北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

2013年映画ベスト10とその他

2013年3D映画ベスト7 - 北区の帰宅部

 今年の映画のまとめです。今年は全然ブログに感想書いてないんでアレですが、一応映画は観てました。去年よりは減ったんですがー。
 ということで年間のベスト10。普段の感想で書いてる点数は関係ないですよ。アレもコレもその時の気分でテキトーですので。

2013年映画ベスト10
  1. ワイルド・スピード EURO MISSION
  2. ゼロ・グラビティ
  3. 『クロニクル』
  4. 『マン・オブ・スティール』
  5. 『怪盗グルーのミニオン危機一発』
  6. グランド・イリュージョン
  7. 真夏の方程式
  8. そして父になる
  9. LOOPER/ルーパー
  10. 華麗なるギャツビー

 次点が『スター・トレック イントゥ・ダークネス』『ジャンゴ 繋がれざる者』『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』『マジック・マイク』といった感じです。

  • 1『ワイルドスピード EURO MISSION』
    • まずトップの4本が飛び出しておもしろかった4本としてすぐに決まりました。んで、その4本の中で考えると『ワイルドスピード6』が一番かなぁ、っていうよくわからない基準です。とにかくおもしろかったのです。ポール ウォーカーの訃報は関係ないつもり。
    • ベストシーンは、戦車の登場シーンですかね。盛り上げ方がうまくて見事に「きたー!!!」ってなりましたよ。
  • 2『ゼログラビティ』
    • 3D映画ベストの時にも書きましたが、スクリーンの縁が認識できずにスクリーンに吸い込まれるような没入感がありました。その体験が唯一無二といいますか、月並みな表現ですが「こんなの観たことない!」って感じ。
    • ベストシーンはやっぱ、冒頭の長回しでしょう。平穏な日常から異常事態へとシームレスに移行していく様は鳥肌モノでした。
  • 3『クロニクル』
    • これまた「こんなの観たことない!」的な感想でして、POV作品ならではの魅力もありつつ、POV作品ならではの見にくさもない、というすごいバランスだったと思います。そして、劇中で行われてるものはエンタメ作のそれ、って感じですしね。
    • ベストシーンは、父親に反逆するシーンです。緊迫感のあるシーンなんですが、父親をノした後の主人公がカメラをグッと掴むシーンでゾクッとしました。映画の鑑賞者って基本傍観者なんですけど、本作の主人公はその傍観者のことを認識していて、「見られている」のではなく「見せている」んですよね。または、映画の視点のことを「神の視点」なんて言い方することがありますけど、主人公はそれを操っているワケで、万能の存在なんじゃないか‥‥という恐ろしさがありました。このシーンがおそらく2013年全体の中でもベストシーンだと思います。
  • 4『マンオブスティール』
    • ダークナイト』色全開の予告を観た時は少し不安だったんですけど、いざ本編を観てみたら大満足でした。色調は暗いけど、エンタメ要素がとんでもなかったですね。続編も楽しみです。
    • ベストシーンはゾッド将軍が飛翔するシーン。すべてを失い、公のためではなく私のためだけに戦うようになったゾッド将軍がついに空を!という興奮がハンパなかったです。『クロニクル』がなければ年間ベストだったのに、という感じ。
  • 5『怪盗グルー2』
    • ぶっちゃけもう怪盗じゃないですよね。困った邦題をつけたもんです。
    • まぁ、ともかくおもしろかったです。エンタメに徹したアニメーションというのは大好きです。ミニオンちゃんの魅力がホントたまらないんですが、それ以外の部分も大ハマリしました。グルーが恋心に目覚めるトコとかフツーにキュンキュンしちゃいましたよ。まぁ、恋愛要素をやるには鶴瓶の日本語吹替が老人すぎるんですが。英語吹替から考えるに『四十歳の童貞男』的なものを目指してたんだと思うんですけどね。
    • ベストシーンは、終盤にあるミニオン大虐殺シーンでしょうか。語弊のある言い方ですけどw 『ワールドウォーZ』のラストにはゾンビの大虐殺シーンがあったはずなのにカットされたらしいんですけど、本作にありましたね。ヘリから無数のゾンビ(みたいなミニオン)をマシンガンで撃ちまくる、っていう。
  • 6『グランドイリュージョン』
    • 今年一番の掘り出し物という感じでしょうか。そりゃ観に行く程度には期待していたんですが、まさかここまでおもしろいとは!っていう感じだった作品です。好みのツボに綺麗にハマった作品だったなぁ、と。
    • ベストシーンはマーク ラファロが飲んだくれるトコでしょうか。かわいい‥‥。
  • 7『真夏の方程式
    • 正直本シリーズのことは小馬鹿にしてたんですよ。基本的に追っかけてたけど、毎回「やっぱりつまんなかったなぁ‥‥」という感じで。それが今回は「意外と」という言葉が不必要なくらいにおもしろかった!!
    • ベストシーンは、事件発生の朝、目覚めるシーンでしょうか。ああいう日常から非日常へとスイッチする瞬間ってイイですよね。暑苦しくて不快、という感じもよく出ててよかったです。
  • 8『そして父になる
    • 連続して福山雅治主演作が並んじゃうあたりが当ランキングがテキトーなことを物語っていますね。まぁ、とはいえ、本作も超おもしろかったのは間違いなくて。2つの家族の対比表現の釣瓶打ちなんですが、それがどれもわかりやすく、的確で、膝を打ちながら笑ってしまいました。
    • ベストシーンは、福山雅治が腹いせに看護師の家行ったら息子に返り討ちにあってしまうシーン。リリー フランキー夫妻にボコボコにされていて、「こいつには勝てる‥‥!」というつもりで行ったのに、「俺よりも立派に子育て出来たのか‥‥」と愕然するのが見事に伝わってきて痛々しかったです。
  • 9『ルーパー』
    • 2013年最初に観た新作映画。1月に超おもしろい映画観ちゃうと年末に順位付ける時に難しいですね。まぁ、おもしろかったのは間違いないのですがー。
    • ベストシーンは、徐々にハゲていく主人公の30年を一気に見せたシーンですかね。拷問シーンも素晴らしかったんですが。
  • 10『華麗なるギャツビー
    • 先日書いた3D映画ベストでは3位。ハリウッドの実写映画ではトップでした。『ゼログラビティ』が「3Dで観ないと意味ない」とか言われて問題になってますけど、個人的には『華麗なるギャツビー』の方が断然3Dで観るべき映画だったと思います。映画館で観れてよかったです。
    • ベストシーンは何といってもパーティーシーン!!‥‥という気持ちもあるんですが、個人的に一番アガったシーンはキャリー マリガンの初登場シーンなんですよね。ソファーから手を出すトコで完全にやられました。死んだー。

 ということで、以上が今年のベスト。
 例年、大作ばかり、ミーハーな選出でつまらないと我ながら思うんですが今年もやっぱりそうでした。なので、もういっこ、ワースト的なものも作ってみました。
 ワーストで10本選ぶほど今年は観てないので、ワースト、期待外れ、期待しすぎた作品をまとめて10本です。

ワースト、もしくは期待外れ、または期待しすぎた映画10選
  • 単なるワースト
    • フツーにつまらなかった作品、もしくは個人的な嫌いな作品は、『劇場版HUNTER×HUNTER』2作と、『脳男』『風立ちぬ』『あの日見た〜』『まどマギ新編』です。驚異の「劇場版」率!!
    • HUNTER×HUNTER』は原作の持つ魅力を再現できてなかったと思います。『緋色の幻影』の方は今年全体の中でのワーストですかね。
    • 『脳男』は『ダークナイト』への憧れの念が全面に出過ぎてノイズでした。
    • 風立ちぬ』は心象風景が多すぎて何が何だか‥‥という印象でした。心象風景多めな映画はどうも苦手です。あと、恋愛パートがちょっと苦痛だったってのも。全然美談に見えないっつーか。
    • 『あの日見た〜』は総集編だから大した期待もなくてよかったんですが、新規パートの目玉である、あなるの告白をうやむやにしたまま終えたでしょ。アレがどうも納得できなくて。何の進展もなく映画が終わってしまいましたね。
    • まどマギ新編』はラストの説明ショーが苦痛すぎました。物語の肝の部分そのすべてが言葉による説明だったので、どうも乗れませんでした。『あの日見た〜』と違ってちゃんとした新作ってのはよかったんだけどね‥‥。
  • 期待外れ
    • 楽しみにしてたけどいざ観てみたら「そんなに‥‥」っていう作品。『ハングオーバー!!!』と『モンスターズユニバーシティ』。
    • ハングオーバー!!!』は今までギャグキャラだったチャウがスーパーマンになりすぎいて、それが物語の中心、ってのに乗れなかったです。そもそも過去シリーズ2作と趣が違いすぎたのもありますかね。
    • 『モンスターズユニバーシティ』は悪役の処遇に納得がいかない、といういつものピクサー作の感想。ランドールと仲良くなれたはずだと思うんですよね。あと、「怖がらせ屋は終わコン」という前作のことを考えれば考える程に、物語に入り込めないという企画段階での問題もありました。
  • 期待しすぎた
    • 「これは絶対に年間ベスト級になるはずだろ!!」と意気込んで観に行ったら‥‥って作品。基本的にはおもしろかったのは確かなんだけど‥‥っていう観る前の意気込みがよくなかったwという自己反省込みの作品。『テッド』と『パシフィックリム』。
    • 『テッド』は去年の『ザ マペッツ』の影響も大きいです。「人形とのブロマンス」というコンセプトが似すぎです。そして、ブロマンス映画として『マペッツ』のクオリティーが高すぎました。ブロマンス映画として決着の付け方がこの2作品では真逆なんですけど、個人的な好みとしては完全に『マペッツ』の方が好きでした。あとはアレだ、劇場公開時の字幕。あんまりああいうのは好きじゃないかなぁ‥‥『進撃の巨人』は楽しみにしてます。
    • 『パシフィックリム』はまさに「期待しすぎたオレが悪い」といった感じの作品でした。120点を期待してたら80点だった‥‥みたいな感じ。IMAX、しかも評判のいい成田のIMAXで観たのに‥‥という金銭的な理由もあるかもしれません。巨大ロボvs巨大怪獣のバトルなのに意外とアップが多かったのがちょっと引っかかりました。他には、ラストバトルが深海で暗くて位置関係がよくわかんない、ボスキャラがいない、って部分も乗り切れなかった所以でしょうか。

 ということで、2013年の映画は一旦以上です。今年公開作品ですと、『ルパン三世vs名探偵コナン』と『くもりときどきミートボール2』が観たいんですが、それは来年になってしまいそうです。もちろんおもしろくあってほしいんですが、年間ベストがややこしくなるからベスト級じゃなくてもいいよ‥‥という非常に複雑な気持ちです。とっとと行けばよかったんや‥‥。
 てか、今年は映画の感想18本しか書けてないんですよね。いくらなんでもひどい、ということで来年はもうちょっと頑張れたらいいなぁ、と考えてます。
 まぁ、お付き合いいただけたら、という次第です。来年もよろしくお願いします。

ゼロ・グラビティ 国内盤

ゼロ・グラビティ 国内盤

マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)

マン・オブ・スティール ブルーレイ&DVD(初回限定生産)