北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年49号)の感想

 しまった。2記事連続でジャンプの感想になっちゃった。そうじゃないんだよ。ジャンプの感想ブログじゃないんだよ。一応映画の感想の方に重きを置いてるのに。ジャンプは(出来る限り)月曜中に上げようというつもりで書いてるけど、映画はそういうのないから筆無精になっちゃうんだよなぁ。
 ・・・はい、超どーでもいい話です、すいません。さらにどーでもいいけど「筆無精」って言葉、なんか下ネタっぽいですね。筆無精にはなりなくないものです。

 そんなこんなで、今週のジャンプ。
 先週に引き続き新連載がございます。ので、それが表紙&巻頭カラー。ギャグモノだそうで、若干の不安視はしております。

『現存!古代生物史 パッキー』

 タイトルが長いよ。来週からは全部書かないと思います。
 主人公が小学3年生。『いぬまるだしっ』とかあるから主人公の年齢と対象年齢ってのは一致しないとはわかっているんだけど、小学生が主人公ってめずらしい。現ジャンプで唯一ですかね。
 今回の話で、小学生は主人公1人だったんですが、ツッコミ(的なポジション)なんですね。意外。『いぬまる』がそうだけど、割とボケのイメージだけど。小学生ってマジで読者が感情移入しやすいように、って意味なのか? んで、メインのボケが不思議恐竜。頭突きが大好きだとか。頭突きってツッコミで使いそうなんだけど、この人の頭突きはボケなんですね。ボケが暴力的なのに対し、主人公のツッコミは非暴力。
 「イヤだ そんな設定の生き物…」って主人公のセリフだけど、作中で「設定」とか言ってほしくないなぁ。別にメタギャグやる予定ないでしょ。本作はメタと相性悪そうだし。
 対する恐竜の「(おっ いい照れ)」という心の声が謎です。えっ、ホモなの? 違うよね。どういう意味なんだろうか・・・・。
 「悪のファミレス経営会社」ってボケかと思ったらマジだった・・・・・。えっ、シュールすぎてついていけない。劇中で一切ボケ扱いされてないんだけど・・・・・怖い。
 おもしろかったギャグとしては、悪役までも「絶滅」という言葉に恐怖してるトコ。あと、父親の挟み心地のトコ。・・・・どっちも悪役だなぁ。初回なのに、使い捨てのキャラが一番笑えたってどうなんだろう・・・・・。
 最後、主人公が必殺技出したのは少し萎えましたね。バトル展開(っぽいの)が唐突、無理矢理すぎて。


銀魂
 キンタマの6話。サブタイ「「敵」と書いて「とも」と読む」 は先週との合わせ鏡ですね。
 本編としては、「敵」となった人たちによるハーレム。それぞれ記憶がフラッシュバックするトコはよかったですね。2人目以降は惰性だったけど、1人目はグッときました。ギャグとしての体裁があるのもイイですね。マジメになりすぎない辺りが好きです。しかし、ツッキー超弱いのな・・・・・足挫くとか(笑)
 冒頭では銀さんを(悪い意味で)奪い合ってたのに、最後には銀さんではなく、それぞれ女性陣を信じるってのはイイなぁ。男を介した女の友情、熱い。親指おっ立てたくなります。

『トリコ』

 グルメ神経衰弱が思ってたんと違う・・・・・なんかつまんんなそうだよ。利き酒的なものだと思ってたのに・・・。フツーにカードで神経衰弱やって、別途メシを用意するってルールが雑すぎるぜ。
 とはいえ、仲間たちが役割分担してチームプレイするってのは熱いです。これでマッチも役に立てるよ、よかったね。

バクマン。

 吉田氏の平丸(&オマケ)の焚き付け方がフツーすぎる気が。フツーに熱血してね? サイコーと言ってること同じだし。ネガティブな感情焚き付けないといけないんじゃないの? ・・・・・・けど、気にならない〜〜。平丸&吉田氏が好きだから。
 本筋としては、久々のジーサンが日記くれて、サイコーにガソリン投入。ホント、サイコー周辺のエピソードには魅力を感じられない・・・・。ワタクシに非がある気がしてきたよ。

黒子のバスケ

 新キャラについてなんだけど。気になるのが、前回のあらすじ。「ディープキスさくれつ。」・・・・ってアレ、ディープキスだったのかよ!!! 入ってたんかいっ!! わかんなかった!! 結構そこ大事だよ!
 「キスするのは女子供だけだ」とか言ってるけど。子供にディープキスする成人女性って・・・・・・・アメリカは寛大な国だなぁ。日本より厳しいと思ってたよ。・・・・逆に、アメリカを出てる身だから普段は出来ないディープなことをしてるってことなのか? ・・・・・・・考えすぎか。
 んで、本編。火神の師匠が見ても驚くミドレンジャーの実力。ミドレンジャーのあのロングシュートを描くコマを見ると「マンガってずりぃ〜」って思う。効果線に頼りすぎ! こういうダイジェスト風に描く時はミドレンジャー、すげぇカッコイイですよね。

ニセコイ

 ヤーさんとギャングの幹部が登場。互いに怖いことを言うんだけど、主人公に対しては「バラして売る」なのに、相手の女の子の方にはなにも言わないんだよね。女子高生がヤーさんに目ぇ付けられるとか超怖いじゃないですか。バラさずに売られるじゃないですか。お風呂に沈められるじゃないですか。互いの父親は怖くなくてもいいんだけど、組織の幹部や下っ端は超怖くしないと、設定がおもしろくならないと思うんですけどね。
 主人公とヒロインが互いの組織のことを怖がるようにならないと。もちろん、互いの組織の血の気の早さにドン引きって描写はあるんだけど、ヒロインだけは直接狙われないんだよね。なに1人グリーンゾーン入っちゃってんの。おもしろくないじゃん。
 「キスはしたのか?」の質問のくだりはよかったですね。「してない」が正解っていう。柄の悪い人たちにプラトニックな関係に身悶えしてるの、笑った。
 女の子をゴリラ呼ばわりするのはホメ言葉。本作だと「強い→ゴリラ」だから違うけど。脱線します。「ゴリラに似てる=ブス」という発想は早計ですよ。別にゴリラに似てるとかわいいは両立します。・・・・・別に誰のことを言ってるワケではないんですが。ワタクシ、某アイドルのこと大好きですよ。

『クロガネ』

 主人公のアドレスを知ってるライバルくんに「いいな」と言うヒロイン。・・・・腐女子視点が露骨だよ。男男女の関係は、勝手にヤローが女と友情で悩んでくれるから、女の方からグイグイ来られるとちょっとね・・・・・。まぁ、女性の嫉妬はかわいいですが(フィクション内は)。ただ、コレは好かん。
 相手高校の挨拶、「おはっ ざ――――っす!!!」。『黒子のバスケ』といい、スポーツマンガは挨拶がおもしろいなぁ。バカみt・・・・・・ゲフンゲフン。
 すべての能力で勝る最強の相手に対して唯一可能性のある「返し技」・・・・・・・紹介の仕方が『あしたのジョー』のクロスカウンターみたい。「あしたのために その3」。

スケットダンス

 性格が逆になる薬。ヒメコはおしとやかになるんじゃなくて、シュールなボケをするようになるとかのがいいんじゃないか? スイッチがツッコミになるっていうので設定がブレブレ。ボケツッコミと性格は繋げちゃうのはなぁ。
 この薬だったら、ロマンとゲスの2人が見たかったなぁ。陰湿なキャプテンは笑ったけど。ただ、大食いは性格関係ないよね。
 「あのキャラだったらどうなるんだろう?」とかいう妄想が膨らむのはおもしろい証拠なんだけど・・・・怖い人に水引っかけちゃって絡まれるって展開・・・・ついこないだもあったよ。興醒め・・・・・起承転結の転がヘタ!!
 あと、「へへ かわいい女いるじゃねーか」ってセリフも超絶寒いですね。つまんない読み切りみたいです。
 細かいけど、液体の薬だから「もう1回飲む」って理屈が意味不明です。同じ1杯でも1口で飲むのと2口で飲むので効果違うの?

『magico』

 まさかまさかのバトル展開ドストレート。

こち亀

 いつもは偽名なのに『コールオブデューティー』はそのまま使うんですね。大人の力を使ったのか使われたのか、なんて邪推をしてしまうから、いつも実名かいつも偽名のどちらかにしてほしいですな。
 前半のうんちくネタはやっぱりおもしろい。個人的には、だけど。マンガとしてはわからない。

鏡の国の針栖川

 お色気ナシ回、物語を進展させるにはエロばっかやるワケにはいかないよね・・・・・・と思ったらラストに強引なお色気展開。入れなきゃいけないのか? まぁ、最後のお色気展開はおもしろかったですよ。女子部屋のフトンの中なんて本作みたいな設定がなきゃ入れないですし。
 鏡に入れるのは、恋心がある人限定とかそんな理屈ですかね。ってここでわざわざ確認するのも恥ずかしい。
 しかし、鏡にに入れるのが1人増えるとか、生身のヒロインと触れ合えるとか、メチャクチャ大事な展開だったんだけど、最後のお色気ギャグ展開でうやむやになった感がありますね。

『ブリーチ』

 月島戦はおしゃべりが過ぎるけど、おもしろいなぁ。やっぱ月島の悪役としてのフリが利いてるからだと思う。未だに怖いもんね。彼が一番。なんでラスボスじゃないんだろ。

ハンターハンター

 アルカちゃん新ルール追加。
 ミルキは今日も安定してクズです。素晴らしい。「取引に誓って」とか名言すぎる。母親も素晴らしくイルですなぁ。たまらんよ、ゾルディック家。
 ゴンとゆかりのある人が後ろ姿で勢揃い。ハンゾーってそんなに仲良かったっけ?とか思ったけど。ともかく、失敗したらコイツら全員死ぬよー、という脅しにもなってるワケですね。
 とか、思ったらゴトー登場! な、懐かしい・・・・・懐かしいよゴトー。またコイン投げておくれよ。優しいゴトー、焦るゴトー、冷や汗かくゴトー。・・・・頭がエビフライのあの子も懐かしいね。線越えたら殴る子。
 ついでに執事の新キャラ2人。ツボネ先生は強烈にキャラを発揮して半退場。キルアのババア嫌いはツボネ先生由来らしいですよ。
 そういや、キルアがアルカのことを「女の子」って言ってたけど、明確なセリフって初かな? 「坊ちゃん」とかも呼ばれてたけど。女の子で決まりなんですかね。チューしてたしねー。まぁ、結局のところは、全然わからないですね。
 とりあえず、ツボネ先生のご活躍でナニカちゃんにビクビクする心配はなさそうです。あざーっす。カチューシャに描いてある喜怒哀楽の顔が黒目だから怖かったんですよ。
 ・・・・・・で、「命令」ってなに? まだルール残ってんの?

『ST&RS』

 引きこもりを部屋から出す作業。「私にも似たようなことがあってね・・・・・」という泣き落とし。交渉上手! ベテラン刑事みたいだぜ。
 けど、話の合う人が大人しかいないってのは悲しいな。全然喜ばしくないよ。まぁ、これで同い年の友人が出来たワケでよかったです。ただ、ヒロインに「バレーボール」という明確な夢が発覚したから、宇宙飛行士を目指すのは途中で抜ける、ってことなんですかね。
 ともかく、ニブチンの男をめぐる女2人の友情、好きだなぁ。この感じ。って、今週の『銀魂』でもこんな話しましたね。

投稿コーナー

 44号開催の「日本一カッコいい運動会での行動決定戦!!」の結果発表。44号の感想でワタクシは3ネタ挙げたんですが、なんと、その3ネタがトップ3を独占。HAHAHAHA 全部当てたった。笑いが止まりません。素晴らしい3ネタでした。おめでとうございます。3ネタ中2ネタが既存の作品のパロディーというのが特徴ですかね。『ワンピース』と『ドラゴンボール』。『ワンピース』はクライマックスのシーンなんだけど『ドラゴンボール』は小ネタっていうのがおもしろい。
 今週で、今期投稿レースのチャンピオンが決定です。チャンピオン含め職人の皆様、お疲れ様です&おめでとうございます。

日本一イヤなタイムカプセルの中身決定戦!!

「田中!? 転校したんじゃなかったのか!?」
(磁力のない磁石さん)

 こ、怖いよ・・・・・・・。ちなみに、このお題、生物が多すぎです。グロいの想像しちゃうからダメですよ。おもしろかったけど。

恐らく今朝のニュースでやっていた、盗まれたという300万円
(むちむち花火さん)

 なにか壮大なドラマが始まろうとしている・・・・。映画の予告とかでありそう。「今朝のニュース」という言葉を入れることで、タイムカプセルというお題との齟語が生まれているのが見事です。

J喜利 お題「『ST&RS』。宇宙人から届いた第三のメッセージの内容って?」

わたし、宇宙人。今、あなたの後ろにいるの。
(野良プードルさん)

 怖い〜。てか、地球にいるんかい。

おばあちゃん? ワレワレだけどお金振り込んでおいて。
(眠れる子羊さん)

 ワレワレ詐欺(笑)

プロジェクトA(アホ)

アホ最後の晩餐。『二次会行こうぜ!』
(サンクトペデュブさん)

 超ストレートのネタ。たまらなく好き。

アホ大化の改新。愛し合う中大兄皇子中臣鎌足が初めての共同作業で、蘇我入鹿にご入刀。
(ペガさん)

 う、うまい・・・・・。腐女子の妄想力は無限。

目次コメント

尾田先生にDVDを頂きました。次郎長三国志面白い!ありがとうございました!
(『スケットダンス』)

次郎長三国志、買おうと思ってたら尾田先生に頂いてしまった。光栄過ぎて鼻血が
(『べるぜバブ』)

 尾田先生に媚びてるね〜〜。肝心の『ワンピース』は今週休載なのに。ともあれ、あのDVDジャケの企画は大嫌いです。
 『ワンピース』の単行本を読んだら、「DVD出ないんですか?」と言った尾田先生に対して東宝の元社長が、「尾田先生がジャケット書いてくれるなら・・・」と言ったのが経緯だそうですね。そうか、尾田先生の下がった好感度が戻ったぜ。けど、あの企画はクソ。企画を考えた人、軌道に乗せた人に憎しみのベクトル移しました。


 総括です。
 新連載。危惧していた通り、新連載のギャグモノが全然ピンとこない。大変扱いに困る次第。
 これで、新連載も出揃い、来週からしばらくは安定期に入るんでしょうか。それとも1作くらい打ち切られるんでしょうか。現状の特徴として、ケツ周辺にアニメ化作品が固まってるので、ケツ掲載作が打ち切りリーチというワケでもないのがおもしろいです。フツーに考えると、『ST&RS』、次に『鏡の国の〜』が危ないのかな。・・・って結局最近の連載作品ですね。連載当初は2作とも掲載位置が良好だったんですけどね。まぁ、しゃーないわな。つまり、『クロガネ』も怖いわな。
 そんな中、『ハンターハンター』が安定して目が離せない。まいったね。ここでジャンプの感想書くに当たって好きな作品を贔屓して特別長めに書く、とかは避けてきたつもりだけど、楽しすぎるぜ。

 では、最後にMVPキャラを決めてお開きです。しばらくアルカちゃんは意図的に除け者にします。今週の次点は1人だけです。

キャプテン 『スケットダンス
 「性格が逆になる薬」による各キャラの暴走回。その中で一番おもしろかったのが、陰湿になったキャプテン。

 んで、今週のベストキャラ。

トー 『ハンターハンター
 アルカちゃんを除けても、結局『ハンターハンター』っていうね。趣味嗜好に振り回されてるなぁ、我ながら。まぁ、いいさ、ゴトー好きだし。またコイン投げてほしいなぁ。もう彼は操作系でいいんじゃないかな。