北区の帰宅部

映画の感想を書きます(嘘&希望)

『ミュータント・タートルズ』の感想

十代突然変異忍者亀達

 子供の頃にアニメを観てたと思うんですよ。そっから派生したゲームとかもやってた気がします。なんだけど、特別記憶に残ってるとかではないので、何かを語れるワケではないです。つまり、よくわからない漠然とした親しみがハンパない。

 3D。かなりよかったと思います。今年の中では暫定トップです。まぁ、まだ全然観てないんですが。
 世の中の3D映画が本作くらいのレベルだったら世界は平和になると思います。
 とにかく、オープニングの3Dアニメがヤバイです。

 吹替。吹替で観たんですよ。タレント声優陣は概ねイヤだったかな。
 ベッキーは、なんというか声の質が他のキャラと違いすぎるんですよ。別に演技がドヘタ、という感じではないんだけど、声が浮いてた印象。○○が違う、とハッキリ言えないのが悔しいんですが、慣れなかったなぁ。タレント声優のことを知らずに観たんですけど、聞いてすぐに「あぁ‥‥タレント声優‥‥」ってわかっちゃうあの感じ。
 カンニング竹山。逆に、竹山は声自体はよかったと思います。結構カッコイイ感じの声もハマってたと思います。ただ、師匠の役をやるには少し声が若かったんですよね。師匠役はナレーターも兼任するんですけど、最初はナレーションの声だけで、途中から師匠が登場。竹山の声が若いので、師匠が出てきても「えっ この声師匠の?」って感じてしまいました。あと、声優としての演技力のなさが如実に出たのがアクションシーンにおける「はっ!」みたいなセリフとまでは行かない声。これが徹底的にダメでしたねぇ。声優の仕事ってこういうトコが難しいんだろうなぁ、と思い知りました。
 あと、泉ピン子なんですけど‥‥まぁ、この役ほとんどカメオだし、どうでもいいじゃねぇの?(鼻ほじ)

 そうそう、吹替版で観てもRIP SLYMEの曲は流れなかったので、そういうの嫌いな人は安心してください。『アニー』の平井堅みたいなことにはなりません。
 4+1というチーム構成が本作と同じだからRIP SLYMEの起用自体はおもしろいと思ったんですよ(日本版主題歌システムは大嫌いだけど)。なんだけど、曲を聞いてみたらILMARIだけラップしてないので泣いた。

  • あらすじ
    • コウモリ男の声真似する亀

 予告でも印象的なバットマンの声真似。予告だと、暗い色調のヒーローモノというのが、「また『ダークナイト』フォロワーか‥‥」と思わせるので、そこへの牽制という意味でも面白かったと思います。
 物語的には、ポップカルチャーにかぶれてる、緊急時にもジョークを忘れない、という彼らを象徴するようなシーンだったんじゃないですかね。こういうトコすごく好き。
 あと、メタい部分でいうと、本作でコメディーリリーフ的な運転手を演じてるウィル アーネットは『LEGOムービー』でバットマンを演じてたらしいですね。ダークネス!!

 そんなコメディーリリーフの運転手。ただのバカで終わるのではなく、最後にはしっかり活躍するのがとてもよかったです。「バカだからいくら蔑ろにしてもいい」という感じじゃないので気持ちいいというか、好感抱いちゃいます。まぁ、恋心的には報われないんですが。
 酷い例えだけど、マイケル ベイ監督作『トランスフォーマー ロストエイジ』だったら序盤に死んでますよね。

 本作の魅力といったら、ヒーローの陽性っぷりだと思います。底抜けに明るい。予告が『ダークナイト』っぽいなんて言いましたけど、『ダークナイト』以降世界的に流行ってるヒーロー像とは真逆でした。
 原題だとタイトルにもなってる「十代」という要素がサイコーなんですよね。子供っぽいというか、無邪気というか、ポップカルチャー大好きなところ。子供の頃に店頭のテレビにかじり付いてるシーンとか、超かわいいんですよ。1人テレビそっちのけで踊り出しちゃったりして、ホントかわいい。
 どんなに深刻なシーンになってもギャグと遊び心を忘れないんですよね。一番よかったのは、捕らわれた仲間を救うときにアドレナリン注射するトコでしょうか。アドレナリンパワーで拘束を解いてピンチを脱出、という熱いシーンなんですけど、その後コイツらが楽しそうにラリってるだけなんですよね。このはしゃぎっぷりが最高に魅力的でしたよ。

 『トランスフォーマー リベンジ』ではマイケル ベイと喧嘩別れしたミーガン フォックスがまさかのベイ関連映画にカムバック。なんでもベイが推した、なんて話も聞きますよ。カッコよすぎる‥‥。
 そんなミーガン フォックス。とても魅力的なヒロインだったと思います。つなぎは着てないけど、黄色がイメージカラーになってたのもイイですね。
 ただのおっぱい要員でヒーローに助けられるだけの存在ではない、というのが見事だったと思います。ラストに至ってはトドメ刺してましたからね。
 ギャグとしては、冒頭彼女がやりたくない仕事として、新しいダイエット法をリポートするんですが、単におっぱい揺らしてるだけなんですよ。超笑いました。ありそうだよなぁw

 少し難癖になるんですけど、不満のような部分もありまして。もうちょとヒーロー活動してるシーンも見たかったんですよね。小悪党を一方的に痛めつける部分というか。まぁ、本作はオリジンだから無理がある、ってのはわかるんですけどね。軽く調子乗りながら無双してる姿が見たかったかなぁ、みたいな。


 ということで、基本的に大好きな映画でした。そりゃもちろん、「血清を手に入れたからって今日すぐ散布しなくてもいいじゃない」とか、「逃げずに殺せよ!」とか粗は確かにあったと思いますけど、それを忘れさせてくれる程度には主要キャラがみんな魅力的でした。続編も楽しみだなぁ。
 90点。 

タイタンの逆襲 [DVD]

タイタンの逆襲 [DVD]

映画『タイタンの逆襲』の感想 - 北区の帰宅部
 ジョナサン リーベスマン監督作で超好きなヤツ。3Dもすげぇ効いてたし、個人的に信頼の置ける監督って判断でいいんだと思う。

カンフー・パンダ [Blu-ray]

カンフー・パンダ [Blu-ray]

 師匠がネズミ、ってのは『タートルズ』が元ネタなのかなぁ、と思ったり。