし」 「あんなに修行したのになぁ」という会話。シリアス展開の大きな欠陥だと思ってたんですが、一応作者も自覚してたんですね。照れ隠しギャグということでしょうか。
 んで、冷やかすレディースたちがやたら楽しそうでした。それに対して照れる主人公ね。やっぱ男鹿は振り回された方が楽しい。
 そして、それを見て「何…? このラブコメ」とドン引きの2人がいたり、本作自体に対するメタ的ツッコミにもなっててうまいです。
 んで、ヒロインの「どうしても記憶を戻さなきゃいけないでしょうか?」でグッときた。これは泣ける。ラブコメ展開の終わりを感じさせる切ないシーンですね。って思ってたらそこで男鹿がムードぶち壊す、ってのが本作らしくてイイです。「とどめに天空×字拳」で笑った。あの『ドラゴンボール』に出てきた水を求めて天下一武道会に出たヤツね。名前覚えてねぇよ。
 んで、「妻です」の一言で修羅場突入。うわーマジでラブコメまっしぐらだー。

『クロガネ』

 修行パート突入かと思いきや、新キャラ登場。敵校に似たような見た目の人がいたからちょっと混乱しました。
 新キャラが主人公にコーラおごってあげるくだりはおもしろかったですね。「あー俺炭酸飲めないやー」ってのがうまかった。
 ただ、この新キャラの運動能力がトンデモすぎた。本作は割とリアル路線だと思ってたのにいきなりフィクションラインが高すぎる。
 ただ、新キャラがヒロインにホレてるって設定は今後楽しそうな予感ですね。ぶっちゃけ今までのヒロインって空気だったので。

『magico』

 骸骨を甦らせると泣いた裸のネエチャンが、ってのがエロかった。それと同時に悪役が生と死を弄んでるってのがよく現れててよかったです。それに、「死んだら裸」ってのは後のフリにもなってましたね。まぁ、「死んだら裸」自体に理屈はないんですけど。
 「乳牛みてー」って笑われるシーンで肝心の乳牛ポーズを映さない神経が知れないです。エロがやりたいのか隠したいのかサッパリわからん。やんないならやんないでマジメにやれよ。
 今週は実況キャラがやたら主張してきてウザかったです。こんなに前に出てきてたっけ? ちょっと黙ってて。

いぬまるだしっ

 影の薄い男の先生の回。
 「卒園まであと1ヶ月」ってなにげにスゴイ大事なこと言ってない??
 唯一の趣味、エア競馬で笑った。いや、すげぇ健全でイイ趣味だと思います。楽しそうだしね。
 んで、同僚にAV借りるとこを目撃されるという地獄体験。どうやらケツフェチ系の作品のようでしたが、保育士のコスプレモノとかじゃなくて本当によかったね。
 食事に誘われて、「まずはフリスク!」ってのがすげぇ童貞臭い。
 んで、まさかの男前展開にはやられましたね。折り畳み傘常備のくだりはフツーにカッコよかったですよ。
 と、今まで掘り下げないことが個性だったあの男の先生だけど、掘り下げてみたら意外とおもしろかったですね。さすがでした。

こち亀

 アマゾンで買い物してると経験する「なんでそれすすめるの!?」というあるあるネタ。久々に『こち亀』のお下劣ネタで楽しかったです。サンドイッチ方式を見抜いてAVやエロ本をすすめてくるコンピュー太に笑った。この子・・・・出来る!
 ただ、ただですよ。アマゾンとかでエロ関連の買い物する時って第二アカウント使うのが基本なんじゃないでしょうかね。テキトーにメールアドレス作っといて、エロ用のアカウントを準備しとくのが定石じゃないの? 両さんだったら知ってて然るべきだと思うんだけど。
 ということで、後半の他人のアカウントでエロを買いまくりって展開は全然おもしろくなかったです。みなさんは人に迷惑かけずに第二アカウント作りましょうね。
 ラストのコマで両さんが戦車のプラモ作ってるのには笑った。意地が悪いね。

ハンターハンター

 丑が戌に、戌がレオリオに票を譲る、という展開。丑はマジメで謙虚でイイキャラしてますね。十二支の故事(動物レースのヤツ)のキャラと合っててイイです。こうなると、子に騙されて十二支に入れなかった猫とかが逆襲しに来たりしないですかね?
 そして、アルカちゃんナニカちゃんの方で新展開。展開というか、アルカナニカのルール発表。これはもっかい初めから読み返したくなりますねー。ジャンプは捨てちゃったからなぁー。単行本待ちか。
 んで、レオリオのズリセン演説が喝采を受けて、子の演説が。それと同時にナニカちゃんの「あい」。目が離せませんなぁー。楽しすぎるぜ。

『ST&RS』

 おっ、ケツじゃない。
 いよいよ宇宙へ。スゴイ違和感ありますね。・・・・・てか、なに今週の展開!? こんなマンガだったっけ?? 無重力で乳が揺れるとかそういうマンガじゃなかったでしょうよ。どうした、なにがあったんだ・・・・・。『バクマン。』で言ってた打ち切りの直前に次回作のために実験的な展開を試してみる、ってヤツか。となるとやはり、いよいよ、いよいよなのかぁーっ!!!
 テンション高めのギャグ展開もビックリだったけど、根暗とマジメくんによるお色気展開は意外とハマってておもしろかったですよ。
 なによりも、サイコーだったのが宇宙酔いですよ。宇宙ゲロ。無重力でゲロ吐いたらどうなっちゃうんでしょうかね? やべぇ、ワクワクが止まらないわー。勢いよく吐き出さないと口からゲロが離れてかないのかな? 無重力だと液体はまとわりついて離れないっていうからゲロの掃除大変そうだなー。ゲロ吐いた後どうなったんだろうなー。もっとしっかり見たかったです。てか、ゲロ袋に吐くのも難しそうだよね。うわぁー、超気になる。やだぁ、興味あるぅ。
 宇宙ステーションに着いてから、真っ先に便所の場所確認してたのがサイコーですね。無重力だと便器にどうやってゲロ吐くんだろうか・・・・・・(しつこい)。
 んで、最後の煽りコメントが「その時まであと少し…!!」って打ち切りのことじゃないですか。超笑った。

黒子のバスケ

 今週のケツ。先週は巻頭カラーだったのに・・・・・・。天国から地獄。
 通常シュートは手首と指の力で打つけど、主人公の場合は掌で、って修行パートが楽しかったですね。ホントなのかよくわからないトンデモ理屈が素晴らしいです。主人公の変則フォームの理由付けにもなってておもしろいです。
 相手チームは1人守備専門だから攻撃は1人少なくて防ぐの簡単じゃね?とか思ってたら紫も出陣するみたいです。あぁ、守備専門じゃないんだ・・・・。それが個性だと思ってたのに。

投稿コーナー

 49号開催の「日本一イヤなタイムカプセルの中身決定戦!!」の結果。2位が当たりましたね。やっぱ2位が一番おもしろいと思います。

日本一カッコいいウンコの叫び決定戦!!
 お題が既におもしろいっていうね。お題のせいかテンションで押し切るネタが多くて楽しかったです。

まっくろくろすけ出ておいでー!!
(飛ばねぇ豚はタダさん)

 イカスミパスタでも食べたのかな? メイちゃんばりの天真爛漫さでウンコしてみたいものです。

ビッグベン アターーーーーーック!!
(キイロさん)

 こちらはベジータ王子。既存のネタを連想させるとテンションの温度差が生まれて笑ってしまう。

お尻から出した子 一等賞!!
(赤炊さん)

 う、うまい・・・・・(笑) 夕焼け小焼けでまた明日。

美男道!
 新コーナーながらネタの傾向が統一されてておもしろかったです。パンパさんの「エレベーターの扉が開くときは、こう」ってイラストネタがサイコーでした。自分に酔いすぎ。

捨て犬に「おまえも一人なのか?」とつぶやき、そっと抱きかかえる。
(きつとさん)

 絶対に雨降ってますね。そして、雨なのに絶対傘はさしてないです。普段は不良っぽい彼が・・・・!みたいなね。イケメンってそういうもん。

目次

 「爆裂1コマ漫画」のコーナー。今週は、ちょっとなにがしたいのかよくわからないです。笑いを取りには来てないよね? このコーナーは見事に迷走してるなぁ。

最近オープンした代官山蔦屋書店が凄く気になります。一度行ってみたいです。
(『バクマン。』)

 ワタクシも行ってみたいです。映画コーナーがスゴイらしいですね。こないだ宇多丸が言ってたよ。

去年の年末に買った本棚とかがまだダンボールの中です。組み立てるのがめんどい。
(『パッキー』)

新しく本棚を置いたら一瞬で埋まってしまい、ちょっとしょんぼりしました。
(『クロガネ』)

棚を組み立てたら全身筋肉痛に。運動不足を実感。明日から運動するか迷い中
(『magico』)

 どいつもこいつも棚棚棚!!! 仲良しだなお前ら!!!!


 総括です。
 『ブリーチ』が3週連続休載ということで、3週連続で読み切りが始まりました。今週のは個人的にハズレです。邪道展開でダークサイドを描くはずなのに全然絶望描写が足りなかったのが致命的。あとヒロインね。
 それと『ST&RS』の打ち切りスメルがマジやんごとないレベルにまで達してきましたよ。『ブリーチ』が帰ってきた時に『ST&RS』は載っているんでしょうか。大変気になります。

 最後に、MVPキャラを決めてお開きでーす。まずは次点から。

しらほし 『ワンピース』
 海面で顔を洗って涙を流すってコマが大好きでした。しらほし自体はちょっとあざとさを感じてしまって好きじゃなかったんだけど、このシーンはよかった。

レオリオ 『ハンターハンター
 正直アルカナニカよりも好きです。ズリセンは忘れません。

男の先生 『いぬまるだしっ
 ちょっと名前が思い出せないです。最後の男前展開が意外でしたよ。折り畳み傘のくだりはただのイケメンでした。

 んで、今週のベストキャラは。

御闇いづみ 『ST&RS』
 理由? ゲロですよ。無重力でのゲロが超楽しかったです。心躍るとはこのことです。まさかすぎるお色気展開に驚いてたけど、結局はゲロですよ。宇宙酔いからの無重力ゲロ。
 今週は『銀魂』のたまもゲロだったけど、無重力という点でこっちのが勝ちでしょう。

 ゲロといえば、先日発売の映画『ピラニア3D』(ソフト版だと『ピラニア』なんだっけ?)。先日の映画秘宝2011年ベストに選ばれた作品なんですが、3Dで見れば飛び出すゲロが堪能できますよ。オススメです。