北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年15号)の感想

 いろいろありますが、更新します。不謹慎と思ってもブログなら誰の迷惑にもならないですし。
 所詮は東京在住なんで大した被害にもあわず、被害者面もできません。偉そうなことも言えないし、今回のことについて気の利いたことも思いつかないんで、普通に更新します。できれば、映画の感想も書きたいと思います。

 まっ、オレからジャンプを奪うこともできないとは地震よ、片腹痛いぜ。
 人間ナメんな!!


 ということで、普通にジャンプの感想でーす。
 先週、新連載も読み切りも最終回もなく、通常営業のジャンプです。休載もなく至っていつものジャンプ。


『ワンピース』
 扉絵で「くいなの墓」が出てきてテンション上がる。しかし、あの世界の共通言語ってなんなんでしょうか。文字としては日本語だったり英語だったりするし。
 本シリーズのラスボスの1人と思われるホーディがいきなり戦闘開始。アーロンがアゴ自慢だったのに対し、こちらは握力自慢。ルフィには一切効き目なさそうですね。
 ウソップの新技ラフレシアが臭い責めってのは卵星と同じですね。相変わらずで安心しました。
 ゾロの「あいつが追ってきたら・・・誰も逃げられねェだろ・・・」ってセリフ、ルッチ戦のルフィみたいですね。あいつ、船長の座狙ってるんじゃねぇの? 水中戦だと刀くわえられるんでしょうかね。


銀魂
 将軍の期待に胸ふくらんだ顔が素敵すぎて爆笑でした。
 そして、十字架のシルエットで空を舞う将軍様が神々しかったです。


べるぜバブ
 全員集合の扉絵がなんか最終回みたい・・・・・と思ったら連載100回記念でした。
 オガとベル坊のコンビネーションが素晴らしかったです。


『戦国ARMORS』
 「かわい過ぎる尼さんキター!!」というセリフで笑った。バカすぎる。
 しかし、姫様を置いてホームランされた主人公を捜しに行ったあのハゲは究極的にバカですね。ツッコミ以外に自覚なさすぎて泣けます。
 あらゆるものを爆壊する金棒型ソドムが出てきましたけど。あの人にピラフあげたら撃たれそうですね。ドンクリーク!!!


バクマン。
 怒濤の中井さん展開。
 ピザに続きましては、アイドルを観ながらカウチポテト。やべー、中井さんマジパネー。
 三角関係に期待してましたが、三角関係に突入する前に中井撃沈。あそこでストーカーにならなかったのは中井最後の良心。
 七峰のネットのお友達、ついに炎上。人気も落ち、自滅路線一直線。
 9位を7位と嘘ついたり、小物すぎて七峰がかわいく思えてきました。


『メルヘン王子グリム』
 ハゲにカッペが初登場。「ハゲネタと訛りネタ」って書くとなんだかドラマ『トリック』みたいですね。そのうちに、平らな女にデカイ男が出てきたらおもしろいのに。
 ブリーフネタは今週『銀魂』で将軍様があったんで、若干弱かったですね。
 ハンプティーダンプティーみたいな校長がきび団子の禁断症状が出てるのはおもしろかったです。『ナルニア国物語1』でいうところのプリンですね。


『magico』
 1話でプロポーズ、2話で誓いのキス。3目話でようやく旅が始まりました。設定紹介が終わり、これからですね。即席夫婦モノなんだけど、既に相思相愛なのが今後弊害とならないといいですね。
 主人公の「俺の嫁」発言には笑いました。
 酒池肉林がただのカジノにしか見えず、邪悪さが弱かったような気が。金持ちの悪役描写も月並みだし。
 関係ないけど、『ダークナイト』にもマローニってマフィアいなかったっけ? 悪そうな名前って認識は日米で共通なんでしょうか。


『DOIS SOL』
 サッカーが好きなだけでうまくない地味男の回。スポーツマンガでは定番のポジションですね。コイツが一番主人公に向いてるじゃねぇの?
 こーゆーヤツは決まって体力バカ。雑用のしすぎて体力がヤバイ、とかそんな感じ。


スケットダンス
 忍者くんフィーチャーのシリアス回。
 忍者くん、因縁の相手が自分のこと覚えてなくてマジギレ。あのビデオは忍者くんではないって風にも思ってたんですが普通に忍者くんでしたね。
 イジメと被イジメの関係っていつもそうなんだよね。被害者は一生忘れないけど、加害者は忘れてる。山里と品川もそうでしたね。例の一件のせいで、今後山里のラジオで品川の悪口が聞けなくなったかと思うと、少し残念です。
 あんな大事になってるのに、警察じゃなくて生徒に行かせるのはどうかと思うよ。てか、主人公一同が「忍者くんは悪くない」って認識が少し気持ち悪いです。あの悪徳教師がドMでない限り、人を吊し上げちゃダメです。


『ブリーチ』
 巨乳の乳を刺したらシリコンが出てきてビックリっていう映画『最終絶叫計画』での1シーンを思い出しました。


いぬまるだしっ
 最近ツッコミに覇気のないたまこせんせーのツッコミ修行の回。
 最近のギャグマンガにありがちな「コマの端にツッコミの顔のアップ」という過剰なツッコミをさらに過剰にやるという確信犯的な話。たまこせんせー百面相。最終的には関西弁が覚醒。
 「中井さん」という単語に敏感なため「中井さんピザにトッピングしすぎ!!」という突然のツッコミには笑った。今は中井さんを見るだけでパブロフの犬的に笑ってしまう。ずるいわぁ。


黒子のバスケ
 1ページ目に「ツッコミにキレ全然ないぞ日向」。『いぬまるだしっ』と被りすぎで爆笑。交通事故起きたな。
 シャンプーボトルでチン隠しは定番ですね。湯煙でチン隠しじゃないだけグッジョブ。が、後半日向がなんの説明もなくタオル巻いたのはワケワカメ。
 「どっからツッコめばいいかわかんねぇ!!」っていうのがなんだかもう・・・・・・。トゥーマッチすぎるわ。
 てか、前にも旅先でゴレンジャーと遭遇って話あったね。
 今週の『いぬまるだしっ』と『黒子のバスケ』を連続して掲載した編集部は確信犯なのだろうか。いくらなんでもやりすぎである。笑ったけど。こうして比べてみるとたまこ先生の偉大さが身に染みる。


保健室の死神
 操も顔出していよいよ最終回スメルがただよってますね。サブレギュラーが顔を出すってのは兆候のような気が。
 ガキ連中が活躍する回は楽しいし、今回も全員が活躍してよかったけど、藤の活躍が少し無理あったような気がしました。まぁ、大人連中の回よりも楽しいですよ。
 目が据わってたアシタバくんが戻っちゃったのが残念でした。


『逢魔ヶ刻動物園』
 2週連続のケツ掲載でござい。ヤバイですねぇ。
 華の動物バカならではの活躍、というネタは忘れた頃にやってきて好きです。クマの指の骨格とか、こまけぇ。洞察力パネェっす。
 ドジ娘とドジ男が心情を吐露しあっちゃって。もう付き合っちゃえよ。しかし、主人公を初心を振り返る、というのは少々最終回スメルがしますね。
 馬に調教させられる、というのに笑った。


投稿コーナー
 先週決定した投稿ネタレースの優勝者、御姉々さんのインタビュー。先週なんて読むのかわかんねぇ、なんて言ったけど、正解は「オンネネ」らしいです。
 しかし、ぶっちゃけ内容には興味がなくて。
 気になったのは、部屋にぬいぐるみが埋め尽くされてる、という話になった時の編集井沢さんの発言。
 「うひゃー! 地震が来たとき埋もれて死なないようににゃ」
 ふ、不謹慎キター!!!!
 やべぇ、超笑った。地震とか(笑) 今、一番デリケートな単語使っちまった。交通事故にしては出来すぎですね。どんなギャグマンガよりも笑えました。
 誰か気づいてやれよ。別に少し文章変えれば済む話だっていうのに。



総括
 災害とは関係なくいつも通りのジャンプ、と思ったけど、最後の最後にまさかの交通事故。腹筋が鍛えられました。どの作家よりも目立ってしまう編集は罪ですね。
 『いぬまるだしっ』と『黒子のバスケ』まさかのシンクロといい、交通事故が多い号でしたね。楽しかったです。

 んじゃあ、MVPキャラでも決めさせていただきます。
 まずは次点から。

将軍様 『銀魂
 特別しゃべらず笑いをかっさらう将軍様はさすがですね。「まだお世継ぎはいませんが!!」というツッコミがよかったです。

中井 『バクマン。
 ピザにトッピングしすぎだった中井、今週はカウチポテトを披露。黒スーツにグラサンといい、もう向かうとこ敵なしですね。

たまこ先生 『いぬまるだしっ
 最近ツッコミに覇気がないと言われたたまこ先生。ツッコミにキレを取り戻すどころか、関西弁まで修得してしまいました。たまこ先生と『べるぜバブ』の邦枝、この2人は現ジャンプにおいて一番真っ当にヒロインしてると思います。個性がないようだけど、逆に魅力的に思えてくるっていう。

 以上が次点でして。今週のMVPは、

井沢 投稿コーナー
 「地震が来たとき埋もれて死なないようににゃ」という事故的な不謹慎発言がおもしろすぎて、それだけで230円の価値があります。不謹慎と言われるのを恐れすぎて誰も発言しなくなるよりはよっぽどマシですね。サイコーでした。