北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

週刊少年ジャンプ(2011年35・36号)の感想

 『ハンターハンター』が連載再開であります。10月からアニメ化らしいですが、それまで連載が続くと考えていいの? 10週もないからさすがに保つか。ただ年は越せないかもなぁ。
 本号は合併号なので、来週はお休みです。合併号に2号分のボリュームをよこせとは言わないけど、せめて1.3号分くらいのお得感は欲しいですよね。いつもと同じなのに合併とか言われても。


『ワンピース』
 「おれ達は海賊だぞ ヒーローは大好きだけどなるのはイヤだ!!」
 「海賊は肉で宴をやるけどヒーローは肉を人に与える」
 と、ルフィが結構本作の重要部分を語っておられます。海賊をジャンプの主人公にした段階で生じる矛盾なんだよな。海賊とヒーローって。ただ、今の『ワンピース』はヒーローのイメージが強くなりすぎてて少しヘンな感じ。肉の話はおもしろかった。各島で毎回宴を開くのは海賊らしさ演出だったんですね。ただ、今回と同じ王国の存亡を賭けて戦ったアラバスタでは王宮で肉喰ってましたけどね。
 手下に水中で負けたり、1発の蹴りでノックダウンしたりしてんのにルフィに対して大口を叩くホーディの小物臭。もはやかわいく思えてくる。「こっちは10万人だぞ!!」とか、それウソップの常套句。
 「おれこそが真の海賊王にふさわしい」と聞いてキレるルフィ。こーゆー懐かしいの「2年後」らしくてイイですね。今までの旅では、「海賊王に俺はなる」って言ったら笑われたけど、新世界では・・・・・・・・みたいな話ありましたね。細かくは忘れちゃったけど、そんなことなんでしょう。ホーディさん完全に世界征服狙ってますもん。こないだ戦争やっててそこで世界最強の方々見てるから無理だとわかっちゃうのが悲しい。
 「海賊王」をめぐってルフィとホーディが戦うのはいいんだけど、過去編の煽りがあるからホーディ対ジンベエのが燃える気も。


『トリコ』
 「食事で箸を持つ際…意識が食事ではなく手に行ってると言いたいのか?」って例えはすごくわかりやすかったです。メシで例えててうまいですね。
 サニーの修行の話を聞いただけでコツを掴んじゃうトリコさんずるいっす。サニーが毎日毎日強い敵の相手してたのに・・・・・。


バクマン。
 謎の原作者は七峰でファイナルアンサー。
 なにかと思ったら、結局また集合知かよ。「口外しない」って誓約書書かすとか、いきなり小物臭。
 七峰ってそんなに悪役として人気だったの? 今度こそ小杉編集が立ち上がる時だな。そっちは期待。


銀魂
 まさかの下書き回。うーん、本編が頭に入らない。今回限りの1話ならいいけど、長編の一部だからなぁ。1話限りの短編だったら、下書きについてメタ視点ぶっこむこともできたんだろうけど、いかんせん中・長編のラストだからなぁ。
 たまに下書きを載せるくらいなら、たまに休ませろよ。『ハンターハンター』の全盛期は毎週下書きだったから、線引きができない、というずるさがあったが。本来、1週休みで然るべきじゃないの?
 『ハンターハンター』連載再開おめでとう、という意味を込めたオマージュという解釈でよろしいのでしょうか? 『ドラゴンボール』の話はおもしろいけど、それどころじゃないよ。


ハンターハンター
 バッカゲーン!!!
 懐かしいですね。アニメ化も決まったとか。まさか原作1話からやるとは知らず、驚きました。長期放送を考えてるんですね。もっと短いと思ってた。観ようと思ってたけど、いまさら念のない時代の『ハンターハンター』とかなぁ。クラピカとかレオリオの活躍見てもなぁ・・・・・・。
 てか、パームが美人でビックリ。単行本の時よりも美人になってる印象。
 半魚とタコが会話してるけど、偶然『ワンピース』と被ってますね。
 数時間で王は死ぬ。こ、これは・・・・・・・・。ついに今回の連載でラストまで走り切るのか?
 薔薇に毒。プフ吐血。王に利くの? 毒放つ体になっちゃって最強じゃね?
 もし、王が毒まき散らしながら生存できるんだったらコムギとの将棋対決できないね。悲しいね。てか、地球征服とかも難しいね。『バビル二世』の「宇宙ビールス」に感染したヨミ様みたいにカプセルに入って行動すんのかな? ・・・・・・そんなややこしいことするくらいだったら、普通に死ぬか。
 あの毒ってゴキブリに毒喰わせて、そのフン食べる巣の仲間も殺す商品と似てますね。まぁ、蟻用の平気じゃないから関係ないけど。けど、そんなゴキ殺しを人間用にすることで、あのゴキ殺しアイテムの邪悪さ、人間の邪悪さが浮き出てくる、ということなのかな。人間の悪意最強、ってネテロ言ってたし(あの中指おっ立てるの超好き)。
 というか、毒ってのはどう考えても放射能のこと、もしくは放射能を意識させるけど、原発の騒動があったから連載を休んでたのか・・・・・・なんてプラスに考えてみる。


『ST&RS』
 主人公とその相棒程宇宙に興味なかったヒロインが宇宙の美しさに魅了される。これで、ヒロインが目覚める、とかじゃなさそうだけど、この宇宙のロマンを描く本作としては大切なシーンですよね。彼女が主人公でよかったんじゃねぇの?とか思うくらい。
 ライバルの魅力はまだちょっとよくわからんなぁ。
 事故が起こって大人たちパニック。子供がんばる。あの機械の仕組み忘れちゃったけど、ケガはしないんだよね? たしか。『マトリックス』みたく死んだりはしないんだよね? じゃないとあの宇宙組織クソでしょ。ただ、死なないとなるとあんま緊張感ないね。大人が勝手に失敗して、危ないだけだもん。


鏡の国の針栖川
 ノートに書き出し、ルール説明。その後、元の持ち主とあってさらに説明。
 愛があれば魔法はとけるって、それなんてディズニーアニメ?
 主人公の妄想風呂覗きで、ヒロイン水着。やっぱり裸じゃない。妄想なのに。裸は妄想しないという最後の理性。


読み切り
『叢鋼−ムラハガネ−』
 暴投に小悪党退治を描く今回の読み切りの中でも何度かあったスタート。しかし、違うのが、露出狂という小悪党な点。しかも、読み終わってみると、ここで活躍するのは実は悪役というね。今までとは少し違う感じがしますね。
 んで、メインパートに入るんだけど、最初の方に出てくる未来のケータイ描写が微妙。今のスマホのが未来感あるよ。多分、作者さんはこーゆーガジェットが描きたいんだろうなぁ、ってのは伝わるんだけど。ガンマニアな課長とか機械人間とか、ワンコおじさんとか、汚い未来都市とか、作者が好きなものてんこ盛りって感じ、嫌いじゃないよ。ただ、あのケータイは微妙。
 自宅謹慎中のワーカホリックワーカホリックっていうかあの課長が好きなだけでしょ?
 美少女愛を叫ぶキャラが出てくるくせに、今までの読み切りと違って美少女ヒロインが出てこないところは好印象。美少女は食傷気味です。都合よく出てきた美少女を踏みつけるトコよかった。あの課長もセクシー年上美女とかだったら萎えてたと思う。とてもイイ。てか、課長普通に美人だよ。煙文字もおもしろかったね。あと、カメレオンがぷりちー。リアルとデフォルメが両立しちゃってる感じとかたまらん。
 バトル担当は、兵器として作られたプロトタイプ02の生き残り。はいはい、01がいるんでしょ。そーゆーのは連載になってからやればいいのに。別にこれの続編として連載を始めるワケじゃないんだからさ、やめてほしいよね。
 兵器として生まれて、ってことはあの人は、人なの? 構造がわからないけど、それによっては課長への愛がポップに消化できないというか。
 まぁ、バトル要素が強かった割には、バトル展開があんま燃えなかったかな。一方的だしね。それに事件解決も楽勝すぎたし。まさかあの女子高生がアッサリ犯人とは・・・・。とはいえ、それを補って余る魅力があって。舞台とか機械の絵だったり各キャラの魅力だったり。まぁ、おもしろかったですよ。先週のも結構好きだけど、今週のがよかったね。今までの中でも頭1つ出てるのではないでしょうか。
 ただ、連載になってバトルばっかりになるのはイヤだけど。あと、美少女ヒロインもいらないです。


こち亀
 ぬ、ぬるっ・・・・・。
 新しい飛行船というワンアイディアで話を膨らませるも、起承転結の起承で終わっちゃった感じ。
 出張作品描くので忙しい、と好意的に受け取りましょう。


スケットダンス
 『こち亀』臭がハンパない。2作連続で掲載されてるから余計に。家の地下が街だった!とか『こち亀』でなかった?って感じ。


べるぜバブ
 女同士の戦い。大きくなったコマちゃんかわいい。
 ・・・・・・・と思ったらラスト、邦枝が勝って、敵が脱衣。
 くそわろた。負けると服が破けるとかwwww 見開きでとかww あれっ、こんな作品だったっけ? 脱衣バトルですか。


黒子のバスケ
 「消えるドライブ」の次は、味方を消すドライブ。HAHAHA いろいろと吹っ切れてるなぁ。
 というか、前半は「万策尽きたのにまだ諦めてないだと・・・・?」って展開だったのに、後半になったら「最終兵器まだあるよーん」っていうのはどうなの? ヒドくね?


エニグマ
 主人公の部屋にプロレス雑誌が置いてある。プロレス好きなのか。プロレス好きってキャラはかなり強いと思うんだけど、その片鱗もないな。
 新たなボスキャラ、カニバルさん。その名の通り、人を食べる。食べると能力奪えるんだって。『ヒーローズ』みたいだ。
 ヒロインがさらわれてしまいました。いよいよもって、予知はおしまいです。


『ブリーチ』
 ボスが明らかになって、イチゴちゃん絶望。殺されちゃう・・・・・・・ってところで懐かしの人が助けに来て助かる。既視感異常。
 そしてもっかい変身。よかったぁ。前の変身ダサかったからさ、見てらんなかったんだよ。大分、死神っぽくなりましたね。
 てか、この新章は死神レスだったのに、ついに出てきちゃいましたね、死神。掲載順上がったらおもしろいのに。意外とマンネリの方が需要ある、っていう。


『magico』
 なんか不思議現象が起こって夫婦の魂が繋がる。結婚指輪から赤い糸が出てるけど、それ小指だから!!
 やっぱ、このマンガのバトル展開はあんまり・・・。武器がホウキなのは好きだったんだけどね。


『奇怪噺 一休』
 ケツが固定されてるな。ふーむ、ヤバそう。
 最近とんちというか、揚げ足取ってるだけだよね。


投稿コーナー
日本一イヤすぎる家庭訪問決定戦!!

お泊まりセットを持ってくる。
(風吹くしめじさん)

 「お泊まりセット」という言葉の秘めるワクワク感がおかしい。

「いその〜 野球しようぜ」と言ってくる。
(クリリンのことささん)

 くそぅ、ペンネームがおもしろすぎた。

王子のお部屋

マルモのおきて王子。マルマルでモリモリのウンコをするX。
(負箙ビタタヌンケさん)

 芦田愛菜のイメージとのギャップがww 副くんはウンコって言えば笑ってくれそう。しかし、ウンコネタが未だに好きなワタクシはどうなのだろうか・・・・。今後あの曲聴いたら笑ってしまいそうだ。「マルマル モリモリ」の後の歌詞がヤバイ。ス○トロじゃんw


目次コメント

トランスフォーマーが凄い楽しみです。あれが3Dで見れると思うと胸アツです!
(『奇怪噺 一休』)

 この目次コメントっていつ書いたのが載るのか知らないけど。時期ずれてる。なでしこジャパンの優勝とかは事前にわからないからしょうがないけど、公開日はわかるワケじゃん。発売日考えて書こうぜ。単行本の宣伝とかはしっかりしてるんだろ。


 総括です。
 今週は、やはり『ハンターハンター』でしょう。ついに復活です。と、思ったらいきなり王が死にそうです。放射能だか毒で死にそうです。終わりが見えてきましたね。おそらく現ジャンプにおいて一番勝ち目のなさそうな敵でしたね。最後が気になります。ゴンとかコムギとどう絡むのか楽しみです。
 あとは、『銀魂』。どうした? 本編中にツッコまないなら、せめて目次コメントでツッコミがあればよかったんですけどね。

 では、MVPキャラ決めます。次点から、

王 『ハンターハンター
 連載復活記念。死ぬ前にもう一暴れしてほしいものです。プフの力で分身してユピーの怒りビーム、みたいな。

ホーディ 『ワンピース』
 「こっちは10万人だぞ!!」というウソップ発言には笑った。他にも、「おれこそが真の海賊王にふさわしい」という初期の『ワンピース』の悪役っぽさもよかったです。けど、弱そうだよねぇ。

七峰 『バクマン。
 予想通り、帰ってきた集合知。やってることがまったく同じでガッカリ、というのが七峰クオリティー。小杉にボコボコにされちゃえばいいと思うよ。

 というワケで、今週のMVPキャラは、

燻木課長 『叢鋼−ムラハガネ−』
 名前合ってるか不安。まぁ、課長個人がよかったってワケではなくて、作品全体のキャラのバランスから言ってどう考えても課長がおいしい。ホントはカメレオンが好きです。トンデモ上司ぶりもいいし、ガンマニアな感じもいい。部下相手に新しい銃の試し打ちとかしそうですね。あと、煙文字もよかった。連載になったら、モクモクの実みたいな能力使うのかもしれないけど、正直それはイヤです。てか、現地は行かないでほしいです。
 まぁ、今週の読み切りは結構好きだよー、って話です。

 来週はお休みですので、また再来週。