北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年33号)の感想

 『ナルト』が表紙&巻頭カラー。『ワンピース』は作者急病のため休載だとか。


『トリコ』
 サニーが小松を担ぎたがる。今回の焦点も小松のNTRなのかな。


スケットダンス
 ワタクシの嫌いな忍者回。
 好きな時代劇の話。「なんで○○が入ってねぇんだよ?」っていう会話はいいですね。本気で怒ってるとはいえ、意気投合してる。
 ウンコみたいな不良描写来たよ。そういえば、本作もたまに出てくるよね。ギャグ展開として出てくるならいいんだけど、割とシリアスな扱いで出てくるから困る。引いちゃう。
 仲悪い2人が背中を預けて戦う、っていうのは燃えるんだけど。忍者が刃物持ってるなよね。もう1人は木刀だってのに。ヒメコですらホッケーのスティックなのに。刃物使っちゃダメだよ。てか、不良はパイプとかで刃物使ってないんだよ? なんで生徒会が不良より凶悪な武器使ってんだよ。生徒会とか、高校生とか関係なくアウトだよ。やは、ダメだ。こいつ嫌い・・・・・・。
 まぁ、最終的にDVDを貸し合う仲になってよかったね。文句言いつつ言われつつでも楽しそうだ。


バクマン。
 ミシュランばりの覆面調査員が登場(正確でない)。今まで作者たちは採点させられてきたけど、編集も採点される。編集の方が魅力的なキャラ多いからこれは自然な流れかな。やっぱ、編集部でのシーンはおもしろいよね。福田組とかで集まってるシーンよりも各キャラが立ってると思う。
 編集部回なんだけど、シュージンが次回作の構想を発表。主人公はダークヒーローでバトルモノをやりたいそうです。
 そして、謎の新人が持ってきたマンガというのが、パンチラバトル。ステージにはカメラがいくつも仕掛けられてて、それにパンツが映ると即負け、パンツ没収で、会場のお客さんにプレゼント、なんだそうだ。HAHAHA おもしろそうじゃないか。作品内の仮企画として設定だけ聞く分には超絶おもしろそう。まぁ、現在のジャンプには最近パンチラマンガが始まったばかりなのでそこらへんを考えても楽しいですね。『鏡の国の〜』がバトル化したら笑ってやりましょう。
 謎の新人を操ってるのは、七峰とか? 原作を担当してる人なの? 「ジャンプへの復讐のために」とかそういうのではないだろうから、意外性のある展開が想像つかない。


銀魂
 今週のタイトル「コロコロ派かボンボン派かと問われればわんぱっく派です」。ワタクシはボンボン派。というか『サイボーグクロちゃん』が好きすぎただけです。
 えっ、てか、わんぱっくってなんですか? ・・・・・・調べてみたらワタクシが生まれてすぐに休刊になってしまったようです。そら知らんわ。けど、コロコロの有名作『スーパーマリオくん』の前身となった作品が載っていたとかで、興味が湧きますなぁ。てか、コロコロとかボンボンって意外と歴史があるんですね。特にボンボンとかは一過性のものだと思ってました。
 肝心の本編ですが、後半、コロコロボンボン関連のネタがなくなって残念でした。ホストの話が来週も続くんじゃないですかね。


『ST&RS』
 体力測定&筆記テスト、と普通にありそうな2次試験。そして、成績が断トツの男が現れて・・・・・って感じ。
 ヒロイン1人思春期しててかわいかったです。男2人は関心ゼロで、ヒロインだけあたふた。「夜の試験!?」とか思春期丸出しな発言がよかったです。
 劇中、妄想シーンでメーテル風の格好してたけど、宇宙で美人と言ったらメーテルなんですね。これ、舞台相当未来だけど。機械の体欲しいですね。
 「名前シールの袋にも名前が?」ってネタはおもしろかった。しかも冷静な方が驚く、っていう。成績断トツのキャラクターは少しクドかったけど、このネタは好きです。
 模擬月面での作業が試験。月の裏側には謎の機械生命体がいるというやつですね(訳:今週末公開の『トランスフォーマー3』が楽しみでならない)。


べるぜバブ
 スーパーおじいちゃんのターン。最近、ジャンプで多いですね。スーパーおじいちゃん。もはや定番と化していますな。それにしてもいきなり3人揃い踏みとはね。


読み切り
『ーSINSー』
 「ファッキンヘル」から始まる主人公。口が汚いね。
 「ヴィ――ナス」、「イレイザ――」ってなぜ長い。超不自然なんですが。そして、特別理由とか、意味とかわかんないんだけど。ギャグでもないでしょ? すげぇ置いてけぼり。
 雑な不良が出てきて、ヒロインをレイプしようとしなかったので、特別文句はないです。今週は『スケットダンス』のが悪質ですね。ただ、悪役の魅力は全然なかったですけどね。天使が悪役で、悪魔が正義の味方、っていう意外性がない。最初から天使悪そうだもん。かわいい子供の天使をサタンくんが無慈悲に追いつめる、というシーンは主人公が悪っぽい感じでよかったけど。ただ、その前に猫かぶった天使が現れちゃってるから、「あぁ、こいつも猫かぶってんのね」ってなっちゃったけど。
 高度な科学力で作られた特殊な文房具が武器、っていうのが味噌なのかな? 身近でいいんじゃないですか。まぁ、30cm定規を刀に見立てて遊んだら、先生が1m定規持っててテンションガン上がり、という経験ならワタクシもあります。
 ランドセルがトランスフォームして主人公変身。先週も書いたけど、やっぱ変身ってイイですね。テンション上がる。少しトランスフォーム感が弱かったけど。
 ・・・・・・やっぱり今週末の『トランスフォーマー3』が楽しみですね! しかもミカエラ騎士団って出てきたけど、ミカエラといえば『トランスフォーマー』『トランスフォーマー2』のヒロインの名前だし。たしか、スピルバーグの娘の名前なんだっけ? まぁ、肝心の『3』には出てこないっぽいんですが。(脱線してすいません)
 先週のよりはおもしろかったと思いますよ。というか、雑な不良が出てこなかっただけでこっちの勝ちですよ。


『magico』
 敵が弟を食べちゃった。家族を大切にしない、というのは本作における最大の敗北フラグですねぇ。
 てか、世界を滅ぼす目的が「気持ちよくなれるから」って弱すぎる。雑っすなぁ。悪役が1人ならそれでもいいけど、弟たちはなぜ魂を捨ててまで叶えたいとは思わないでしょう。それで「覚悟」とか言われてもねぇ。
 バトル展開は先週のがおもしろかったなぁ。というか、先週の以外ハマらないなぁ。


鏡の国の針栖川
 1コマ目からパンチラ。景気いいですなぁ。先週はパンチラ0だったのにねぇ。
 鏡の食欲も眠気も発生しない。性欲も発生しないから鏡の中がイカ臭くなる心配も無用ですな。先週言ってた性欲問題は解決! ちゃんと理屈用意していたとは・・・・。無駄なディティール。えっ、けど、覗きで興奮してたってことは性欲が発生してたんだよね。・・・・・わからん。
 学校に通い始め、日常がスタート。覗き見学園生活ですね。鏡の使い方がいよいよ盗撮カメラ状態になっております。大変健全ですなぁ。
 女友達Aが実はビアンちゃんで、勘違いの三角関係が複雑に。恋のライバルまで女とは・・・・・。徹底した男の排除。男の新キャラというのは今後出てくるのでしょうか。
 ラストコマでパンチラで次週に続く。すげぇ、パンチラクリフハンガー。頭もケツもパンチラ。最初のパンチラは主人公の視点ではなく、ただの読者サービス。ラストのパンチラは、主人公の視点であり、主人公のピンチを表す意味があるので同じパンチラでも全然違う。物語の推進力の有無ですな。


読み切り
斉木楠雄のΨ難
 4度目。何度でも言うけど、タイトルを打つのがめんどくさい。「災難」にしてほしいです。
 「夢日記ももう少しヒントをくれるぞ…」とあるが、現在夢日記システムは休止中。ネタが古いぞ。連載じゃないのに、連載作をネタにするから。


いぬまるだしっ
 年少組の先生が初登場。極端に影が薄くて誰からも気づかれない。『ハンターハンター』のカメレオンみたいな文章で説明されてたけど、それよりも黒子。


『ブリーチ』
 中の下くらいの位置。これでイイと感じてしまうのが不思議。
 確率、運を操る能力って、つい最近『保健室の死神』で観たよー。あっちは非バトルマンガなのにねー。『保健室の死神』の時も思ったけど、運を操るのってあんまりおもしろくない。もちろん、本作がパクリだ!などと言いたいワケではないんですよ。そもそも運を操る能力って元ネタ探したらもっと昔の作品出てきそうだし。ただ、スパン短くね?って話。ついこないだじゃん。『保健室の死神』で運操るヤツ出てきたの。


『奇怪噺 花咲一休』
 ケツまで急落下。新章が始まったっていうのに大変だねぇ。
 とんちが雑な印象。「戸を開けずに入る」ってのも「右折せずに」ってのもなんだか強引。膝ポンには至らなかった。まぁ、個人差はあるだろうけど。
 ちなみに、個人的に「右折」の問題は「小さく右折を3回行う」って答えだと思ってました。完璧な答えだと言うつもりはないですが、強引度で言えば正答と同じレベルな気がします。なので、有無を言わせぬスッキリとした答えが欲しかったです。


投稿コーナー
 投稿レースの優勝者インタビュー。顔出すの嫌がるハガキ職人の人とかいないんでしょうかね? お面被って隠したりすんのかな?
 来週からは通常営業再開かな? 楽しみです。
 あっ、そうだ。次回からの新コーナーとして「SE7EN」ってさ、この表記、そして7つの大罪をモチーフにしてるのはおそらくデヴィッド フィンチャー監督の『セブン』(英語表記だと『SE7EN』)のパロディーだと思うんだけど。なぜ今『セブン』?? すんげぇ謎。


目次コメント

今更だけど、憧れのSUMMERS LIVEに初めて行ってきた。紙相撲がたまらんかった。
(『ブリーチ』)

 さまぁ〜ずライブまで英語表記にしてしまうあたりがさすがのクオリティーです。是非、BANANA MANとかTOKYO 03のライブにも行ってほしいですね。

 んじゃ、また来週〜。
 MVPキャラを勝手に選ぶコーナーは、今週特に好きなキャラが思いつかないんで、お休みです。来週もやらなかったら、「あっ、こいつ飽きたな」と判断してもらってかまわないです。